%ef%bc%91

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング25選!効率よく痩せよう

運動ダイエットの消費カロリーに興味ありますか?

 

ダイエットをするなら、食事とともの運動も大切ですよね。ダイエットにありがちなストレスを解消できるので、挫折しないですむ確率が高いです。

 

せっかく運動をするなら、消費カロリーも高い方がよいです。そんなわけで、成人女性が運動を1時間行った場合のカロリー数値を調べてみました。

 

消費カロリーランキングを第1位から第25位まで一挙にご紹介しましょう。

目次

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第1位 水泳(クロール)

%ef%bc%91

 

トップに入ったのは、水泳でした。中でもクロールが一番カロリーを消費するのですね。消費カロリーは約1000キロカロリーです。

 

成人女性の1日の基礎消費カロリーの平均値が約1200キロカロリーなので、もしも1時間泳いだとしたら、それに近いカロリーを消費することになります。なかなかすごいことだと思います。

 

また、体重1キロを痩せるために必要な消費カロリーは約7000キロカロリーなので、基礎消費カロリーとクロール1時間で、約2000キロカロリーが消費されれば、3日半で1キロ痩せることができます。もちろん計算上の数値ですが、夢が持てて良いです。

 

水泳ダイエットの効果・方法・3つの注意点【消費カロリーはクロールが絶大!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第2位 ズンバ

%ef%bc%92

 

ズンバをご存知ですか?ダンスプログラムの一種なのですが、南米コロンビアを発祥とするダンスです。消費カロリーは最大で1000キロカロリーです。

 

ズンバを一言で説明するなら、「お祭りダンス」です。とにかくノリが良くて、楽しくて、下手でもなんでもOKで、あっという間に時間が過ぎてしまうダンスです。

 

内容的には、いろんなダンスのミックス系で、ストリートダンスから、フラメンコ、ジャズダンス、ベリーダンス、ミュージカル、エアロビクス、日本の佐渡おけさまで、なんでもアリのごちゃまぜダンスです。

 

最近、日本でも人気急上昇のようで、私の住んでいる地域では、公共施設のスタジオプログラムに、ズンバがありますよ。毎週ズンバレッスンに通っている方もいるのですね。ズンバを見つけたらぜひ体験してみましょう。楽しみながら痩せられるおすすめの運動ダイエットです。

 

【ズンバ】ZUMBAダイエットの効果・方法・注意点

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第3位 水泳(平泳ぎ)

%ef%bc%93

 

ふたたび水泳の登場です。今度は平泳ぎです。消費カロリーは544キロカロリーです。クロールの1000キロカロリーにはとてもかないませんが、平泳ぎならできるという方も多いのではないでしょうか。

 

水泳で消費カロリーが高い理由は、水の中で行う運動だからです。水圧による負荷がかかるのですね。陸上の運動と比べて、たいして大変というわけでもないのに、カロリーはぐんと跳ね上がります。

 

ある程度の人口がある市町村であれば、公共プールが完備されていると思うので、活用するとよいでしょう。水泳教室もきっとあるに違いありません。

 

ダイエット効果があって、ストレス解消にもなって、もしかしたらお友達も増えるかもしれませんね。ちょっとした気合で始められる、お手軽ダイエットといえるでしょう。

 

水泳ダイエットの効果・方法・3つの注意点【消費カロリーはクロールが絶大!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第4位 ジョギング

%ef%bc%94

 

第4位はジョギングです。ランニングともいいます。ウォーキングをされている方は多いと思いますが、いずれはジョギング・ランニングにシフトされるとよいでしょう。消費カロリーは470キロカロリーです。

 

ジョギングを始めるコツとしては、専用のシューズを購入するとよいです。足にかかる負担を軽減してくれますし、何よりも形から入ると、モチベーションが維持しやすいです。

 

すでにジョギングをされている方にアドバイスしてもらうか、専門ショップの店員さんに相談するとよいでしょう。シューズさえあれば、いつでもどこでも行うことができます。

 

