13

ダイエット中の間食おすすめ食べ物12選&やめる3つの方法まとめ!

間食ダイエットについての情報をお探しですか?

 

ダイエットをしていると、どうしても間食をしたくてたまらなくなることってありますよね。ちょっとだけのはずが、ついついドカ食いしてしまった、なんてこともしばしば。たかが間食ですが、侮れないのです。

 

そんな場合におすすめの間食をリストアップしました。また、間食をやめるための効果的な方法についても集めてみました。

 

今回は失敗しないための間食ダイエットについてご紹介しましょう。

1.【手作り派】コーヒーゼリー

1

 

もしもあなたが手作り派なら、ダイエット中の間食に向いているのはなんといってもコーヒーゼリーです。しかも、人工甘味料を使えばカロリーも糖質も低く抑えることができますよね。まとめて作って冷蔵庫に保存しておけば数日は持ちますし、他のものを食べてドカ食いしてしまう、なんてこともなくなります。

 

いろんな作り方がありますが、もっとも簡単な方法を選べば、作業時間5~10分で作れますよ。コーヒーゼリーの超簡単レシピもご紹介しましょう。

 

ダイエット用コーヒーゼリー

 

<材料(作りやすい分量)>コーヒー400cc、人工甘味料適量、粉ゼラチン5グラム。

 

耐熱ボウルに、温かいコーヒーを入れて、粉ゼラチンを加えて、よく混ぜ合わせます。粉ゼラチンが溶けたら、ゼリー用の容器に入れて小分けにします。粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れます。冷めて固まったら、出来上がりです。

 

 

2.【手作り派】低カロリーようかん

2

 

コーヒーゼリーもいいけれど、もう少し濃厚なものでないと満足できない、という場合には、ダイエット用のようかんを作ってみてはいかがでしようか。こちらも人工甘味料でカロリーと糖質をコントロールできますし、食べた感がかなりあって、精神的に満足することができます。ボウルで作って、一食置き換えとして食べるのもよさそうです。

 

主成分は小豆なので、栄養価も高いですよ。間食がしたくてたまらなくて、このままではダイエットに挫折する~!という時におすすめの方法です。簡単なレシピもご紹介しましょう。

 

ダイエット用ようかん

<材料(作りやすい分量)>小豆200グラム、人工甘味料適量、粉寒天5グラム。

 

小豆を柔らかめに煮ておきます。煮た小豆に人工甘味料を加えてよく混ぜ合わせます。こしあんにしたい場合はフードプロセッサーを使うと良いです。これを鍋に入れて、水を加え、火にかけて煮込みます。粉寒天を入れて、5分ほどかき混ぜます。小さな容器に小分けにするか、もしくはボウルに入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れます。冷めて固まったら、出来上がりです。

 

 

3.【手作り派】おからクッキー

3

 

プルプル系ではなく、クッキーが食べたいという場合には、おからクッキーがおすすめです。これならカロリーも糖質量も低めに抑えられますし、ダイエットにありがちな便秘の解消にも効果が見込めます。具体的には、おからパウダーを利用します。スーパーでもたいてい売っていますが、もしも売っていない場合は、ネット通販で購入できます。簡単なレシピをご紹介しましょう。

 

おからクッキー

<材料(作りやすい分量)>おからパウダー50グラム、薄力粉50グラム、人工甘味料適量、たまご1個、オリーブオイル少々、バニラエッセンス少々。

 

大きめのボウルに、人工甘味料、たまご、オリーブオイル、バニラエッセンスを入れて、よく混ぜ合わせます。おからパウダーと薄力粉を、よく振るって加え、ゴムベラで丁寧に混ぜ合わせます。クッキーを適度な大きさで形成します。天板の上にクッキングペーパーを敷いて、クッキーを並べます。予熱したオーブンで20分程度焼きます。出来上がりです。

 

 

4.【手作り派】プロテインパンケーキ

4

 

クッキーもよいけれど、パンケーキも食べたい、という場合、プロテインパンケーキはいかがでしょうか。粉末プロテインを使って作るたんぱく質たっぷりの低カロリー&低糖質パンケーキです。1食分になるので、朝食または昼食などに置き換えるのも良いですよ。ダイエットの疲れた時の箸休め感覚で活用すると良いでしょう。超簡単なレシピをご紹介します。

 

プロテインパンケーキ

<材料(作りやすい分量)>粉末プロテイン25グラム、ヨーグルト25グラム、人工甘味料適量、たまご1個、ベーキングパウダー少々。

 

大きめのボウルに、粉末プロテイン、ヨーグルト、人工甘味料、割って溶いたたまご、ベーキングパウダーを入れて、よくかき混ぜます。ミキサーやフードプロセッサーがあれば尚よいです。フライパンを火にかけて、油をひき、パンケーキを焼きます。両面ともこんがり色になったら、器に盛って、出来上がりです。

 

 

5.【手作り派】ポップコーン

5

 

