ジャンプ5

バーピージャンプの消費カロリー・効果・方法・回数まとめ【アメリカで大ブーム!?】

今海外で大ブームの筋トレ「バーピージャンプ」ですが実は日本では馴染みがある方も多い種目で、全身を使って俊敏に動くためダイエット効果も抜群です。

 

今回はバーピージャンプダイエットの効果、方法、回数、口コミを紹介します。

バーピージャンプとは

画像1

出典:http://blackwannabe.net/post-3265/

 

バーピージャンプとは、1930年代に活躍した生理学者が考案した筋トレメニューです。

 

お名前がロイヤル・H・バーピー博士だったので、バーピージャンプと呼ばれるようになりました。名前の通りジャンプもするのでややハードな筋トレと言えるでしょう。

 

プランクやスクワットとともに、かなり効く!と評判の筋トレで、現在アメリカで大ブームを巻き起こしているのだそうです。

 

日本の場合は、なぜか部活動で行うことが多いらしく、「懐かしい~!」という意見がごっそりありました。ブームでなくド定番のトレーニングメニューだったようで、日米の差になんだか笑いを誘います。

 

短時間でできて、効果も大きいので、ダイエットにもよさそうですよ。詳しく見ていきましょう。

 

 

バーピージャンプの消費カロリー

ジャンプ2

 

バーピージャンプの消費カロリーについて見ていきましょう。

 

あれこれ探しているうちに、ヤフー知恵袋で発見しました。バーピージャンプの消費カロリーは、1分間当たり5キロカロリーだそうです。これはなかなかよいですよ。2分やったら10キロカロリーですね。

 

筋トレ系は、トレーニングジムによっては消費10キロカロリーを基準にメニューを積み上げていくところもあるので、2分で1単元って感じになります。サーキットトレーニングやクロスフィットの有酸素運動のカテゴリでメニューに取り込むことができます。

 

たった2分ですが、よい運動になるはずです。コンスタントに行うと良いでしょう。

 

 

バーピージャンプの4つの効果

ジャンプ3

 

バーピージャンプの効果についてみていきましょう。

 

脂肪燃焼効果

バーピージャンプは脂肪燃焼効果が見込めます。やってみると分かるのですが、ちょっとだけでもかなりの運動量を感じます。有酸素運動でもあり、無酸素運動でもあり、ミックス型と言えて、たしかに脂肪が燃焼されそうです。

 

サーキットトレーニングやクロスフィットのメニューに組み入れて、コツコツ行うと良いでしょう。

 

全身運動効果

バーピージャンプは全身運動になります。しかも、左右の運動だけでなく、ジャンプによって上下運動も行います。日本の学校の部活で良く行われているのも頷けますね。

 

アスリートメニューの場合は回数が多いと思いますが、ダイエットの場合はそれほどハードにしなくても効果が期待できるでしょう。

 

基礎代謝アップ

バーピージャンプは基礎代謝アップ効果も見込めます。有酸素だけでなく、一種の無酸素(筋トレ)効果もあるので、筋肉が刺激され、発達し、痩せやすい体質になることができるでしょう。

 

持久力アップ

バーピージャンプは持久力アップにもつながります。しかし、この場合、回数を多く行う必要があるかもしれません。最初のうちは数回でも構いませんが、慣れてきたら徐々に回数を多くすると良いでしょう。

 

持久力がアップすればスタミナもつき、疲れにくい体になることができます。根本から体質を変えることができるでしょう。

 

 

バーピージャンプの方法

ジャンプ4

 

バーピージャンプの具体的な方法についてみていきましょう。シンプルなメニューであり、とても簡単に覚えられますよ。5つのステップからできています。ご紹介しましょう。

 

1.まずは直立に立ちます。

2.しゃがんで地面に手をつきます。

3.しゃがんだ姿勢で、足を後ろに伸ばします。腕立て伏せの時のような姿勢になります。

4.足を元に戻してしゃがんだ状態に戻ります。

5.その状態から大きくジャンプします。

 

YouTubeに分かりやすい動画がありましたので、参考にしてみてください。

 

 

 

バーピージャンプの回数の目安

ジャンプ5

 

バーピージャンプの回数についてみていきましょう。

 

バーピージャンプをする目的や性別によっても変わってくると思いますが、いずれの場合もまずは数回程度から始めるのが普通です。例えば、初日は5回だけやって1日のノルマを終了するわけです。

