hamburger-207295_640

胃袋が大きい原因&小さくする8つの方法まとめ【ダイエットしたい人は必見】

「ついついたくさん食べすぎてしまう。」、「食べても食べても満足感がない」という人は、胃袋が大きくなっているのかもしれません。胃袋が大きいままだと、ダイエットをしてもすぐに挫折してしまいます。ダイエットをするなら、胃袋を小さくするようにしましょう。

 

胃袋が大きい原因と小さくする方法をまとめました。ダイエットしたい人は必見です。

胃袋が大きい原因は?

「私って、人よりも胃袋が大きいと思う」と感じている人は多いかもしれません。人よりもたくさん食べてしまう、1人前だけでは満足できないという人は、胃袋が大きくなっている可能性が高いんです。

 

胃袋が大きい原因を3つまとめました。いつも食べすぎるから、太ってしまうという人は、胃袋が大きい原因を確認してください。

 

 

食べ過ぎで胃が大きい

胃袋が大きい原因の1つ目は、食べ過ぎで胃が大きいことです。

 

2

 

胃は平滑筋という筋肉でできています。筋肉って、収縮したり伸展したりしますよね。筋肉が伸び縮みすることで、私たちは体を動かすことができ、心臓を動かすことができ、呼吸をすることができるんです。

 

胃袋が大きい原因に話を戻します。胃袋は筋肉でできていますので、胃に食べ物が入ると、胃袋は伸びて大きくなります。そして、消化されて、食べ物が十二指腸に送られて、胃の中が空になってしまうと、胃袋の筋肉は収縮して元の大きさに戻るんです。

 

では、食べ過ぎるとどうなるでしょうか?胃袋は大きく伸びるようになりますよね。常に食べ過ぎている人は、胃袋が常に伸びた状態になりますので、大きくなるんです。

 

また、ダラダラ食べている人は、常に胃に食べ物が入っている状態なので、なかなか胃袋が収縮することができずに、伸びたままになります。

 

胃袋が大きい原因は、食べ過ぎで胃袋の筋肉が伸びきった状態になってしまったからなんですね。

 

 

満腹中枢が麻痺している

pizza-boxes-358029_640

 

胃袋が大きい原因の2つ目は、満腹中枢が麻痺していることです。これは、実際に胃袋が大きくなっているのではなく、なかなか満腹感を感じないために、どんどん食べすぎてしまって、「胃袋が大きいなぁ」と感じるようになるんですね。

 

満腹中枢が麻痺する原因には、次のようなものがあります。

・過食症
・ストレス
・生活習慣の乱れ

特に、ストレスや生活習慣の乱れがあると、レプチンというホルモンの作用が低下するので、満腹中枢が麻痺しやすいのです。

 

レプチンとは食欲を抑制する作用があるホルモンです。ストレスや生活習慣の乱れがあると、レプチンの作用が低下するために、満腹中枢が麻痺して、胃袋が大きくなったように感じるのです。

 

また、その逆の作用、つまり食欲を増進させるホルモンはグレリンと言います。生活習慣が乱れて、睡眠時間が短くなると、レプチンの作用が低下するだけではなく、グレリンの分泌量が減るのです。

 

睡眠時間が短くなると、レプチン(食欲抑制ホルモン)の分泌が低下して、グレリン(食欲増進ホルモン)の分泌が増えることが示されています。

 

引用:不眠と生活習慣病 | コラム:肥満と不眠、体内時計の関係 | 体内時計.jp

 

食欲抑制のホルモンの分泌量が少なくなり、食欲増進のホルモンの分泌が増えたら、食べ過ぎてしまいますよね。そのため、胃袋が大きくなるのです。

 

 

胃下垂である

hamburger-207295_640

 

胃が大きい原因の3つ目は、胃下垂です。大食い選手権に出場するようなフードファイターの人たちは、みんな胃下垂であると言われています。

 

胃下垂とは胃が本来の位置よりも下に垂れ下がってしまった状態です。胃下垂が垂れ下がった状態なので、胃が大きくなっているんですね。

 

ただ、胃下垂は体質による部分が大きいので、胃下垂になろうと思って胃下垂になれるわけではありません。

 

そのため、胃が大きくなる原因は、食べ過ぎてしまうことと、ストレスや不規則な生活習慣で満腹中枢が麻痺することの2つであると言えるでしょう。

 

 

胃袋を小さくする8つの方法

胃袋を小さくするには、どうしたら良いでしょうか?胃袋が大きいままだと、どんどん食べ過ぎてしまいますよね。

 

胃下垂の人は消化がうまくできないので、食べ過ぎても太ることはありませんが、食べ過ぎや満腹中枢が麻痺している人は、胃袋が大きくて食べ過ぎると、当然太ってしまいます。

 

胃が大きくて悩んでいる人は、食べ過ぎること自体に悩んでいるのではなく、太ってしまうことに悩んでいるのではないでしょうか?

