6

7時間睡眠ダイエット3つの効果と方法・注意点【最強!肌にも健康にもよい】

7時間睡眠ダイエットの情報をお探しですか?

 

睡眠中にダイエットができるということはよく知られていて、美容にも良いのです。睡眠時間についてはさまざまですが、目安時間は7時間のようですよ。せっかく7時間も睡眠に費やすのなら、ぜひ効果的に痩せたいですよね。

 

今回はそんな7時間睡眠ダイエットについてご紹介します。

7時間睡眠ダイエットとは

1

 

7時間睡眠ダイエットとは、7時間の睡眠を取ることによってスリムを目指すダイエット方法です。15~64歳の日本人の平均睡眠時間は7時間43分で、統計上、世界で2番目に睡眠時間が短い国になっています(ちなみに最も睡眠時間が短い国は韓国です)。

 

ここから考えると、7時間睡眠ダイエットは、さらに短い睡眠時間になりますよね。しかし、最低7時間眠るダイエットというものなので心配には及びません。毎日眠っている時間をダイエットに当てることができたらずいぶん楽ですよね。詳しくご紹介しましょう。

 

 

7時間睡眠の3つの効果

2

 

7時間睡眠の効果について見ていきましょう。まとまった睡眠時間を毎日コンスタントにとっているわけですが、やり方次第でいろんな効果が見込めますよ。まとめてみました。

 

ダイエット効果

7時間の睡眠において、質の良い熟睡型睡眠ができたなら、一晩で300キロカロリーが消費できるそうです。逆に熟睡できなかった場合は、消費カロリーは90キロカロリーにダウンします。210キロカロリーの差があるわけで、1か月で計算すると6000キロカロリー以上も違ってきます。

 

1キログラム痩せるためには7000キロカロリーの消費が必要なので、1か月で1キロちかくの差が出ることになります。

 

美肌効果

7時間の熟睡ができると、美肌効果も得られるそうです。これはもちろん各種ホルモンの影響もあって、血液が細胞に栄養分を運ぶこととも関係しています。熟睡できるかそうでないかによって、肌の状態は変わってくるのですね。

 

寝不足が肌荒れにつながることはよく知られていますが、熟睡そのものも大切なのです。

 

体力回復効果

7時間の熟睡ができると、もちろん体力の回復にもつながります。そもそも睡眠とは体力を回復させることが第一目的です。睡眠不足では翌日の活動に支障が出るだけでなく、体力が回復しません。

 

もしも睡眠が不足気味、あるいは熟睡できないという場合は、早めに何らかの対策をとった方がよいでしょう。

 

 

7時間睡眠ダイエットに関わる3つのホルモン 

3

 

睡眠ダイエットに関わるホルモンについて見ていきましょう。重要なホルモンとしては「成長ホルモン」「レプチン」「グレリン」があげられます。それぞれまとめてみました。

 

成長ホルモン

これは睡眠ダイエットや睡眠美容で非常におなじみにホルモンです。睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2つがあり、交互に現れますが、7時間熟睡すると4~5回程度繰り返されることになります。この際に成長ホルモンが分泌され、脂肪燃焼や体内組織の修復が行われます。

 

ダイレクトにダイエットや美容に関係しているわけですね。ちなみに、成長ホルモンの分泌を増やしたい場合は、22時から2時の間に眠るようにするのが良いです。この時間帯はゴールデンタイムと呼ばれるほど効果が大きいです。

 

レプチン

レプチンは、食欲を抑制したり、カロリーの消費を促したりするホルモンです。睡眠不足になるとレプチンは減少します。すると、食欲が旺盛になったり、カロリー消費がうまくいかなくなったりします。「睡眠不足は太る」といわれるゆえんが、このレプチンによるものです。

 

グレリン

グレリンは、レプチンとは逆で、睡眠不足になると増加します。このグレリンの働きは主に食欲のコントロールです。グレリンが増えると食欲が旺盛になり、しかも、高カロリーで高脂肪のものを好むようになるそうです。これってかなり怖くないですか?睡眠不足は味覚とも関係があるのです。

 

 

7時間睡眠は痩せる!睡眠不足だと太る5つの原因 

4

 

睡眠不足だと太ってしまう原因について見ていきましょう。ホルモンの種類を見てもある程度イメージが付いたと思いますが、睡眠不足=おデブ、の図式はかなり医学的に証明されているようです。太る原因をまとめてみました。

 

睡眠時間と肥満率の法則

アメリカのコロンビア大学の研究によると、睡眠時間と肥満率には法則があって、7~8時間程度しっかりと寝ている人に比べて、6時間で23%、5時間で50%、4時間以下で73%が肥満になる傾向があるそうです。つまり、睡眠時間が少ないと、肥満率はアップするのです。

 

レプチンの影響

睡眠不足になると、レプチンが減少します。すると、食欲が旺盛になり、エネルギーの消費も上手くいかなくなります。そのままズバリ、太りやすくなるのです。

 

グレリンの影響

睡眠不足になるとグレリンが増加します。すると、食欲コントロールがうまくいかなくなり、食欲が旺盛になって、なおかつ高カロリーで高脂肪のものを好むようになります。これもそのままおデブに一直線です。

 

成長ホルモンの影響

睡眠不足になると成長ホルモンが減少します。すると、脂肪燃焼効果も減少します。こちらも、ダイレクトに太りやすくなります。

 

