1

水ダイエットで痩せる?5つの効果・3つの種類・正しい飲み方まとめ【注意点あり】

水ダイエットについての情報をお探しですか?

 

痩せたいならお水はしっかり飲みましょう、なんてことをよく効きますが、お水を使ってダイエットができるのです。

 

しかも水道水で全然OK。いつでもどこでもできる水ダイエットとはいったいどんなものでしょうか?

 

今回はそんな水ダイエットについてまとめてみました。

水ダイエットとは

1

 

水ダイエットとは、水を上手に飲むことによってスリムを目指すダイエット方法です。

 

ここで使うお水は水道水でいいので、ほとんどゼロ円でできるダイエットということができるでしょう。もちろんお好みでミネラルウォーターを購入しても構いません。硬水と軟水、水道水についてもご紹介していきます。

 

食事制限をするわけでもなく、ハードな運動をするわけでもない、単純にお水を飲むだけのゆるゆるダイエットです。しかし、効果はかなりあるようですよ。ざっくりとご紹介していきましょう。

 

 

水の3つの種類について

10

 

まずは水の種類について見ていきましょう。飲み水は、主に3種類に分類されます。硬水、軟水、水道水です。国によっては水道水は飲み水に当たらないこともありますが、日本の場合はしっかり飲み水の役割を果たしていますよね。それぞれの水について見ていきましょう。

 

①硬水

WHO(世界保健機構)の基準で言うと、水1リットルの中に溶けている2つの成分(カルシウムとマグネシウム)の量を数値で表したものを硬度と言って、その硬度が120ミリリットル/リットル以上のものを硬水と言います。飲んだ印象としては、口当たりが重くて、苦みを感じます。

 

硬水のメリットとしては。便秘解消が期待できること、煮込み料理(欧米料理)に適していること、動脈硬化を予防すること、などがあげられます。

 

硬水のデメリットとしては、結石のリスクがあること、お腹が緩くなること、料理で自然の風味を生かしたい場合は適さないこと、などがあげられます。

 

2

 

②軟水

WHO(世界保健機構)の基準で、硬度が120ミリリットル/リットル以下のものを軟水といいます。飲んだ印象としては、口上りがまろやかで、さっぱりとした風味を感じます。

 

軟水のメリットとしては、自然の風味を生かすのに適していて日本料理に向いていること、赤ちゃんなど小さな子供でも安心であること、肌や髪の毛にも優しいこと、泡立ちが良いこと、などがあげられます。

 

軟水のデメリットとしては、ミネラル分の補給が期待できないこと、があげられます。ちなみに、日本の水道水はWHOの基準で言うと軟水になります。軟水はミネラル分の含有量が少ないので、栄養補給の点から見ると劣っていますが、日本人が飲んでなじみが良いのは、軟水のミネラルウォーターと言えるでしょう。また、日本料理を作るうえでも向いています。

 

③水道水

水道の蛇口をひねって出すことができる水のことです。水道水を飲むことができない国は世界では非常に多いようですが、日本では普通に飲むことができます。たいへん安全で安心できますが、逆に言うと、このため日本人は水に対する意識が軽くなりがちといわれています。ほとんどタダで得られるものという意識が強いのですね。

 

本来の水道水は飲用に使うことができないもので、日本は例外的と言えるでしょう。そんなお水を感謝しつつ上手にダイエットに使うとよいでしょう。

 

 

水ダイエット5つの効果

3

 

水ダイエットの効果について見ていきましょう。水を飲むだけで痩せられるなんて半信半疑な方も多いと思います。水ダイエットにはどんな効果があるのでしょうか。ざっくりとまとめてみました。

 

①代謝が活発になる

人間の体はほとんどが水分できていて、年齢とともにその割合が低くなっていきます。つまり、年を取るにつれて水分量が減っていくのですね(パーセンテージが下がっていく)。この水分量と代謝は関連しているようで、水分を多く飲むことによって、代謝が活発になるように促すことができます。

 

実際には、水分を飲めば、古くからある水分が排出されていくことが多く、新しい水が保有される状態になるようです。美しい肌に水分が必要なのと同じと考えればわかりやすいでしょう。

 

