61c68bc1cb3ac9a6dcd77fe00a761403_s

仙骨の場所と歪み&痛みの原因・矯正法まとめ【お尻や腰が痛い】

「なんか最近、お尻や腰が痛い」、「腰痛とは違う気がする」と腰やお尻周辺の痛みに悩んでいる人は、仙骨の歪みが原因かもしれません。

 

仙骨は骨盤の中心にある骨で、仙骨が歪むと腰やお尻に痛みが生じるんです。仙骨の場所や仙骨の役割、痛みの原因や歪みの原因をまとめました。

 

腰やお尻の痛みを感じている人は、ぜひ参考にしてください。

仙骨の場所はどこ?

あなたのお尻や腰の痛みの原因は、仙骨かもしれません。仙骨が歪んでいると、お尻や腰に痛みが生じるのです。

 

仙骨の歪みの原因などを考える前に、まずは仙骨の場所を確認しておきましょう。

 

sacroiliac-joint

 

仙骨は骨盤の中心部に位置している骨で、腰よりはやや下、お尻の中心に位置している骨になります。

 

そして、仙骨は隣接する腸骨と関節を作っています。一見すると仙骨と腸骨はつながった1枚の骨に見えますが、違うのです。仙骨と腸骨は別々の骨であり、関節を作っているんですね。

 

そして、画像からも分かるように、仙骨は背骨につながる部分であり、背骨を下から支える土台となる骨になります。

 

仙骨の場所はお尻の中心にありますので、「腰というよりもお尻が痛い」、「腰もお尻も痛い」という人は、仙骨が痛みの原因の可能性が高いのです。

 

 

仙骨の3つの役割

仙骨はお尻の中心にあり、骨盤の中心となる骨です。この仙骨は、とても重要な役割を果たしている骨なんです。仙骨の役割を3つまとめました。仙骨の痛みの原因や対策を考えるためには、仙骨の役割を知っておくことが大切なんです。

 

 

体の土台となる骨

052018d45872319e09e16bb4f704b29f_s

 

仙骨の役割の1つ目は、体の土台です。仙骨は背骨を下から支え、背骨の土台となる骨です。背骨の土台となる骨ということは、頭を支え、上半身をすべて支えているということです。

 

体の核となる部分を仙骨が支えているんですね。もし、仙骨が歪んで、きちんと背骨を支えることができなくなったら、体のあちこちが歪んでしまって、様々な症状が現れるようになります。

 

仙骨は体の土台となる縁の下の力持ちのような存在であり、体の健康を支えている骨と言えるのです。

 

 

女性ホルモンとの密接な関係

beauty-1511867_640

 

仙骨の役割の2つ目は、女性ホルモンとの関係です。仙骨の場所は、骨盤の中心です。骨盤内の臓器には卵巣や子宮がありますよね。子宮は仙骨のちょうど前にあります。そして、仙骨は仙骨子宮靭帯で子宮をしっかりと支えているのです。

 

そのため、もし仙骨が歪むと、子宮や卵巣に不必要な負担がかかるようになりますので、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減少するなど、ホルモンバランスが乱れる可能性があるのです。

 

 

脳脊髄液を循環させる

仙骨の役割の3つ目は、脳脊髄液を循環させることです。脳と脊髄には、脳脊髄液という液体がぐるぐる循環しています。脳脊髄液は脳や神経の機能を正常に働かせたり、脳を衝撃から守るクッションの役割を果たしています。

 

仙骨は背骨(脊髄)を下から支えています。そして、仙骨のわずかな動きが、ポンプのような役割になって、脳脊髄液を循環させる働きをしているのです。

 

また、体の中心にあり、背骨を支えている仙骨は血液やリンパ液の流れにも重要な役割を果たしている骨になります。

 

 

腰やお尻の痛みは仙骨の歪みが原因?

腰やお尻に痛みがある場合は、仙骨の歪みが原因の可能性が高いです。なぜ、仙骨に歪みがあると、お尻や腰に痛みを感じるのか、その原因を2つご紹介します。

 

 

仙骨孔の神経が圧迫される

61c68bc1cb3ac9a6dcd77fe00a761403_s

 

仙骨の歪みがお尻や腰の痛みにつながる原因の1つ目は、仙骨孔の神経が圧迫されることです。

 

下肢(下半身)は腰椎からの神経に依存する部位と仙骨孔からの神経に依存する部位がそれぞれあります。それは腰椎だけでなく仙骨からも大切な神経の束が出ているという証明です。

 

引用:腰痛ではない”仙骨痛(仙腸関節痛)” – 整体やまつばき(仙骨から全身を整える)

