85f750f25aa4ece86a07af2b1678493a_s

リンパマッサージが痛い?痛みの原因と効果的な頻度を徹底解説

リンパマッサージに興味があるけれど、リンパマッサージはとても痛いって聞くから、ちょっと躊躇してしまうという人もいると思います。また、「リンパマッサージを受けて、すごく痛かったんだけど、これって普通なの?」という疑問を抱く人もいますよね。

 

また、リンパマッサージってどのくらいの頻度で行うの?という疑問もあると思います。そんなリンパマッサージへの疑問を徹底解説します。

リンパってそもそも何?

85f750f25aa4ece86a07af2b1678493a_s

 

リンパマッサージへの疑問を考える前に、まずはリンパとは何かを確認しておきましょう。よく「リンパ」という言葉を聞きますし、「リンパが詰まっている」とか「リンパの流れが滞っている」という言葉を耳にしますが、一体リンパとは何でしょうか?

 

リンパ系とは第二の循環系とも言われていて、血液が全身を流れているように、リンパ液は全身を流れています。

 

また、血管はどこも開放されておらず、閉じられているという特徴がありますが、リンパ系は末梢が開放されている開放循環系であるという特徴があります。

 

リンパ系のもう1つの特徴は、血液と比べると流れがとてもゆっくりであることです。血液は心臓が収縮することで勢いよく送り出されていますが、リンパ系は心臓の役割をしてくれるところがないので、流れがとてもゆっくりなのです。

 

リンパの役割は3つあります。

 

・免疫機能

・老廃物の回収

・水分の回収

 

■免疫機能

リンパが集まる場所をリンパ節と言います。リンパ節は首の周辺や鎖骨、脇の下、脚の付け根などに集中しています。

 

このリンパ節はろ過機能を持っているんです。リンパ系を流れていた細菌やウイルス、がん細胞をリンパ節でろ過して、それ以上全身に広げないようにしているのです。

 

時々、リンパ節がグリグリと腫れることがありますよね。あれは、リンパ節でろ過された細菌やウイルスと白血球が戦っているからなのです。

 

■老廃物の回収

細胞の代謝に伴って、老廃物が作られます。この老廃物を排除しないと、細胞に老廃物がどんどん溜まっていきますので、細胞の機能は低下して、体調不良になります。

 

血液も老廃物を回収する役割を持っていますが、血液が回収しきれない老廃物は、リンパ液が回収して、体外へ排出します。そのため、リンパ液は基本的に老廃物がたくさん流れているのです。

 

■水分の回収

リンパ液は、余分な水分を回収する役割も持っています。毛細血管から細胞の隙間に染み出した滲出液は組織液として働きますが、その後はまた毛細血管に戻って心臓に戻っていきます。

 

でも、組織液全てが毛細血管に戻れるわけではありません。戻れなかった不要な組織液は、リンパが回収して、体外へ排出するのです。

 

 

リンパマッサージの効果は?

194b304928c3f5751ebe941208eee67b_s

 

リンパ系には、免疫機能、老廃物の回収、水分の回収の3つの役割があります。では、リンパマッサージをする意味は何でしょうか?

 

リンパマッサージの目的は、リンパ液の流れを促進することです。リンパマッサージをすることで、リンパの流れを助けてあげるんですね。

 

先ほども言いましたが、リンパ液の流れはとてもゆっくりなのです。リンパ液の流れは筋肉の動きでリンパ管を収縮させて、リンパ液を流していますので、どうしてもゆっくりになってしまうんです。

 

そこに老廃物が多くなると、流れはさらにゆっくりになります。流れがゆっくりになれば、老廃物は回収できませんし、水分も回収できません。

 

そうすると、細胞の機能は低下して、基礎代謝が下がりますし、頭痛や肩こり、冷え性などの体調不良の原因になります。また、むくみも出てきますよね。さらに、免疫機能が低下しますので、風邪をひきやすくなります。

 

リンパの流れを促進させて、老廃物や水分の回収を助けてあげて、免疫機能も高めるための方法がリンパマッサージなのです。

 

 

リンパマッサージは痛いの?

