冬1

冬のダイエット方法8選!この食事と運動で冬太りを解消しよう

冬のダイエット方法のおすすめ情報をお探しですか?

 

厚手のお洋服を着る冬はダイエットをさぼりがちですが、あっという間に春になって薄着のシーズンも始まりますよね。

 

冬にダイエットを行うにはデメリットもメリットもあるようですが、努力をしておくことで、快適なスタートが切れますよ。今からでも遅くない?

 

今回はそんな冬に行うダイエットのおすすめ方法をご紹介します。

冬のダイエット4つのデメリット

冬1

 

まずは冬にダイエットを行うにあたってのデメリットを見ていきましょう。冬はある意味で太りやすい時期と言えるようです。しかし、ちゃんと原因があるので、それぞれに対処していけば大丈夫です。まとめてみました。

 

①体が冷える

なんといっても気温の問題が挙げられます。気候が厳しくなり、寒い日が続くと、もちろん体温も下がり、体が冷えるようになります。もともと冷え性の人も、そうでない人にとっても、やっかいな季節になります。物理的に体を温めるほか、温めやすい食品をとったり、あたたかいお料理を食べるなど、さまざまな工夫が必要になるでしょう。

 

②血行が悪くなる

体が冷えると、ダイレクトに血行が悪くなります。これはどうしようもありません。対策として、お風呂はちゃんと湯船に浸かり、お風呂上りにリンパマッサージなどを行って、ケアすると良いでしょう。また、冬は運動不足になりがちで、それも血行が悪くなる要因だそうです。自宅であたたかくして、適度なストレッチを行う良いです。

 

冬2

 

③新陳代謝が悪くなる

血行が悪くなると、新陳代謝も悪くなります。つまり、太りやすくなるのですね。新陳代謝をよくするために、まずは適度な運動があげられます。もっともお手軽なのがウォーキングで、1日1万歩歩ければ最高ですが、そうでなくても隙間時間にこまめに歩くと良いです。スマホに歩数計のアプリを入れておくと、どのくらい歩いたかのバロメーターにもなり、モチベーション維持にもなります。寒くておっくうになりがちですが、積極的に体を動かすようにしましょう。

 

④イベントが多すぎる

冬はイベントが多い時期でもあります。イベントには飲食がつきものなので、太りやすいですよね。対策としては、食べる順番ダイエットを実行したり、食べ過ぎた翌日は調整日に充てるなどの工夫が必要と言えるでしょう。食べたらやはり太るので、場合によっては週末にプチ断食をするのもよいかもしれません。糖質制限なども有効です。

 

 

冬のダイエットのメリット

冬3

 

一方、冬にダイエットをする上でのメリットもあるようです。なぜ寒い冬がダイエットに向いているの?と不思議に思うかもしれませんが、その寒さが意外にもダイエット向きともいえるようです。具体的には、体が体温を維持しようとしてカロリーを消費します。こんため、冬はカロリーが消費しやすく、痩せやすい時期と言えるようです。寒さはある意味でメリットになるのですね。

 

時期的にカロリーが消費されやすい状態になっているので、ここで頑張ってダイエットを実行すれば、確実な効果が見込めるでしょう。お洋服をたくさん来ているので、周りからも気づかれずにダイエットをすることができます。密かに痩せて、スリムになったボディを一気に公開というのも可能かも?薄着になる時期のずっと前からダイエットに励むのが王道です。おっくうがらずに行いましょう。

 

 

おすすめの方法1(ホットヨーグルト)

冬4

 

まずは食品系のダイエットからご紹介します。ホットヨーグルトダイエットです。ド定番のヨーグルトダイエットの1つですが、お腹の中から温めて、腸内環境を整えてくれる働きがあります。タイミングとしては、夜寝る1時間前がもっとも有効で、寝ている最中に腸内環境に作用します。

 

作り方としては、ヨーグルト200グラム程度を耐熱容器に入れて、レンジで1分加熱するだけの簡単なものです。ちょっとした下剤代わりの感覚でできるので、便秘気味の方に特におすすめの方法と言えるでしょう。

 

 

おすすめの方法2(お家の中で筋トレ)

冬5

 

お部屋の中で筋トレをするのも有効です。暖房を入れてあたたかくしたお部屋の中でなら、ちょっとの気合で筋トレが始められそうですよね。寒さによって血行が悪くなっているので、下半身の筋トレを重点的に行って、血液循環をよくすると良いです。足先にたまった水分も循環させてくれるので、むくみにも効果的です。

 