ジョギングといえば、東京の皇居です。いつ行ってもジョギングされている方がいますよね。マラソン大会なら、東京マラソン。もちろん地方にもたくさん面白いマラソン大会がありますよね。

 

痩せる目的から始まって、昇華すれば趣味にもなるダイエットです。こういう趣味を持てば、リバウンドなどというものもあり得ないでしょう。

 

ランニングのダイエット効果を高める5つの方法・注意点

スロージョギングダイエット10の効果・正しいやり方

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第5位 ボクササイズ

%ef%bc%95

 

第5位はボクササイズです。シャドーボクシングともいいます。簡単に言えば、ボクシングの素振りですね。消費カロリーは410キロカロリーです。ボクシングというと男性のイメージがありますが、このボクササイズは女性のダイエットとしてとても人気があります。

 

ボクシングジムでも、女性用としてダイエットボクシングを行っているところが多く、たくさんの女性が通っています。大手ボクシングジムなんかでは、人気ボクサー目当てで通う方も多く、憧れのボクサーに会えたり、痩せられもして、モチベーションがめちゃくちゃ維持できることでしょう。

 

冷蔵庫に憧れのスーパーモデルの写真を貼ってダイエットに励むのもよいですが、ボクサーというのもよい方法です。絶対にスリムボディですし、ぜい肉は全くないに違いありません。

 

シャドーボクシングダイエットの効果・やり方とコツ・注意点

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第6位 テニス

%ef%bc%96

 

第6位はテニスです。錦織選手でブレイク中のテニスですね。プレイを見ているとかなりハードそうですが、アマチュアの場合でも、とても良い運動になるようです。消費カロリーは346キロカロリーです。

 

テニスについては、テニススクールや、学生の部活やサークルの他、社会人サークルもたくさんありますが、おそらく探せば近所に格安のテニスコートがいくつか見つかるのではないでしょうか。そういうテニスコートでは、同様に格安のテニスサークルが活動していると思います。

 

近所で行われているテニスサークルに所属すれば、いやでも定期的に運動をすることになります。まずは運動の習慣をつけることが先決なので、入会してみるとよいでしょう。ダイエットへの一歩になります。

 

テニスダイエット5つの効果・方法・注意点

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第7位 登山

%ef%bc%97

 

第7位は登山です。山は生き物みたいなもので、いきなり噴火して危険なこともありますが、ファンは非常に多いです。消費カロリーは300キロカロリーです。

 

登山の最も良い点は、ゆっくり歩くだけの運動を、長時間かけて行うことです。また、短時間のものから、数日かかるものまで、難易度を自分好みに設定できます。

 

景色も爽快感もたまらないものらしく、一度行うと病みつきになる方は多いです。趣味になるのですね。子供からシニアまで行うことができ、一度ハマったら、長く続けられる趣味系ダイエットといえるでしょう。食事ダイエットをしなくても、スリム&リバウンドしない体になれそうです。

 

【トレッキング】登山ダイエットの効果・方法・注意点

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第8位 ゴルフ

%ef%bc%98

 

第8位はゴルフです。最近、ゴルフ場は通いやすくなっていて、始める方も多いようです。もちろんコースだけでなく、打ちっ放しも、素振りもできます。消費カロリーは297キロカロリーです。

 

これから始める場合には、ゴルフスクールに入会するのが一番近道です。知り合いから教えてもらうのも良いのですが、場合によっては変な癖がつくこともあるようなので注意が必要でしょう。

 

その点、スクールなら、指導者はプロまたはセミプロですし、カリキュラムの最後にゴルフ場デビューも用意されていることが多いです。どんな道具を購入いたらよいかも、アドバイスしてもらえます。

 

もしも興味があるなら、パンフレットを取り寄せるか、もしくはスクールのサイトをじっくり読むことから始めるとよいでしょう。ゴルフが趣味のお仲間がいれば、さらにベターです。環境に左右される運動ダイエットといえるでしょう。

 

ゴルフダイエットまとめ!効果・方法・注意点【初心者の女子にもおすすめ!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第9位 卓球

%ef%bc%99

 

