ココナッツオイルは危険?効能や成分&ダイエット向けの使い方まとめ

油は体に悪いイメージですが最近「ココナッツオイル」の様々な効果が注目されておりダイエットにもおすすめです。

 

今回はココナッツオイルの成分、効果&効能、ダイエット中の使い方、危険性や副作用、おすすめ商品3選を紹介します。

ココナッツオイルとは?

 

 

はじめに、ココナッツオイルの基礎知識を紹介していきます。

 

ココナッツオイルとは、ココヤシ果実の胚乳から抽出した油のことです。

 

別名「ヤシ油」とも呼ばれています。

 

 

胚乳(はいにゅう)とは種子植物の種子を構成する組織の1つ。

 

引用:wikipedia

 

 

ココナッツオイルは食用としてだけでなく、ボディケアやヘアケアなどにも幅広く使用されており、万能オイルとして人気です。

 

ココナッツオイルの特徴として、25度以下で白く固まり、25度以上の温度になると液体になります。

 

また、独特の甘い香りがあります。

 

この香りが苦手でココナッツオイルを使えない人も多いようです。

 

 

ココナッツオイルのカロリー&栄養成分!

 

 

ココナッツオイルのカロリーはどれくらい?

 

気になる栄養成分についても見ていきましょう。

 

 

ココナッツオイルのカロリー

ココナッツオイル100gあたりのカロリーは921kcalです。

 

大さじ1(12g)のカロリーは111kcalとなります。

 

オリーブオイルやサラダ油とのカロリー差はありません。

 

 

ココナッツオイルの栄養成分

ココナッツオイルに含まれる栄養素は以下の通りです。

 

 栄養素名 大さじ1(12g)あたりの栄養価
 たんぱく質 0g
 脂質 12g
 炭水化物 0g
 ビタミンE 0.04mg

 

 

【大さじ1(12g)あたりの脂肪酸の割合】

 

 脂肪酸 飽和 10.08g
 脂肪酸 一価不飽和 0.79g
 脂肪酸 多価不飽和 0.18g
 脂肪酸 総量 11.05g
 n-6系 多価不飽和 0.18g
 18:1 オレイン酸 780mg
 18:2 n-6 リノール酸 180mg

 

 

脂肪酸は大きく不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の2つに分類されます。

 

 

脂肪酸には骨格となる炭素がすべて飽和結合で満たされた飽和脂肪酸と、一部に二重結合(不飽和結合)を持つ不飽和脂肪酸があります。

 

引用:飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、どこが違う?

 

 

ココナッツオイルは9割以上が飽和脂肪酸で、その中でも特に中鎖脂肪酸とラウリン酸が多く含まれています。

 

これらの脂肪酸に期待できる効果・効能は、この後詳しく解説していきます。

 

 

ココナツツオイルの効果・効能!

 

 

女性を中心に話題沸騰中のココナッツオイルの主な効果・効能は以下の通りです。

 

 

ダイエット効果

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、”体脂肪になりにくい油“として知られています。

 

中鎖脂肪酸は体内ですばやく分解されてエネルギーになるため、他の脂肪酸と比べて体脂肪になりにくいという特徴があります。

 

つまり、ココナッツオイルはサラダ油などと比べて太りにくいのです!

 

また、中鎖脂肪酸にはケトン体を合成する働きがあります。

 

 

ケトン体は、からだの中で脂肪が変化して作られる物質で、エネルギー源として利用されています。

健康な人の血液中にもケトン体は存在しますが、その量は多くありません。

 

引用:糖尿病ネットワーク

 

 

ココナッツオイルを摂ることで、血液中のケトン濃度が上昇することが分かっています。

 

すると、ケトン体をエネルギー源として体脂肪がどんどん燃えていきます。


ただし、ダイエット効果を得るためには軽めの糖質制限をする必要があります。

 

食事から糖質を摂ってしまうと、ブドウ糖を優先的にエネルギー源として使用するため、効率よく体脂肪を燃やすことができません!

 

 

便秘予防・改善

ココナッツオイルは便秘気味の人にもおすすめの油です!

 

まず、ココナッツオイルに限らず、油全般に便秘を改善する効果があります。

 

これは油が便をスムーズに排出するための潤滑油となるため。

 

 

では、特にココナッツオイルが良い理由とは…?