睡眠と体脂肪の関係

7時間睡眠のグループと、5時間睡眠のグループを2週間にわたって調査した結果、体脂肪の減り方に違いがみられたそうです。7時間睡眠のグループは体脂肪が減りやすく、5時間睡眠のグループは体脂肪が減りにくくて、筋肉や水分が減りやすかったそうです。

 

 

7時間睡眠ダイエットの方法と4つのルール

5

 

7時間睡眠ダイエットの具体的な方法について見ていきましょう。睡眠で痩せるためのコツはいくつもあるのですが、基本的なものをあげておきます。最低限、これだけは守って方が良いものばかりですよ。ご紹介しましょう。

 

7時間の睡眠を取る

まずは7時間の睡眠です。具体的には7~8時間です。この時間幅が一番睡眠としてよいようで、9時間以上になると、逆に太りやすくなるため注意が必要です。昔から「睡眠は8時間が良い」などと言われていますが、現実的にもほぼそのくらいが良いのですね。

 

ゴールデンタイムに眠る

睡眠のおけるゴールデンタイムとは、22時から深夜2時までの時間を言います。これは成長ホルモンがもっとも分泌されやすい時間なのです。できるだけ、この時間帯を狙って眠るようにしましょう。昼夜逆転生活などはホルモンの関係上、太りやすくなるので、注意しましょう。

 

6

 

たんぱく質を十分に摂る

体を作っているのはたんぱく質で、細胞そのものもたんぱく質でできています。成長ホルモンもたんぱく質でできているのです。このため、たんぱく質を十分に摂る必要があります。

 

目安は体重1キログラムあたり、たんぱく質1グラムなので、計算しやすいですよね。ダイエット期間中はたんぱく質が不足することが多いので、プロテインパウダーなど補助食品も活用しながら、調整すると良いでしょう。

 

就寝前はリラックスタイムにする

就寝前はリラックスして過ごしましょう。就寝1時間前は、激しい運動も入浴もしない方が良いです。したい場合は、それ以前に済ませておきましょう。また、興奮作用のあるカフェインが入った飲み物も控えた方が良いです。スマホやパソコンなどもやめるようにしましょう。

 

 

7時間睡眠ダイエットの口コミ

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

7時間睡眠ダイエットは確かに効果が見込めそうですよね。

 

私はショートスリーパーで5時間しか眠らないのですが、食欲旺盛で困っています。いろんな方法で我慢していますが、睡眠時間を増やすという手があったのですね。検討してみようと思っています。

 

7時間しっかり眠るだけでダイエットになるのなら、これほど楽なことはありません。ついでに美容にもよいのですよね。

 

ぜひチャレンジしてスリムを目指してくださいね。

 

以上、7時間睡眠ダイエットについてのおまとめでした。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

背伸び1

背伸びダイエット6つの効果や方法&危険性まとめ!運動したくない人必見!

背伸びをするだけで痩せるという夢のようなダイエット方法があることをご存知ですか?運動嫌いの人でも簡単にできる優れものなんです。 

4fcba4068b32e2e151c736367bf8a743_s

【痩身】脂肪吸引のダイエット効果&失敗の4つのリスクまとめ

スリムになりたいと思っているのに、ダイエットをすると、いつも挫折してしまう。そんな人は多いですよね。 手軽に努力せずに痩せたい人が

1

睡眠ダイエットは質が重要!サプリ&痩せる効果を高める6つの方法まとめ

質の良い睡眠をとることで日常生活を活動的にできるだけでなく体を無理なく痩せ体質に導く、何とも健康的な方法が「睡眠ダイエット」です。 

85f750f25aa4ece86a07af2b1678493a_s

リンパマッサージが痛い?痛みの原因と効果的な頻度を徹底解説

リンパマッサージに興味があるけれど、リンパマッサージはとても痛いって聞くから、ちょっと躊躇してしまうという人もいると思います。また、「リンパ

10d8adf8433421ecd3fdc0b339b1028e_s

産後ダイエットの時期&産後太り解消方法4つまとめ【腹筋はいつからOK?】

産後太りに悩んでいるママは多いと思います。産後太りをそのままにしておくと、体重・体型は元に戻らずに、ずっと太い「お母さん体型」のままになるこ

関連する記事②

eat-473384_640

トマト酢ダイエットの効果と効能&飲み方!効かない噂も徹底解説

お酢には主成分の酢酸が、唾液や胃液の分泌を促すことで、消化酵素の働きを良くする力があります。この効果によって食欲増進効果や疲労回復効果、不足

%ef%bc%91

そばダイエットの効果・方法・注意点まとめ【低GI食品!痩せた口コミ多数あり】

炭水化物を制限する場合そばはNGですが、実は低GI食品なのでダイエット効果が見込める食材であり「そばダイエット」を始める人が増えています。 

6277efe5ba5549f4c7e0dc28b79556b2_s

大転子を引っ込める矯正方法6選!場所とダイエット効果も徹底紹介

下半身太りに悩んでいる人、お尻や太ももが太くてタイトなパンツが似合わないと悩んでいる人は、大転子が出っ張っていることが原因かもしれません。&

83b29d0ce3f005dd41e955703f784571_s

表情筋の種類と鍛える効果&5つのトレーニング方法まとめ【参考動画あり】

「表情筋を鍛えると、良いらしい」とか「最近、表情筋という言葉をよく聞くけど、いまいちよくわからない」と思っている人は多いと思います。&nbs

macro-2116936_960_720

レモネードのカロリー・ダイエット方法と効果まとめ【海外セレブが実践】

レモネードを使ったダイエット方法を知っていますか? レモネードダイエットは、海外セレブが実践したことでも話題のダイエットです。 誰

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。