3a1dca9e1f73253a4fadbfba77d3f9d9_t

ストロングゼロは太る&危険?カロリーやダイエット効果&おすすめの飲み方も紹介

サントリー「ストロングゼロ」は若者を中心に人気のお酒ですが、その危険性や太るとの指摘もあります。

 

今回はストロングゼロの商品の特徴や成分&カロリー、ダイエット効果2つ、危険性や太る可能性、おすすめの飲み方を紹介します。

「ストロングゼロ」とは?

 

 

はじめに、ストロングゼロの基本情報を紹介していきます。

 

 

ストロングゼロとは

ストロングゼロとは、サントリーホールディングス株式会社が販売する、缶チューハイの名称です。

 

サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。

事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。

 

引用:wikipedia

 

 

サントリーには様々な缶チューハイがありますが、ストロングゼロは「-196℃」というブランドの中の商品です。

 

-196℃で果実を瞬間凍結させて作ることで果実感を楽しめます。

 

 

◎ストロングゼロの特徴

 

  • アルコール度数9%
  • 糖質ゼロ
  • プリン体ゼロ

 

 

ストロングな果実感とストロングな飲みごたえが特徴です。

 

350ml缶とロング缶の2種類があり、コンビニやスーパーで気軽に購入できます。

 

 

ラインナップ

ストロングゼロには複数のフレーバーがあるため、好みやその日の気分によって選ぶことができます。

 

主なラインナップ(2018年1月現在)は以下の通り!

 

 

◎ストロングゼロのラインナップ

 

  • ダブルレモン
  • ダブルグレープフルーツ
  • ダブルシークヮーサー
  • ダブル完熟梅
  • ドライ
  • 桃ダブル
  • 葡萄ダブル
  • ビターレモン
  • ビターオレンジ
  • まるごと青りんご
  • まるごと白ぶどう
  • しょっぱい梅干し(コンビニ限定)

 

 

このように種類豊富なフレーバーを用意しています。

 

「ドライ」は甘くないチューハイで食事との相性も抜群!

 

 

購入者の口コミ

コンビニで気軽に購入できるストロングゼロ。全国にファンがたくさんいるようです。

 

 

ストロングゼロ、アルコールで頭殴られてる感あってこれはクセになる(確信)

 

引用:Twitter

 

 

ストロングゼロ大好き人間なんだけどよく缶のまま飲んでしまいがちですが自宅にいる時はグラスにガンガンに氷を入れて短時間で飲める量だけ注いで飲むスタイルが好きです。

 

引用:Twitter

 

 

ストロングゼロ系のチューハイ、スコーンと酔っぱらえるから、嫌なことあった時とかさっさと寝たい時によく飲む (※ダメなお酒の飲み方)

 

引用:Twitter

 

 

アルコール分9%というストロングさが人気のようです。

 

リーズナブルに購入できるのも魅力的!

 

 

 

ストロングゼロのカロリーと栄養成分

 

 

気になるストロングゼロのカロリーはどれくらい?

 

含まれる栄養素についても解説していきます。

 

 

カロリー

各フレーバーの100mlあたりのカロリーは以下の通りです。

 

 フレーバー名 100mlあたりのカロリー
 ダブルレモン 54kcal
 ダブルグレープフルーツ 54kcal
 ダブルシークヮーサー 53kcal
 ダブル完熟梅 53kcal
 ドライ 52kcal

 

 

「ダブルレモン」の場合、100mlあたりのカロリーは54kcalです。

 

1缶(350ml)のカロリーは189kcalということになります。

 

他のフレーバーに関してもほとんど差はありません。

 

 

栄養成分

続いてはストロングゼロに含まれる栄養素について。

 

代表して「ダブルレモン」の栄養成分を見ていきましょう。

 

 栄養素名 100mlあたりの栄養価
 たんぱく質 0g
 脂質 0g
 炭水化物 0.3~0.8g 
 ナトリウム 20~39mg 
 糖類 0g
 プリン体 0g

 

 

ストロングゼロは糖質・プリン体ゼロを売りにした商品です。

 

しかし、公式サイトでは糖質量が記載されていません。

 

炭水化物量は100gあたり0.3~0.8gとあります。

 

炭水化物とは、食物繊維と糖質を足したものです。

 

 

100ml中0.5g未満の糖質ならゼロと表示することができるため、ストロングゼロ100mlには0.5g未満の糖質が含まれている可能性があります。

 

僅かな量ですが、実際にはゼロではないということを覚えておきましょう。

 

 

 

ストロングゼロのダイエット効果2つ!