 

何度も言いますが、仙骨は背骨を支えている骨です。そして、背骨の脊髄はたくさんの神経が通っています。そのため、その神経が仙骨にもつながっているので、仙骨が歪むと、その神経の束を圧迫することになるため、仙骨が歪むと腰やお尻に痛みが生じてしまうのです。

 

 

仙骨の負担が大きい

4c6f8daf9758bd7b8bc3df41bf228d26_s

 

仙骨に歪みが出ると、痛みが生じる原因の2つ目は、仙骨の負担があまりにも大きいことです。仙骨はそれほど大きな骨ではありません。でも、骨盤の中心に位置していて、上半身すべてを支える要のような骨になります。

 

仙骨にはとんでもなく大きな負担がかかっています。そのため、その周辺の筋肉にも大きな負担がかかります。

 

また、仙骨と腸骨が作る仙腸関節は腕や足の関節のように可動域が大きくありません。可動域が大きければ、負担を違う部分に逃がすこともできるのですが、仙腸関節は関節といえども、小さな動きしかできない関節ですので、負担を逃がすことができず、常に大きな負担がかかってしまうのです。

 

 

仙骨が歪む4つの原因

仙骨が歪むと、腰やお尻に痛みが生じますが、仙骨が歪む原因にはどんなものがあるのでしょうか?仙骨が歪む原因を4つご紹介します。

 

妊娠&出産

woman-356141_640

 

仙骨が歪む原因の1つ目は、妊娠と出産です。妊娠すると、胎児の成長に伴って、子宮がどんどん大きくなります。子宮は仙骨のちょうど前面に位置していますので、子宮が大きくなるにつれて、仙骨を圧迫するようになり、仙骨が歪んでいくのです。

 

そして、出産時は子宮を支えている仙骨子宮靭帯が緩んで、赤ちゃんがスムーズに産道を通って胎外に出てきやすくします。

 

出産時は骨盤が大きく広がりますので、骨盤の中心にある仙骨も大きく歪んでしまうことがあります。

 

 

姿勢が悪い

仙骨が歪む原因の2つ目は、姿勢が悪いことです。姿勢が悪いと、仙骨に大きな負担がかかってしまい、歪みが出てしまうんです。

 

仙骨が歪みやすい座り方は、「仙骨座り」と言います。

 

img00000054

 

仙骨座りとは背中を丸めて、骨盤が後ろへ傾き、お尻が前にずれた状態で座ることです。仙骨座りは、見た目がとてもだらしなく、やる気がなく見えますよね。

 

でも、仙骨座りのデメリットは、それだけではありません。仙骨座りは、その名前の通り、体全体を仙骨で支えることになり、立っている時や姿勢よく座っている時よりも、仙骨に大きな負担がかかってしまうんです。

 

しかも、骨盤が後ろに傾いた状態で、大きな負担がかかりますので、仙骨が余計に歪みやすいんですね。

 

仙骨座りをしていると、仙骨に負担がかかり、さらに腰にも負担がかかるようになりますので、お尻や腰が痛くなるだけでなく、背中まで痛みが出てしまうことがあるんです。

 

また、脚を組んで座っている、頬杖をついている、猫背である、女の子座りをするなどの癖がある人も、仙骨が歪みやすいので要注意です。

 

 

筋力不足

625152e2eab2ead70f42cd0b592a2fa6_s

 

仙骨が歪む原因の3つ目は、筋力不足です。体幹の筋力が不足していると、それだけ仙骨に負担がかかるようになります。

 

腹筋や背筋、インナーマッスルは腹腔内の臓器を支えたり、背骨を支える働きをしています。体幹の筋力がしっかり発達していると、仙骨への負担が少なくなります。

 

ただ、体幹の筋力が不足していると、本来なら臓器や背骨を支えてくれるはずの筋力がないのですから、仙骨にすべての負担がかかるのです。

 

通常以上に大きな負担がかかると、仙骨が歪んでしまいますよね。

 

 

尻もちなど外部からの衝撃

仙骨が歪む原因の4つ目は、尻もちなどの外部衝撃です。尻もちをつくと、お尻に大きな衝撃が伝わります。

 

仙骨は腸骨と関節を作っているとはいっても、可動域が大きくない部位ですから、その衝撃が直接仙骨に伝わって、歪んでしまうんです。

 

尻もち以外にも、運動中のけがや自動車事故などでも、仙骨が歪むことがありますので、注意が必要です。

 

 

仙骨が歪むとどうなる?

