加圧1

加圧トレーニングを自宅で行う4つのデメリットと危険【自己流は要注意!】

加圧トレーニングについての情報をお探しですか?

 

加圧トレーニングっていったい何?という方もいらっしゃるかと思いますが、なかなか魅力的なトレーニングなんですよ。

 

主にアスリートやボディビルダー向けですが、女性にとっては、ダイエットとアンチエイジングの2つを同時に手に入れることができます。

 

今回はそんな加圧トレーニングについてご紹介します。

加圧トレーニングとは 

加圧1

加圧トレーニングとは、もともとはボディビルダー用に作られたトレーニングで、専用のベルトを腕や足に巻いて血流を制限した状態で行うトレーニング方法のことです。終わった後にベルトを外し、一気に血流を流して高い効果を得るものです。

 

ボディビルダーの他、アスリートや芸能人にも実践者が多く、近年、知名度も上がってきています。短時間かつ低負荷で行うことができるのが特徴のため、たった数十分で終了することもでき、忙しくて時間がとれない方にも人気があります。

 

原則的には自宅で独力でおこなうものではなく、専門のトレーナーが常勤する専用スタジオに通って、トレーニングを行います。筋トレから、ダイエット、アンチエイジング効果まで幅広く効果を期待することができますよ。深田恭子さんが実践していたことでも有名なトレーニング方法です。

 

 

加圧トレーニング5つの効果

加圧2

加圧トレーニングにはさまざまな効果があります。主な効果やメリットについてまとめてみました。

 

①ダイエット効果

加圧トレーニングを行うことによって、しなやかな筋肉をつけることができ、痩せやすい体質になることができます。また、成長ホルモンの分泌によって、太りにくい体質にもなります。つまり、ダイエットにおいて、痩せやすい&太りにくい、のダブル効果が見込めます。

 

②血流改善効果

加圧トレーニングは血流を制限してトレーニングし、その後に一気に血流を流すため、血の流れが良くなります。血の流れが良くなると、新陳代謝がよくなるだけでなく、冷え性が緩和されたり、腰痛が改善したり、体の不調が改善されていきます。

 

③アンチエイジング効果

加圧トレーニングを行うと、「若返りのホルモン」と呼ばれている成長ホルモンが大量に分泌されるため、アンチエイジング効果が見込めます。通常の290倍もの成長ホルモンが分泌されるそうなので、エイジング系の化粧品などとはグンと違った確実な効果が見込めるかもしれません。

 

加圧3

 

④時短効果

加圧トレーニングは、短時間でトレーニングを終えることが可能です。成長ホルモンの他に、筋肉を作る際に指示を出すアナボリックホルモンもたくさん分泌されるため、短時間なのに非常に大きな効果が期待できるでしょう。

 

⑤らくちん効果

加圧トレーニングは低負荷のため、体力のない方にも行うことが可能です。負荷が小さく、回数も少ないため、楽にトレーニングをすることができます。もちろん女性でも運動経験が乏しい人でもOKです。

 

 

加圧トレーニング4つの注意点

加圧4

 

加圧トレーニングは、血流を制限するもののため、もちろん注意点が存在します。いろいろあるのですが、代表的なものをざっくりとまとめてみました。

 

①加圧ベルトの選び方

血流を制限するための加圧ベルトは、かならず専用のものを使うことが大切です。専用の加圧ベルト以外のもので血流を制限すると非常に危険なため、避けるようにしましょう。ちなみに、正規認定の加圧ベルトはなかなか高価で、二の腕用の専用ベルト(左右セット)が15000円程度、脚用の専用ベルト(左右セット)が24000円程度です。けっこうお値段が良いですね。

 

②加圧ベルトを巻く場所

加圧ベルトを巻く場所は、原則として、脚の付け根と二の腕の2箇所になります。基本的にはそれぞれ左右に1本ずつ巻きいていきます。ただし、この2箇所のどちらか一方で巻くのが基本で、2箇所同時(合計4本)に巻いてはいけません。かならず1カ所だけ(合計2本)にするそうです。注意しましょう。

