71vKr-sUPPL._SL1458_

ハイボールは低カロリーで糖質ゼロ!種類とダイエット中の飲み方まとめ

お酒を飲む時には、ハイボールを選ぶという女性が増えていますよね。ハイボールは飲みやすいし、美味しいから選ぶという人もいますし、ダイエット中でも飲んで良いって聞いたから飲んでいるという人もいるでしょう。

 

ハイボールの種類とカロリーや糖質、ダイエット中の飲み方をまとめました。お酒好きだけどダイエットをしたい人は、ぜひ参考にしてください。

ハイボールには種類がある?

ハイボールには種類があることを知っていますか?ハイボールとダイエットの関係を知る前に、まずはハイボールの種類について知りましょう。

 

 

ウイスキーだけがハイボールというわけではない

17bf464e7cc53ddd31f42de106c91262_s

 

ハイボールというと、ウイスキーを炭酸水で割ったもの、つまり「ウイスキー+炭酸水」のお酒だと思い込んでいませんか?

 

確かに、ウイスキー+炭酸水のお酒はハイボールと言いますが、ウイスキー+炭酸水は正式にはウイスキーソーダという種類のお酒になります。

 

広義的なハイボールはウイスキー+炭酸水だけではありません。

 

ハイボール (Highball) とはカクテルの一種。広義ではスピリッツ、リキュールをソーダやトニックウォーターなどの炭酸飲料や、フレッシュジュースなどアルコールの含まれていない飲料で割ったものを指す。

 

引用:ハイボール – Wikipedia

 

ハイボールの定義は、蒸留酒(スピリッツ)やリキュールをノンアルコール飲料で割ったものになるので、ウイスキー+炭酸水はあくまでハイボールの種類の1つであって、ほかにもたくさんのハイボールの種類があるということになります。

 

 

主なハイボールの種類

ハイボールはスピリッツやリキュールをノンアルコール飲料で割ったものですので、広義的にはジントニックもハイボールになりますし、ラムコークもハイボールになります。

 

ただ、やはり日本ではハイボールというと、「ウイスキー+炭酸水」が一般的ですよね。このほかに、日本で市販されているハイボールの種類をご紹介します。

 

 

■ウイスキーのハイボール

日本でハイボールと言えば、サントリーの角ハイボールを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

 

71vKr-sUPPL._SL1458_

出典:amazon.co.jp

 

サントリーからは、トリスクラシックウイスキーを使ったトリスハイボールも販売されていますね。

 

ウイスキーの中でもトウモロコシを主原料にしたバーボンを使ったハイボールもあります。

 

81bMpGO4G3L._SL1441_

出典:amazon.co.jp

 

ビームハイボールは、バーボンを使ったハイボールになります。また、ウイスキー+炭酸水だけではなく、レモンスピリッツやレモン果汁などを入れて、飲みやすくさわやかな風味にしているものもあります。

 

 

■焼酎のハイボール

焼酎もスピリッツの一種ですから、焼酎を炭酸水で割れば、ハイボールになります。

 

51-32l1e4fL

出典:amazon.co.jp

 

このタカラ焼酎ハイボールは、ドライだけではなく、レモンやシークワーサー、ブドウ割り、梅干し割りなど、いろいろな種類があります。

 

 

ハイボールのカロリーや糖質は?

 

whiskey-654449_640

 

ハイボールの種類が大体わかったところで、ハイボールのカロリーや糖質量を見ていきましょう。ここでは、「ハイボール=ウイスキーで作ったハイボール」として説明していきます。

 

ウイスキーは蒸留酒(スピリッツ)に分類されます。蒸留酒は、何と糖質がゼロなのです!これは、ダイエットする人には嬉しいですね。糖質が多いと、それだけ血糖値が上がりやすく、脂肪が蓄積しやすくなりますので、ダイエット中は糖質制限をしなければいけませんから。

 

次に、カロリーについてです。ウイスキーは100g(約100ml)あたり237kcalとなっています。炭酸水は、当然カロリーゼロです。水に二酸化炭素が溶け込んでいるだけのものですから。

 

ハイボールのカロリーは、ウイスキーをどのくらい使うか、炭酸水とウイスキーの割合はどのくらいかによって変動しますので、ここではサントリーの角ハイボールのカロリーをご紹介します。

 

<角ハイボールのカロリーや栄養>

角ハイボールの栄養100ml当たりの含有量
 エネルギー 49kcal
 タンパク質

 0g 

 脂質

 0g 

 炭水化物 2.2g
 ナトリウム

 0~10mg

 糖類 0g
 プリン体 0mg

出典:サントリー角ハイボール缶 商品情報(カロリー・原材料) サントリー

 

サントリー角ハイボールは、100mlあたり49kcalとなっています。350ml缶を飲むと、171.5kcalを摂取することになります。

 

350mlで171.5kcalなら、ダイエット中でも十分に楽しめるカロリーですよね。

 

ここで1つ気になることがあるかもしれません。それは、炭水化物です。糖質ゼロなのに炭水化物?と疑問に思うかもしれませんが、糖類はゼロですので、この炭水化物は食物繊維になります。糖質ではないので、安心して下さい。

 

ということは、サントリー角ハイボールを350ml缶を1缶飲むと、食物繊維を7.7gも摂取できることになります。これは、思わぬ嬉しい副産物だと思いませんか?

