0dfed3c45605019d408a2f1cdc8357ab

ヒップの正しい測り方と平均値まとめ【服のサイズの測定方法も!】

あまりに大きすぎても困るし、かといって小さすぎても悩みの元になるヒップライン。できるだけ小さくしたい!大きくしたい!と思っても、自力でやるには難しいことも多いです。ヒップを含む下半身は遺伝や骨盤、骨格によるところも大きく、ダイエットだけではどうしようもないことも多いのです。

 

まずは正しく測定する方法を理解して、自分のヒップサイズを知りましょう。そこから対策を考えてみても遅くはありません。服のサイズの測定方法も合わせてまとめました。通販を利用する時などに参考にしてみてくださいね。

ヒップサイズの正しい測り方

 

 

ヒップサイズの計測は他のパーツに比べると比較的簡単です。

 

1:全身が映る鏡の前に立つ
2:ヒップの高い位置を確認する
3:その高い位置に地面と水平にメジャーを巻きつける

 

全身が映る鏡の前で計測するときちんと水平になっているかも確かめられるので便利です。ギュッと締め付けず、肌にぴったりとつける程度の巻きつけ程度で計測しましょう。

 

 

太ももの方が張っている場合

 

服や下着のサイズの計測を目的としていて、お尻よりも太ももの方が張っているという場合は、出っ張っている太もものサイズもヒップサイズと同じように計測しておきましょう。

 

服のサイズを選ぶ時は、計測したサイズで大きい方の数字を基準にして選ぶと失敗も少なく、自分に合うサイズが見つけられるはずです。

 

 

服のヒップサイズの測り方

 

自分に合う服のサイズを探している時にヒップサイズを確認するなら、自分に合うと感じている服からヒップサイズを確かめるという方法もあります。

1:自分に合うボトムスを履いてみる
2:鏡を見て1番出っ張っている位置はベルトの下から何cmの位置か確かめる
3:服を脱いで服を平らなところにきれいに置く
4:確かめた位置でメジャーや定規を使って水平に長さを計測する
5:測ったサイズを2倍にする

 

この2倍にした数字が自分の服のヒップサイズということになります。このサイズだけでなく、自分の股下サイズやわたり幅(太もものサイズ)、ウエストサイズなども計測して記録しておくのもおすすめです。

 

ボトムスを購入する時の目安になるので、試着しなくてもおおよそのフィット感を推測することができます。

 

 

理想のヒップサイズの算出方法

自分の理想的なヒップサイズがどれくらいになるか、身長から算出することができます。ヒップの計算式はこちらです。

 

自分の身長×0.54=理想のヒップサイズ

 

160cmの女性なら86.4cm、155cmの女性なら83.7cmが理想のヒップサイズとなります。やはり少し小ぶりのお尻が良いんだろうな…と感じる数値です。この計算式位はワコールが編み出したものですが、全体的なバランスで考えると確かに目標としておきたい数値なのだと思います。

 

 

ウエストとの黄金比率も考える

 

 

小ぶりなお尻というだけでなく、バランスの良いヒップサイズとして考える基準として、自分のウエストサイズから理想のサイズを算出することも可能です。

 

ウエスト:ヒップ = 7:10

 

比較的太り気味でもこのバランスが取れているとスタイルが良いように見えるし、痩せていてもこのバランスが悪ければ痩せすぎなどスタイルが悪く見られがちなんだそうです。具体的に数値で見ていくと納得できます。

 

ウエスト:ヒップ
56cm:80cm
58.8cm:84cm
60.2cm:86cm
63cm:90cm

65.8cm:94cm
70cm:100cm

 

引用元:理想的なウエストくびれとは?スリーサイズの黄金比率

 

ダイエットを実践していても、いきなり理想のヒップサイズになることはまず不可能です。でも、この理想の黄金比率なら比較的目指しやすいと思います。特にウエストはトレーニング次第で比較的簡単に引き締めることが可能だからです。

 

自分のモチベーションアップにもつながるので、まずはこの黄金比率を目指すところから始めてみても良いでしょう。

 

 

日本人の平均ヒップサイズ

 

 

ちなみに、日本人の平均的なヒップサイズは約90cmとされています。

 

この数値は資生堂の「生活と美の白書」によるもの。年代別に見てみても、20代でも88.2cm、30代では89.1cm、40代で90.4cmとなっています。出産などで骨盤が開き、ヒップサイズが大きくなるという場合もあります。

 

