薬1

ダイエット薬10個の効果と副作用まとめ!痩せるけど危険?

ダイエット薬の存在をご存じですか?

 

厚生労働省許可のものから怪しそうなものまで氾濫し、たった数日で激やせするくらい効果が激しいものもあります。ちょっと異様な世界ですよ。

 

今回はそんなダイエット薬についてご紹介します。

厚生労働省許可のダイエット薬1(サノレックス)の効果と副作用

薬1

 

正式名をマジンドールと言います。日本のダイエット薬としてもっとも有名なお薬です。いわゆる食欲抑制剤で、食欲をコントロールすることでダイエット効果を期待します。厚生労働省が許可しており、おおむね1~2ヶ月間服用して、効果を得るそうです。といいますか、副作用や依存性があるため、1~2ヶ月間しか服用できないもののようです。

 

一般的に、本当の肥満の方向けの薬のため、誰にでも処方箋を書いてくれるというわけではく、肥満度の基準があります。目安はBMI135以上です。こういう基準が厳しいため、肥満ではないけれどもっとスリムになりたい、と言う方は個人輸入で海外のダイエット薬を購入することが多いです。しかし、もしもあなたが本当の肥満なら、即病院で相談すると良いでしょう。

 

ダイエット薬としての効果は、食欲抑制で、食べ過ぎを無理なく抑えることから体重減少効果を期待します。医師からのアドバイスを受けながら、生活習慣も改めていく形になるでしょう。

 

副作用としては、便秘と口の渇きが主で、人によっては、めまいや吐き気などを生じることもあるそうです。飲み方は、昼食の前に1錠を飲むだけの簡単なものです。

 

 

 

厚生労働省許可のダイエット薬2(スーグラ錠)の効果と副作用

薬2

 

本来は糖尿病患者用に処方される薬です。しかし、体重減少作用もあることからダイエット薬としても有名です。実際に医師が処方箋を書いてくれるかどうかは不明ですが、確かに体重が落ちるそうで、ダイエット薬に使われることに懸念を示している医師も多いそうです。つまり、処方箋を書いてくれるかどうかは医師によるもののようです。

 

ダイエット薬としての効果は、糖分をダイレクトに尿から排出する効果、水分も尿から排出する効果、脂質を燃焼する割合が高まる効果、などがあります。

 

副作用としては、便秘になるほか、口が乾いたり、頻尿などがあげられます。尿の量が多くなることから、高齢者の場合は脱水症状になる危険性もあるそうです。

 

 

 

米国食品医薬品局許可のダイエット薬1(ゼニカル)の効果と副作用

薬3

 

世界でもっとも有名なダイエット薬と呼ばれているお薬です。世界第5位の製薬会社「ロシュ製薬」の商品で、医薬品です。アメリカの食品医薬品局(FDA)が許可しているダイエット薬ですが、日本の厚生労働省の許可は受けていません。購入する場合は個人輸入になります。

 

ダイエット効果は、脂質の吸収を抑制するもので、消化酵素リパーゼの働きを妨げて、脂質吸収率を30%程度カットします。脂っこい物が好きな方、どうしても脂質を取り過ぎてしまう方に特に有効な薬と言えるでしょう。2ヶ月ではっきりと効果が分かると言われています。

 

副作用としては、突発性の便意、おならが出やすい、などがあげられます。

 

 

 

米国食品医薬品局許可のダイエット薬2(コントレイブ)の効果と副作用

薬4

 

こちらはアメリカの食品に薬品局(FDA)の許可を得ているダイエット薬ですが、実は日本で開発されたお薬です。もちろん肥満治療薬として開発されましたが、厚生労働省の許可が取れず、アメリカで販売されることになったようです。

 

ダイエット効果は、食欲のコントロールと、食べ物の摂取と代謝のバランスを整える効果が期待できます。3800人に56週間の臨床試験を行って、ダイエット効果を確認しています。

 

副作用としては、口の渇き、便秘、頭痛、めまい、などが上げられます。その他重大な副作用をともなう場合もあると言われているため、念のため、事前に医師に相談した方がよいでしょう。

 

 

ジェネリックのダイエット薬1(リデュース)の効果と副作用

薬5

 

ダイエット薬「リダクティル」のジェネリックです。ジェネリックとは、特許が切れたお薬のことで、おおむね安価な価格で購入することができます。最近ジェネリックってよく効きますよね。日本でも国を挙げてジェネリックを推奨しているようです。

 

もとのお薬である「リダクティル」の効果は、食欲抑制効果です。食欲をコントロールすることで体重減少効果を期待します。また、脂肪燃焼効果も期待できるそうです。

 

主な副作用としては、倦怠感、便秘、不眠などがあげられます。

 

 

 

ジェネリックのダイエット薬2(オルリファスト)の効果と副作用

薬6

 

