a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

カフェインにダイエット&脂肪燃焼効果!痩せる理由と注意点まとめ

カフェインはコーヒーや紅茶に含まれる成分ですが、カフェインにはダイエット効果があることを知っていますか?カフェインを上手に使ってダイエットすれば、カフェインなしでダイエットするよりも、効率よくダイエットできるのです。

 

ただ、カフェインの取り過ぎは危険なこともあるので、カフェインでダイエットする時には注意が必要です。カフェインでダイエットできる理由と注意点をまとめました。

カフェインでダイエットできる理由

437f73ef8a3da0c14fccfb93426599b0_s

 

カフェインはコーヒーや紅茶、コーラ、栄養ドリンクなどに含まれる成分です。最近は、カフェインの成分が含まれたサプリメントも販売されています。

 

カフェインというと、「眠くならない成分」というイメージを持っているかもしれませんが、カフェインの効果はそれだけではありません。カフェインにはダイエット効果もあるんです。

 

 

脂肪燃焼効果

def527038a54c2435661d9a2539b8b0a_s

 

カフェインには、脂肪燃焼効果があります。脂肪を燃焼させるには、脂肪を代謝しなければいけません。この脂肪を代謝するのは、リパーゼという酵素です。

 

カフェインはこのリパーゼを活性化させる働きがありますので、脂肪の燃焼を促進する作用があるんです。

 

さらに、カフェインは褐色脂肪細胞を活性化させる働きもあります。褐色脂肪細胞は熱を産生して、体温を維持する働きがあります。

 

褐色脂肪細胞とは、余分なカロリーを消費してくれる、「痩せ体質」をつくる細胞です。
褐色脂肪細胞は体温を維持する働きがあるため、「褐色脂肪細胞が多い」「活発に働いてくれている」ことで、自然と痩せ体質になるのです。

 

引用:痩せ体質を作る!? 【褐色脂肪細胞】を活性化・増やすためには| メディカルダイエットでメソセラピーや脂肪溶解注射、サーマクール|コラム|新着情報|アンディーズクリニック

 

褐色脂肪細胞は熱を産生するために、脂肪を燃焼してカロリーを消費してくれますので、褐色脂肪細胞を活性化すれば、自然とカロリーが消費されて、ダイエットできるんです。

 

 

筋トレ効果

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

 

ダイエットをするには、筋トレも必要です。ダイエットをして脂肪を減らそうとした場合、どうしても脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうんです。筋肉量が減ると、基礎代謝が落ちるので、それ以上体重が落ちなくなったり、リバウンドしやすくなったりするのです。

 

つまり、ダイエットをする時には、筋トレをして筋肉量を減らさない、むしろ増やすことが大切なんですね。

 

ただ、筋トレって辛いですよね。そんな時にはカフェインを摂取すると良いんです。カフェインには覚せい作用がありますし、カフェインの代謝物が筋肉内のカルシウムイオンを増やして、筋肉を収縮しやすくしてくれるので、筋トレの効果が高くなるんです。

 

そのため、同じ負荷の筋トレをしても、楽に感じますし、筋肉量がアップしやすくなりますので、ダイエット中に基礎代謝を増やしやすくなるというわけです。

 

 

カフェインの取り過ぎには要注意!

098294431eeff861f771164ce23af4e6_s

 

カフェインのダイエット効果をご紹介しました。カフェインを上手に利用すると、ダイエット効果が高くなるんです。特に、運動を中心にダイエットをする人には、カフェインは欠かせない成分と言えるかもしれませんね。

 

ただ、カフェインにはダイエット効果があるからと言って、むやみやたらにカフェインを摂取するのは問題です。カフェインを取り過ぎると、様々な悪影響が出てくるんです。

 

 

太る原因になることも!

b64eeceeafca189352ad6ff960673d13_s

 

カフェインは脂肪燃焼効果に加えて、筋トレしやすい状態を作るため、ダイエットに効果があります。それでも、カフェインを取り過ぎてしまうと、太る原因にもなるんです。

 