00cce28a7327c426affffccfd68e5123_s

 

では、リンパマッサージへの疑問を解説していきます。リンパマッサージへの1つ目の疑問は、「痛いって聞くけど、本当に痛いの?耐えられるかな?」というものです。リンパマッサージは痛いという噂を聞きますよね。

 

でも、本来リンパマッサージは痛くありません。優しくなでるような強さでマッサージをするだけで、リンパの流れを促進することができます。

 

なぜなら、リンパは皮膚の浅いところを通っているからです。

 

kouzou

出典:jinyoukai.or.jp

 

皮膚の浅いところを通っていますので、心地よさを感じるような力加減でリンパ管をきちんと刺激できます。

 

リンパマッサージは痛いものではありません。
多くのリンパは皮膚の浅いところに分布しているので、皮膚をやさしくなでる感じでリンパの流れを調整していきます。

 

引用:経絡リンパマッサージ専門店 ルシア Lucia|Q&A

 

むしろ、強い力でギューギュー押したり、揉んだりしながら、リンパマッサージを行うと、筋肉を損傷したり、血管・リンパ節を損傷します。

 

そうすると、痛みが出たり、内出血を起こしたりします。痛みが出たり、内出血が起こしてまで、リンパマッサージをしても、心地よさを感じるような力加減でリンパマッサージをしても、効果は大きく変わりません。

 

むしろ、痛みや内出血がある分、痛いマッサージはデメリットがあるんです。しかも、痛いマッサージは、苦痛を感じますよね。そうすると、交感神経が優位になって、リンパ管を収縮させてしまいますので、流れにくくなる可能性もあるのです。

 

ですから、リンパマッサージは心地よさを感じる程度、撫でるように、皮膚を滑らせるようにマッサージをするだけで効果を得ることができます。

 

 

痛いリンパマッサージは怪しいかも?

27c6c74ba214e43d02c819d9fb2996fd_s

 

リンパマッサージは、心地よく撫でるような強さで行うものです。それで十分な効果が得られるのですから、わざわざ痛くする必要はありません。

 

でも、実際に痛いリンパマッサージは存在します。インターネットの口コミでは、「リンパマッサージを受けた後に内出血をした」、「数日たっても痛みが取れない」、「筋肉痛ような痛みが続く」などをよく見かけます。

 

リンパマッサージは心地よい程度の強さで良いのに、なぜ痛いリンパマッサージが存在するのでしょうか。

 

それは、営業のための可能性があります。「リンパの流れが滞っているから痛みを感じる。何回か通ううちに、痛みがなくなる」とか「痛みを感じるのは、体が悪い証拠。2週間に1回、定期的に通うべき」などと言われた経験がありませんか?

 

リンパマッサージと一緒にツボ押しなどをしていたら、痛みを感じることもあるでしょう。でも、リンパマッサージだけしかしていないのに、苦痛を感じるほどの痛みを感じるなら、今後も施術に通ってほしいから、わざわざ痛いマッサージをして、「リンパの流れが滞っている」と強調しているだけかもしれません。

 

また、リンパマッサージに対して、正しい知識を持っておらず、「リンパを流すためには、力を入れないと」と思っているだけの可能性もあります。

 

リンパマッサージをするのって、医師や看護師のような国家資格が必要なわけではありません。民間の資格はありますが、その民間の資格ですら必須というわけではないのです。

 

ですから、痛いリンパマッサージをするところは「ちょっと怪しいかも?」と思ったほうが良いかもしれません。

 

先ほども言いましたが、ツボ押しなどのほかの施術も組み合わせているなら、痛みが出ることもありますので、「必ず怪しい!」とは断言できませんが、痛い理由はきちんと確認したほうが良いでしょう。

 

 

リンパマッサージはどのくらいの頻度で行うの?

 

873246ad73adadb1544a0634f3de6439_s

 

次の疑問は、リンパマッサージの頻度はどのくらいの頻度で行うべきかというものです。リンパマッサージのサロンに行くと、「1週間後にまた来てください」とか「2週間後に予約入れておきますね」なんて言われることがあります。

 

でも、本当はどのくらいの頻度で行うのが正しいのか、その答えは「毎日」です。なぜなら、リンパ液は24時間365日休まずに体中を巡っているからです。

 

いつも休まずに老廃物を回収して、休まずに水分を回収して、休まずに細菌やウイルスをろ過してくれています。それなら、リンパマッサージも毎日行うべきなんです。

 

もちろん、「毎日リンパマッサージのサロンに行け!」というわけではありません。自宅で毎日自分でリンパマッサージをしましょう。首筋や鎖骨、腕、脚を撫でるようにマッサージするだけでOKです。