おやつにポップコーンはどうでしょうか。普通のものでも、甘味のあるキャラメル味でも、コンソメ味でも作れますよ。フライパンで作るほかに、レンジ用のスチームケースでも簡単につくることができます。スナック菓子がやめられない、という場合に特におすすめです。市販のジャンクフードは高カロリーなので、手作りのポップコーンでカロリーを上手にコントロールすると良いでしょう。

 

尚、主材料がコーンなので、糖質制限ダイエット系の場合はあまりお勧めできません。カロリー制限ダイエット系向きの間食です。レシピもご紹介しておきましょう。

 

ポップコーン

<材料(作りやすい分量)>乾燥コーン50グラム、無塩バター少々。

 

フライパンに、水と無塩バターをいれて火にかけます。ここで、キャラメル味にしたければ人工甘味料を加え、コンソメ味にしたければコンソメを加えます。乾燥コーンを入れて、木べらでかき混ぜていきます。ポップコーン状になったら、出来上がりです。

 

 

6.【手作り派】ゆでたまご

6

 

間食が食べたくなった時の対処法として、ゆでたまごもおすすめです。まとめて作っておいて、冷蔵庫で保存しておきます。我慢できなくなった時に、1個ずついただきましょう。丸ごとかぶりついてもおいですが、輪切りしてちょっとおしゃれに演出すると、満足感が得られやすいです。

 

 

7.【コンビニ派】ナッツ類

7

 

手作りではなく、コンビニで購入できる間食の場合を見ていきましょう。まずは、ナッツ類です。これは主に糖質制限ダイエットをしている方に向いている間食です。ナッツ類は糖質が低く、その他の栄養素も豊富です。コンビニにはたいていミックスナッツが売っているので、いろんなものが食べられて、満足度も高いです。

 

問題は、1袋食べてしまうと凄いカロリーになるので、カロリー制限ダイエットをしている方にはおすすめできないことです。カロリー制限系の方の場合はやめておいた方が良いでしょう。

 

 

8.【コンビニ派】シュガーレスガム

8

 

シュガーレスガムという間食の方法があります。カロリーも糖質も少なく、ひたすら噛むことによって満足が得られます。ガムは1粒で10~20分程度噛んでいられるので、その間に中枢神経に満腹信号が送られて、満腹感を得ることができます。

 

間食の他、食事の前にもおすすめで、食事の30分程度前に噛むことで、食事の量を減らすことができます。いろんな味のガムがあるので、種類を選べば飽きることもありません。ダイエットにはかなり向いている間食といえるでしょう。

 

 

9.【コンビニ派】するめ

9

 

ダイエット中の間食に、するめもおすすめです。こちらも噛んでいる時間が長いので、満腹感が得られます。問題は、ついつい食べ過ぎてしまうこともある点です。袋のままだとうっかり1袋食べてしまうことがあるので、缶やタッパに小分けに入れて、上手にコントロールすると良いでしょう。カロリー制限系にも糖質制限系にもおすすめの間食です。

 

 

10.【コンビニ派】チーズ

10

 

チーズも間食に向いています。ただし、この場合は糖質制限系向きと言えるでしょう。ちょっとした食事代わりにもなるので、満足感が得られやすいです。どこのコンビニにも売っているので、気軽に食べることができます。カロリー制限系の場合は、やめておいた方が良いでしょう。

 

 

11.【コンビニ派】おでん

11

 

おでんもいかがでしょうか。こちらもちょっとした食事代わりになりそうです。カロリー制限系に特に向いていると言えるでしょう。糖質制限系の場合は、練り物に糖質が多いので、避けた方が無難です。それ以外であればほぼ大丈夫といえるでしょう。パックのものもあるので、冬でなくても購入することができます。

 

 

12.【コンビニ派】ヨーグルト

12

 

ド定番のヨーグルトもおすすめです。甘味入りのお手軽なものも良いですが、できれば無糖のものを選んで、人工甘味料で甘みを付けると良いです。ヨーグルトは腸内環境をよくするのに有効なため、ダイエットが原因で便秘気味になってしまった場合にもおすすめです。

 

便秘解消法として活用する場合には、就寝の1時間ほど前に食べるのが一番良いです。いわゆる夜ヨーグルトですね。レンジで軽く加熱してホットヨーグルトにして食べても良いです。

 

 

間食をやめるために効果的な3つの方法

13

 

間食がしたくなった場合に使える気を紛らわせる方法について見ていきましょう。頻繁に間食が食べたくなるような場合は、その都度間食しているとダイエットにならなくなるので、抑える方法を覚えておいた方がよいです。小腹がすいた程度の食欲であれば、意外に簡単なことで抑えられることもありますよ。気を紛らわせる方法をいくつかご紹介しますので、試してみると良いでしょう。

 

①気を紛らわせる方法1(歯磨き)