世界でもっとも有名なダイエット薬「ゼニカル」のジェネリックです。ジェネリックなので、効果はもとのお薬である「ゼニカル」と同等です。主に脂質吸収を抑制する効果があり、それによって体重減少効果を期待します。

 

ジェネリックと言うことは特許料金がついていなくて値段が安いと言うことなので、「ゼニカル」が欲しいなら、こちらを購入した方がお値打ちと言えるでしょう。しかし、日本の厚生労働省の許可は受けていないお薬のため、事前に医師に相談した方が良いです。

 

副作用についても「ゼニカル」と同等です。おならが出やすい、突発性の便意を感じる、などが上げられます。

 

 

 

 

ジェネリックのダイエット薬3(オベリット)の効果と副作用

薬7

 

こちらも世界でもっとも有名なダイエット薬「ゼニカル」のジェネリックです。しかも、ネットで調べてみると、意外に手に入りやすい物のようです。販売価格は5000円前後が主流のようです。「ゼニカル」と同等の脂質吸収を抑制する効果があります。

 

ここで、脂質は抑制できるものの、糖質は抑制できないことを考慮しなくてはなりません。本当に効果を得たかったら糖質も減らす必要があり、こちらは自力で行うことになるでしょう。

 

副作用についても「ゼニカル」と同等で、おならが出やすい、突発的な便意、などがあげられます。

 

 

 

海外セレブご愛用ダイエット薬1(BOTANIC CUT)の効果と副作用

薬8

 

こちらはアメリカで激やせ薬として有名なサプリで、脂肪細胞の種を消滅させる成分を含んでいると言われるなにやら怪しそうなダイエット薬です。飲み方を間違えると大変危険であると指摘もされています。日本では許可されていないため個人輸入が主になると思いますが、説明書は英文で書かれているに違いありません。飲み方が把握できるでしょうか。

 

効果としては、見違えるように痩せるもののようで、まさに激やせ薬のようです。服用量は1日2錠までであって、無視して多く飲むと大変危険といえるでしょう。場合によっては、末期のがん患者のような体つきになることもあるそうです。しかし、アメリカでは知名度が高く、アンジェリーナ・ジョリーも愛用していると言われています。

 

副作用については、激やせしすぎる、太れない体になることもある、などが上げられます。

 

 

 

海外セレブご愛用ダイエット薬2(アメージングミックス)の効果と副作用

薬9

 

むかしからダイエット薬として有名で、最古のダイエットサプリとも言われているお薬です。よく売れていて、海外セレブのご愛用者も多いようです。日本でも販売されたことがあり、実際、ネットで調べると、今でもお手軽に購入できるもののようです。お値段も1箱で3000円程度が主流のようです。

 

日本での販売初日に、芸能プロダクションなどが爆買して、10000個がたった5日間で完売したという伝説も残っているようです。

 

効果については、脂肪燃焼効果などが上がられ、激やせ薬の一種のようです。スーパーフードのスピルリナやココナッツオイル、アサイー、クコの実、ザクロ、酵素などが配合されています。しかし、お手軽に購入できすぎて、ちょっと怖い気もするダイエット薬です。

 

副作用としては、ネット上では情報が見つかりませんでしたが、注意が必要と言えるでしょう。サプリメントのようで、副作用は少ないのかもしれません。

 

 

 

日本の芸能人ご愛用のダイエット薬(スリミナージュ)の効果と副作用

薬10

 

日本の芸能人にはかなり愛用者が多い印象を受けるダイエット薬です。例えば、西野カナ、山田優などが飲んでいると言われ、ダイエットマニアはピンとくるかもしれません。SNSで本人が紹介していた、拡散された、という情報もありますが、詳細は不明です。

 

ネットで調べたところ、なんとアマゾンでも売っていて、お値段も3000円程度です。お薬と言うよりはサプリメントのようですが、痩せることで有名で、激やせの情報も多いです。

 

効果としては、脂肪燃焼効果です。ブラックジンジャーやコレウスフォルスコリ、黒ごまなどが配合されています。この程度の物ではたして激やせするのでしょうか?