仙骨が歪むとどうなるのか、それをもう一度確認しておきましょう。

 

 

腰痛やお尻の痛み

先ほどから何度も言っていますが、仙骨が歪むと腰痛やお尻の痛みが出てきます。仙骨が歪むと、神経の束が圧迫されますし、周囲の靭帯や筋肉に負担がかかりますので、痛みが生じてしまうんです。

 

特に、腰ではなくお尻周囲が痛いという場合は、仙骨の歪みが原因と考えて良いでしょう。

 

 

首や肩こり、頭痛

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

 

仙骨に歪みが出ると、首や肩のコリがでたり、頭痛の原因になります。仙骨と肩・首・頭は離れているので、一見関係ないように思えるかもしれません。

 

でも、仙骨は上半身をすべて支えていますので、仙骨が歪むと上半身すべてが歪んでしまいます。

 

そのため、肩こりや首のコリが出てくるのです。肩こりや首のコリがひどくなると、緊張性頭痛が起こったり、眼精疲労が出てきたりします。

 

仙骨の歪みは、全身に影響を与えて、全身の痛みの原因になるものなんですね。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

woman-1838823_640

 

仙骨の歪みは、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。仙骨のすぐ近くには子宮と卵巣がありますので、仙骨が歪むと、子宮と卵巣にストレスを与えることになりますので、女性ホルモンの分泌量が減少して、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れると、PMS(月経前症候群)や生理痛がひどくなったり、生理不順が起こったりします。また、男性ホルモンが優位になることで、ニキビが増えたりするんです。

 

 

冷え性やむくみ

仙骨の歪みは冷え性やむくみの原因にもなります。体の中心部にあり、上半身を支えている仙骨に歪みが生じると、全身の血流やリンパ液の流れが滞ってしまいます。

 

血液の流れが滞ると、老廃物が溜まって冷え性になりやすいですし、細胞外の水分が回収されないので、むくみやすくなってしまうのです。

 

仙骨の歪みは、女性の大敵である冷え性やむくみを引き起こす原因にもなるんですね。

 

 

仙骨の歪みを治す4つの方法

仙骨の歪みは、腰やお尻の痛みだけではなく、全身にいろいろな症状を引き起こします。そのため、歪みは早く矯正しなければいけません。

 

仙骨の歪みを治す方法を4つご紹介します。

 

 

正しい姿勢を心がける

仙骨の歪みを治す方法の1つ目は、正しい姿勢を心がけることです。まず、仙骨座りの癖がある人は正しい座り方で座るようにしましょう。

 

 

・脚を組まない

・椅子に深く腰掛ける

・背もたれにもたれかからない

・背筋をきちんと伸ばす

この4つのことを意識して、座るようにしてください。

 

また、立っている時も、しっかり背筋を伸ばして立つようにしましょう。

 

rehabili

 

立っている時には、壁を背にして、踵とお尻、肩(肩甲骨)、後頭部を壁につけます。腰には掌が1枚入るくらいのスペースを作って、背筋を伸ばし、顎を引きましょう。

 

正しい姿勢を心がけていると、自然にインナーマッスルも鍛えることができて、仙骨の歪みを治すだけでなく、仙骨への負担を軽減することができて、仙骨が歪むのを予防することもできます。

 

最初は、正しい姿勢を続けると、違和感があって、おなかや背中が疲れると思います。でも、それは、体幹の筋力不足だからです。きちんと、正しい姿勢を続けていれば、姿勢を保つための筋力がつきますので、常に正しい姿勢を保つように心がけてください。

 

 

仙骨のストレッチをする

仙骨のストレッチをすることでも、仙骨の歪みを矯正することができます。

 

 

<仙骨のストレッチ方法>

1.仰向けに寝て、膝を立てる

2.踵を合わせて、膝を30°くらい開く

3.できたら、足の裏を合わせる(無理ならそのままでOK)

4.大きく息を吸って、骨盤を持ち上げる

5.息を吐きながら、ゆっくりとおろす

 

これなら、今すぐ簡単にできますし、運動習慣がなく、運動不足の人でも楽に行うことができると思います。

 

ただ、妊娠中の人は、骨盤を動かすと危険ですので、このストレッチはやらないようにしてください。

 

 

骨盤ベルトを使う

6d1452d5058415928af5fc9f2132e8b3_s

 

骨盤ベルトを使うことでも、仙骨の歪みを強制することができます。特に、出産後の女性は、骨盤が開いていて、仙骨が歪んいますので、骨盤ベルトを使って、骨盤をぎゅっと引き締めると、仙骨を正しい位置に矯正することができるのです。

 

