68e4e6403629663238423fea63448987_s

筋トレは筋肉痛でも毎日やるの?正しい頻度まとめ【超回復】

筋トレをすると、筋肉痛になりますよね。筋トレは筋肉痛になってもやったほうが良いのでしょうか?また、筋トレは毎日やったほうが良いのでしょうか?

 

ダイエットのための筋トレの頻度をまとめました。ダイエットをしたい人は、ぜひ参考にしてください!

筋トレで筋肉痛に!それでも筋トレは行うべき?

f9309e2688cff8d81527fde225954c08_s

 

ダイエットのために筋トレをした場合、翌日や翌々日に筋肉痛になりますよね。特に、筋トレを始めた当初は、筋肉痛に悩まされることになると思います。

 

筋肉痛になると、歩くだけでも全身が痛くなることがありますが、筋肉痛がある時でも筋トレはすべきなのでしょうか?「筋肉痛があっても筋トレすべき!」という意見もありますが、「筋肉痛があるとは筋トレをしない方が良い」という意見もあります。一体どっちなんでしょう?

 

 

筋肉痛のメカニズムは?

c5742f8a84a33e8746094ba66943c1f8_s

 

一般的な筋肉痛は、筋トレをした翌日や翌々日にやってきます。この筋肉痛を遅発性筋肉痛と言います。遅発性筋肉痛は、数日から1週間程度で自然に治癒しますが、実はこの遅発性筋肉痛のメカニズムはよくわかっていないのです。

 

激しい運動によって、筋繊維が損傷して、そのことから炎症が起こり、筋繊維の修復をする時に痛みが起こるという説が有力ですが、これを否定する研究結果もあるんです。

 

念のため、筋繊維の損傷のメカニズムを説明しておきます。激しい運動をすると、筋肉の中の筋繊維が傷つきます。特に、普段運動をしていなくて、筋肉を使っていない人が、いきなり大きな負荷を筋肉にかけると、筋繊維やその周辺が傷つきやすくなります。

 

筋繊維が損傷すると、それを治そうとして白血球が集まってきます。そうすると、筋繊維に炎症が起こり、ヒスタミンなどの刺激物質が産生されて、筋膜を刺激するのです。

 

筋膜には知覚神経が通っていますので、痛みを感じるようになります。これが筋肉痛なんですね。筋繊維自体には痛みを感じる神経はないので、筋繊維を損傷した時には痛みを感じないのですが、炎症が起こり、筋膜を刺激されると、痛みが生じます。

 

そのため、運動してすぐに筋肉痛が起こるのではなく、1~2日経ってから痛みが出るんですね。

 

 

筋肉痛が出たら、筋トレは中止すべき?

a9bc875197aed51e0556c6d3012e420b_s

 

筋肉痛が出たら、筋トレは中止すべきなのでしょうか?筋肉痛のメカニズムが完全に解明されているわけではないので、「絶対にこの答えが正しい!」という回答はないのです。

 

でも、筋繊維が傷ついて炎症を起こしているなら、筋トレはしない方が良いと思いますよね。普通に考えれば、炎症を起こしている状態で、さらに負荷をかければ、炎症が悪化しますから。

 

ただ、ここが筋肉痛の不思議なところで、筋肉痛はそうでもないのです。

 

DOMSのある状態でトレーニングを行っても、さらにひどくなることはないし、回復が遅れるというわけでもない

 

引用:トレーニング頻度と筋肉痛について | 楽天イーグルスコンディショニングチーム – 楽天ブログ

 

DOMSとは遅発性筋肉痛=筋肉痛のことです。つまり、筋肉痛がある状態で筋トレをしても、筋肉痛が悪化したり、筋肉に悪い影響があるというわけではないのです。

 

そのため、この理論から言うと、筋肉痛があっても筋トレをしてOKということになります。

 

ただ、痛みがある状態で筋トレをするのは苦痛ですし、筋肉痛があると筋トレを正しいフォームで行うことができず、筋肉に変な負荷がかかったり、関節を痛める原因になりますので、無理してまで行う必要はないでしょう。

 

 

筋トレの頻度は?毎日した方が良いの?

b70df348547c6f5af85a1938400f979e_s

 

筋トレの頻度はどのくらいがベストなのでしょうか?毎日筋トレした方が良いのか、2日に1回が良いのか。これについても諸説ありますよね。

 

筋トレの頻度は毎日が良いのかどうかは、筋肉の超回復と成長ホルモンの分泌という2つの側面から考えていきましょう。

 

 

筋肉の超回復とは?