 

ネットで調べていたら、初日5回だったバーピージャンプを、30日間で100回までできるようにするという、なかなか凄いチャレンジがありました。実際100まで行くのですが、相当きついそうです。Twitterに部活で180回やったという投稿もありましたが、かなりのガチですよね。

 

ダイエットの場合は、クロスフィットなどで組み込むことも多いと思いますが、その場合の回数自体は少ないです。短時間で行うものということもありますが、ダイエット目的の場合は、筋肉はつけるけれど余分な筋肉が付かない適度の回数がよいといえるでしょう。

 

 

バーピージャンプの口コミ

 

 

 

 

バーピージャンプはダイエットにおすすめ

・バーピージャンプとは1930年代に生理学者が考案した筋トレメニューのこと

・バーピージャンプの消費カロリーは、1分間あたり5キロカロリー

・バービージャンプの効果
「脂肪燃焼効果」「全身運動したことになる」「基礎代謝がアップして痩せやすい体質になれる」「持久力がアップする」

・バーピージャンプの方法
「ステップで3の腕立て伏せのような姿勢になるのがポイント」「回数の目安は、5回くらい」

いかがでしたか?

 

もしかしたら、やったことがある方も多いかもしれません。確かに良い運動になりますよね。女性の場合は下半身が太めの洋ナシ体型が多いですが、そういうものも解消できそうな気がします。

 

数回程度で良いので、ぜひチャレンジしてスリムを目指してくださいね。

 

以上、バーピージャンプについてのおまとめでした。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

1

アクアビクスダイエットの効果・方法・注意点【消費カロリー計算式あり!水中エアロビクス】

アクアビクスダイエットってご存知ですか? 最近スポーツクラブなどで盛んに行われているので、見たことがある方も多いかもしれません。

yoga-1146280_960_720

ホットヨガは痩せない?ダイエット効果と方法・デメリット等まとめ

女性を中心に人気のホットヨガを知っていますか?  「普通のヨガとどう違うの?」「メリットとデメリットは?」「本当に痩せるの!?」

86051cae2f677e5bdb1de8349b20ad9d_s

ベンチプレスの世界記録と日本記録を総まとめ【名前と動画付き】

ベンチプレスという競技を知っていますか?ベンチプレスは筋トレの1つとして行っている人もいると思いますが、記録を狙って競技として行っている人も

%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91

シャドーボクシングダイエットの効果・やり方とコツ・注意点【消費カロリーが多い!動画あり】

シャドーボクシングってご存知ですか?  ボクシングの練習の1つで自宅でもできる素振りみたいな練習方法です。これを活用したシャドーボ

1

水泳と筋トレの正しい順番と効果&おすすめメニューまとめ

水泳と筋トレについての情報をお探しですか?  水泳と筋トレを両方やるなんてスペシャルメニューのように思われるかもしれませんね。しか

関連する記事②

らっきょう4

らっきょうダイエット5つの効果・カロリー・レシピまとめ【痩せ菌が発生?】

らっきょうダイエットの情報をお探しですか?  らっきょうを食べる機会は意外に少なくて、カレーライスのつけあわせくらいしか思い当たら

女優3

ハリウッド女優のダイエット方法まとめ【人気ランキング15選!】

華やかなイメージのハリウッド女優ですがその美貌の維持のための努力は凄まじく、そのダイエット方法も女優ごとにバラエティに富んでいます。 &nb

コーン3

コーン茶ダイエット5つの効能と効果・方法・まとめ【韓国でよく飲まれているお茶】

馴染みの薄い「コーン茶」ですが最近ダイエット効果が注目されてじわじわ人気が出てきており、ネットはもちろんスーパーで手に入ることもあります。

e0f03945

【太った】水卜麻美アナの体重変化・身長・ダイエット法まとめ【痩せた】

水卜麻美さんは、「ミトちゃん、みうらちゃん、師匠」の愛称で人気の日本テレビ女子アナウンサー。アナウンサーらしからぬ「ぽっちゃり」体型がチャー

fd83ca9e4da058ff8ed34358f7830067_s

馬油ダイエットの効果と効能・カロリー・方法まとめ

豚油や牛油が一般的に食用として使われているように、馬油も同じく食用として口に入れる事が可能です。   馬油ダイエットとは一体どうい

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。