第9位に入ったのは、なんと卓球です。卓球についてどんなイメージがありますか?温泉宿でカランコロンの卓球か?それともオリンピックの朝ハイスピードの卓球か?ピンからキリまでの差が大きいスポーツでもあります。ちなみにダイエットにおける消費カロリーは297キロカロリーです。

 

これでダイエットを行う場合には、卓球ができる環境が必要です。卓球の貸しコートというのはあまり見かけませんが、公民館や体育館で行えるものかもしれませんね。サークルがあればそれに入会するのが一番良いでしょう。

 

卓球ダイエットの4つの効果・方法・注意点【球を拾うのも脂肪燃焼効果♪】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第10位 踏み台昇降

%ef%bc%91%ef%bc%90

 

第10位は踏み台昇降です。これは自宅でもできますし、フィットネスクラブやスポーツジムでもよくスタジオプログラムがあります。お手軽にできる運動ダイエットといえるでしょう。消費カロリーは297キロカロリーです。

 

踏み台昇降がダイエットにも健康にも良いのは、ほぼ誰でも認知しているのではないかと思いますが、5分程度ならともかく、ある程度長く行いたい場合は、飽きない工夫が必要です。例えば、お気に入りの音楽をガンガンかけながらノリノリで行うとか、踏み台昇降のDVDをみながらひたすらマネするなどです。

 

一番初めは、可能ならばスタジオレッスンを体験してみるとよいです。なるほどこういうものかと分かりますよ。もくもくと踏み台昇降に上り下りするものではなく、振りがついたちょっとしたダンスみたいなものです。終わった後の爽快感も格別です。

 

踏み台昇降ダイエットの効果・やり方・台の高さ・注意点【時間は10-30分程度!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第11位 エアロビクス

%ef%bc%91%ef%bc%91

 

第11位はエアロビウスです。かつての運動ダイエットのド定番がこのエアロビクスでした。エアロビクスで脂肪燃焼してスリムになるというのが、当たり前だった時代もあるのです、消費カロリーは247キロカロリーです。

 

現在でもスポーツクラブを中心に健在のエアロビクスですが、ブームとしては、スロー系のものに移っている気がしなくもありません。ピラティスとかホットヨガとかですね。しかし、体を動かすのが大好きな方には、根強い人気があります。

 

昔と違うのは、なんといっても服装です。かつては派手めが主流でしたが、今は地味というかナチュラルな服装ですよね。控えめなTシャツにスポーツパンツなどが一般的です。

 

エアロビクスダイエットの効果・方法・4つの注意点まとめ【元祖・有酸素運動ブーム!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第12位 ラジオ体操

%ef%bc%91%ef%bc%92%e3%83%bb

 

第12位に入ったのは、なんとラジオ体操です。しかし、このラジオ体操はなかなか侮れない運動なのです。日本が国をあげて行った運動プロジェクトです。地味すぎるなんていわずに活用するとよいでしょう。消費カロリーは223キロカロリーです。

 

ラジオ体操の第一と第二を合わせて、約6分程度のものです。ユーチューブなどで検索すれば、ラジオ体操の動画はいくらでも見つかります。動画を見ながら毎日行うのが、もっともよい取り組み方でしょう。

 

現在でも、始業前にラジオ体操を行う企業もあります。特に、事務系の部署に多いそうですよ。全身運動で体のあらゆる筋肉に刺激を与えるように作られています。軽視しがちですが、実はとても効率の良いダイエット方法です。

 

ラジオ体操ダイエット7つの効果・方法・注意点【短時間で消費カロリー大!動画あり】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第13位 太極拳

%ef%bc%91%ef%bc%93

 

第13位に入ったのは太極拳です。日本のラジオ体操の次に、中国の国民的運動が入りましたね。中国人が公園などで一斉に太極拳をしている写真などを見たことがあるのではないでしょうか。消費カロリーは223キロカロリーです。

 

太極拳にはいろんな流派があるようですが、一般的に言われているのは、24式、48式などがあります。これから始めるのなら、まずは24式です。ポーズを24個覚えていきます。24個も覚えれば、かなり良い運動になるはずです。