②血液がサラサラになる

水分量が少なくなってくると、まず血液がどろどろになっていきます。血液がスムーズに運ばれないと栄養分もすみやかに運ばれなくなってしまいます。このためさまざまな支障が出てくるのですが、これらは水分量を増やすことで改善することができます。単純に水を多くとればよいだけです。

 

5

 

③便秘解消効果

便秘も水分量に関連しているそうです。水分が不足するとスムーズに体外に排出されにくくなるのですね。水を飲むことによって腸を刺激し、物理的にもスムーズに排出できるようになります。

 

④デトックス効果

新しい水を体内に入れると、古くからある水が体外へ排出されていきます。尿や便の他、汗でも排出されます。体内での水のサイクルが新しくなるのですね。デトックス効果が見込めます。

 

⑤体温アップ

なんと、水を飲むと体温がアップするそうです。これは、水分を摂ることによって、代謝がよくなり、栄養分がスムーズに運ばれて、老廃物の排出もスムーズになります。体の正常な仕組みがスムーズになることで体温が上がっていきます。また、体温が上がると基礎代謝もあがります。具体的には体温が1度上がると基礎代謝が12%上がると言われています。

 

 

水ダイエット正しい方法

6

 

水ダイエットの具体的な方法について見ていきましょう。行うにあたっていろんなポイントがあるので、それらをご紹介しましょう。とても簡単なものばかりですよ。ざっくりとまとめてみました。

 

①水道水でできる

水ダイエットを始めるにあたって、まずは水を選ぶことになります。硬水、軟水、水道水、と3種類あるわけですが、どれを選んでも構いません。一番安価なのが水道水なので、これで行う方が圧倒的に多いと思います。わざわざ買いに行く手間もかからず便利ですよね。たっぷりといくらでも使うことができます。気軽にできるので、まずは水道水で始めましょう。

 

②食前にグラス2杯の水を飲む

1日3食を食べる前に、グラス2杯のお水を飲みましょう。これは胃の中をいっぱいにする効果があります。水ならカロリーもゼロなので、太る心配もありません。食前に2杯の水を飲むことによって、食事の量を激減させることができます。タイミングとしては、食事を行う20~30分程度前が良いです。

 

7

 

③水の温度に気を付ける

食前に飲む水の温度にも気を付けましょう。これは常温が基本です。冷蔵庫の水をだして飲むのではなく、水道の蛇口から注いだ水をそのまま飲むと良いです。夏でも冬でもこの状態で行いましょう。

 

④水を飲む量を覚える

1日にどのくらいの水を飲んだらよいかについては、体重の4%が目安と言われています。例えば、体重50キロの女性であれば、おおむね2リットルということですね。食事に含まれる水分量などは抜きにして、単純に飲料として飲む分で考えます。現代人は水分不足だそうなので、普段より多めに飲むように心がけてみると良いでしょう。

 

 

水ダイエットの注意点

8

 

水ダイエットの注意点について見ていきましょう。水の温度から、飲む量、むくみについてまで、いろいろありますよ。ざっくりとまとめてみました。

 

①冷たい水は飲まない

食前にグラス2杯の水を飲むわけですが、ここで冷たい水を飲んではいけません。冷たい水は食欲を増加させることになるそうです。ダイエットのために飲んだはずが、食前酒代わりになってしまった、なんて笑えない話にならないように注意しましょう。

 

②食事中はなるべく水を飲まない

食前にたくさん水を飲むのはダイエットになりますが、食事中の水は逆効果になります。食欲を増加させる働きがあり、食べ物をスムーズに胃に届けたり、口直しの役割も果たしてしまいます。ダイエットのために水を活用するなら、食前はいいけど食中はダメ、と覚えておきましょう。

 

9

 

③むくみにならないの?

