f8e389b3a733db59c53a48d917b6c6e5_s

ラットプルダウン種類別のやり方とフォーム&平均重量まとめ【背中を鍛える!】

ラットプルダウンという筋トレ種目をご存知ですか?逆三角形のような引き締まった背中にあこがれている人は、筋トレでぜひラットプルダウンを取り入れるべきなんです。

 

ラットプルダウンの効果や種類別のやり方(フォーム)、平均重量をまとめました。

ラットプルダウンとは?

ラットプルダウンとは、背中の筋肉を重点的に鍛えるための筋トレ種目で、ラットプルマシンを使って行います。

 

文字で説明されても、いまいちわからないという人も多いと思いますので、まずはラットプルダウンの画像を見てください。

 

lat-pull-down-good-back-muscle-workout

これがラットプルダウンです。ラットプルダウンを実際にやったことはなくても、見たことはあるという人が多いと思います。

 

ラットプルダウンは、ラットプルマシンを使った筋トレですので、自宅ではできない筋トレです。でも、ラットプルマシンは、どんなジムで置いてあるマシンですし、わざわざジムに通うだけの効果を得られる筋トレです。

 

自宅ではなかなか背中の筋肉を思うように鍛えられないと悩んでいる人も多いと思いますが、そういう人におすすめしたいのがラットプルダウンなんです。

 

 

ラットプルダウンの3つの効果

ラットプルダウンは、本当にわざわざジムに通ってまで行うべき筋トレなのか?そんな疑問を持つあなたのために、ラットプルダウンの3つの効果をご紹介します。

 

 

背中を重点的に鍛えられる

d5843be17ae49c25e522c3c10c71a66f_s

 

ラットプルダウンの効果の1つ目は、背中を重点的に鍛えられることです。ラットプルダウンで鍛えられるのは、次のような筋肉です。

 

・広背筋
・大円筋

・僧帽筋
・三角筋後部
・上腕二頭筋

 

特に、広背筋と大円筋を重点的に鍛えることができます。広背筋は背中全体についている筋肉で、大円筋はわきの下にある筋肉のことですね。

 

つまり、ラットプルダウンを行うと、背中からわきの下をしっかり鍛えることができるんです。

 

さらに、ラットプルダウンのやり方をちょっと変えてあげると、僧帽筋(肩の筋肉)や三角筋後部(肩の後ろの筋肉)、上腕二頭筋(腕の筋肉)も鍛えることができます。

 

そのため、ラットプルダウンは、背中全体を鍛えられて、さらにいわゆる逆三角形の体型を作ることが可能なんです。

 

特に、男性は逆三角形の体型にあこがれている人が多いと思います。水球選手のような逆三角形の体型は、女性から見てもセクシーでカッコいいと思うのはもちろんですが、同性である男性から見ても、カッコよく見えますよね。

 

 

ボディラインが引き締まる

woman-1900925_640

 

ラットプルダウンの効果の2つ目は、ボディラインが引き締まることです。これは、女性に嬉しい効果だと思います。

 

ブラジャーの上に背中のお肉が乗っている人はいませんか?ブラジャーがきつくて、ブラジャーの上下から背中のお肉がはみ出したようになっていると、体の線が出るようなピタッとしたTシャツを着た時に、恥ずかしいですよね。

 

でも、悲しいことに、背中の脂肪って、なかなか取れにくいんです。

 

そんな時に、ラットプルダウンで背中を鍛えるれば、背中の脂肪が燃焼して、その代わりに筋肉がつくようになります。だから、背中のお肉がブラジャーからはみ出すこともないし、ボディラインが引き締まるため、体にフィットした服をカッコよく着こなすことができます。

 

 

肩こりが解消する

35b82679b2a4d394adc81ff1c59a9451_s

 

ラットプルダウンの効果の3つ目は、肩こりが解消することです。肩こりに悩んでいる人は多いですよね。特に、デスクワークをしている人は、どうしても肩の筋肉を動かさないので、肩こりがひどくなります。

 

肩こりがひどくなると、首もこりますし、頭痛や眼精疲労の症状が出てくることもあるんです。

 

肩こりは、肩周辺の筋肉が凝り固まって、血流が悪くなり、疲労物質がどんどん溜まっていくことで起こります。肩こりを解消するには、肩周辺の筋肉を動かして、肩の筋肉の柔軟性を取り戻してあげることが大切です。

 

肩コリ解消法の1つに、「肩甲骨はがし」という方法を聞いたことはないですか?肩甲骨はがしは、別に肩甲骨をべりッとはがすわけではなく、肩甲骨周囲の筋肉を動かすストレッチなんです。

 

肩甲骨はがしについては、肩甲骨はがし2つの効果とやり方&危険性【肩こりや猫背を解消!】の記事を参考にして下さい。

 