カフェインは交感神経を刺激します。交感神経が優位になると、コルチゾールという副腎皮質ホルモンの分泌量が増えます。

 

このコルチゾールはエネルギーを脂肪に変えて、どんどん体内に溜めこもうとする性質があるんです。そのため、カフェインを取り過ぎると、ダイエットどころか脂肪がドンドン増えてしまうということになりかねないんです。

 

 

健康への悪影響

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

 

カフェインを取り過ぎると、健康も損ないます。いくらダイエットして痩せたからって、不健康になってしまったら意味がないですよね。

 

カフェインを取り過ぎると、カフェイン中毒となって、たくさんの症状が現れるんです。

 

<カフェイン中毒による症状>

・焦燥感

・神経過敏

・興奮

・不眠

・顔面紅潮

・悪心

・嘔吐

・頻尿

・頻脈

・不整脈

・痙攣

 

これらの症状が出るだけなら、まだ良いのですが、カフェインを取り過ぎると、最悪の場合、死に至ります。

 

アメリカではエナジードリンクの飲み過ぎで、たびたび死亡例が報告されていますし、日本でも

2015年12月に初めてカフェイン中毒による死亡が確認されています。

 

そのため、ダイエットしたいからと言って、カフェインを多量に摂取するのは、とても危険な行為なのです。

 

 

カフェインダイエットをする時の3つの注意点

カフェインでダイエットをする時の注意点を確認しておきましょう。カフェインは正しく利用すれば、効率よくダイエットができるものの、一歩間違えれば太る原因になり、さらには命を落とす危険もあるのです。

 

砂糖やミルクは入れない

glass-1587258_640

 

カフェインが含まれている飲み物には、コーヒーや紅茶、緑茶、コーラなどがありますが、カフェインの効果を利用してダイエットする時には、ノンシュガー・ノンカロリーのものを選んでください。

 

これは基本中の基本です。コーヒーや紅茶に砂糖やミルクを入れる習慣がある人は多いですよね。でも、ダイエットしたいならブラックコーヒーやストレートティーでカフェインを摂取してください。

 

缶コーヒーは1本80~100kcal、ミルクティーはペットボトル(500ml)で200kcal程度あります。いくらカフェインにダイエット効果があるからと言って、カフェインを摂取するためにカロリーを摂取していたら、ダイエット効果は限りなく低くなってしまいます。

 

 

運動前に摂取する

bodybuilding-1632548_640

 

カフェインでダイエットする時には、運動前にカフェインを摂取しましょう。運動の15分前が最適なタイミングと言われています。

 

ダイエット中に脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動が必要ですよね。この有酸素運動をする15分前にカフェインを摂取しましょう。

 

カフェインにはリパーゼを活性化して、脂肪の代謝を促進する働きがありますので、有酸素運動をする前にカフェインを摂取すると、普段以上に脂肪の燃焼量がアップしますし、脂肪が燃焼するまでの時間を短縮することができるのです。

 

カフェインは摂取してから15分程度で効果が現れますので、運動前にコーヒーを1杯飲んでから、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすると良いでしょう。

 

 

安全な量は守る

a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

 

カフェインでダイエットするなら、安全な摂取量は守ってください。日本では厚生労働省はカフェインの安全な摂取量の基準は示していませんので、ヨーロッパ食品安全機関(EFSA)の安全基準を基に、カフェインの摂取量を考えていきましょう。

 

健康な成人の1日の安全な摂取量は400mgとされています。ただ、この400mgを一度に摂取してしまうのは危険です。

 

体重

カフェインの摂取量

40kg

120㎎

50kg

150㎎

60kg

180㎎

70kg

210㎎

80kg

240㎎

90kg

270㎎

出典:食品安全関係情報詳細 食品安全委員会

 

カフェインは体重によって、一度に摂取して良い量が変わります。3mg/kgが安全な量とされていますので、この摂取量を守って、安全にカフェインでダイエットしてください。