 

これにはココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸とラウリン酸が大きく関係しています。

 

まずは中鎖脂肪酸について。

 

中鎖脂肪酸は消化・吸収スピードが早いため、胃腸を活性化する作用があります。

 

腸のぜん動運動が活発になり、便秘が改善しやすくなるというわけ。

 

 

続いてはラウリン酸についてです。

 

ラウリン酸には免疫力を向上させる作用があるため、腸内環境が整って便通が改善します。

 

デトックス効果も期待できますよ!

 

 

美肌効果

ココナッツオイルにはビタミンEの一種、トコトリエノールが豊富に含まれています。

 

 

ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの二種類に大きく分けられ、トコトリエノールはトコフェロールの約50倍近くの強い抗酸化力をもつといわれ、スーパービタミンEとも呼ばれます。

 

引用:一般社団法人オーソモレキュラー.jp

 

 

トコトリエノールには強力な抗酸化作用があり、顔のシワを予防したりヒアルロン酸を生成する作用があると言われています。

 

ヒアルロン酸といったら化粧水などでお馴染みの美肌成分!

 

シワを予防してハリのある肌に近づくことができます。

 


トコトリエノールには、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える作用もあります。

 

ココナッツオイルは、紫外線が強い夏場に特におすすめの食品です!

 

 

コレステロール値の改善

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸には、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを下げる効果があります。

 

悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化が進んで脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気を引き起こすリスクが高まります。

 

ココナッツオイルを適量摂ることで、コレステロール値を改善してこれらの病気を予防することが可能です。

 

 

ココナッツオイルダイエットの口コミを紹介!

 

 

ココナッツオイルダイエットに挑戦した人の口コミを調査しました。

 

体験者のリアルな声とは!?

 

 

ダイエット成功

 

コーヒーに大さじ1杯入れてほぼ毎日飲んでいます。

食事制限や運動はしたり、しなかったりでしたが、1年半ぐらいで7キロ痩せました!

 

引用:ダイエットカフェ

 

 

ココナッツオイル(中鎖脂肪酸)はマジで痩せる。

今んとこ1年で7kgは痩せた。コーヒーに混ぜて毎日飲んでるぜ

 

引用:Twitter

 

 

口コミサイトやSNSにはダイエット成功者が多数!

 

ココナッツオイルをコーヒーに入れて飲んでいる人が多かったです。

 

 

便秘が改善した!

 

便秘が驚くほど解消されてます!

3日に1回だったのが、1~2日に1回になりました!

 

引用:ダイエットカフェ

 

 

自宅で朝コーヒーは、ミル挽きハンドドリップコーヒーに、ココナッツオイルをいれます。

便秘がちな私でも快腸になってきました。

 

引用:Twitter

 

 

「便秘が治った」という嬉しい声もありました。

 

便秘が改善すれば、老廃物がすっきりと排出されて太りにくい体に

 

便秘気味の人は試してみる価値があるかもしれませんね!

 

 

効果がよく分からない

 

味はそのままでココナッツのにおいが強いとただただ油のようなものを食べてる感じで私にはしんどかったです。

2ヶ月続けましたが。。。

ダイエットには効果がみられなかったです。

 

引用:ダイエットカフェ

 

 

ココナッツオイル先月くらいに摂取し始めたけど太ったw何故だw

大さじ一杯で123kcalて書いてたわ。

でもTVで1日100ml摂ってた。なんでやw

 

引用:Twitter

 

 

ダイエット効果が実感できなかっただけではなく、むしろ太ってしまったという声も…。

 

美容・健康効果の高いココナッツオイルですが、摂り過ぎや食べ合わせによっては太る可能性があります。

 

 

ココナッツオイルの使い方!【ダイエット効果アップ】

 

 

ココナッツオイルを使ったダイエット方法は様々です。

 

今回はダイエットに効果的な使い方をまとめてみました。

 

 

ヴァージンココナッツオイルを使う

店頭やネットショップには様々なココナッツオイルが販売されています。

 

「たくさん種類があってよく分からない!」という人が多いのでは?

 

市販のココナッツオイルは以下の3種類に分類することができます。

 

 

  • ・REDココナッツオイル:精製したココナッツオイル
    ・ヴァージンココナッツオイル:精製されていないココナッツオイル
    ・エキストラヴァージンココナッツオイル:最高級のヴァージンココナッツオイル

 

 

ダイエット効果を期待する場合、精製されていないヴァージンココナッツオイルかエキストラヴァージンココナッツオイルを選びましょう!