これを前提にして、ラットプルダウンの動きを見てみましょう。

 

 

肩甲骨や肩周辺の筋肉が、しっかり動いているのがわかると思います。ラットプルダウンの筋トレを行うと、背中を鍛えるだけでなく、肩こりを解消できるのです。

 

 

ラットプルダウンの種類別のやり方やフォーム

ラットプルダウンの効果がわかったところで、次はラットプルダウンのやり方やフォームを確認していきましょう。

 

ラットプルダウンには、4つの種類があり、それぞれやり方やフォーム、鍛えられる筋肉が違ってきます。せっかくラットプルダウンを行うなら、種類別のやり方やフォームをしっかり知っておきましょう。

 

 

ノーマル・ラットプルダウン

ラットプルダウンの1つ目の種類は、ノーマル・ラットプルダウンです。ノーマル・ラットプルダウンは、いわゆる「普通のラットプルダウン」であり、ラットプルダウンの基本です。

 

 

<ノーマル・ラットプルダウンのやり方&フォームの注意点>

1.持ち幅は肩よりもやや広め、肩幅からこぶし2つ分くらい外側のを持つ

2.バーを持って、シートに座る。この時、親指は握りこまないサムレスグリップで持つ

3.肘を内側に入れるようにして、胸をしっかり張る

4.背中の筋肉を意識しながら、胸の高さまでバーを引き下げる

5.この時肩甲骨を下げる意識で行うと広背筋を鍛えられる

 

 

リバース・ラットプルダウン

ラットプルダウンの2つ目の種類は、リバース・ラットプルダウンです。リバース・ラットプルダウンは、ノーマル・ラットプルダウンの持ち手を順手から逆手に変えて行うラットプルダウンです。

 

 

<リバース・ラットプルダウンのやり方&フォーム>

1.手の幅は肩幅程度にする。逆手で持つようにする

2.シートに座る

3.肘を意識して、バーをゆっくり下げる

 

リバース・ラットプルダウンはノーマル・ラットプルダウンよりも腕の筋肉を使うので、背中だけでなく上腕二頭筋も鍛えることができます。

 

 

クローズドグリップ・ラットプルダウン

ラットプルダウンの3種類目は、クローズドグリップ・ラットプルダウンです。クローズドグリップ・ラットプルダウンは、手の持ち幅を狭くして行うラットプルダウンです。

 

クローズドグリップ・ラットプルダウンは、ノーマル・ラットプルダウンとは違うアタッチメント(バー)で行うことが多いですが、ノーマル・ラットプルダウンのバーで持ち幅を狭くするだけでも行うことができます。

 

 

<クローズドグリップ・ラットプルダウンのやり方&フォーム>

1.持ち幅を狭くしてバーを持つ。クローズドグリップ・ラットプルダウン専用のVバーでもOK2.シートに座って胸を張る

3.肩甲骨を動かして、バーを胸まで下げる

4.ゆっくりと元に戻す

 

クローズドグリップ・ラットプルダウンは広背筋の中央部を重点的に鍛えられます。さらに、僧帽筋や上腕二頭筋にも刺激を加えられますので、しっかり鍛えられます。

 

 

ビハインドネック・ラットプルダウン

最後は、ビハインドネック・ラットプルダウンです。ノーマル・ラットプルダウンは、胸の前にバーを引き下げますが、ビハインドネック・ラットプルダウンは、首の後ろにバーを引き下げるラットプルダウンになります。

 

 

<ビハインドネック・ラットプルダウンのやり方&フォーム>

1.持ち幅は肩幅よりもこぶし2つ分くらい外側

2.お尻を突き出して腰を反らせて座る

3.脊柱起立筋と大円筋を意識しながら引き下げる

4.バーを戻す時も、大円筋に力を入れたままにする

 

ビハインドネック・ラットプルダウンは、広背筋に加えて、僧帽筋や大円筋をしっかり鍛えることができる筋トレ方法です。

 

 

ラットプルダウンの平均重量はどのくらい?

f8e389b3a733db59c53a48d917b6c6e5_s

 

ラットプルダウンは何キロくらいから始めれば良いのでしょうか?みんなの平均重量が気になりますよね。

 

初心者の場合、ラットプルダウンの平均重量は、大体こちらが目安になっています。

 

・男性=体重の半分
・女性=15kg

 

男性は、自分の体重の半分くらいから始めると良いと言われていますが、女性はそれだと重すぎて負荷が強くなり、背中や腰、肩を痛める原因になりますので、15kg程度が初心者の女性の平均重量になります。

 

ただ、あくまで「平均」なので、この重さにこだわり過ぎずに、自分に合った重量で筋トレするようにしましょう。

 

回数の目安は12~15回×3~5セットです。1セット終わった時点で、余力を残さないくらい、例えば15回行うなら、16回目を行うのは無理!というくらいの重量が、最も適切な重量になります。

 

 

重量よりもフォームが大切!