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

 

筋トレをしている人は、筋肉の超回復という言葉を聞いたことがあるかもしれません。激しい筋トレをすると、筋肉のエネルギーは枯渇します。さらに、疲労物質が蓄積しますので、一時的に筋肉の機能は低下します。

 

でも、筋トレ後にしっかり休んで、筋肉の回復に努めると、筋トレの前の状態にまで回復します。そして、さらにその後も回復を続けて、筋トレ前の状態よりもさらに高いレベルになることができるんです。

 

これが「超回復」ですね。筋トレをして筋肉量が増えるのは、この超回復の作用によるものなんです。

 

さて、超回復を期待するためには、筋トレ後に筋肉を回復させなければいけません。そして、超回復にかかる時間は48時間~72時間と言われています。

 

筋トレの激しさによって、超回復にかかる時間は異なりますが、超回復するためには48~72時間はかかるのです。これを考えると、毎日は筋トレをしない方が良いのかもしれませんね。

 

 

成長ホルモンの分泌は?

45de5841efddb5fea56e6bda607eeaf1_s

 

では、次に成長ホルモンの分泌から、筋トレは毎日すべきかどうか、頻度はどうすべきなのかを考えていきます。

 

ダイエットのために筋トレをするのは、筋肉を増やして基礎代謝を上げるという目的もありますが、有酸素運動をするためにアドレナリンや成長ホルモンを分泌させて、脂肪燃焼効果を上げるという目的もあります。

 

アドレナリンや成長ホルモンは脂肪燃焼促進効果がありますので、有酸素運動前に筋トレをしてアドレナリンと成長ホルモンを分泌させておくと、有酸素運動をした時に、脂肪がガンガン燃焼していくんです。

 

特に、成長ホルモンは脂肪燃焼効果が高いホルモンです。成長ホルモンは筋トレを開始すると、少しずつ分泌量が増えていき、筋トレ開始30分程度で分泌量がピークになります。

2015-40

出典:yspc.or.jp

 

そして、筋トレを終えた後は徐々に分泌量が低下していきます。ただ、この成長ホルモンは分泌量が低下しても、その効果は長時間続くのです。

 

アドレナリンは分泌後1時間程度でその効果が消失するのに対して、成長ホルモンは5時間はその効果が持続し、研究によっては48時間も効果が持続すると言われています。

 

成長ホルモン48時間説を考慮すると、ダイエット目的の筋トレは2日に1回でも問題なさそうです。

 

ただ、成長ホルモン5時間説を考えると、有酸素運動をする前には必ず行わなければいけないので、毎日行ったほうがよさそうですね。

 

 

結局、筋トレの頻度はどうなの?

結局のところ、筋トレの頻度は毎日が良いのかどうなのか、なかなか結論が出ません。ここで、今までの結論をまとめておきましょう。

 

・筋肉痛があっても、筋トレしてOK

・超回復の時間は48~72時間

・成長ホルモンの分泌時間は5~48時間

 

ここから筋トレの頻度を考えてきましょう。

 

 

できるだけ早くダイエットしたい人

d8861cdeadf0abe0e53baa5f9f9239a7_s

 

できるだけ早く痩せたい、効率よくダイエットしたい人は、毎日筋トレをしましょう。でも、筋トレを行う部位は、毎日変えましょう。

 

成長ホルモンの分泌を促すためには、別に全身の筋トレをする必要はありません。一部分の筋トレでもOKです。

 

1日目 スクワット

2日目 腹筋

3日目 背筋&腕立て伏せ

 

このようにいろいろな筋トレをローテーションしていけば、筋トレした部分を超回復のために休めることができますが、成長ホルモンを分泌を促すことはできます。もちろん、筋トレをしたら、必ず有酸素運動を行ってくださいね。

 

 

無理せずダイエットを続けたい人

30e88b0a954d619f4cd935851a562c3d_s

 