具体的には、空中自転車こぎや足パカ、スクワットやランジなどがもっとも王道です。スクワットやレンジはテレビをみながらでもできて便利ですよね。空中自転車こぎや足パカは眠る前にベッドの上で行うこともできます。習慣にすると精神的にも楽にできるようになります。

 

 

おすすめの方法3(半身浴ダイエット)

冬6

 

バスタイムを利用するのも良い方法です。冬のダイエット方法として半身浴があちこちのサイトですすめられていますが、問題は寒いことです。とくにお風呂場は寒いのではないでしょうか。わざわざ夜に入らなくても、可能なら日中に行うのも1つの方法ですし、その他にもいろいろ工夫した方が良いです。

 

具体的には、まず湯船にお湯を張る際には、換気扇を止めて、スチーム状態を狙いましょう。また、実際に半身浴を行う時には、肩にバスタオルを羽織ると良いです。もしもグッズを購入しても構わない場合は、お風呂用の簡易サウナもあります。寒い時期でも半身浴がらくらくできるので助かりますよ。夏の真っ盛りは利用できませんが、それ以外の3シーズンには大活躍してくれそうです。

 

 

おすすめの方法4(食べる順番ダイエット)

冬7

 

イベント続きで外での飲食が多くなり、また、食べ物もおいしい時期のため、食べる際の工夫も必要になってくるでしょう。お付き合い上で一番支障が出ない方法としては、食べる順番ダイエットがあります。これは出された食事を残すことなく、食べる順番を変えるだけのダイエット方法です。

 

具体的には、スープなどの汁物からはじまって、野菜、肉や魚とつづき、最後に炭水化物を食べる方法です。フランス料理のコースなどでは、意識しなくてもほぼこの順番に食べることができますが、そうでない場合は、意識的に行う必要あります。

 

食べる順番だけなので、周りをしらけされることもなく、ダイエットをしていることも気づかれません。覚えておくと損のないダイエット方法と言えるでしょう。寒いうちに身に着けておくと一生使えるダイエットです。

 

 

おすすめの方法5(DVDを見ながらダンス)

冬8

 

暖かくしたお部屋の中でダンスダイエットも良いです。わざわざスポーツジムに行ってスタジオプログラムに参加しなくても、自宅なら気軽にできますよね。ダンスダイエット用のDVDもたくさん販売されていて選び放題と言えるでしょう。

 

おすすめは、今でも人気の高い、「モムチャンダイエット」系です。フィギュアロビクスですが、比較的時間もコンパクトで、プログラムも確立しています。なによりも、チョンダヨンさんのビフォーアフター写真にモチベーションが上がること間違いありません。写真はネット上ですぐに見つかりますよ。

 

体重70キロのおデブさんが、筋トレで超スリムになり、ダイエットのカリスマになって一大ブームを巻き起こしました。韓国ではすごかったらしいです。年齢もそこそこいっているのに、相変わらずスリムを維持していて、お美しいです。努力系スリム美人の好例と言えるでしょう。

 

 

おすすめの方法6(しょうがダイエット)

冬9

 

体を温かくするしょうがを使ったダイエットもおすすめです。冬のド定番の湯豆腐にしょうがを添えていただくのも良いですし、なんでもよいのでしょうがを使ってしまうのも良いでしょう。ドリンクにして飲むのも効果が高そうです。クックパッドで検索すると、たくさんレシピが出てくるので、選び放題と言えます。生のしょうがでも、チューブのしょうがでも構いません。常備してこまめに使うと良いです。

 

また、さらに極めるのなら、体をあたためる食品をいくつか覚えておいて、それを軸にして毎日のメニューを回すのも良いです。一番使いやすいのは大根なので、冬は大根メニューを多くして見ましょう。お値段も安価ですよね。煮物から、お鍋の材料まで、あちこちで使えます。生で食べても体は温まりますし、酵素もとれるので、お漬物にするのもおすすめです。

 

 

おすすめの方法7(ウォーキングダイエット)

冬10

 

冬こそウォーキングにいそしみましょう。夏と違って紫外線で肌がボロボロにいなる、なんてこともありません。しかし、日差しが弱いからと言って紫外線対策をしないのは厳禁で、きちんとケアをしてからウォーキングをはじめましょう。

 

いちばんよいのは、レコーディング(記録)することなので、歩数計アプリを使うのが得策です。スマホに最初から入っていることも多いので、使わない手はないです。歩数計アプリを活用すると、ウォーキングだけでなく、日常生活でもテキパキ動くようになるので、おっくうになりがちな季節には特に有効ですよ。アプリによっては、目標を達成するとご褒美がもらえるなんてものもあります。