 

ココナッツの栄養がそのまま残っているからです。

 

 

エキストラヴァージンココナッツオイルのほうが高品質ですが、こちらは高価なので無理をして購入する必要はありません。

 

ヴァージンココナッツオイルで十分です。

 

 

コーヒーなどに混ぜて飲む

ココナッツオイルは25度以下になると固まってしまうので、ドレッシングなどにはあまり向きません。

 

毎日手軽に摂取するために、コーヒーなどの温かい飲み物に混ぜて飲むことをおすすめします。

 

コーヒー1杯に対して、小さじ1~大さじ1/2が目安となります。

 

最初は小さじ1程度から始め、様子を見ながら増減していきましょう。

 

1日の上限は大さじ3~4杯程度です。

 

 

食事の3時間前に摂る

ココナッツオイル入りの飲み物は、食事の3時間くらい前に飲むと効果的です。

 

夕食が午後7時の人は、夕方の4時くらいに飲んでおくとベストタイミングです。


食事の3時間前はちょうど空腹感を感じる時間帯です。

 

 

このタイミングで飲んでおくことで余計な間食を防ぐことができます。

 

また、満腹感が持続するので自然と食事量を減らす効果があります。

 

 

糖質制限と併用する

先ほども解説したように、ココナッツオイルで痩せる主な理由はケトン体にあります。

 

食事から糖質をたっぷりと摂ってしまうと、ブドウ糖が優先的にエネルギー源として使用されます。

 

これでケトン体を活動させて体脂肪を燃やすことができません。

 

そこで糖質を控えることが必要なのです!

 

 

糖質を完全に除去するのではなく、5~20%の範囲内で摂取することをおすすめします。

 

ただし、これは本格的に痩せたい場合の話です。

 

時間を掛けてゆっくりとダイエットしていく場合は、軽めの糖質制限で問題ありません。

 

 

ココナッツオイルダイエットの危険性&副作用とは? 

 

 

ココナッツオイルは食品なので、基本的には重篤な副作用が出ることはありません。

 

ただし、体質や過剰摂取によって以下のような症状が出ることがあります。

 

 

  • ・腹痛
  • ・下痢
  • ・吐き気
  • ・頭痛
  • ・めまい
  • ・痒み・湿疹

 

 

まず、注意してほしいのがアレルギー体質の人です。

 

ココナッツオイルに含まれるピーナッツの成分によって、痒みや湿疹などの症状が出る可能性があります。

 

ピーナッツアレルギーに限らず、何かしらの食品アレルギーを持っている人はかかりつけの医師に相談してから摂取してください。

 


ココナッツオイルにはケトン体を生成する作用がありますが、ケトン体が増えすぎるとケトアシドーシスという意識障害に陥ることがあります。

 

糖尿病の人や血糖値が高い人は特に過剰摂取に注意しましょう。

 

 

ココナッツオイルダイエットにおすすめの商品3選!

 

 

店頭やネット通販で購入できるおすすめのココナッツオイルを紹介していきます。

 

 

レインフォレストハーブ オーガニックバージンココナッツオイル  

 

有機JASなど、複数のオーガニック認証を取得しているヴァージンココナッツオイルです。

 

味や香りが比較的マイルドなので、ココナッツオイル初心者にもおすすめ!

 

瓶入りなので高級感があり、贈り物などにも最適です。

 

 

この商品の詳細については、下のリンクからご確認ください。

 

【Amazon商品リンクはこちら】

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本

 

 

三和通商 エキストラバージンココナッツオイル

 

エキストラヴァージンココナッツオイルにも関わらず、リーズナブルな価格を実現しています。

 

ヴァージンココナッツオイルと同じくらい、むしろ安いくらいなのでコスパ抜群ですよ!

 

国内充填なので安心・安全です。

 

 

この商品の詳細については、下のリンクからご確認ください。

 

【Amazon商品リンクはこちら】

エキストラバージンココナッツオイル380g 国内充填仕様

 

 

成城石井 有機エクストラバージンココナッツオイル 

成城石井ブランドのエクストラヴァージンココナッツオイルです。

 

低温圧搾法で抽出した最高級オイルなのにリーズナブル!