 

<主な飲み物のカフェイン含有量>

・コーヒー1杯100ml=60mg

・インスタントコーヒー100ml=57mg

・紅茶100ml=30mg

・煎茶100ml=20mg

 

出典:食品中のカフェイン 食品安全委員会

 

これらの飲み物の含有量を参考にして、ダイエットに利用すると良いでしょう。コーヒーなら運動前に1杯だけ、紅茶なら大きなマグカップ1杯~500mlのペットボトル1本分を飲むと良いでしょう。

 

 

まとめ

カフェインでダイエットできる理由と注意点をまとめました。カフェインは脂肪燃焼効果に加えて、筋トレを助けてくれる効果がありますが、カフェインの取り過ぎは太る原因になったり、健康への悪影響が出てきます。

 

カフェインは上手に利用すれば、あなたのダイエットの最強の味方になってくれるものですので、ご紹介した注意点を守って、安全に健康的にダイエットをするようにしましょう。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

YAMA_DSC1979_TP_V

日本酒の種類とカロリー&ダイエット中の3つの飲み方まとめ

日本酒は好みが分かれるであろうお酒ですが、飲み方に注意すればダイエット中でも楽しめる頼もしい存在なんです。 今回は日本酒の種類やカ

%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%ef%bc%92

トマトジュースダイエットの効能と効果は?成功の方法まとめ

トマトジュースダイエットって聞いたことありますか? トマトではなくトマトジュースなのです。トマト系が苦手な方には無理ですが、そうで

1

水ダイエットで痩せる?5つの効果・3つの種類・正しい飲み方まとめ【注意点あり】

水ダイエットについての情報をお探しですか? 痩せたいならお水はしっかり飲みましょう、なんてことをよく効きますが、お水を使ってダイエ

7

空腹を紛らわす方法!おすすめの食べ物・飲み物20選【ゼロ~ローカロリー編】

空腹を紛らわす方法の情報をお探しですか? ダイエットに空腹はつきもので、あまりにも我慢しすぎると、ドカ食いを引き起こす原因にもなり

o10000668shutterstock_215938933

ジュースクレンズとは?そのダイエット効果・やり方まとめ【手作りジュースでも大丈夫!】

ジュースクレンズって聞いたことあるけれど、どんなもの?専門店に行かないとできないの?気になるけれどいまいちよくわからない、という方もいるでし

関連する記事②

06143021

安田美沙子のダイエット!身長と体重&産後に11kg痩せた方法まとめ

マラソンやトライアスロンをしていることでも有名な安田美沙子さんは現在は1児の母親ですが、昔と変わらず可愛く、そしてスタイルも抜群です。&nb

tm_recipe_u0106

【低カロリー】うどんがダイエットに効果的な4つの理由・痩せる方法をご紹介【レシピも重要!】

炭水化物だし小麦だし、ダイエットには絶対に向かないはず!と思われがちなうどん。でも実は、うどんはとてもダイエット向きな食材なのです。&nbs

f1bc13fcf02a2bc17746cd5773bf9f70_s

【ダイエット】有酸素運動に効果的な時間・頻度・心拍数まとめ【脂肪燃焼】

有酸素運動はダイエットに効果があると言われていますが、具体的にどのような効果があるか知っていますか?また、有酸素運動をする時には、どのくらい

%ef%bc%91

【トレッキング】登山ダイエットの効果・方法・注意点【消費カロリー絶大!1日で体脂肪が激減!】

登山ダイエットってご存知ですか? 登山?トレッキング?それってダイエット?と言われそうですが、実はすごいダイエット効果があるのです

20160922l

工藤静香のダイエット方法!身長・体重・スタイル維持法まとめ

おニャン子クラブの人気メンバーとして活躍した工藤静香さんは、アイドル時代から現在に至るまで、2児の母親とは思えないほどのスレンダーなスタイル

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。