 

さらに極めたい場合は、ダイエットアプリを使うと良いでしょう。いろんなダイエットアプリがあって、ほとんどは無料ですし、達成したらいつでも消去できるので、気軽に使ってみると良いです。写真が記録できるものもあって、他の人に見られないようにセキュリティー機能がついていたりします。簡易トレーナーとしても活用できます。

 

 

おすすめの方法8(プチ断食ダイエット)

冬11

 

最後はプチ断食ダイエットです。ふと体重計に乗ってみたら、数キロ太っていた、なんてこともあるかもしれません。そんな時には週末にできるプチ断食が良いでしょう。プチ断食とは固形物を摂らないダイエット方法ですが、準備期間、断食期間、回復期間の3ステップになっていて、それぞれ1日ずつ、合計3日で終わります。

 

断食そのものは1日のみなので、会社勤めのかたにもできますよ。消化器官を休める働きもあるので、便秘解消にも効果が見込めるようです。1度だけでなく、数か月ごとにリピートして、コンスタントに行うことも可能です。ファスティングダイエットとも呼ばれて、世界中で人気のダイエット方法です。

 

 

冬のダイエットについての口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

寒い時期こそダイエットをして、植物のように温かくなるにしたがって花開くというもの素敵ですよね。

 

お洋服を1枚ずつ脱ぐのに従って、自信が湧いてくるというのもいい気分だと思います。

 

短期間のダイエットもありますし、今からでも遅くはないです。

 

ぜひチャレンジしてスリムを目指してくださいね。

 

以上、冬のダイエットのおすすめ方法についてのおまとめでした。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

shutterstock_153769772

ダイエットでの有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)の効果まとめ!順番に注意

有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)はどちらもダイエットの代表格です。 しかし、それぞれのダイエット効果や違いは?行う際の注意点は?最適な時間帯

短期9

短期間ダイエット方法!1日・3日・1週間で痩せる方法まとめ

集中型の短期ダイエット方法の情報をお探しですか? 食べ過ぎてしまったから1日だけダイエットしたい、または三日坊主だから3日間だけダ

salad-374173_640

筋トレ+食事制限ダイエットは必ず痩せる!痩せない時の6つのチェックポイント

「ダイエットをするためには、有酸素運動をすれば良い!」、これは常識ですよね。確かに、有酸素運動をすると脂肪が燃焼しますので、ダイエットができ

薄味3

薄味ダイエットの効果・コツ・レシピまとめ!濃い味のデメリットも徹底解説

薄味ダイエットの情報をお探しですか? 味の濃度は地域差もあるといわれていて、特に関東と関西の違いが有名ですよね。関西は比較的薄味で

664a1a41ecb66792e66b7d8c7e831e50_s

女性の中年太りの原因は?ぽっこりお腹解消ダイエット法まとめ【対策は4つ!】

「最近、太ってきたなぁ」とか「お腹がポッコリ出てきた」など中年太りに悩んでいる女性はいませんか?40代以上になると、どうしても中年太りをしや

関連する記事②

9

アスリートの体脂肪率&減量・食事方法の工夫17選まとめ

アスリートの減量情報をお探しですか? 試合に勝つためには余分な脂肪は落としたほうが良いものの、筋肉は落とすわけにはいかない、という

%ef%bc%91

【低GI値】低インシュリンダイエット3つの効果・成功できる食べ物まとめ【7つのルールと食品一覧表あり】

低インシュリンダイエットってご存知ですか?  聞いたことあるかもしれませんが、日本ではまだまだメジャーなダイエット方法ではないよう

8

【筋トレ16選】内もも痩せダイエットの定番エクササイズを一挙ご紹介!

内もも痩せダイエットの筋トレ情報をお探しですか? 内ももの筋トレは、お風呂あがりに15分程度行うだけでも、かなりの効果が見込めるよ

dd737010d9efbcb8d82757fed4356bf2_s

美容の大敵!セルライトの4つの消し方・除去方法【ダイエットで解消できる?】

二の腕や太ももにセルライトができてしまって、悩んでいる女性は多いですよね。ボコボコとしたセルライトは、どうやって消せば良いのでしょうか?&n

1

水ダイエットで痩せる?5つの効果・3つの種類・正しい飲み方まとめ【注意点あり】

水ダイエットについての情報をお探しですか? 痩せたいならお水はしっかり飲みましょう、なんてことをよく効きますが、お水を使ってダイエ

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。