nut-1913195_960_720

くるみのカロリー・ダイエット方法と効果まとめ【食べ過ぎ注意】

くるみがダイエットに良いことを知っていますか?

 

くるみなどのナッツ類はカロリーが高く、太りやすいイメージがあるかもしれません。
しかし、上手に取り入れることでダイエット効果が期待できるのです。

 

そのくるみでダイエットできる理由と方法などをご紹介します。

くるみはどんな食材?

 

パンやスイーツに使用されることが多いくるみ。くるみ(胡桃)とは、クルミ科クルミ属の落葉樹のこと。もしくはその種子から加工したナッツのことを言います。

 

食用としての利用は古く、紀元前7000年前から人類が食用としていたとも言われている。日本では縄文時代から種実の出土事例があり、オニグルミを中心に食料として利用されていたと考えられている。

 

引用:wikipedia

 

その歴史は古く、日本でも古代から食用とされてきたと考えられています。

 

 

くるみのカロリーと栄養成分

 

「くるみはカロリーが高い」

そんなイメージがありませんか?気になるくるみのカロリーと栄養成分を紹介していきます。

 

くるみのカロリー

くるみ100gあたりのカロリーは674kcalです。1粒のカロリーは約40kcal、1かけのカロリーは約20kcalとなります。

 

カロリーの高さに驚いた人も多いかもしれませんね。ナッツ類は大部分が脂質なので、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。

 

くるみの栄養成分

くるみ100gあたりには68.8gの脂質が入っています。全体の約7割が脂質ということになりますね。たんぱく質は14.6g、炭水化物は11.7gとなっています。

 

くるみにはビタミン、ミネラル、食物繊維などがバランス良く含まれています。カロリーや脂質の高さは少し気になりますが、栄養価が高いスーパーフードの代表格です!

 

 

くるみの4つの効果

 

くるみには様々な美容・健康効果があります。全部は紹介しきれませんが、代表的な効果を紹介していきますね!

 

悪玉コレステロールを減らす

くるみにはオメガ3脂肪酸のひとつであるα-リノレイン酸という脂肪酸が多く含まれています。α-リノレイン酸は体内では合成できない必須脂肪酸のこと。えごま油などにも含まれています。


α-リノレイン酸は体内でDHAやEPAに変換されます。DHAやEPAは魚の脂に多く含まれる脂肪酸で、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす作用があることが分かっています。

 

ようするに、くるみを適量食べることで悪玉コレストロールを下げる効果が期待できるのです。悪玉コレストロールが下がれば、動脈硬化や心筋梗塞などの予防になります。

 

疲労回復

くるみは栄養価が高く、疲労によって傷ついた組織や細胞の修復を早めてくれる効果があります。これにより疲労回復効果が期待できます。

 

また、くるみにはエネルギー代謝を促すビタミンB群が豊富に含まれています。特に疲労回復に効果があるビタミンB1が多く含まれていますよ!

 

美肌効果

くるみに含まれるα-リノレイン酸には、肌の潤いを保つ作用があります。美肌に欠かせないビタミン・ミネラルが豊富に含まれている点も魅力です。


くるみには高い抗酸化作用があるので、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を正常にする効果も!ターンオーバーが正常化されると、シミやシワなどの肌トラブルが減って美肌へと近づきます。

 

便秘解消

くるみには便秘解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれています。くるみに多く含まれているのは、水に溶けにくい不溶性食物繊維です。

 

不溶性食物繊維は、腸のぜん動運動が鈍くなることで起こる「弛緩性便秘」に効果が期待できます。人によっては逆効果となることがあるので注意しましょう。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランス良く摂取することが大切です。

 

 

くるみがダイエットに良い3つの理由

 

高カロリーなくるみがダイエットに良い理由とは…?

 

脂肪が燃えやすい体になる

先ほども紹介しましたが、くるみにはα-リノレン酸という脂肪酸が含まれています。α-リノレン酸には悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。悪玉コレストロールが減少すると、血行が良くなり代謝アップが期待できるのです。

 

代謝量が上がると1日の消費カロリーも増えるので、自然と太りにくく痩せやすい体になります。

 

食べすぎを予防する

「間食がやめられない!」という人は結構多いのでは?普段おやつで食べているケーキやスナック菓子をやめて、代わりにくるみを食べることで暴飲暴食を防ぐことができます。


くるみはカロリーや栄養価が高いので少ない量でも満足しやすいです。くるみを適量食べておくことで無駄な間食を予防でき、上手くいけば食事量を減らせる可能性もあります。スナック菓子などとは異なり、良質な脂が含まれているのも魅力的ですよね。