 

205gと容量が少なめなので、お試しにも最適な商品となっています。

 

 

この商品の詳細については、下のリンクからご確認ください。

 

【LOHACO商品リンクはこちら】

成城石井 有機エクストラバージンココナッツオイル 1本

 

 

ココナッツオイルについてのまとめ

 

 

・ココナッツオイルは、ココヤシ果実の胚乳から抽出した油のこと。甘い香りが独特

・ココナッツオイルのカロリーは、100gあたり921kcal。大さじ1は111kcal

・ココナッツオイルの効果と効能
「中鎖脂肪酸によってダイエット効果がある」「便秘改善や予防になる」「美肌効果」「顔のシワやヒアルロン酸を生成する作用」「メラニン色素の生成を抑える作用」「コレステロール値の改善」

・ココナッツオイルの種類は、ヴァージンココナッツオイルがおすすめ

・ココナッツオイルの使い方
「コーヒーなどの温かい飲み物に混ぜる」「1日の摂取量は、大さじ3~4杯」「食事の3時間前に摂る」「糖質制限ダイエットと併用すると効果アップ」

・ココナッツオイルの危険性
「下痢や吐き気などが起こる可能性がある」「アレルギー体質の人はココナッツオイルに含まれている「ピーナッツ」に注意」「糖尿病や血糖値が高い人は、過剰摂取に注意」

話題のココナッツオイルには様々な美容・健康効果があることが分かりました。

 

特にダイエット効果が抜群です!

 

糖質制限と併用することで、さらに効果が出やすくなりますよ。

 


嬉しい効果・効能がある一方、過剰摂取には注意する必要があります。

 

アレルギー体質の人、糖尿病の人などは必ず医師に相談してから摂取するようにしてください。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

ダウンロード

ザバス ウェイトダウンの効果3つ!最適な飲み方&口コミも徹底紹介

プロテインは筋トレに励む人が飲むイメージですが、「ザバス ウェイトダウン」はダイエット効果も期待できます。 今回は「ザバス ウェイトダウン」

3

さといもダイエット6つの効果・カロリー・レシピまとめ

さといもダイエットの情報をお探しですか?  さといもは芋類なのですが、低カロリーで低糖質の部類にはいる食材です。芋類でもダイエット

fresh-atlantic-clams-898337_640

あさりダイエットの効果と効能・方法・美味しいレシピまとめ

あさりがダイエットに最適だと耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。あさりはカロリーが低いだけではなく、栄養も豊富で、健康にも良いと

prod_img-2162376_all-bran-original

オールブランは太る?カロリーとダイエット効果・5つの食べ方まとめ

「オールブランを食べると痩せる」、こんなうわさを聞いたことがあるかもしれません。オールブランはダイエットに適していますが、一歩間違えると、ダ

129b6f0284bc9d3c2db0e1c7dd80094b

特定保健用食品(トクホ)のお茶のダイエット効果とは?痩せる?「ホントのところ」を徹底解説

コンビニでも販売面積をじわりじわりと増やしているトクホマークがついたお茶。ちょっと高いけれど痩せるなら飲んでしまおうかな…となんとなく飲んで

関連する記事②

7

芸能人のダイエット方法!短期間チャレンジ編7選まとめ

芸能人のダイエット方法(短期間)の情報をお探しですか?  数週間から長くても数か月程度でサクサク一気に痩せられたら人生変わりそうで

shutterstock_153769772

ダイエットでの有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)の効果まとめ!順番に注意

有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)はどちらもダイエットの代表格です。 しかし、それぞれのダイエット効果や違いは?行う際の注意点は?最適な時間帯

merit153cp_B2poster_A_1202_3

中条あやみのダイエット!身長・体重・スタイル維持方法まとめ

「奇跡の9頭身」の異名を持つ、モデルの中条あやみさんは、誰もが憧れるスタイルの持ち主として有名です。   この記事では、中条あやみ

5

鏡ダイエット4つの効果・方法・口コミ【芸能人に実践者が多い!】

鏡ダイエットについての情報をお探しですか?  鏡ダイエットの実践者といえば、長澤まさみさん、深田恭子さん、叶姉妹さん、宮沢りえさん

3-2

紅蘭がダイエットで病気に…身長や体重&スタイル維持方法まとめ

ダンサー・パーソナルトレーナーとして活躍している2世タレントの紅蘭さん。そんな紅蘭さん言えば、豊満なバストとくびれたウエストでスタイル抜群で

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。