無理せずにダイエットを続けたい人は、2日に1回のペースで筋トレを行いましょう。2日に1回なら超回復の時間をしっかり確保できますよね。

 

また、成長ホルモンに関しても、別に有酸素運動を毎日行わずに、2日に1回筋トレの後に行うようにすれば、たとえ5時間で効果が消えても問題ありません。

 

有酸素運動に関しても、別に毎日行わなければいけないわけではありません。もちろん、毎日行ったほうが、高い効果を得られますが、2日に1回でも十分です。

 

週何日運動すればよいかということです。勿論運動効果の面からは毎日実施したほうが効果的ですが、最低条件としては週3日でよいとされています。

 

引用:有酸素運動について | 益田地域医療センター医師会病院

 

無理せずにダイエットを続けたいなら、2日に1回のペースで筋トレ+有酸素運動をすると良いでしょう。

 

 

まとめ

筋トレは筋肉痛でもやるべきなのかや筋トレの頻度をまとめました。筋トレは筋肉痛の時に行っても問題ありませんが、無理してまで行う必要はありません。

 

また、超回復や成長ホルモンのことを考えて、違う部位の筋トレを毎日行うか、2日に1回のペースで行うことをおすすめします。

 

ダイエットをするためには、筋トレは欠かせませんので、無理せずに上手にやっていきましょう。筋トレ→有酸素運動の流れだけは守るようにしましょうね。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91

シャドーボクシングダイエットの効果・やり方とコツ・注意点【消費カロリーが多い!動画あり】

シャドーボクシングってご存知ですか? ボクシングの練習の1つで自宅でもできる素振りみたいな練習方法です。これを活用したシャドーボク

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

腰の筋トレ法!筋肉の名称・女性向け鍛え方6選【腰痛も改善できる】

女性は男性に比べると、腰回りに脂肪が付きやすくて困りますよね。また腰痛で悩んでいる女性も多いのではないでしょうか? 腰を引き締め、

Female athlete looking at stadium, rear view

背筋ダイエット6つの効果・方法・注意点【女性向け鍛え方動画あり!】

背筋ダイエットってご存知ですか? ダイエットに関して、表側の腹筋はよく聞くけれど、背筋は軽視しがちですよね。背筋って実はとても重要

5

骨盤スクワットダイエットの効果・やり方・注意点【痩せた口コミはある?】

骨盤スクワットダイエットって知っていますか?  もしかしたら骨盤ダイエットやスクワットダイエットはご存知かもしれません。簡単に言う

a2bd864fb7c7b12d5eaf8dd57f8034ec_s

ダイエットでの筋トレと有酸素運動の順番まとめ!相乗効果で効率を上げよう

綺麗に痩せたい、リバウンドしたくないという人は、筋トレと有酸素運動と採り入れてダイエットをしましょう。筋トレと有酸素運動という2つの運動を組

関連する記事②

c9118add1891c2f0ebd2c12a0d228c92_s

部分痩せはエステで可能!効果的な施術方法や機械&裏ワザまとめ

二の腕や太もも、お尻といった場所を集中的に細くしたい、と思っている人は多いのではないでしょうか。難しい部分痩せを成功させるため「エステに行こ

c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s

早寝早起きの5つのメリットと効果!健康にもダイエットにも効果的

「早寝早起きは三文の徳」、こんなことわざがあります。本当に早寝早起きをするとよいことがあるのでしょうか? 早寝早起きの健康面でのメ

e0f03945

【太った】水卜麻美アナの体重変化・身長・ダイエット法まとめ【痩せた】

水卜麻美さんは、「ミトちゃん、みうらちゃん、師匠」の愛称で人気の日本テレビ女子アナウンサー。アナウンサーらしからぬ「ぽっちゃり」体型がチャー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もち麦ダイエットの効果・正しいやり方・メリットデメリットまとめ【便秘も肌荒れも解消!】

もち麦というと、懐かしい!と思われる方もいる一方、食べたことがない…という方もいるでしょう。実際に食べてみると、ごはんにモチモチ食感が加わっ

%ef%bc%96

ポケスリム3つの効果・使い方・口コミ【EMSダイエット】

ポケスリムってご存じですか?  EMSなのですが、とてもお安いんです。お値段がなんと1100円台のものまであります。EMSって数万

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。