 

自宅で作るなら、シングル30ml(71kcal)に炭酸水を100ml入れて、更に氷を入れると、ちょっと薄目にはなりますが、さらに低カロリーになって、ハイボールを楽しむことができます。

 

自宅でハイボールを作ると、濃さを調整することができます。濃さを調整する=ウイスキーの量を調整できるので、ダイエット中にハイボールを作るなら、市販のハイボールを購入するよりも、自分で作ったほうが良いかもしれませんね。

 

 

ダイエット中のハイボールの4つの飲み方

ハイボールのカロリーや糖質を見て、これならダイエット中でも安心して飲める!と喜んだ人も多いかもしれません。確かに、ハイボールはダイエットに比較的向いているお酒です。

 

でも、ダイエット中にハイボールを飲む時には、ちょっと注意が必要になります。ダイエット中のハイボールの飲み方の4つの注意点をご紹介します。

 

 

飲む量は決めておく

6d080eacfdd7cd0be26c22854e6fe463_s

 

ハイボールをダイエット中に飲む時には、あらかじめ飲む量を決めておきましょう。ハイボールは低カロリーですが、飲み過ぎれば、カロリーは加算されていきますので、いつの間にかカロリーオーバーになります。

 

特に、お酒を飲んでいると、酔いが回って、自分がどのくらい飲んだのか、飲酒量がわからなくなってしまったり、飲む量を気にしなくなります。

 

また、酔っ払って気が大きくなり、「ダイエットなんて、どうでもいいや!おいしいハイボールをたくさん飲めれば、それで良い!」と思ってしまうこともあります。

 

だから、ダイエット中にハイボールを飲むなら、カロリー計算をして、「今日飲む量はこれだけ!」とあらかじめ飲んで良い量を用意しておくようにしましょう。

 

 

炭酸飲料ではなく炭酸水で割る

water-glass-2686973_640

 

ハイボールをダイエット中に飲む時には、炭酸水やトニックウォーターでウイスキーを割るようにしてください。

 

時々、「炭酸飲料」でハイボールを作る人がいます。サイダーやジンジャーエール、コーラなどですね。

 

これらの砂糖が入っている炭酸飲料でウイスキーを割っても、「ハイボール」になりますが、ハイボールの良い部分が失われます。

 

カロリーは高くなりますし、糖質が増えてしまいますので、ダイエットには不向きになってしまいます。

 

ちなみに、トニックウォーターにも砂糖は少量含まれていますので、トニックウォーターも避けたほうが良いでしょう。ダイエット中のハイボールの飲み方は、炭酸水一択です!

 

ダイエット中にハイボールを飲むなら、炭酸飲料ではなくノンカロリーの炭酸水で割るようにしましょう。

 

 

おつまみのカロリーに注意する

6733f8a5c46d9749acc74dfb53d6fd2c_s

 

ダイエット中のハイボールの飲み方、次はおつまみのカロリーに注意することです。「ハイボールは低カロリーで糖質オフだから、安心♪」と思っていると、思わぬ落とし穴にはまることがあります。

 

あなたはお酒を飲む時のおつまみには、どんなものを選んでいますか?サントリーの角ハイボールのホームページには、鶏のから揚げがおすすめされています。

 

ハイボールと鶏のから揚げの組み合わせ。間違いなく美味しいですよね。美味しくないはずがありません。

 

ただ、ダイエット中に鶏のから揚げをおつまみにするのはおすすめできません。タンパク質が豊富な点は良いのですが、さすがに脂質が多すぎで、カロリーオーバーになってしまいます。

 

だから、ハイボールを飲む時のおつまみは、カロリーが控えめなサラダやお刺身、豆腐などの低カロリーなものを選びましょう。

 

特に、お刺身や豆腐などのタンパク質が豊富なものをダイエット中のおつまみに選ぶのはおすすめです。

 

タンパク質はダイエット中に必要不可欠な栄養素です。タンパク質が不足すると、筋肉量が落ちて、基礎代謝が低下し、太りやすい体になりますので、ダイエット中はタンパク質はしっかり摂取しておかないといけないのです。