それに女性はそもそも皮下脂肪がつきやすく、お尻は大きくなりやすいです。年齢を重ねるほどその傾向は強くなっていきます。そのため、徐々に平均値が押し上げられていくという傾向があるのでしょう。

 

 

理想のヒップサイズと現実との差

 

ヒップサイズは頑張って意識していてもなかなか小さいままでいるのは難しいパーツです。

 

ダイエットしているだけではなかなか減らすことはできないし、本格的にサイズダウンをしたければしっかりトレーニングを行ったり骨盤矯正など骨格のクセを直す必要があることも多いです。かなり努力が必要だという認識が必要でしょう。

 

ただ、だからと言って諦める必要はありません。ヒップアップにつながる筋力トレーニングでヒップラインを上げたり、ウエストの引き締めエクササイズを組み合わせてボディラインを整えていく方法でもヒップを美しく見せていくことは可能です。

 

確かに大幅なサイズダウンは難しいですが、こうした地道な努力の積み重ねで少しずつ数値を変えていくことはできます。ヒップサイズは他のパーツと比べても理想との差が大きいところですが、諦めずにコツコツと努力していきましょう。

 

 

まとめ

ヒップサイズはむくみや食べ物による影響も少なく、サッと計測できるパーツです。なかなかサイズダウンが難しいパーツではありますが、ちょっとした努力で見違えるほど美しいラインにしていくことは可能です。

 

日々定期的に計測することで自分のモチベーションアップにもつながります。正しく計測してコツコツ努力して、自分なりに理想のボディラインを目指していきましょう。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

adults-1853851_640

首回りの正しい測り方&平均サイズまとめ

普段から自分のボディの実寸、測り方、サイズや自分自身のボディの平均値を知っておくことは、ダイエットでも洋服選びでも非常に重要な事です。&nb

014

太ももの測り方と正しい測定場所・理想のサイズと平均値まとめ【手を使えば簡単!】

太さが気になるけれど、なかなか正しい数値を測定できない太もも。これは正しい測り方を理解していないことが多いので起っている問題です。正しい測定

Howcollect_21159_1

身丈・腕丈・ 着丈の位置&平均&測り方まとめ!洋服選びのコツも徹底解説

「身丈・着丈・腕丈」など自分の体や服のサイズを正確に知ることで、洋服選びで迷ったり失敗することが格段に少なくなるはずです!  今回

637x478xfotolia_86478674_subscription_monthly_m-jpg-pagespeed-ic-7_vtwl78ln

ウエストの正しい測り方と日本人の平均サイズまとめ【1番細いところで大丈夫!】

通販で服を買うとき、ボトムスを試着しようか迷っているとき、履けるかどうかの目安になるウエスト。ダイエットにおける痩せたかどうかの指標としてい

gassyoupo-zu

バストサイズの正しい測り方・カップ選び方・胸の大きさ平均値まとめ【正しいブラジャーの選び方も】

知っているようでなかなか正しいサイズを知らない、バスト。お店でバストサイズを計測してもらうこともできますが、気恥ずかしさもありもう数年前に計

関連する記事②

b7f5e4be3ba4f26f4d61d9031eb417b4_s

アトキンスダイエット方法と効果&レシピ6選!炭水化物を制限して痩せよう

アトキンスダイエットというダイエット方法をご存知でしょうか?アトキンスダイエットは、炭水化物(糖質)を徹底して摂らないダイエット方法です。&

ボトル2

ペットボトルダイエットの効果・方法・口コミ【部位痩せに使える!】

ペットボトルダイエットの情報をお探しですか?  おそらく1本くらいは自宅にペットボトルがあるのではないかと思います。それを使ってい

steak-2975323_960_720

肉食ダイエットの効果6つ&方法6つ!体験者の口コミやおすすめレシピ3選まとめ

メディアで取り上げられ今話題の「肉食ダイエット」はお肉好きな方にぴったりの、お肉を我慢しなくていいダイエット方法です。  今回は肉

042aa248

太りすぎ彦摩呂が体重20kg痩せた低糖質ダイエット【昔・若い頃の画像あり】

「○○の宝石箱や~」などの名フレーズで知られ、人気グルメリポーターとして、これまでに数多くのグルメバラエティに出演してきた彦摩呂さん。&nb

寝る2

寝るだけダイエット3つの効果と方法&7つのルール【睡眠の質が重要!】

寝るだけで簡単に痩せられると話題の「寝るだけダイエット」は寝ている間の体のメカニズムを利用したダイエット方法で誰でもチャレンジできますよね。

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。