1

献血ダイエット3つの効果&メリットとデメリットを徹底解説

自分の血液を無償で提供する「献血」をすることでダイエット効果があるという驚きの研究発表がアメリカであり話題になっています。

 

今回は献血ダイエットの効果3つ、デメリット5つ、メリット3つ、口コミを紹介します。

献血ダイエットとは

1

 

献血ダイエットとは、献血をすることによってスリムを目指すダイエット方法です。

 

簡単に言うと血を抜くわけですが、抜いた分だけもちろん体重は軽くなります。それと同時に、新しい血液を作るためにカロリーを消費するとか、新陳代謝がよくなるとか、なんとなくダイエット効果かな?と思えるような諸説がいろいろあるようですよ。

 

また、献血ルームはあちこちにあるため見かけることも多いと思いますが、献血ルームに行く方はよく行かれますし、行かない方はまったく行ったことがないのではないかと思います。両極端らしいですよね。そんな献血ルームでの情報も交えつつ、詳しくご紹介しましょう。

 

 

献血ダイエットの3つの効果

2

 

まずは献血ダイエットの効果について見ていきましょう。

 

本当に痩せるのか?も気になりますが、献血によっていろんな効果があるようです。まとめてみました。

 

カロリーが消費される

アメリカのカリフォルニア大学の発表によると、500ccの献血を行うと、650キロカロリーが消費されるそうです。これは、血液を抜くことによって、体が新しい血液を作ろうと必死で稼働するからだそうです。

 

突然それなりの量の血を抜かれるので、体内では驚いていろんな反応が起こっているのですね。カロリーを消費して、新しい血液を作り出しているのです。

 

デトックス効果もある?

献血のために血液を抜くことによって、代わりに新しい血液が作り出されます。これは一種のデトックスと考えることもできます。古い血を抜いて、その分、新しい血が生産されるのですね。

 

デトックスにつながれば、新陳代謝アップにもつながり、ダイエット効果として期待できそうです。ただし、デトックス効果になるかどうかについては、立証はされていないそうです。

 

人の役に立つことができる

献血をすることによって、人の役に立つことができます。これに反論される方は皆無でしょう。献血って確かに良い行為ですよね。

 

血液は合成ができず、輸血のためには人間から自分の血液を提供してもらう必要があります。献血ルームはたいてい場所の良いところにあるので、看板や呼び込みなどで情報も入ってくるかと思いますが、常に不足していますね。

 

ボランティアを希望されるなら一番手っ取り早くできる人助けと言えるでしょう。

 

 

献血ダイエットの5つのデメリット

3

 

献血ダイエットのデメリットについても見ていきましょう。

 

生身の血を抜くわけですから、いろいろマイナスになることもあるようです。また、健康面以外のデメリットもあるようですよ。まとめてみました。

 

不安感がある

献血に慣れている方の場合はぜんぜん平気だと思いますが、そうでない場合、やはり不安感があると思います。私の住んでいるエリアでは駅前に献血ルームがあって、常に案内テープが流れています。

 

「献血後は男性でもトイレは座位で行ってください」など、貧血になるのかな~?と思われるような案内もあり、不安を誘います。久しぶりに献血をする、もしくは初めて献血をする場合は、精神的なハードルが高いかもしれません。

 

ショックを受けることもある

いざ献血しようと思って献血ルームに行っても、断られてしまうケースもあります。ずいぶん昔、友達に誘われて献血ルームに行ったら、「体重が少ないので献血できません」と断られてショックをうけたことがありました。

 

小柄なので大柄の方から見れば体重はありませんが、当時はまだデブだったので、複雑な思いでした。今ならいろんな献血の方法があって体重が理由で断られることはないと思いますが、体調等によっては献血できないこともあります。

 

4

 

無料の飲食物を爆食いしてしまう

献血ルームに行くと、飲み物も食べ物も無料で、漫画や雑誌、DVDなどもあり、待ち時間のためにいたれり尽くせりだったりします。これが曲者で、無料で時間もあったりすると、ついつい爆食いしてしまうのだそうです。

 

以前、私を献血に誘った友達なんて、誘い文句は「暑いからタダで飲めるところに行こう」でした。ツイッターを見ても、皆さんよく食べるようです。勧め方も上手なのかもしれませんが、ダイエットにおいてはあまり良い環境とは言えないようです。

 

少し時間がかかる

献血には、全面献血と成分献血の2種類があります。それぞれの所要時間の目安は、全面献血の場合は15~20分程度、成分献血の場合は1時間程度だそうです。これが長いか短いかは人によると思いますが、ふらっと入って、すぐに帰れるものでもないようです。

 

水を飲めば戻る

献血元である日本赤十字社へ、献血はダイエット効果があるのか、という質問があったそうです。これに対する日本赤十字社の回答は、水を飲めば戻るのでダイエットとは言えないのではないか、というものでした。確かにそうですよね。水を飲めば戻ってしまうダイエットなのです。

 

 

献血ダイエットの3つのメリット

5

 

献血ダイエットの効果とデメリットをみたところで、おそらく感想としては、献血ダイエットはあまり効果のあるダイエット方法とは言えないのでは?と感じた方が多いと思います。

 

ところが、献血ダイエットには別の観点からの大きなメリットがあるのです。確かにダイエットに効くのですよ~! しかも、医学的にみても非常に優れたダイエットといえます。ご紹介しましょう。

 