 

フィットネスクラブ等でも太極拳はよく行われていて、一度レッスンに出たことがありますが、高齢の方が圧倒的に多かったです。平日昼間のフィットネスクラブって、主婦と高齢者のたまり場と化している気がしなくもありません。太極拳は息の長い趣味になるともいえるでしょう。

 

太極拳ダイエットの効果・やり方・注意点まとめ【24式の動画付き!痩せた口コミ多数】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第14位 ヨガ

%ef%bc%91%ef%bc%94

 

第14位はヨガです。ヨガレッスンもあちこちで行われていますよね。45分程度のものから、60分、90分くらいのものが主流です。消費カロリーは198キロカロリーです。

 

以前、ヨガについて調べてみたら、ひとくちにヨガと言ってもものすごく種類があるのです。ほとんどがファッション化しているようですが、ダイエットとしても良い運動になります。ポーズをいくつか覚えておけば、寝起きでも、仕事の合間でも、サクッと行うことができます。

 

ユーチューブで調べれば、たくさん動画がヒットするので、それらを見て、好みのものをやってみるのもよいでしょう。ヨガは自宅で自己流ででもできますが、ホットヨガだけはスタジオに通った方が良いです。チャンスがあったら、ホットヨガ体験をしてみるのもよいでしょう。

 

ヨガダイエットの美容&メンタル効果・方法・4つの注意点

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第15位 水中ウォーキング

%ef%bc%91%ef%bc%95

 

第15位は水中ウォーキングです。これはプールで行うウォーキングのことです、プールをいったりきたり、もくもくと歩いていきます。消費カロリーは198キロカロリーです。

 

単純で飽きてしまいそうにも思える水中ウォーキングですが、実は、歩き方のバリエーションがとても豊富で、楽しみながら行うことができます。水の抵抗がかかるので、効果が非常に大きいですよ。筋トレしながら有酸素運動をしているようなものです。

 

運動は苦手だけど、なんとしてでも痩せたい、という場合に得におすすめといえるでしょう。公共施設などでも水中ウォーキングのレッスンを行っていることもあります。活用してみるとよいでしょう。

 

【水中ウォーキング】プールダイエットの効果・やり方・注意点【5つの歩き方があります】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第16位 フラダンス

%ef%bc%91%ef%bc%96

 

第16位はフラダンスです。フラダンスって、一見スローすぎてダイエットにならないような印象を受けますが、実はかなりの運動量になっているのです。特に下半身の引き締め効果が高いです。消費カロリーは180キロカロリーです。

 

このフラダンスも、あちこちでレッスンが行われていますよね。ド定番のエクササイズなので、公共の運動施設でもよく見かけます。もちろん趣味にもなるので、フラダンスのサークルもたくさん見つかると思います。イベントもあちこちで行われているので、モチベーションが維持しやすいダイエット方法です。

 

さらに、昇華すると、ハワイのフラダンスイベントを目指すようになります。もちろんまずは観光がてらですが、大掛かりなイベントだそうで、大変人気があります。チームを組んで、コンテストに参加される方も多いです。とても長続きしそうなダイエット方法です。

 

フラダンスダイエットの効果・方法・注意点【下半身痩せ・即効性あり!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第17位 カラオケ

%ef%bc%91%ef%bc%97

 

第17位はカラオケです。カラオケって実はすごいんですよ。腹式呼吸なので、ダイエットどころか健康にもよく、全身運動とも言えます。消費カロリーは150キロカロリーです。

 

人間は、酸素を大量に取り込んで、体内の酸素を常にフレッシュなものにしておくのがよいそうです。運動が重要視される理由がこれだと思いますが、運動が苦手な方も多いですよね。そんな方で、歌が好きなら、カラオケをされるのがよいでしょう。

 

カラオケオックスを利用すると、消費カロリーが表示されるものもあるので、そういうものを利用するとベターです。モチベーションの維持にもなって楽しみながら続けられるでしょう。

 

