%ef%bc%91

縄跳びダイエットの効果・飛び方・注意点まとめ【消費カロリーが多い!】

子供のころに縄跳びはしましたか?

 

縄跳びはダイエットにもなるんです。脂肪が燃焼できて、俊敏性も自然に身につくなかなかお得なダイエット方法です。運動不足にはぴったり!低コストで始められて、1日10分程度でいいので、続けられそうなダイエットですね。

 

今回はそんな縄跳びダイエットについてまとめてみました。

縄跳びダイエットとは?

%ef%bc%91

 

縄跳びダイエットとは、1日10分程度縄跳びをすることによってスリムになるダイエット方法です。

 

類似ダイエットに、エア縄跳びダイエットというものがあって、空中で縄跳びをするふりをしてスリムを目指すダイエット方法なのですが、一般的な縄跳びダイエットは、グッズの縄跳びを使って運動を行います。

 

必要なものは1畳程度のスペースと縄跳びだけ。縄跳びは100円ショップでも売っています。とてもお手軽なダイエット方法です。

 

なお、縄跳びを行う時間は1日10分程度ですが、これは一度に行わなくてもよく、例えば、朝5分間、夜5分間と分けて行ってもかまいません。

 

ちょっとした隙間時間にできるダイエットですよね。

 

また、消費カロリーは、1時間行った場合、男性で600キロカロリー、女性で400キロカロリー程度です。これは軽いジョギングの約1.3倍程度に当たります。

 

天候に関係なくいつでもどこでもできるのも魅力の1つといえるでしょう。

 

 

縄跳びダイエットの効果

%ef%bc%92

 

縄跳びダイエットの効果についてみていきましょう。

 

縄跳びというと子供のお遊びのイメージが一番強いと思いますが、大人ではボクサーなどが持久力向上と減量のためによくされていますよね。

 

まっすぐに歩いたり走ったりするのと違って、上に飛ぶという行為は体力をかなり消耗します。道を歩いていて疲れているときは陸橋を渡りたくない~なんて思ったりしますもんね。

 

ダイエットには非常に効果的です。

 

効果を以下にまとめてみました。

 

脂肪燃焼・・・飛ぶことによって体内にたくさんの酸素を送り、脂肪をボンボン燃やしていきます。普段行わない上下運動をすることによって、血液の循環もよくなります。

 

%ef%bc%93

 

全身運動・・・縄跳びはもちろん全身運動です。俊敏性も自然に身につくので、仕事や生活においてパフォーマンスの向上も期待できます。

 

心拍機能の向上・・・縄跳びは意外にきつい運動です。ちょっと行っただけで心臓がバクバク動くのが分かると思います。続けることによって心拍機能も向上します。

 

筋トレ効果・・・下半身はもちろんのこと、腕を回すことにより腕や肩を中心に上半身の筋肉も鍛えられます。有酸素運動を行いながら、筋トレ効果が見込めます

 

 

縄跳びダイエットの具体的な方法

%ef%bc%94

 

縄跳びダイエットの具体的な方法についてみていきましょう。

 

ただ単に飛べばいいというだけでなく、ダイエット効果が見込めるやり方というものがあります。

 

具体的な飛び方や、トレーニングメニュー例、レベルアップ方法などについて見ていきましょう。

 

具体的な飛び方

%ef%bc%95

 

ダイエットとして縄跳びを行う場合、高く飛ぶことを目指すのではなく、低く飛んで回数を多く回すことを目指します。

 

最初は、1分間飛んだら30秒間休み、また1分間飛んだら30秒休むという順番でこなすとよいでしょう。

 

慣れてきたら、飛ぶ時間を長くして、休む時間を少なくしていきます。

 

最終的には、5分間飛んで10秒休み、もう5分間飛んで終了、になるとよいでしょう。

 

具体的なトレーニングメニュー例

%ef%bc%96

 

縄跳びダイエットの3か月トレーニングメニューの一例をご紹介します。

 

無理なく続けられてダイエット効果が期待できるメニューなので、これを目安に取り組むとよいでしょう。

 

1か月目・・・1分間に50~60回転で10分間程度。1分間飛んだら30秒間休む。

 

2か月目・・・1分間に60~70回転で10分間程度。2分間飛んだら25秒間休む。

 

3か月目・・・1分間に70~80回転で10分間程度。3分間飛んだら20秒間休む。

 

レベルアップ方法

%ef%bc%97

 

慣れてきたら、いろんなバリエーションで飛ぶようにするとよいでしょう。

 

楽しんで行えて、モチベーションも維持できますよ。代表的な縄跳びのバリエーションとして以下のものがあります。

 

・両足飛び・・・普通の縄跳び。

 

・駆け足飛び・・・駆け足しながら飛ぶ方法。

 

・ケンケン飛び・・・片足でケンケンしながら飛ぶ方法。

 

・あや飛び・・・両手をクロスする方法。

 

・2重跳び・・・1回で2回転させる方法。

 

 

縄跳びダイエットの注意点

%ef%bc%98

 

縄跳びダイエットの注意点についてみていきましょう。

 

簡単な運動ですが、意外に注意点は多いです。以下にまとめてみました。

 

姿勢を正して飛びましょう・・・猫背になったり、前重心や後ろ重心になるとダイエット効果が半減します。天井に頭を引っ張られるように意識して、姿勢を正して飛ぶとよいでしょう。