無料で健康診断ができる

献血ルームに行って献血をすると、その後に「検査成績のお知らせ」という血液の状態を調べたデータがもらえます。これがなかなかの優れもので、体重、血圧から、血糖値、コレステロール、たんぱく質量などまで、さまざまな健康状態が分かるようになっています。

 

普通の病院で血液検査をすると1万円近くかかってしまうそうですが、それが無料でもらえるのです。

 

6

 

ダイエットのモチベーション維持ができる

献血は毎月行うのは無理ですが、数か月に1度の割合で行うことができます。例えば、3か月ごとに献血をすると決めたら、「検査成績のお知らせ」も3か月ごとに貰えるわけです。これはダイエットにおいて非常に良いバロメーターになります。美容だけでなく健康の面でも良いですよね。

 

このデータをもとに、ダイエットメニューを組み替えていくと良いでしょう。ちなみに、エイズ感染結果は陽性であっても本人に通知されないため、エイズ検査としての活用はできないそうです。

 

自己PRにもなる

自分をアピールしたときってありませんか?仕事やバイトの面接から、ごく一般的な自己紹介まで、わかりやすい何かがあったらいいなと思う場面は少なくありません。そんな場合、定期的な献血は自己PRの1つになるかもしれません。

 

私の友達に献血マニアがいて、何かの時には献血ネタで自己PRし、献血ルームでもらうグッズも自慢ですが、嫌みがなくて良いです。始めるまでは躊躇しますが、慣れたら習慣になるもののようです。

 

 

献血ダイエットの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

献血ダイエットについてのまとめ

・献血ダイエットの効果
「カロリーが消費される」「デトックス効果がある」「人の役に立てる」

・献血ダイエットのデメリット
「不安感がある」「断られるケースもある」「無料の飲食物を爆食いしてしまう」「少し時間がかかる」「水を飲めば戻る」

・献血ダイエットのメリット
「無料で健康診断ができる」「ダイエットのモチベーション維持ができる」「自己PRにもなる」

いかがでしたか?

 

献血ダイエットは直接的なダイエット方法とはいえないかもしれませんが、検査結果をダイエットにつながるように活用することはできそうです。しかも、きちんとした医学情報ですから貴重ですよね。

 

さらに極めるなら、献血ルームに行ったついでに美容系の肌診断のスポットも回ると効果的です。体型もお肌も定期診断は効きそうですよね。

 

なにごとも使い方次第といえそうです。無料なら尚良いです。

 

ぜひチャレンジしてスリムを目指してくださいね。

 

以上、献血ダイエットについてのおまとめでした。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

o0300023712667923834

1ヶ月で3-5kg痩せるダイエット方法!食事&運動の方法20個を徹底紹介

1カ月で3kg‐5kg痩せる短期間ダイエットは、きちんと計画して適切な方法で取り組む必要があります。今回は1カ月短期間ダイエットが失敗する理

%e9%81%ba%e4%bc%9d%e5%ad%90%ef%bc%91

遺伝子検査ダイエットの効果・方法・口コミまとめ【市販のキットで簡単にできる!】

ダイエットを頑張っても結果が出ず挫折ばかりの人は遺伝子レベルでダイエット法の選択ミスの可能性もあり自分の遺伝子を詳しく調べる必要があります。

a88c959e8f49536090121a6fe8b37313_s

アラサー女子向けの運動&食事ダイエット方法6選!目指すべきは細マッチョ

仕事やプライベート、家事・育児に忙しいアラサー女子は、効率よくダイエットしたいですよね。 ダイエットしたいアラサー女子のために、お

%ef%bc%91%ef%bc%94

ダイエットブログおすすめ12選!本当の人気サイトを厳選してご紹介

おすすめダイエットブログの情報をお探しですか? ダイエットをしている人は星の数ほどいて、凄い数のダイエットブログが存在します。そこ

1

夏のダイエット方法6選!水泳で運動など気温の高さを最大限に活用しよう

夏のダイエットのおすすめ情報をお探しですか? ダイエットをしないまま夏になってしまった、あるいはダイエットしたけれど成功しないまま

関連する記事②

Cmlxt0pUIAEZjbd

大和田南那が現在は痩せた?身長・体重・ダイエット方法まとめ

2017年にAKB48を卒業した大和田南那さん。一時は激太りがささやかれましたが、ダイエットに取り組んで今ではまたスリムな体型を手に入れてい

belly-2661555_640

ドラゴンフラッグの効果とやり方!できない初心者でも必ずできる方法まとめ【動画解説付き】

「クランチをやっているのに、なかなか腹筋が割れない」、「もっとバキバキに腹筋を割りたい!」、「クランチじゃ、物足りない!」と思っているあなた

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%93%ef%bc%91

キャビプラスの4つの効果・使い方・口コミ【ホームエステ機器】

キャビプラスなるものをご存知ですか?  ホームエステ機器でEMS機能も付いている優れものなのですが、手軽に片手で使える機器なのです

%ef%bc%91

ところてんダイエットの効能と効果は?成功の食べ方まとめ【3つの方法があります】

 口当たりの良い触感で腹持ちもよくカロリーもほとんどない「ところてん」はダイエット効果の高い食材で意外とレシピも多くおすすめです。

fotolia_52819285_xs-min

塩抜きダイエットに効果的な3つの方法・注意点まとめ【3日間の短期集中で痩せる体質に!】

塩抜きダイエットは3日間、食事から一切塩分を抜いてしまうダイエット方法です。日頃の塩分の取りすぎをリセットして体の中から不要な水分と塩分を抜

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。