みんなでワイワイいくのもよいですが、ダイエット目的なら、まずはひとりカラオケです。最近はカラオケオックスを一人で利用するのもしやすくなったので、大いに活用するとよいでしょう。もちろんストレス解消にも役立ちます。

 

カラオケダイエットの効果・方法・注意点まとめ【お腹痩せ全身運動!小顔効果も!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第18位 サーフィン

%ef%bc%91%ef%bc%98

 

第18位はサーフィンです。これはやや特殊な運動といえるかもしれません。海がなくてはできないスポーツですね。しかし、海があったら無料で存分に楽しめるスポーツです、消費カロリーは130キロカロリーです。

 

サーフィンは男性のイメージもありますが、もちろん女性サーファーもとても多いです。しかも、サーフィンは温かい季節だけでなく、冬でもできます。海では、お正月にサーフィンをされる方も多くて、そういう世界にいない方から見たら、信じられない話のように思えますよね。

 

一旦、サーフィンをはじめたら、時間も長くかかるもののようなので、トータルな消費カロリーもぐんとアップします。1日で計算するととても効率の良いダイエットといえるでしょう。

 

また、若い方だけでなく、シニアのサーファーも普通にいらっしゃるようなので、息の長い趣味とも言えます。

 

サーフィンダイエットの効果・方法・注意点【初心者でもOK!消費カロリーも高水準!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第19位 自転車

%ef%bc%91%ef%bc%99

 

第19位は自転車です。サイクリングダイエットですね。自転車のよる運動については、非常に幅が大きく、超ハードな方から、普通にママチャリでお買い物派まで、ピンからキリまでのダイエット方法です、平均的な消費カロリーは178キロカロリーです。

 

ブログランキングなどで拾い読みをしていると、自転車で日本一周チャレンジとか、南米一周チャレンジとか、凄い方がいらっしゃいます。もちろん女性の方です。そういう方から見たら、ダイエットしなくてもスリムボディを維持されていることでしょう。普段の生活が自転車ですもんね。

 

そんなわけで、極力、生活の足を自転車に切り替えるのが手っ取り早い方法と言えるでしょう。通勤を自転車にしてみるなどです。ちょっとしたことから始められるお手軽ダイエット方法です。

 

【自転車】サイクリングダイエットの効果・方法・注意点まとめ

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第20位 ウォーキング

%ef%bc%92%ef%bc%90

 

第20位は、ウォーキングです。やっとでましたね。超定番で、行われている人口が非常に多い運動ダイエットです。消費カロリーは168キロカロリーです。

 

ウォーキングもモチベーションの維持が必要かと思いますので、できれば万歩計などで記録をつけるとよいでしょう。万歩計単体を購入してもよいですが、最近はアプリが主流ですよね。スマホのアプリですでに入っている方もいらっしゃるかもしれませんが、グラフ表示もできて、ビジュアル的に効果があります。

 

ウォーキングで効果を最大限にあげたい場合は、行う30分程度前にコーヒーを飲んでカフェインを摂るか、筋トレを10分程度行ってからウォーキングするとよいです。ちょっとした工夫で脂肪燃料率がぐんとアップするので実行してみるとよいでしょう。

 

ウォーキングダイエットの効果・歩き方・3つの注意点【痩せる有酸素運動!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第21位 入浴

%ef%bc%92%ef%bc%91

 

第21位は、なんと入浴です。入浴は意外に消費カロリーが高いのです。1時間も入浴をするかどうかは疑問ですが、クアハウスや温泉などならあっという間に1時間はいけるでしょう。消費カロリーは148キロカロリーです。

 

毎日の入浴をちょっと工夫するだけでもダイエット効果が見込めるのですから、実行しない手はありません。しかも、スキンケア、ヘアケア、ボディケアまでもれなくお手入れできます。

 

お風呂は習慣なので、入浴ダイエットは、苦労しなくてもそのまま習慣になります。おすすめのダイエット方法です。

 

お風呂ダイエット5つの効果・6つの入浴方法・注意点まとめ【全身・部位別の入り方がある!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第22位 ストレッチ

%ef%bc%92%ef%bc%92

 