 

血糖値が上がりにくい

くるみには糖質がほとんど含まれていません。糖質が少ないので、血糖値が上がりにくくインスリン(インシュリン)が分泌されにくいという利点があります。

 

インシュリンが急激に、かつ大量に分泌されると、脂肪細胞に糖が運ばれ、肥満の原因となってしまいます。そこでインシュリンの分泌量を増やさないために、「血糖値を急に上昇させないこと」が必要です。

 

引用:CLUB Panasonic

 

 

食べ過ぎには注意!くるみダイエットの方法

 

くるみダイエットの方法はとてもシンプル。毎日7粒を目安に、無添加のくるみを食べるだけでOKです。塩で味付けされているものはむくみの原因になるので避けてください。

 

くるみを食べるタイミングは間食、もしくは食前がおすすめです。普段から間食をする習慣がある人は、いつものおやつをくるみに変えてみましょう。

 

基本的にはそのまま食べることをおすすめしますが、飽きる場合はサラダやヨーグルトなどにトッピングしても良いかもしれません。

 

くるみは体に良い食材ですが、カロリーや脂質が高いので食べすぎはNGです。1日7粒程度を守ってください。1粒40kcalあるので7粒食べただけでも280kcalに。これ以上食べてしまうと、かえって太ってしまう可能性があります。

 

まとめ

 

くるみのダイエット効果について紹介してきました。ナッツ類はカロリーが高いので避けている人が多いのではないでしょうか?確かに食べすぎはNGですが、上手に取り入れることによってダイエット効果が期待できます。

 

他にも美肌効果、疲労回復効果など嬉しい効果がたくさん!特に女性に嬉しい食材だと思います。アナタも今日からくるみを取り入れた生活をしてみませんか?

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

1

玉ねぎダイエットの効果・カロリー・レシピまとめ【食べ過ぎNG!】

たまねぎダイエットの情報をお探しですか? たまねぎにはポリフェノールなどが豊富に含まれていて、ダイエットにも美容にも健康にもよいそ

fast-food-1839052_640

フライドポテトは太る?カロリー&ダイエット中の食べ方の8つの注意点まとめ

フライドポテト。おいしいですよね。ジャガイモを油で揚げただけなのに、どうしてあんなにおいしいのでしょうか? でも、フライドポテトは

4

ライザップのカップラーメンは低カロリー低糖質で口コミも急増!ファミマとコラボの限定商品

普通カップラーメンはダイエットの敵ですが2017年1月ライザップがファミマとコラボしてなんと低糖質低カロリーのカップ麺を販売して話題になりま

marshmallow-free-photo3 (1)

マシュマロでダイエット!4つの効果と食べ方・レシピや口コミまとめ

マシュマロダイエットの情報をお探しですか? 歴史的にみると、マシュマロはもともとお薬として使われていたものが始まりだそうで、いろん

gatag-00013680

発酵食品ダイエットは食べ過ぎ注意?健康効果や正しいやり方まとめ

あなたは発酵食品を積極的に食べていますか?  発酵食品にはさまざまな美容・健康効果があります。ダイエット中にも発酵食品がおすすめ!

関連する記事②

0c6c025af2a9ea0680a534d57ab36966_t

サバ水煮缶はダイエット効果抜群!種類とカロリーや栄養&おすすめ商品も紹介

手軽に食べられて栄養豊富なサバ缶は最近ではメディアで「サバ缶ダイエット」として紹介されて以来注目を集めています。 今回はサバ缶の種類、サバ水

31eFHrIS8jL

オリゴ糖の効果と7種類の特徴&食べ過ぎで太る危険性まとめ

オリゴ糖は体に良いものというイメージを持っていると思います。オリゴ糖は厚生労働省から「特定保健用食品(トクホ)」に指定されているものも多いの

hqdefault

美保純のダイエット方法!身長と体重&スタイル維持の秘訣まとめ

女優やコメンテーターとして幅広く活躍する美保純さんは、50代後半にも関わらず昔と変わらず美しくスタイル抜群です。  そこで今回は、

1

竹達彩奈のダイエット!身長・体重・太った後に痩せた方法まとめ

声優の竹達彩奈さんは、キュートなルックスで人気の一方、痩せたり太ったりと、体型の変化が激しいことで知られています。  この記事では

1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

痩せたい部位&部分別ダイエット方法まとめ【ランキングTOP5】

ダイエットをしたい女性は、とにかく体重を落として細くなりたいと願っていると思います。でも、人それぞれ「特にこの部位を痩せたい!」と特定の部位

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。