 

③加圧ベルトの巻き方

加圧ベルトを直接肌に巻くと、かぶれることがあるそうです。このため、脚ならパンツやスパッツの上から、二の腕ならTシャツの上からなど、かならず布製のものを間に挟んでから巻くようにしたほうが良いです。

 

④加圧ベルトの強さ

加圧ベルトをどのくらいの強さで巻くかについては、かならずトレーナーの指示で決めるようにしましょう。加圧ベルトの強さは、そのまま圧力の強さになります。このため、資格認定を受けているトレーナーやインストラクターに判断をお願いしましょう。

 

 

加圧トレーニングを自宅で行う方法

加圧5

 

加圧トレーニングは、本来は専用スタジオで行うのが原則です。しかし、スタジオが遠方であったり、コスト的に難しかったりする場合もありますよね。加圧トレーニングのコストは意外に高めで、入会金の他に、1回あたりのトレーニングに8000円前後かかるという説もあります。たった1回で8000円?週2回なら月6万円以上なのでしょうか?短時間で?なかなか悩ましい問題ですね。そんな場合、自宅で行うこともできなくはないようです。

 

ただし、自宅で行う場合であっても、最初は専用スタジオに入会する必要があります。トレーナーに専用ベルトの巻く強さを設定してもらう必要があるからです。また、やり方を覚える必要もありますよね。この2つを覚えられたなら、自宅でもできなくはありません。トレーニングそのものは短時間なので、どうしてもスタジオまでわざわざ通うよりも自宅で行いたいと思う方も多いようです。ただし、基本的には専用スタジオで行うことが推奨されているようです。

 

 

加圧トレーニングを自宅で行う4つのデメリット

加圧6

 

加圧トレーニングを自宅で行う場合、もちろんデメリットが存在します。最初は専用スタジオに通っていたけれど自宅トレーニングに変更したい、というケースもありますが、最初から自宅で行うことを考えるケースもあるようです。当然ながら後者のほうがデメリットは大きいので、そちらについてまとめてみました。

 

①専用ベルトについて

加圧トレーニング用の専用ベルトはネット通販でもたくさん販売されていて、気軽に購入することができます。あまりにも気軽すぎて、購入した後も気軽だと考えてしまいがちなようですが、巻く場所から、巻き方、巻く強さまで、いろんなルールがあります。特に、巻く強さは専門のトレーナーに指示を受けるべきものなので、自分で買っても使いこなせないことの方が多いといえるでしょう。場合によっては危険性も伴います。

 

②トレーニング方法

加圧トレーニングをユーチューブなどで調べると、たくさん動画がでてきます。それを見てイメトレするのは良いのですが、専用スタジオに行かずに、動画だけで見よう見まねで行う方も多いようです。自己流で行っても効果はなかなか見込めず、場合によっては危険性も伴うでしょう。

 

加圧7

 

③興味本位で手を出してしまう

ダイエットに効果があったなどの噂によって、興味本位で手を出す方も多いようです。特に、芸能人が実践している、ダイエットに成功した、などの話から興味を持つことが多いようで、女性の方でも自己流でやろうとする方もいるようです。短時間で低負荷のトレーニングのため、用意するものもたいして多くなく、専用ベルトさえあればできてしまうこともあります。本来は慎重さが必要なトレーニングのため、不慮の事故につながらないともいえません。危険性は高いでしょう。

 

④研究途中のトレーニング

加圧トレーニングはまだまだ研究途中のトレーニング方法だそうで、確実に立証されたものではないそうです。専用スタジオであれば、有資格者がその点を考慮してトレーニングを指示できますが、自己流だとセーブしてくれる人がいません。このため、医学的に見ても危険度は高いといえそうです。

 

 

加圧トレーニングを自宅で行う2つの危険 

加圧8

 

加圧トレーニングと自宅で行うと、いったいどんな危険性があるのでしょうか。具体的に知っておきたいものですよね。血流を制限して行うトレーニングのため、イメージしただけでも危険さがなんとなく分かりますが、調べてみたところ、やはりそれ相応の危険があるようですよ。まとめてみました。