ただ、出産後の女性は、仙骨・骨盤を矯正したいからといって、出産直後から骨盤ベルトを使うのは、あまりおすすめできません。

 

出産直後から骨盤ベルトを使うと、子宮や骨盤底筋に負担をかけてしまうからです。そのため、医師に相談をして、許可が出てから骨盤ベルトを使うようにしましょう。

 

 

整体で施術を受ける

78489679945db3a80a1f6a9589b63fa6_s

 

仙骨の歪みを治す方法、最後は整体で施術を受けることです。整体で専門家の施術を受けることで、仙骨の歪みを矯正することができます。

 

また、日常生活内での注意点なども指導してもらえますので、お尻や腰の痛みが続いている人は、整体院に行ってみるとよいでしょう。

 

ただ、整体院を選ぶ時には、口コミで整体師の腕が良いところを探してください。整体師は国家資格がないので、腕にばらつきがあるのが現状です。

 

信頼できる整体院を選んで、施術を受ければ、仙骨の歪みが治って、お尻や腰の痛みも改善するはずです。

 

 

まとめ

仙骨の場所や歪みや痛みの原因、歪みを治す方法をまとめました。仙骨は上半身を支えている骨なので、歪みが出ると、お尻や腰の痛みだけでなく、体全体に影響が出てきます。

 

そのため、正しい姿勢を保ったり、専門家の施術を受けるなどして、仙骨の歪みを治すようにしましょう!

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

63fe08438f84a7c85dd27eaad9a70550_s

生理前の腹痛の3つの原因&5つの対策・改善方法まとめ

生理前の腹痛に悩まされている女性は多いですよね。生理が始まると、生理痛が起こってお腹が痛くなるのですが、生理前からもうすでにお腹が痛いという

2fe5f6daf6540a418b3e5b445c623edd_s

鼻毛が太い3つの原因&正しい処理方法まとめ【鼻毛カッターがおすすめ】

鼻毛が鼻の穴からピロンと出ていると、とても恥ずかしいですよね。どんなにイケメンの人でも、どんなにきれいな人でも、鼻毛が1本鼻の穴から出ている

b713e1f223d4322a4314a0825947b361_s

むくみと体重の関係&解消できる食事・運動・マッサージ方法を徹底解説!

むくみが出ると、全体的にぼんやりと太ったように見えますよね。ふくらはぎがむくむと、ブーツが入らなくなりますし、顔がパンパンにむくむと、顔がい

1ec2302cac84c5bc02ca254fe3da3821_s

口内炎の5種類と5つの原因&10個の治し方まとめ【即効性あり】

口内炎ができると、痛くて痛くて、食事がおいしくないですし、人と話すもの億劫になってしまいますよね。口内炎が口の中に1つできているだけで、何の

8ed04ef70d4fad23a50f8d677eb315d8_s

胃下垂の4つの原因と5つの症状&9つの治し方まとめ

胃下垂の人は、周囲から「太らないから羨ましいなぁ」といつも言われて、うんざりしていませんか?胃下垂は確かに太りにくいですが、胃下垂だからこそ

関連する記事②

hair-1524223_640

枝毛の種類と6つの原因&8つのケア・ 対処法まとめ

枝毛があると、髪の毛がパサついてしまって、髪の毛がサラサラではなく、ゴワゴワ&バサバサになってしまうので、どうにかしたいと思っている人は多い

cd64c6fdf6a5966dca1cfddaf5f51a3d_s

敏感肌の特徴と6つの原因&スキンケア・対策10選

敏感肌の人は、ちょっとしたことですぐに肌が荒れてしまって、悩んでしまうと思います。でも、敏感肌だからといって諦めてはいけません。敏感肌の人は

f28c4c9e38232f914059c3e6efd8aacb_s

浮気依存症の3つの原因や症状&5つの改善・治療法まとめ

浮気を繰り返してしまうという人は浮気依存症の可能性があります。浮気をして、それが発覚し、痛い目を見ても、また浮気をしてしまうのは、浮気依存症

c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_s-300x200

生理痛の3つの原因と症状&即効性のある7つの緩和法【病院受診のチェックリストあり!】

毎月、生理痛に苦しんでいる女性は多いですよね。生理予定日が近づいてくると憂鬱で仕方がないという人も多いと思います。 生理がある限り

da4460090d91bf60ebc2d8503c60b108_s-300x195

低血圧の数値と症状と3つ原因・4つの改善法・4つの対策法のまとめ

「なんか最近、体がだるい」と思っている人は低血圧かもしれません。血圧に関しては、高血圧には注意しているけど、低血圧はノーマークだったという人

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。