第22位は、ストレッチです。筋トレとまではいかなくても、ストレッチでも十分ダイエットになるのですね。消費カロリーは148キロカロリーです。

 

ストレッチを行うことによって、カロリーを消費するだけでなく、血行もよくなりますから、体の不調を改善することも可能です。冷え性、便秘、肩こりなども、解消できるでしょう。もちろん、コンスタントにコツコツ行う必要があります。

 

どんなストレッチをすべきか悩む場合は、書店に行けば、500円くらいでたくさんムックが売られています。お腹周り、脚、など、パーツ別になっていることもあるので、お悩みの部位で決めればよいでしょう。とてもお手軽なダイエット方法です。

 

ストレッチダイエット6つの効果・やり方・注意点【入浴後や寝る前に♪】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第23位 ボウリング

%ef%bc%92%ef%bc%93

 

第23位はボウリングです。これはやや特殊ですよね。ボウリングができる環境があるのなら、やってみるとよいでしょう。消費カロリーは148キロカロリーです。

 

カラオケと同じで、みんなでワイワイいくのもよいですが、ひとりでも可能です。ひとりボウリングって全然OKですよ。もくもくと投げて、もくもくと上達して、もくもくとカロリー消費をしましょう。いくらでもストリックになれる趣味的なダイエットです。

 

ボウリングダイエットの効果・痩せるコツ・注意点【消費カロリー計算式あり!】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第24位 掃除

%ef%bc%92%ef%bc%94

 

第24位は掃除です。なるほどという感じではないでしょうか。お掃除は好き嫌いに分かれますが、基本的に物が多すぎる人は掃除が嫌いな傾向があります。面倒なのですね。なので、ミニマリストほど掃除が大好きだそうです。消費カロリーは134キロカロリーです。

 

よく考えると、ダイエットにもなって、部屋もきれいになるので、一石二鳥のダイエットです。しかも、きれいになった部屋を見て達成感も感じられます。

 

物を減らして、掃除好きになるのが良いといえるでしょう。断捨離できればさらによいでしょう。

 

掃除ダイエット5つの効果と注意点【痩せる7つのコツ!消費カロリー大】

 

 

【ダイエット】運動の消費カロリーランキング第25位 散歩

%ef%bc%92%ef%bc%95

 

最後は散歩です。ウォーキングでもない、ただの散歩です。それでもちゃんとカロリーは消費されているのですね。消費カロリーは109キロカロリーです。

 

運動の習慣がない方に特におすすめといえるもので、まずはここから運動ダイエットを始めるとよいでしょう。大切なのは運動習慣をつけることです。そして楽しむことだといえるでしょう。時間が空いたら、すこしでもよいので、近所を散歩することから始めるとよいでしょう。

 

散歩ダイエットの効果・方法・4つの注意点まとめ【適切な時間・距離・歩き方は?】

 

 

ダイエットにおいて運動をする6つのメリット

運動1

消費カロリーを見たところで、運動をするメリットについても見ていきましょう。やはり運動をすることは体によくて、さまざまな効果が見込めますよ。6つご紹介します。

 

①ダイエットに効果的

運動はもちろんダイエット効果があります。運動は有酸素運動も無酸素運動に分かれますが、消費カロリーを多くして、手っ取り早く痩せたい、脂肪燃焼したいという場合は、有酸素運動がおすすめで、筋力をつけたい、筋肉量を増やして痩せ体質になりたいという場合は、無酸素運動がおすすめです。両方行うのが一番良いですが、そのためには時間を確保する必要があり、多少の計画性が必要になるでしょう。有酸素運動は20分以上、無酸素運動は5分でも効果が見込めます。毎日の習慣にして、長く続けることで、ダイエット効果が見込めるでしょう。

 

②筋力をつけることができる

運動によって、体を鍛え、筋力をつけることができます。アスリートではなくても筋力はもちろん必要で、一般の方の場合は生活上のパフォーマンス能力が向上します。テキパキハキハキ、サクサク動けるようになるのですね。パフォーマンス能力はどうしても年齢とともに劣ってくるので、若年層よりは高齢者の方が、できるだけ意識的に運動をした方が良いです。