 

副作用については、ネット上で確認できませんでしたが、サプリメントですから、少ないのかもしれません。しかし、注意は必要でしょう。

 

 

 

痩せるダイエット薬の危険性【一読必須!】

薬11

 

ダイエットをされている方にとって、痩せるダイエット薬の存在はとても魅力的かもしれません。本格的なお薬からサプリメント系までいろいろありますが、やはり危険性はありますよね。体内で普段とは違うことが起こっているわけです。危険性について4つほどまとめてみました。最終的な安全策としては、事前に医師に相談するのが良いと言えそうです。

 

①日本人には不向き

厚生労働省の許可がでているものはまだ良いですが、そうでないものはほとんどがアメリカなどの海外のお薬になります。個人輸入して購入して飲まれる方も多いですが、そもそも体型そのものが違うことが難点です。日本人サイズ向けではないのですね。薬の成分が効きすぎることが指摘されています。

 

②本当の肥満患者向け

そもそもダイエット薬とは、肥満治療薬のことのため、本当の肥満患者を対象として開発されています。日本の場合、本当の肥満というのは少なくて、ほとんどが標準に近い体型なのに、もっとスリムになりたい、美しくなりたい、という方が多いです。肥満用の薬を使うこと自体に危険性が持たれるようです。

 

③依存性の問題

ダイエット薬を飲む期間などをみていると、依存性を避けるために、短期間の服用に止めている物が多いです。つまり、依存しやすい傾向があるようです。もともと体に負担がかかるもので、さらに依存が伴った場合、やはり危険と言えるでしょう。

 

④副作用の問題

薬に対する副作用について、情報を調べた段階では、便秘や口の渇きなどの症状が多い印象を受けましたが、実際に飲んだ方の口コミを見てみると、もっといろいろあるようで、少し怖い気がします。効き目も大きそうですし、十分注意したほうが良いでしょう。

 

 

 

痩せるダイエット薬についての口コミ

薬12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?口コミを見るとダイエット薬を飲んだことのある方も意外に多いようですが、やはり怖そうですね。動悸やめまいなどもあるようですし、やはり体の中ではいろんな反応が起こっているのでしょう。

 

個人的な感想としては、地道にこつこつダイエットを行うことの方に一票を投じたくなります。自己責任になるので、十分注意したほうが良いでしょう。

 

本当に飲みたい場合は、近所のクリニックなどを活用して、医師に相談した方が得策と言えそうです。内科で良いと思いますよ。おそらく芸能人などはちゃんと受診しているでしょう。

 

以上、ダイエット薬についてのおまとめでした。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

8c44be56396f5ecffee3a66d319bd960-480x320

産後ダイエットはいつからが効果的?始める時期・方法・成功の秘訣まとめ

出産という大仕事を終えた自分の体を見てみたら、なんだかたるんでプヨプヨになったお腹がそこに…。そんな焦りから、産後ダイエットを決意される方も

0・

人気お笑い芸人のダイエット方法9選まとめ【テレビの企画もの多し!】

人気お笑い芸人のダイエット情報をお探しですか? お笑い芸人の方は、テレビ番組のダイエット企画に呼ばれることが多いようで、皆さんなか

7

糖質制限ダイエットの人気ブログ8選まとめ【モチベーション維持に最高!】

糖質制限ダイエットの人気ブログをお探しですか? ブログはリアルタイムでダイエット生活を垣間見れるので、ダイエットのモチベーション維

10

人気モデルのダイエット方法!成功&体型維持ランキング21選【女性編】

人気モデルのダイエット方法をお探しですか? さすがは体が資本のモデルだけあって、いろんなダイエットをされていますよ。 ざ

15

人気女優のダイエット方法!成功&体型維持ランキング23選【女性編】

人気女優のダイエットの情報をお探しですか? 女優の方は見た目も重要ですし、役によっては太ったり痩せたりする必要もあるようです。&n

関連する記事②

japanese-food-2199962_640

ラーメンの種類別カロリーと太る4つの理由!ダイエット中の食べ方8つのコツも徹底紹介

ラーメンは日本の国民食と言っても良いものですよね。「ラーメン大好き!」という人は多いと思います。 ただ、ラーメンはダイエットには向

2e64e2946dcdb3d75022430f5eae9f32_s

ゆで卵は低カロリー!ダイエット効果や食べ方まとめ【半熟卵の作り方も徹底解説】

ダイエットをするなら、ゆで卵を使ってダイエットしませんか?ゆで卵はあなたのダイエットを助けてくれるものなんです。 ゆで卵のカロリー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もち麦ダイエットの効果・正しいやり方・メリットデメリットまとめ【便秘も肌荒れも解消!】

もち麦というと、懐かしい!と思われる方もいる一方、食べたことがない…という方もいるでしょう。実際に食べてみると、ごはんにモチモチ食感が加わっ

3

筋トレ食事メニューまとめ!食べる時間とタイミング・おすすめレシピ6選など徹底解説

筋トレ食事メニューの情報をお探しですか? 痩せ体質になるためには筋肉が必要です。筋肉をほどよくつければ脂肪をボンボン燃やすことがで

ジャンプ5

バーピージャンプの消費カロリー・効果・方法・回数まとめ【アメリカで大ブーム!?】

バーピージャンプの情報をお探しですか? アメリカで大ブームになっている筋トレですが、日本の口コミを見ていると「むかし部活でやった」

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。