 

 

ストロングゼロを上手に活用することでダイエットに繋がる可能性があります。

 

その理由とは?

 

糖質ゼロ

解説してきたように、ストロングゼロは糖質・プリン体ゼロを謳った商品です。

 

実際は微量の糖質が含まれている可能性がありますが、一般的なチューハイと比べて糖質が抑えられています。

 

 

糖質の摂りすぎが肥満に繋がることを知っていますか?

 

これには血糖値が深く関係しています。

 

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のこと。

 

食べ物や飲み物から糖質を摂ることで血糖値は上昇します。

 

血糖値が急上昇すると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

 

 

インスリンには、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため、大量に分泌されると、太りやすくなる。

 

引用:NIKKEI STYLE

 

 

インスリンには脂肪を溜め込む性質があるため、過剰分泌させないことが重要です。

 

そのためには糖質を減らすことが有効!

 

いつも飲んでいるお酒をストロングゼロに変えることで、糖質の摂取量を抑えることができますよ。

 

 

少量で満足しやすい

ストロングゼロはアルコール分9%のチューハイです。

 

他製品と比べてアルコール分が強くなっているため、少量でも満足しやすいというメリットがあります。

 

 

普段何本も飲んでいる人も、ストロングゼロなら1本で満足できるかもしれません。

 

1本でやめることができれば摂取カロリーを抑えられ、ダイエットに繋がる可能性があります。


また、ストロングゼロは強めの果実感&爽快感が特徴のチューハイとなっています。

 

飲みごたえがあるので満足しやすく、他のアルコールやおつまみを減らせる可能性もあるのです!

 

 

 

ストロングゼロの危険性とは?

 

 

最近、ストロングゼロの危険性が話題となっています。

 

テレビ番組でも取り上げられたその危険性とは?

 

 

NHKのニュースで特集

ストロングゼロの危険性が特集されたのは、NHKの「ニュースウォッチ9」というニュース番組です。

 

ストロング系缶酎ハイがアルコール依存症を引き起こす可能性がある、という内容でした。

 

 

その理由はアルコール分が強いこと。

 

そして、ビールなどと比べてリーズナブルに購入できることの2点です。

 

若者でも手軽に購入できるため、つい飲みすぎてしまう人が多いんだとか。

 

 

ストロングゼロの問題点

ストロングゼロのアルコール分は9%と他製品と比べてやや高め。

 

ロング缶(500ml)の場合、アルコール量は36gとなります。

 

これはテキーラのショット3.75杯に相当します。

 

果実感が強くて飲みやすいため、他のチューハイやビールと同じ感覚で飲んでしまうと、アルコールの摂りすぎになる可能性があります。

 

 

また、コンビニやスーパーで手軽に購入できることも危険性のひとつ。

 

350ml缶なら100円前後で購入できるため、若者でも手に取りやすくなっています。

 

まだアルコールに慣れていない人がストロングゼロをがぶ飲みすると、急性アルコール中毒アルコール依存症になる可能性があるのです。

 

 

危険性が話題となっていますが、ストロングゼロ自体が悪いのではなく、アルコールの摂りすぎが問題ということです。

 

自分できちんと調整すれば、危険は回避できるでしょう。

 

 

 

ストロングゼロで太る危険も!太ってしまった人の口コミ

 

 

いくら「糖質ゼロ」のストロングゼロでも、飲みすぎれば当然太る可能性があります。

 

ネット上にも嘆きの声が多数!?

 

 

ストロングゼロ飲んでも腰痛忘れられなかったし体重は1.1キロ太るし

いいことないので止めよう。

 

引用:Twitter

 

 

痩せたいなら酒飲むなって感じだろうが自分はストロングゼロは太ったのでハイボール系を飲む

ストロングゼロは太る

辞めたら戻った

 

引用:Twiter

 

 

二回飲んでしまったけど禁酒一ヶ月しただけで体重5kg減った。

ストロングゼロ怖すぎ

 

引用:Twitter

 

 

毎日飲んだり、大量に飲むと太ってしまう可能性があるようです。

 

飲む量・飲み方に注意が必要かもしれません。

 

 

 

太る危険なし!ストロングゼロのおすすめの飲み方

 

 

ストロングゼロを飲んでも太りにくくする方法とは?