 

さらに、タンパク質はアルコールの分解を助けてくれます。タンパク質は肝細胞の再合成を助けてくれて、肝機能をアップさせるので、悪酔いを防いだり、二日酔いを予防することができるんです。

 

 

低カロリー&糖質ゼロだから安心しない

bc541aa9e4cf9c70ec70dd37e10355b3_s

 

ダイエット中のハイボールの飲み方、最後はハイボールが低カロリー&糖質ゼロだからって安心しないことです。

 

ハイボールは確かに低カロリーですし、糖質ゼロですので、ダイエット中でも飲むことができるお酒です。

 

でも、「低カロリー&糖質ゼロ」という言葉は、思わぬ油断を招くことになります。低カロリーでも、たくさん飲めば高カロリーになること。糖質ゼロでもカロリーを摂取すれば、太る原因になることは、絶対に忘れてはいけません。

 

楽しくストレスなくダイエットを続けるためには、ハイボールを上手に飲むと良いのですが、安心し過ぎずに、ダイエット中であることは絶対に忘れないようにしましょう。

 

 

まとめ

ハイボールの種類とカロリーや糖質、ダイエット中の飲み方をまとめました。ハイボールは低カロリーで糖質ゼロなので、ダイエット中でも安心して飲むことができるお酒です。

 

でも、飲む量やおつまみ、割るものに注意した飲み方をしないと、いくらハイボールは低カロリー&糖質ゼロといっても、太ってしまってダイエット失敗になる可能性が高いです。

 

ダイエット中にハイボールを飲むなら、飲み方を守って飲むようにしてください。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

1

塩水洗浄ダイエットは危険!やり方・注意点【デトックス効果】

「塩水ダイエット」は別名塩水洗浄とも呼ばれ、有名人が挑戦して話題になりましたが実はその危険性も指摘されておりやり方には注意が必要です。&nb

Tmg2275-Edit

緑茶ダイエットの効能と効果は?正しい方法【妊婦さん飲み過ぎ危険?】

緑茶ダイエットは、その名の通り緑茶を飲むだけのダイエット方法です。 緑茶に含まれるカテキンやテアニン、ビタミンやミネラルを効率良く摂るように

茶2

中国茶のダイエット効果と効能6つ・飲み方まとめ【口コミもあり!】

中国茶ダイエットの情報をお探しですか?  中国茶ダイエットを調べてみたら、圧倒的にプーアル茶を勧めているものが多かったです。中国茶

a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

カフェインにダイエット&脂肪燃焼効果!痩せる理由と注意点まとめ

カフェインはコーヒーや紅茶に含まれる成分ですが、カフェインにはダイエット効果があることを知っていますか?カフェインを上手に使ってダイエットす

17a0789535f6dff2c9bdf45f8bfada69_t

コメダ珈琲のカロリー!ダイエット中の飲み方&メニューを徹底紹介

全国展開の「コメダ珈琲」は主力商品のコーヒーだけでなく、個性的で美味しいフードメニューが充実です。  今回はコメダ珈琲のドリンクや

関連する記事②

49cac0b6438982b73dfe9a4b50d863cf_t

家系ラーメンは太る?カロリーと効果&ダイエット中4つの食べ方まとめ

濃厚な味わいで男性を中心に人気の家系ラーメンですが、カロリーの高さが気になる人も多いでしょう。  今回は家系ラーメンの効果や、ダイ

%e7%bd%ae%e3%81%8d%e6%8f%9b%e3%81%88%ef%bc%95

置き換えダイエット3つの効果・成功できる方法・注意点まとめ【種類豊富で味もいける!】

果物や野菜など単品ダイエットは挫折しがちですが最近では置き換え専用食品も豊富になり自分に合ったものを正しく選べば健康的に痩せられます。&nb

bf_af_s1

激太りした小阪由佳のダイエット方法は酵素!現在の体重・身長も公開

小阪由佳さんは、かつてグラビアアイドルとして絶大な人気を得ていた方で、現在は芸能界を離れて保育園経営・プロデュースをされています。 

toruko-19541_960_720

洋食の種類と太る原因!ダイエット中おすすめのメニューとレシピも総まとめ

洋食にはたくさんの種類がありおいしくて人気がありますが、一方では「太る」イメージから敬遠している人もいるかもしれません。  今回は

kv

安室奈美恵の身長・体重・スタイル維持のダイエット方法まとめ【劣化しない】

38歳。世間的にはアラフォーと呼ばれる世代となっても、今なお多くの女性が憧れる存在として輝きを放ち続けている歌手でダンサーの安室奈美恵さん。

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。