large-5

じゃがいものカロリーは?ダイエットに効果的な理由と成功の3つの秘訣まとめ【満腹指数高】

じゃがいもは糖質が多い食べ物なので、ダイエット中は避けるように言われることが多い野菜です。国によっては主食になっていることもあるし、フライドポテトは高カロリー食で有名だし…。とても太りそうな印象があります。

 

でも、このじゃがいもでもダイエットができるというのです。実はこれにもきちんと研究された理由がありました。じゃがいもでダイエットできる仕組みと効果を最大限出すための秘訣をまとめました。

 

じゃがいもダイエットとは

 

 

じゃがいもダイエットを提唱したのは、料理研究家として知られる浜内千波先生です。

 

じゃがいもに含まれるタンパク質やポテトプロテインが、腸から出る満腹ホルモンやコレシストキニンを分泌させ、満腹中枢に働きかけます。そのため食べ過ぎが抑制されます

引用:浜内流じゃがいもダイエット/ 扶桑社より

 

実は、じゃがいもは満足度指数が1番高い野菜です。それがこのじゃがいも特有のタンパク質であるポテトプロテインのおかげ。

 

お米の代用として食べられていた時代もあったが、カロリーはお米の半分以下。しかも、最近の調査では、「満腹指数」がお米の2.5倍も高いことがわかった。つまり、同じ量を食べても、じゃがいもは満腹感がある上にカロリーが低いという、まさにダイエット向きの食材なのだ。

 

引用:最速の手段を追及せよ!じゃがいもの皮むき選手権|じゃがい問題研究所

 

この腹持ちの良さを生かして、じゃがいもを食事前に食べることですぐに満腹感を感じられるようにし、自然と食事の量を減らしていこうとするダイエットです。

 

さらにじゃがいもはご飯と比べてカロリーが約半分と言われています。

 

じゃがいも:100gあたり
・エネルギー:76kcal
・炭水化物:17.6g
・糖質:16.3g

じゃがいも1個:Mサイズ135g
・エネルギー:103kcal
・炭水化物:23.8g
・糖質:22g

 

 

 

 

じゃがいもが持つ4つのダイエット効果

 

 

そうでなくてもじゃがいもは、詳しく知るとダイエットにも良い面を持つ野菜でした。ひとつひとつは小さなメリットですが、全部合わせるとなかなかのダイエットサポート力になります。

 

 

脂肪を溜めにくい環境を作れる

 

じゃがいもは2割がでんぷん、8割が水分でできています。この2割のでんぷんというのが、この頃冷やご飯ダイエットなどで話題のレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)なのです。

 

消化されないデンプンがお腹の中に入ると、血糖値の上昇を抑えたり体の中に脂肪を溜めにくくしたり、とてもよく働いてくれるのです。

 

 

便意解消対策にもなる

 

さらに、このレジスタントスターチは消化されないまま大腸まで届くと、お腹の環境を整えてくれる善玉菌のエサになります。さらに食物繊維と同じような膨らんで刺激を与え、便秘解消にもつなげられるという面もあるのです。

 

 

むくみをうまく解消する

 

しかもじゃがいもには、カリウムもたくさん含まれています。カリウムと言えば、体の中から不要な水分を排出しようとしてくれる成分です。積極的にとっていると体の中に水分がたまりにくくなり、むくみ解消にも役立ちます。

 

 

熱に強いビタミンCまで配合

 

体の代謝を上げるために必要不可欠な成分であるビタミンC。野菜や果物から摂りたい成分ですが、熱に弱く水に溶け出しやすい特徴があることでも知られています。

 

でも、じゃがいもに含まれているビタミンCはそうではありません。でんぷんに守られているおかげで、熱にも水にも強いのです。効率よくビタミンCを補給することで代謝アップにもつなげられます。

 

 

 

じゃがいもダイエットの正しい方法

 

実際にじゃがいもダイエットを実践する方法はこちらです。

 

出典:weheartit.com

 

・食前30分前くらいにじゃがいもを皮付きのままで1つ食べる
・グリルしたりゆでたりのヘルシーな調理方法のみOK
・マヨネーズやバターは厳禁。塩やスパイスなどでバリエーションをつける
・この間、コロッケや肉じゃがなどじゃがいも料理は一切できない

 

食事で食べるご飯やパンなどの炭水化物をじゃがいもに置き換えるのも良い方法です。おかずにじゃがいもを入れることはできなくなるので、食事の中には意外と組み込みやすいようです。

 

ただ、食事をじゃがいもと置き換えるという方法もありますが、こちらは栄養が偏る上さすがにそこまで高い満足度も得にくいです。リバウンドもしやすいので、あまりおすすめできません。

 

 

じゃがいもダイエットを成功させるための3つのポイント

 