 

1日1本までにする

ストロングゼロのカロリーは100mlあたり54kcal前後です。

 

350ml缶を飲んだ場合、カロリーは189kcalとなるので、ダイエット中に飲むのはあまり望ましくありません。


ストロングゼロを飲む時は、350ml缶を1本程度に抑えておくことをおすすめします。

 

糖質はほとんど含まれていませんが、実質ゼロではないので糖質制限ダイエット中には向きません。

 

 

毎日飲まない

ストロングゼロに限らず、ダイエット中はなるべく飲酒を控えることをおすすめします。

 

「週に○日」「週末だけ」というように自分の中でルールを作っておきましょう。

 

ダイエット中ではない人も休肝日を作ることをおすすめします。

 

 

ヘルシーなおつまみを選ぶ

「お酒=太る」というイメージが強いと思いますが、実は太る原因は一緒に食べるおつまみにあるケースが多いのです。

 

おつまみは高カロリーなものが多いので注意が必要です。

 

 

  • ◎避けたほうが良いメニューは?

  • 揚げ物
  • 脂っこい料理
  • 麺類などの糖質が多い料理
  • スイーツ

 

 

 

まとめ

 

 

糖質・プリン体ゼロをのチューハイ、ストロングゼロ。

 

ルコール分9%で飲みごたえがあり、コンビニなどで気軽に購入できるのが人気の秘密です。


その一方で、飲みすぎによる危険性や肥満のリスクが叫ばれています。

 

アルコールの飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

YAMA_DSC1979_TP_V

日本酒の種類とカロリー&ダイエット中の3つの飲み方まとめ

日本酒は好みが分かれるであろうお酒ですが、飲み方に注意すればダイエット中でも楽しめる頼もしい存在なんです。 今回は日本酒の種類やカ

%ef%bc%93

白湯ダイエット5つの効果・やり方まとめ【温度・時間帯・量の正しい情報あり】

白湯(さゆ)ダイエットってご存知ですか?  最近、芸能人や著名人に白湯好きな方が増えていますよね。雑誌などでも時折、白湯ダイエット

913vkm3cV-L._SL1500_

杜仲茶の6つの効果と副作用!ダイエット向けの飲み方や危険性も徹底解説

杜仲茶というお茶があるのを知っていますか?健康やダイエットに良いお茶として有名なので、名前くらいは聞いたことがあるという人が多いと思います。

bd7944bf815ed942b5f2939142781eea_t

酵素水ダイエットの効果的な飲み方!口コミやおすすめサプリもご紹介

酵素水とは野菜や果物などから抽出した酵素を配合した水のことで、ダイエットや美容に効果が高いと言われています。 今回は、ダイエットに

coffee-563797_640

カフェインレスコーヒーの効果と味は?人気ランキング6選もご紹介

最近、カフェインレスコーヒーが人気になっています。カフェインが入っていないコーヒーは、カフェインのデメリットを気にせずに飲めるので人気なんで

関連する記事②

寝る前1

寝る前に食べると痩せるダイエット方法!太るを回避するには食品選びが重要

寝る前に食べると痩せるダイエットってご存じですか? 就寝前の間食は御法度のはずですが、実は逆に痩せられる食品もあるのです。なんだか

1

【酵素ダイエット効果】酵素ドリンクと断食で痩せる!正しいやり方や注意点まとめ

酵素ダイエットの情報をお探しですか? 言葉だけを見ると分かりにくいですが、基本的には、酵素ドリンクを活用して行うダイエットのことを

a17bc53b4a861efcbae9965c0e8c1e7e_s

きな粉の効果と栄養・カロリーやダイエットに良い理由まとめ

きな粉は、栄養が豊富でダイエットにも効果的な食品です。今回は、きな粉の効果やカロリー、おすすめの食べ方やレシピなどを詳しくご紹介していきます

%ef%bc%94

30代女性のダイエット方法!失敗の5つの原因&効率の良い痩せ方まとめ

30代女性のダイエットについて情報をお探しですか? 30代から代謝が落ち始めて、だんだん痩せることが難しくなるようです。仕事で責任

554b3766863bap2204939063

高橋克典のダイエット方法!身長や体重&痩せた3つの秘訣まとめ

ドラマ「サラリーマン金太郎」で一気に知名度をあげ、俳優として活躍する高橋克典さん。 そんな高橋克典さんと言えば肉体派でスタイル抜群

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。