 

①間違ったトレーニングによって生じる危険

間違った加圧トレーニングをすることによって、まずは痺れや冷感などの比較的ゆるやかな危険から、静脈血栓ができたり、皮下出血を引き起こしたりするなど、危険度の高いものまであるようです。また、血流を制限するので、頭がぼーっとしたり、めまいがしたり、気分が悪くなったりも普通にありそうですよね。これらが起こったら重症への入り口と考えた方が良さそうです。

 

②どういうものから危険が生じるか

原因になるのは2つあって、適正値よりも強い力で加圧してしまうこと(高い圧力を加えてしまう)と、適正値よりも長時間のトレーニングを行ってしまうこと(オーバーワーク)、が2大トップのようです。いずれも専用スタジオであれば、トレーナーが調整してメニューを組んでくれるものですよ。加圧トレーニングに必要なグッズは簡単に手に入りますが、やはり何もかも自己流というのは危ないようです。やめておいたほうが無難といえるでしょう。

 

 

加圧トレーニングについての口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

加圧トレーニングは最近有名なので興味津々でしたが、専用スタジオに通うコストを考えると、ちょっとハードルが高いもののようですよね。自宅で行うのも基本的にはおすすめできそうにありません。

 

アスリート向けに数多くの実績があるトレーニングなので、きちんと指導を受けた上で行うのならとても効果が高いようですが、一般人が筋トレ感覚で行うのは避けたほうが良いでしょう。

 

お金がかけられるプロやセレブ向けのトレーニング、もしくは自分磨きや習い事感覚で割り切ったほうが良さそうです。

 

ただし、体験できる機会があったらチャレンジしてみるのもよさそうですね。話のネタにもなりそう。1~2回機会があったら積極的にトライしてみると良いでしょう。

 

以上、加圧トレーニングについてのおまとめでした。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

5

自重トレーニングのメニュー22選!種類と頻度・効果も徹底解説!

自重トレーニングの情報をお探しですか? 自宅で行う自重トレーニングにはいくつかの種類がありますが、もっともスタンダードなのは、器具

%ef%bc%91

加圧トレーニングダイエット6つの効果・やり方・注意点【頻度は週1でOK!芸能人も多数実践!】

加圧トレーニングダイエットってご存知ですか? 芸能人でこのダイエットに成功した人がいたり、ヒロミさんが加圧トレーニングジムを経営し

ポーズ4

体幹トレーニング8つの効果・鍛え方・メニュー14選【女性向け】

体幹トレーニングの情報をお探しですか? 体幹トレーニングを始める方は最近多いですよね。やはりいろんな効果があって効率が良いからだと

関連する記事②

prod_img-2162376_all-bran-original

オールブランは太る?カロリーとダイエット効果・5つの食べ方まとめ

「オールブランを食べると痩せる」、こんなうわさを聞いたことがあるかもしれません。オールブランはダイエットに適していますが、一歩間違えると、ダ

Tai chi class, canon 1Ds mark III

気功ダイエットの効果・方法・注意点まとめ【中国の民間療法!正しい呼吸法が大切】

気功ダイエットってご存知ですか? 中国の数千年の知恵が結集したもので、民間療法の1つです。つまり、もともとは病気を治すものだったの

メイト1

カロリーメイトは太る?痩せる?正しいダイエット方法【口コミ多数】

カロリーメイトダイエットの情報をお探しですか? カロリーメイトを食事代わりに食べたことがある方はとても多いと思います。名前も超有名

%ef%bc%91

セルライトローラーの効果・使い方・おすすめ商品【100均グッズでマスター!】

セルライトローラーってご存知ですか?  セルライト対策のためのマッサージで利用するコロコロローラーのことです。100円ショップにプ

%ef%bc%96

トマトダイエット5つの効果・正しい方法まとめ【低カロリー・脂肪燃焼促進効能あり!】

トマトダイエットってご存知ですか?  一時期、夜トマトダイエットがブームになりましたよね。トマトを生で食べるだけでなく、加熱料理も

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。