間食がしたくなったら、まずは歯磨きをしましょう。ゆっくり丁寧にお口に隅々まで磨いていきます。たいてい磨き終わるころには食欲が収まりますが、それでも無理という場合は、歯磨きをさらにグレードアップして徹底させるとよいでしょう。具体的には、歯磨きのフルコースを実行します。これは通常の歯磨きの他に、舌磨き、フロス、歯間ブラシ、マウスウォッシュまで、全メニューを行います。オーラルケアができて、ダイエットにもなる一石二鳥の方法です。

 

②気を紛らわせる方法2(筋トレ)

間食がしたくなったら、筋トレをするのも有効です。この場合の筋トレは、とにかくある程度の時間が消費できればよいので、何の筋トレでも構いません。一番手軽なのは、ダンベルなどです。1キロ程度の女性向きの軽いダンベルを使って、あらかじめ作ったおきたメニューを消化していきいましょう。10分程度で十分です。メニューを終わった頃には食欲は減退しているはずです。ダブルでダイエットになるおすすめの方法です。

 

③気を紛らわせる方法3(おしゃべり)

最後は、もっとも効果のある方法を伝授しましょう。ズバリ、おしゃべりです。間食がしたくなったら、誰かに電話して相手をしてもらいましょう。ダイエット仲間がベストですが、無理なら誰でもよいです。ただし、おしゃべりしているうちに、じゃあ食べに行こうよ、なんてことにならないように、話のきっかけが間食を紛らわせることである旨、最初から説明しておいた方が無難です。おしゃべりなら10分や20分はあっという間に過ぎますよね。簡単で確実な方法です。

 

 

間食ダイエットについての口コミ

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

間食は、ちょっとのはずがついついドカ食いに発展して、ダイエットの失敗原因になってしまうこともあります。たかが間食ですが、実は恐ろしいのですね。小腹がすいたら、気を引き締めて、対策に乗り出した方が良いです。

 

まずは気を紛らわせる方法で試してみて、そのあとで、間食をつまむことを考えた方が良いでしょう。上手にコントロールして、スリムを目指してくださいね。

 

以上、間食ダイエットについてのおまとめでした。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

果物1

果物ダイエットまとめ!低糖質や食物繊維多いフルーツなどご紹介

果物ダイエットについての情報をお探しですか? フルーツをメインにしたダイエットなら続けられそうなイメージがありますよね。しかし、フ

large-6

成功するデトックス方法5選!ダイエット効果抜群【体の毒出しで痩せる!】

最近ではもう言葉も意味もかなり浸透した印象があるデトックス。体の中を解毒するという意味がある言葉です。日々、普通に生活しているだけで体の中に

アスパラ2

アスパラガスダイエット7つの効果・カロリー・レシピまとめ

アスパラガスダイエットの情報をお探しですか? アスパラガスにはさまざまな栄養素が豊富に含まれていて、ダイエットにも美容にもよいです

3ff4da1d15226a1144ec9cb17e656b62_s

ワインの種類別のカロリーと糖質の量!ダイエット時の飲み方の5つの注意点も総まとめ

ワインが好きな人は多いですよね。食卓にワインがあると、それだけでリッチな気分になりますし、食卓が華やぎます。 でも、ダイエットをし

9175067eeec61c68eee0168467364ea6_t

お茶漬けは低カロリーでダイエットにおすすめ!方法とレシピ2選まとめ

食欲がないときでもサッと食べやすいお茶漬けは、実は低カロリーでダイエット中の食事としてもおすすめなんです。 今回はそんなお茶漬けダ

関連する記事②

競歩6

早歩きダイエットの効果・方法とコツ・口コミ【速度・姿勢・時間がポイント!】

早歩きダイエットの情報をお探しですか? ウォーキングをされる方は多いと思いますが、慣れてくると歩くスピードも気になりますよね。最近

main

鈴木あや流ダイエット方法!身長・体重・痩せた方法まとめ

女性向けファッション雑誌「Ranzuki」の専属モデルを務める鈴木あやさん。かつては太っていたという彼女。現在は、ダイエットを成功させ、モデ

6176f824da792afd7b95c52a55c14798_s

生卵のカロリーや栄養!ダイエット効果&食べ方やレシピも総まとめ

生卵は健康に良さそうなイメージがありますよね。生卵でダイエットをしようかなと考えている人もいるのではないでしょうか?でも、生卵でのダイエット

seafood-809864_640

鮭ダイエットの効果と方法・カロリーまとめ【摂取量が重要!】

鮭と聞いて、ダイエットを思い浮かべる方は、なかなかいないのではないでしょうか。 青魚はダイエットに効果的と言われている一方で、鮭は

smoothie-943097_960_720

フルーツ青汁の効果的な飲み方!ダイエット方法や口コミまとめ

青汁はクセがあって飲みにくい…。 そんなイメージを持っていませんか?どんなに健康に良いものでも、飲むのが苦痛だったら長続きしにくい

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。