 

忙しくて毎日は無理という人は、できる範囲で構いませんので、安心してください。「じゃあ、サロンにはどのくらいの頻度で行くの?」という疑問も出てきますよね。

 

サロンでリンパマッサージのプロにやってもらう頻度は、あなたのお財布の中身次第でOKです。「今月はちょっと余裕があるから行ってみよう」とか、「ストレスも溜まっているし、自分へのご褒美として行こう」という感覚で良いと思います。

 

本来なら毎日プロにやってもらうと、一番良いのですが、そうしたら給料を全額リンパマッサージに使うことになってしまいます。そこまでして、リンパマッサージを受ける必要はないですよね。

 

ですから、自宅で毎日(忙しい人はできる範囲で)リンパマッサージを自分で行って、余裕がある時にサロンに行ってプロにやってもらうようにしましょう。

 

 

まとめ

リンパマッサージの目的やリンパマッサージは痛いのか、頻度はどのくらいかという疑問をまとめました。リンパマッサージは痛いものではありません。心地よさを感じる程度で、十分にリンパマッサージの効果を得ることができます。

 

また、自宅では毎日行うようにして、プロに行ってもらう頻度はお財布の中身と相談して、経済的な負担がない範囲でやるようにしましょう。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

c1b08eb8334407e37429112d12360a6d_t

骨ストレッチのダイエット効果5つ&やり方2種類!準備運動3パターンも紹介

「骨ストレッチ」はテレビで紹介されて以来その手軽さやダイエット効果から話題沸騰中です。  今回は骨ストレッチダイエットの準備運動3

alternative-medicine-1327808_640

足裏マッサージ!ダイエットに効果的なツボとやり方5選

足裏は多くのツボが宿っており、その数は60ほどになると言われています。 足裏が全身の様々な部分と繋がっている事で、硬かったりしこり

5ef3113fd55bd762ab9fa5f2222364b6_s

ヨガマットのおすすめは?選び方の5つのポイントや使い方まとめ!

ヨガをする時の必需品と言えば、ヨガマットですよね。ヨガは体1つでできますが、ヨガマットがあるかないかでは大違いです。  ヨガマット

f1a27c1abe9642be15f7f2f98e3725af_s

顔のリンパマッサージ効果的なやり方まとめ!むくみ解消で小顔に【動画あり】

「最近、顔がむくんでいる」とか「小顔になりたい」、そんな悩みを抱えている人は、顔のリンパマッサージをすると、スッキリ小顔になることができます

ab0b04fff1d2309c6e90978421361420_s

おすすめのストレッチ器具5選!効果や選び方のポイントも徹底解説!

ストレッチをしたいなら、ストレッチ器具を使うと、しっかり効率よくストレッチができます。器具を使ったからこそ得られる効果もあるんです。&nbs

関連する記事②

%ef%bc%91

炭水化物抜きダイエット3つの効果・正しい方法まとめ【NG食品とOK食品一覧あり】

炭水化物大好きな方にとって非常に過酷に見える「炭水化物抜きダイエット」ですが実は基本ルールさえ守ればお腹いっぱい食べられるんです。 

prod_img-2162376_all-bran-original

オールブランは太る?カロリーとダイエット効果・5つの食べ方まとめ

「オールブランを食べると痩せる」、こんなうわさを聞いたことがあるかもしれません。オールブランはダイエットに適していますが、一歩間違えると、ダ

140801_5333_333_250

本当に効果ある?青汁ダイエットの飲み方まとめ!【痩せた口コミ多数?】

青汁は健康に良い飲み物としてずいぶん昔から有名でしたが、あまり飲まれるものではないものでした。でも最近はスムージーブームもあるおかげか、青汁

shutterstock_242243698

中性脂肪の基準値とは?低いor高い原因や下げる5つの方法まとめ【数値の目安あり】

悪者のように扱われることの多い中性脂肪。でも実は完全な悪者ではなく、もともとは人間の体を動かすためのエネルギー源として活用される物質のことを

backside-1867037_640

お尻が大きい3つの原因&小さくする7つの方法まとめ【即効性あり!】

お尻が大きいことに悩んでいる女性は多いですよね。キュッと引き締まった小尻が理想なのに、現実はぜんぜん違うので、ショックを受けているのではない

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。