 

胃袋が大きい人は、胃袋を小さくすれば、食べる量を減らすことができますので、太る心配がなくなります。胃袋を小さくする方法をまとめました。

 

 

ゆっくりよく噛んで食べる

7a4710dcd2d5f5122dd142181557b6ec_s

 

胃袋を小さくするためには、ゆっくりよく噛んで食べましょう。ゆっくりよく噛んで食べると、満腹中枢を早く刺激することができますので、少量で満腹感を得られますので、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐことができれば、胃袋が伸びている時間が少なくなりますので、胃袋を小さくすることができるのです。

 

満腹中枢は血糖値が上がることで、刺激されます。血糖値が上がるのは、食べ始めてから15~20分後です。ということは、食事開始から15~20分は、どんなにたくさん食べても満腹感を得られず、胃袋が大きくなるのです。

 

そのため、胃袋を小さくするためには、ゆっくり食べて、満腹中枢が刺激されるまでに、食べ過ぎないようにしましょう。

 

また、よく噛んで食べると、満腹中枢が早く刺激されるんです。そのため、1口20回は噛んでから食べるようにすると、良いでしょう。

 

ゆっくりよく噛んで食べて、少量でも満腹になるようにすれば、胃袋に入る食べ物の量が少なくなりますので、自然に胃袋は小さくなるはずです。

 

 

食前には食物繊維を

detox-1995433_640

 

胃袋を小さくする前には、食前に食物繊維を摂るようにしましょう。食物繊維は胃の中で膨張しますので、満腹感を得やすくなります。

 

しかも、食物繊維が多いものは、カロリーが低いので、太る心配もありません。また、血糖値の上昇を穏やかにしてくれるので、満腹感が長時間続きやすくなるのです。

 

そのため、食前に寒天ゼリーを食べるようにしたり、ボウルいっぱいの野菜サラダを食べたり、スムージーを飲むようにすると良いでしょう。

 

 

就寝3時間前に食事を終える

d207abf9ea684d129f1f8fce69ddcd2b_s

 

胃袋を小さくするためには、就寝3時間前には食事を終えるようにしましょう。寝る前に食事をしてしまうと、先ほど説明したレプチンの分泌量が低下して、食欲が増してしまうのです。

 

脂肪細胞から分泌されるレプチンは、食欲抑制やエネルギー代謝亢進に働いています。夜遅い食事が習慣化するとレプチンの作用が低下し、メタボリックシンドロームをまねく原因となります。

 

引用:夜食症候群とは | e-ヘルスネット 情報提供

そのため、夕食は早めに食べ終えるようにしてください。そうすると、食欲を抑えてくれるレプチンの分泌量が増えて、食事量が減り、胃が小さくなると思います。

 

 

ぐっすり眠る

2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_s

 

胃袋を小さくする方法4つ目は、ぐっすり眠ることです。睡眠時間が短くなると、食欲を抑制するレプチンの分泌量が減り、食欲を増進させるグレリンの分泌量が増進するのです。

 

それなら、しっかり睡眠をとって、レプチンの分泌量を増やし、グレリンの分泌量を減らすことで、食欲を抑えて、胃袋を小さくしましょう。

 

レプチンを増やし、グレリンを減らすためには、ただ睡眠時間を長くすれば良いというわけではありません。ぐっすりと質の高い睡眠をとるようにしましょう。

 

 

腹八分目を言い聞かせる

eating-796489_640

 

胃袋を小さくする方法の5つ目は、腹八分目を言い聞かせるようにしましょう。いつも満腹になるまで食事をしていませんか?

 

「お腹いっぱいになって、もう食べられない」というまで食べると、ある意味幸せを感じると思いますが、そのような食べ方をしていると、自分で自分の胃袋を大きくしているようなものです。

 

そのため、「腹八分目」で食事を終えるようにしましょう。昔から、腹八分目が良いと言われていますよね。腹八分目まで食べたら、ある程度満足感を得られると思います。そこで、食事を終えるようにして、それを継続するようにすれば、胃袋は小さくなっていきます。

 

最初は、物足りなさを感じると思いますが、頑張ってそれを継続すれば、腹八分目が慣れて、胃袋が小さくなるでしょう。

 

 

間食は歯ごたえのあるものを

vegetables-815777_640

 

胃袋を小さくするためには、間食は歯ごたえのあるものを食べましょう。胃袋を本気で小さくするなら、間食はしないほうが良いのですが、間食を我慢しすぎると、そのあとの食事でドカ食いをしてしまう可能性が高いですよね。

 

それなら、適度な間食をして、食事は腹八分目でとどめておいたほうが、胃を小さくすることができます。

 

ただ、間食をするなら、歯ごたえのあるものを選びましょう。しっかり噛んで食べることで、満足感を得やすくなります。

 

そのため、ナッツ類やドライフルーツ、野菜スティックなどを間食に食べると良いと思います。

 

 

ストレスをため込まない

f2698a67594ee1f918584f468b122436_s

 