水をたくさん飲んでむくんでしまう心配はないのでしょうか。結論から言うと、健康であれば問題なく排出されるものだそうです。体調に問題がある場合や、カリウムの摂取量が少ない場合、また、塩分を摂りすぎている場合などは、むくみの原因になることもあるようです。

 

対策として、健康維持に努めることや、カリウムを多く含むバナナなどの食品を摂ること、塩分を摂りすぎないように心がけること、などがあげられます。また、立ち仕事でむくみやすい場合は、寝る前にリンパマッサージなどを行って、疲れを翌日に延ばさないように心がけると良いでしょう。

 

④コーヒーやゼロコーラで代用しない

味のないお水に飽きてしまって、味のあるもので代用したいと考えることも出てくるかもしれません。例えばカロリーがゼロであるブラックコーヒーやダイエットコーラなんてすぐに思いつきますよね。カロリー的にたしかにゼロなので、太る要因にはなりません。しかし、水ダイエットはあくまでも水で行うダイエットなのです。代用水でなく、必ずお水でしましょう。

 

飽きた場合は、ミネラルウォーターの硬水を飲んでみると、多少は口当たりが違ってよいかもしれません。

 

 

水ダイエットについての口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

普通の水道水のお水でダイエットができてしまうのですね。食前にグラス2杯のお水を飲むことが、簡単か大変かはさておいて、とてもお手軽なダイエット方法と言えそうです。

 

なによりもコストがほとんど掛からないがよいですよね。お財布に優しいダイエットです。

 

思い立ったらすぐにでもできるので、ぜひチャレンジしてスリムを手に入れて下さいね。

 

以上、水ダイエットについてのおまとめでした。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

1306217top

お酢ダイエットの効果は?健康的に痩せるには摂りすぎに注意【体験談・口コミもまとめ】

お酢を飲むことでダイエット効果だけでなく、便秘解消、むくみ解消、美肌効果など女性に嬉しい効果がたくさんあります。でも実は飲むタイミングや飲み

matcha-2356774_640

抹茶の7つの効能&ダイエットに効果的な飲み方4選まとめ【カフェイン量に注意!】

抹茶というと、「茶道」を思い浮かべる人が多いと思います。抹茶は格式が高いお茶で、日常生活とは無縁のものと思っていませんか? 実は、

fruits-82524_960_720

フルーツ酢ダイエットの効果と作り方!飲み方やレシピも総まとめ

美味しくて美容や健康に良いフルーツ酢を知っていますか? フルーツ酢とは、果物を漬け込んで作る酢のことです。フルーツ酢を上手に取り入

yerbamatetea1

マテ茶の効果・効能6つ&ダイエットの飲み方まとめ【カフェインに注意!】

マテ茶というお茶を知っていますか?マテ茶はダイエットにも健康にも良いお茶で、日本でも徐々に人気が高まっているお茶なんです。 マテ茶

cz020-002

バターコーヒーダイエットの効果・やり方・作り方まとめ【使うバターと撹拌が大切!】

バターコーヒーダイエットは、定期的にテレビでも紹介されるちょっと不思議なダイエットです。その名の通り、コーヒーにバターを入れたものを飲むだけ

関連する記事②

d37eb61f9a00cf75070efb50c6f41117

宮崎あおい流ダイエット!身長・体重・激痩せの方法まとめ

V6の岡田准一さんとの結婚が秒読みか!?と騒がれている女優の宮崎あおいさん。昨年には、映画「怒り」に出演するため、1ヶ月で7kg増量を行った

D4

中学生女子向けダイエット方法まとめ!4つのメリット&3つのデメリットも徹底解説

中学生女子のためのダイエット情報をお探しですか? 中学生でダイエット?なんて思う方も世の中にはいらっしゃるようですが、普通にダイエ

4

ゲルマニウム温浴ダイエット5つの効果・方法【消費カロリーが凄い!】

ゲルマニウム温浴ダイエットの情報をお探しですか? ゲルマニウムというのは半導体の一種で、皮膚表面で吸収されて体内でマイナスイオンに

3

筋トレ食事メニューまとめ!食べる時間とタイミング・おすすめレシピ6選など徹底解説

筋トレ食事メニューの情報をお探しですか? 痩せ体質になるためには筋肉が必要です。筋肉をほどよくつければ脂肪をボンボン燃やすことがで

d8cacca967133d9a55662358b892153f_s

大食いは太る原因!治す7つの方法・ダイエット成功のコツまとめ

ダイエットしたいのに、大食いでなかなか痩せられないという人はいませんか?大食いの人はダイエットをしても、なかなか成功しません。 大

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。