 

ジョギングシューズを履きましょう・・・屋外で飛ぶ場合はもちろんですが、室内で飛ぶ場合もジョギングシューズを履いた方がよいです。ジョギングシューズには適度なクッションがあるため、足を痛めることがなくなります。

 

%ef%bc%99

 

こまめにインターバルを取りましょう・・・連続して飛ぶよりも、最初のうちは無理をしないでインターバル(休憩時間)をきちんと取りましょう。ダイエット効果のためには、まずは続けることが先決です。

 

ウォーミングアップとクールダウン・・・縄跳びの前後に軽い柔軟体操をしましょう。ウォーミングアップをするとケガの危険性が回避され、クールダウンをすると疲れを後に残しません。軽くでいいので行いましょう。

 

近所迷惑に注意しましょう・・・集合住宅などの場合、場合によっては近所迷惑になることもあります。時間帯や騒音などに十分気をつけて行うようにしましょう。

 

 

縄跳びダイエットの体験談

%ef%bc%91%ef%bc%90

 

縄跳びダイエットの体験談がありましたので、ご紹介しましょう。

 

2か月前に縄跳びダイエットをはじめました。家事の空いた時間にこまめに縄跳びをしています。上下に飛ぶ運動をそれまでまったくしていなかったので、非常に爽快でした。楽しんで続けられ、特に下半身がすっきりしてきました。下半身デブから卒業できそうです。(30代女性)。

 

自宅のガレージで縄跳びダイエットをしています。ウォーキングと違って雨天でもできるので気に入っています。毎日必ず10分間続けて半年間で体重が7キロ落ちました。最近ではそれをみて主人も縄跳びダイエットをしています。(50代女性)。

 

縄跳びダイエットでおなか周りが痩せました。お腹がやせるとは思っていなかったのでびっくりでした。縄跳びには体幹を使うのですね。メタボに効くダイエット方法だと思います。(40代男性)。

 

毎日縄跳びダイエットをしています。接待が多くて太ってしまったので、朝食前に行っています。地方への出張も多いのですが、その際にはエア縄跳びダイエットをしています。ジョギングと違って知らない土地でも手軽にできるので助かっています。(30代男性)。

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

マンションなどの室内では少々難しいかもしれませんが、屋外にちょっとしたスペースを見つければ手軽にできるダイエット方法ですよね。

 

飛び跳ねる運動は普段なかなかしないので、いろんな部位が鍛えられそうです。

 

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

以上、縄跳びダイエットのおまとめでした。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

88e9d86c0a00c32af16a49e181566cee_s

有酸素運動の種類&日常生活の中に取り入れた例まとめ【簡単ダイエット】

ダイエットをするためには、脂肪を燃焼しなければいけません。そして、脂肪を燃焼するには、有酸素運動をするのが良いと言われています。 

%ef%bc%91

フラダンスダイエットの効果・方法・注意点【下半身痩せ・即効性あり!】

フラダンスに興味はありますか? 地域にもよると思いますが、一般的に愛好者が多く、ちょっと探しただけでも教室やサークルがたくさん見つ

shutterstock_153769772

ダイエットでの有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)の効果まとめ!順番に注意

有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)はどちらもダイエットの代表格です。 しかし、それぞれのダイエット効果や違いは?行う際の注意点は?最適な時間帯

%e3%83%a9%ef%bc%91

ラジオ体操ダイエット7つの効果・方法・注意点【短時間で消費カロリー大!動画あり】

ラジオ体操ダイエットってご存知ですか? なんとあの懐かしの「ラジオ体操」がダイエットになるのです。調べてみたら、意外に消費カロリー

w

ウォーキングダイエットの効果・歩き方・3つの注意点【痩せる有酸素運動!】

ウォーキングダイエットに興味はありますか? 運動系のド定番ともいえるダイエット方法ですよね。有酸素運動として真っ先にあげられるのが

関連する記事②

1

【タバコ】禁煙ダイエットは痩せる?太る?6つの効果・方法・口コミ

禁煙ダイエットについての情報をお探しですか? 身体にも良くないので禁煙を考えている方は多いと思いますが、問題は禁煙すると太りそうだ

1・

自宅でクロスフィット!トレーニングメニューや方法まとめ【中村アン参考動画あり】

クロスフィットの情報をお探しですか? なかなかフィットネスの流行に敏感なようですね。それともお忙しくて時間に制約があるのでしょうか

%e3%82%bd%e3%83%95%e3%82%a1%ef%bc%92

エアリーシェイプ6つの効果・使い方・口コミ【骨盤マッサージチェア!】

エアリーシェイプってご存知ですか? マッサージチェアなのですが、なかなか優れもののチェアなのです。いくつか種類がありますが、お手頃

%ef%bc%91

炭水化物抜きダイエット3つの効果・正しい方法まとめ【NG食品とOK食品一覧あり】

炭水化物抜きダイエットってご存知ですか?名前の通り炭水化物を抜くダイエット方法です。 ごはんやパン、麺類を抜いて暮らすなんて可能か

%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%91

シックスパッド2つの効果と使い方・口コミ・おすすめ人気ランキングまとめ

シックスパッドってご存知ですか?  腹筋を鍛えるダイエットグッズなのですが、なんとシックスパックを実現させることができるのです。こ

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。