胃袋を小さくするためには、ストレスをため込まないようにしましょう。ストレスを溜めると、交感神経が優位になって、眠りが浅くなりますので、レプチンの分泌量が低下するのです。

 

レプチンの分泌量が低下すれば、食欲が増しますので、胃袋が大きくなってしまいます。また、ストレスを感じると、脳が幸福感を求めて、甘いものや炭水化物などを食べたくなりますよね。

 

そのため、胃袋を小さくするためには、ストレスをため込まないようにして、食欲を低下させ、ドカ食いをしないようにしましょう。

 

ストレス解消法は、いろいろあります。大声で歌ったり、ゆっくりお風呂に入ったり、友達とおしゃべりしたり、ショッピングをしたり、泣けるドラマを見たり。。。

 

自分に合ったストレス解消法を探して、ストレスを感じたら、すぐに解消するようにしておきましょうね。

 

 

規則正しい生活を送る

cfc7293203a9b677946cca968ca6fee3_s

 

胃袋を小さくするためには、規則正しい生活を送りましょう。不規則な生活を送っていると、満腹中枢が麻痺してしまって、食べ過ぎて胃袋が大きくなります。

 

そのため、健康的で規則正しい生活を送って、食欲を抑えて胃袋を小さくするようにしてください。

・早寝早起きをする
・夜更かしをしない
・適度な運動をする
・1日3食規則正しく食べる

規則正しい生活を送れば、食欲を抑えることができます。まずは、生活習慣を見直して、胃袋を小さくするための第一歩を踏み出してくださいね。

 

 

まとめ

胃袋が大きい原因と小さくする方法をまとめました。胃袋が大きいのは満腹まで食べすぎてしまうこと、満腹中枢が麻痺していることが原因です。

 

胃袋が大きいままだと、どんどん太っていく一方ですので、ご紹介した胃袋を小さくする方法を実践して、胃を小さくして、スリムになりましょう。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

woman-1659570_640

胸を大きくするバストアップ方法6選【小さい女性必見】

「胸を大きくしたい」、「バストアップしたい」、そんな願いを持つ女性は多いと思います。バストは女性の象徴と言われていますので、胸が小さい女性は

98f6e2a057873e58a44bc2582f8ffa10_s

【TC】総コレステロールの基準値は?低いor高い原因&下げる方法まとめ

健康診断で「総コレステロールが高いですね」と指摘された人はいませんか?総コレステロール(TC)が高いと、どんな影響が出てくるのでしょうか?&

783e815c173ce552d75bb5175afe09cb_s-300x200

【BMI】女性の理想体重は?身長別の適正体重・美容体重・シンデレラ体重・モデル体重まとめ

理想的な体型になりたいと願っている女性は多いですよね。女性の理想的な体重は、どのくらいなのでしょうか? 女性の理想体重と言われてい

ginger-1714196_640

体温が低い4つの原因&10個の上げる方法まとめ

体温が低いことに悩んでいる人はいませんか?体温が低いと健康に悪影響が出てくるんです。 体温が低い原因と体温を上げる方法をまとめまし

53834d3d7a271b11570e1e7a27acc8a8_s

若返りホルモンの美容・ダイエット効果&5つの増やし方まとめ

「アンチエイジングをしたい」、「若返りたい」、「若く見られたい」、これらはすべての女性の願いですよね。 実は、この願いをかなえるた

関連する記事②

%e9%aa%a8%e7%9b%a4%ef%bc%91

骨盤ローリングトルネ8の効果・使い方・口コミ【ゆがみ矯正グッズ!】

骨盤ローリングトルネ8ってご存知ですか? ゆがんだ骨盤を矯正するためのダイエットグッズなのですが、商品紹介ページを読んでもいまいち

%e5%8d%8a%e8%ba%ab%e6%b5%b4%ef%bc%91

半身浴ダイエット5つの効果・正しい時間とやり方・注意点まとめ【お風呂でカロリー消費!】

半身浴ダイエットをされたことってありますか?  かなり有名なダイエット方法なので体験したことがあるかもしれません。お風呂の中で読書

06213e8761cb56eb41bd249a03ac533e_s

脚の筋トレ方法!筋肉の名称&女性向けの鍛え方7選【美脚になるには内転筋!】

「何とか脚を細くしたい!」「美脚になりたい!」というあなたは、脚の筋肉を鍛えましょう。ただ、脚を細くするためには、脚のどの筋肉を重点的に鍛え

onaka-300x223

内臓脂肪を減らすには?増える原因や3つの落とし方を徹底解説!

メタボ診断などで意識される機会も増えた内臓脂肪。なんとなく、体に悪いことはわかっているけれど、実際にどういうものなのかはよくわかっていない。

6277efe5ba5549f4c7e0dc28b79556b2_s

大転子を引っ込める矯正方法6選!場所とダイエット効果も徹底紹介

下半身太りに悩んでいる人、お尻や太ももが太くてタイトなパンツが似合わないと悩んでいる人は、大転子が出っ張っていることが原因かもしれません。&

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。