この基本の考え方に加えて、さらに成功率をぐっと高める3つのポイントを意識してみてください。これだけでも効果がかなり変わってくるはずです。

 

出典:weheartit.com 

 

 

少しの食事でもバランスをしっかり考える

 

まず、じゃがいもダイエットはじゃがいもさえ食べていたら痩せるというダイエットではありません。じゃがいもを食べることで食欲を抑えるのがポイントです。じゃがいもを食べた後の普通の食事では、好きなものばかり食べるのではなくバランスを考えて食べるようにしましょう。

 

 

じゃがいもを食べる時に一緒に水もしっかり飲む

 

じゃがいもに含まれるレジスタントスターチは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、どちらとも似た働きをします。水を含んで膨らむところまで同じです。

 

より満足感を高めたいなら、じゃがいもを食べる時に一緒にコップ1杯の水を飲むようにすると良いです。お腹の中でどんどん膨らんで、より食欲を抑えやすくなるはずです。

 

 

じゃがいもは冷めている方がなお良い

 

レジスタントスターチは冷めたご飯でぐっと増えるという特徴があります。これと同じく、冷えたじゃがいもでもレジスタントスターチの含有量は増えていきます。

 

これは満腹感を得るだけでなく様々なダイエットサポートを行ってくれる栄養素です。冷たいじゃがいもでも抵抗がなければぜひ冷めたじゃがいもで実践してみてください。

 

 

まとめ

 

じゃがいもは太りやすくなったり痩せるサポートができたり、食べ方によって印象がガラリと変わる野菜です。美味しいし満足できるものなので、どうせなら痩せる野菜として活用したいもの。

 

ベイクドポテトやじゃがいもソテー、マヨネーズ抜きのポテトサラダなど、ダイエット仕様でも幅広くアレンジできます。お財布にも優しいダイエットなので、ぜひ気軽に実践してみてくださいね。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

denmark-1986114_960_720

クロワッサンは太る?カロリーやダイエット中の食べ方まとめ

サクサクとした食感が美味しいクロワッサン。朝食やおやつにぴったりですよね! でも、どうしても気になってしまうのがカロリーです。バタ

nut-1913195_960_720

くるみのカロリー・ダイエット方法と効果まとめ【食べ過ぎ注意】

くるみがダイエットに良いことを知っていますか? くるみなどのナッツ類はカロリーが高く、太りやすいイメージがあるかもしれません。しか

94700b3c2aa6cdce63cdb5c507917fa4_s

米ぬかダイエットって何!?方法や効果・美味しいレシピまとめ

ダイエットと言えば、色々な食材を使ったものが紹介されていて、「どれを使おうかな」と迷っている方も多いでしょう。  そんな中、近年は

2070b7142c6c893e3fd0c27c0266b2ae2d4c435b-71-2-3-2

寒天ゼリーダイエットの正しいやり方!市販のおすすめコンビニゼリーもご紹介

お腹の中で100倍にも膨らむことで知られる寒天。これをゼリーにした寒天ゼリーを食事と置き換えると痩せられるという寒天ダイエットがあります。&

焼き芋1

焼き芋は太る?カロリーやダイエット効果・3つの食べ方まとめ

焼き芋は決して低カロリーとは言えないため食べると太るイメージもありますが、ダイエット効果が見込めそうな成分がぎっしり詰まっているようです。&

関連する記事②

ココイチのメニュー&カロリー!太る原因4つ&ダイエット中の食べ方4つまとめ

カレー専門店「ココイチ」はメニュー豊富でトッピングも楽しいと話題ですが実は食べ方の工夫次第でダイエット中も利用可能なんです。  今

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

【善玉菌】腸活とは?ダイエット効果・良い食べ物・正しい方法まとめ【悪玉菌】

「腸活」という言葉を知っていますか?腸活をすると、痩せやすい体を作ることができるので、激しい運動や厳しい食事制限をしなくても、自然とダイエッ

tabizine_1808_6

【プチ断食】水分だけダイエットは効果も危険度も高い!正しいやり方・注意点まとめ

水分だけダイエットは、いわゆるプチ断食ダイエットと同じような方法です。一定期間固形物を一切とらず、水分だけを飲んで行うダイエットなのです。毎

a8a9b1fbe247e9f7daec4a128fc801b2_s

アウターマッスルの鍛え方14選!筋肉の種類と役割&筋トレ効果を上げるコツまとめ

バキバキに割れた腹筋や上腕の力こぶに、憧れを持っている人は多いですよね。筋肉質な体になるためには、アウターマッスルを鍛える必要があります。&

牛乳は危険?カロリーや栄養&太る原因と健康効果5つ【飲み過ぎは体に悪い】

体に良いイメージの牛乳ですがダイエット中は太ることを心配して避けている人も多く、飲みすぎや体質によっては危険性も指摘されています。 

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。