38aa6a4cdaab1fff9fbb3fec565b4699_s

 

ラットプルダウンをやる時には、どのくらいの重量を上げられるのかということにこだわる人がいますが、筋力をつけたい、筋肥大したいという場合は、重量よりも正しいフォームで行うことを意識してください。

 

無理して重すぎる重量で行うと、フォームが乱れて、腕の力で引っ張るようになり、背中の筋肉を鍛えることができません。それでは、ラットプルダウンをやっている意味がないですよね。

 

また、正しいフォームで行わないと、ケガのリスクが高まります。安全にしっかり筋トレできるように、重量よりもフォームにこだわって行いましょう。

 

 

ラットプルダウンについてのまとめ

・ラットプルダウンの効果
「背中を重点的に鍛えられる」「ボディラインが引き締まる」「肩こり解消できる」

・ラットプルダウンの平均重量「男性:体重の半分」「女性:15kg」

・重量よりもフォームが大切

ラットプルダウンの効果や種類別のやり方&フォーム、平均重量についてまとめました。ラットプルダウンは、背中の筋肉を重点的に鍛えることができる筋トレです。

 

すっきりとしたカッコいい背中になりたい人は、ジムに通ってラットプルダウンでトレーニングしましょう。初めてやる人は、ジムのインストラクターの指導を受けると良いですよ!

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

06213e8761cb56eb41bd249a03ac533e_s

脚の筋トレ方法!筋肉の名称&女性向けの鍛え方7選【美脚になるには内転筋!】

「何とか脚を細くしたい!」「美脚になりたい!」というあなたは、脚の筋肉を鍛えましょう。ただ、脚を細くするためには、脚のどの筋肉を重点的に鍛え

belly-2661555_640

ドラゴンフラッグの効果とやり方!できない初心者でも必ずできる方法まとめ【動画解説付き】

「クランチをやっているのに、なかなか腹筋が割れない」、「もっとバキバキに腹筋を割りたい!」、「クランチじゃ、物足りない!」と思っているあなた

cb3142152c42a7fb51719d3587a1213a_s

ベンチプレスのRM換算表!目的別使い分け法やセット数も総まとめ

ベンチプレスで筋トレをする時には、どのくらいの重さを何回くらい挙げれば良いのか、またどのくらいの重さのバーベルを何回くらい挙げれば良いのか、

gym-592899_640

ベンチプレスの記録が伸びない?効果や正しいフォーム&6つの対処法まとめ!

ベンチプレスは、ベンチの上に仰向けになってバーベルを押し挙げる筋トレ方法にになります。パワーリフティングの競技の1種目でもありますね。&nb

1f08ab4c130abafcea5061d146b7e94c_s

ふくらはぎの筋トレ法!筋肉の名称&女性向け4つの鍛え方まとめ

あなたはふくらはぎの筋肉を意識したことがありますか?ふくらはぎの筋肉を鍛えると、男らしい太くてたくましい脚になってしまうと心配になるかもしれ

関連する記事②

人工甘味料は太る理由と危険性!種類一覧&ダイエット中におすすめの摂取方法3つを徹底紹介

ダイエットの強い味方となってくれる人口甘味料ですが実は頼り過ぎることで太る可能性や他にも危険性が指摘されており摂取量には注意が必要です。&n

rope

スムージーダイエットは夜が効果的!正しいやり方を痩せた成功者の声から検証!

モデルさんやセレブの間で流行し、今やすっかりダイエットの定番にもなった、スムージーダイエット。痩せる効果はさほど高くありませんが、健康的で無

cd4dbf0d9978f5e4790523f4666751d9_t

アイスの種類&太る原因!ダイエット中の食べ方やおすすめランキングも紹介

冷たくて甘いアイスは太るから我慢…と言う方も多いですが実はアイスの種類や食べ方の工夫次第でダイエット中も食べられるんです。 今回は

da22b9d9501a89df13e2a04be87e5e41

ダイエットは筋トレが最も効果的!女性でも自宅できる9つの運動まとめ【動画解説付き】

ダイエットといえば、食事制限と軽いジョギングなどの有酸素運動というイメージを持っている方は多いと思います。 実際にそれらのダイエッ

alternative-medicine-1327808_640

足裏マッサージ!ダイエットに効果的なツボとやり方5選

足裏は多くのツボが宿っており、その数は60ほどになると言われています。 足裏が全身の様々な部分と繋がっている事で、硬かったりしこり

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。