 

平日の日中にスポーツクラブ等へ行ってみると、非常に高齢者の利用が多く、ほとんどプチ老人ホームと化していますが、あれは非常に良い傾向だと思います。いまどきの高齢者は元気なので、いったい何歳から高齢と呼んでよいかに悩みますが、習慣的に運動を行うことによって、足腰も弱くならず、体の調子をよりよく保つことができるでしょう。

 

運動2

 

③健康が維持できる

運動はもちろん健康に良いので、コンスタントに行うことによって、健康を維持することができます。健康は食事5割、運動5割と言われているほど、健康面における運動のウエイトは高いです。筋力をつけるというメリットとも多少かぶりますが、健康が維持できれば、何歳になっても快適に生活することができますよ。具体的には、週1回でもよいので、近所のスポーツサークルなどに入会して運動する日を作るなど定期的に運動をする環境を作るとともに、普段の生活でも意識的に体を動かすようにすると良いです。長く続けるためには、あまりハードな計画は立てず、負担のかからない程度に設定しておくとよいでしょう。

 

④アンチエイジングに威力を発揮する

運動は健康面だけでなく美容面でも効果的です。運動習慣がついている人と、運動をほとんどしない人とでは、やはり若々しさは違ってきます。運動をすると、血行が良くなり、体内に栄養素が十分に運ばれて、細胞をより良い状態に育てていくことができます。また、有酸素運動であれば、体内にたくさんの酸素を取り込むことができ、無酸素運動あれば、筋肉組織を刺激して成長させることができます。

 

ただし、激しい運動の場合は逆効果になるそうなので、注意した方が良いでしょう。適度な運動を長く続けることがコツのようです。全身の運動の他、よく笑ったりしゃべったりして顔の表情筋を良く動かすなど、顔の運動も意識的に行うと良いでしょう。血行を良くして、栄養素を運ぶことがポイントです。

 

運動3

 

⑤ストレス解消効果

運動はとても良いストレス解消になります。一般的には、酸素をたくさん取り込んでリフレッシュ感を得ることがイメージしやすく、有酸素運動系のスポーツを無意識に選ぶことが多いでようすが、筋トレなどの無酸素運動でもよいストレス解消方法になります。体の特定の部位に刺激を与えることで爽快感を得るのですね。人間は過度な精神的ストレスの他にも、同じ状態を長く続けているとストレスを感じるため、まったく違うことをするとストレス解消になると言われています。最良の方法が運動なのです。余分なことを考えることもなく体を使うことに没頭出来て、軽い疲労感もあります。運動後にマッサージや入浴、サウナなどを組み合わせるのも効果的です。

 

⑥やる気を出すことができる

運動することによって、やる気を出すことができます。例えば、日中なのにポーっとしたり、眠気があったり、やる気が出なかったり、まいいか、と思ってしまったり、そんなこともあるかと思いますが、運動で変えることができます。日頃から運動をしている人は積極性があって、はつらつとしている割合が高いともいわれ、やる気と運動の関係は密接なようです。集中力もアップすると言われていますよ。

 

勉強においても、朝1時間のウォーキングや軽いジョギングを取り入れたところ、学習効果に変化が見られた、なんていう実験もあるようです。おそらく運動が気分転換になって、オンとオフの切り替えがうまくいくようになるからではないかと思いますが、運動によってポジティブな状態を作ることができます。

 

 

ダイエットにおいて運動をしなければならない理由

運動4

 

運動をしなければならない理由についても見ていきましょう。メリットともややかぶりますが、もっとリアルで、運動が必要な最低限の理由になります。いろいろありますよ。まとめてみました。

 

まず、健康面から見ていくと、運動することによって、筋力がアップしたり、筋肉量を増やしたりすることができます。これらは体を支える上で非常に重要になってきます。また、基礎代謝がアップしたり、心肺機能が向上したり、病気の予防にもダイレクトにつながります。

 

ダイエット面から見ていくと、まずは、食事による摂取エネルギーと運動による消費エネルギーのバランスが良くなりますよね。コンスタントに運動をすることによって、肥満も防止できます。筋肉量をアップさせれば、寝ているだけでも脂肪をボンボン燃やしてくれる痩せ体質になることもできます。さらに、狙って運動をすることによって、部分痩せから、全体的な脂肪燃焼までの効果を期待することができます。

 

メンタル面も大きくて、やる気アップはもちろんのこと、落ち込みにくくなると言われていて、うつ病や精神疾患にもなりにくいとされています。病は気からといわれていますが、運動して前向きさをキープしておくと良いでしょう。もちろんハードな運動ではなくて軽い運動で十分です。細く長く継続的に続けると良いです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ライフスタイルにもよりますが、ダイエットをされるなら、運動もした方がもちろんよいです。ダイエットのサブ的な位置づけにしておけば、精神的な負担にもならないと思いますよ。できそうなものを見つけて、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

以上、運動ダイエットの消費カロリーランキングのおまとめでした。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

%e3%83%a9%ef%bc%91

ラジオ体操ダイエット7つの効果・方法・注意点【短時間で消費カロリー大!動画あり】

ラジオ体操ダイエットってご存知ですか? なんとあの懐かしの「ラジオ体操」がダイエットになるのです。調べてみたら、意外に消費カロリー

184ac39e16f95d0dad15ed111b89fcb9_s

有酸素運動は水泳ダイエットが効果的!4つのメリットと3つのコツまとめ

有酸素運動をするなら、水泳がおすすめと言われたことがあると思います。でも、有酸素運動の中でも水泳は具体的に何が優秀なのか、どんなことに気を付

w

ウォーキングダイエットの効果・歩き方・3つの注意点【痩せる有酸素運動!】

ウォーキングダイエットに興味はありますか? 運動系のド定番ともいえるダイエット方法ですよね。有酸素運動として真っ先にあげられるのが

a2bd864fb7c7b12d5eaf8dd57f8034ec_s

ダイエットでの筋トレと有酸素運動の順番まとめ!相乗効果で効率を上げよう

綺麗に痩せたい、リバウンドしたくないという人は、筋トレと有酸素運動と採り入れてダイエットをしましょう。筋トレと有酸素運動という2つの運動を組

%e3%82%bf%ef%bc%91

太極拳ダイエットの効果・やり方・注意点まとめ【24式の動画付き!痩せた口コミ多数】

太極拳ダイエットってご存知ですか? 中国で国民的運動ともいえる太極拳がダイエットになるんです。意外と消費カロリーも多く、それでいて

関連する記事②

%e6%9d%be%e4%b8%8b%e7%94%b1%e6%a8%b9%e3%80%80%e6%bf%80%e5%a4%aa%e3%82%8a

【太った】松下由樹のダイエット法・昔と現在の体重・身長まとめ【温活で痩せた】

松下由樹さんは、過去に別人のように激太りしたことが話題となっていましたが、最近はダイエットに成功し、かつての美しさを取り戻したとされています

%ef%bc%91

骨盤ホームシェイパー3つの効果・使い方・口コミ【ダイエット用のエクササイズ器具】

骨盤ホームシェイパーってご存知ですか?  ダイエット用のエクササイズ器具ですが、運動量がウォーキングの28倍という、なかなか優れも

2

サラシア茶ダイエット3つの効能と効果・飲み方・副作用まとめ

サラシア茶ダイエットの情報をお探しですか? サラシア茶は、なんとWHO(世界保健機構)でも効果が見込めると認定されているお茶だそう

%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%91

コアリズムの効果・方法・口コミ【DVD見てダイエット!動画あり】

コアリズムを体験されたことってありますか?  かつて、DVDが300万枚以上売れた大ブーム・ダイエットなので、ご存知の方も多いと思

%ef%bc%91

炭水化物抜きダイエット3つの効果・正しい方法まとめ【NG食品とOK食品一覧あり】

炭水化物抜きダイエットってご存知ですか?名前の通り炭水化物を抜くダイエット方法です。 ごはんやパン、麺類を抜いて暮らすなんて可能か

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。