ココイチのメニュー&カロリー!太る原因4つ&ダイエット中の食べ方4つまとめ

カレー専門店「ココイチ」はメニュー豊富でトッピングも楽しいと話題ですが実は食べ方の工夫次第でダイエット中も利用可能なんです。

 

今回はココイチのメニュー&カロリー、太る原因4つ、ダイエット中の食べ方4つを紹介します。 

ココイチとは

 

 

はじめに、ココイチの特徴や歴史を紹介していきます。

 

 

ココイチの特徴

「ココイチ」の愛称で親しまれているカレーハウスCoCo壱番屋は、株式会社壱番屋が運営するカレー専門店です。

 

日本国内はもちろん、アメリカ・中国・台湾などにも出店しており、平成30年9月現在の店舗数は1,466店舗です。

 

 

ココイチの特徴としては、以下の点が挙げられます。

 

  • ・日本最大手のカレー専門店チェーン
  • ・海外にも進出
  • ・カレーの種類が豊富
  • ・ご飯の量・辛さ・甘さを選べる
  • ・トッピングの組み合わせが自由自在
  • ・宅配・テイクアウト可

 

 

さまざまな特徴があるココイチですが、何といってもカレーの種類が多く、辛さやトッピングを自由に選べるのが魅力です!

 

まずはカレーソースを選び、その後にライスの量を決めます(基本は300g)。その後、辛さ(甘口~10辛)と甘さ(1甘~5甘)を選択。最後に好きなトッピングを選びます。

 

トッピングの組み合わせは自由自在。つまり、自分だけのオリジナルカレーを楽しめるということです。

 

もちろん最初から完成したカレーメニューもあるので、そちらだけでも十分楽しめます。

 

 

ココイチの歴史

1978年(昭和53年)1月、名古屋市郊外の西枇杷島町に「カレーハウスCoCo壱番屋」1号店がオープンしました。

 

ココイチのカレーのルーツは、創業者の宗次徳二さんと妻が営んでいた喫茶店「バッカス」で提供していたカレーライスです。

 

1982年(昭和57年)に法人化、1988年(昭和63年)12月には100店舗を達成しました。その後も順調に店舗を増やし、2004年には1,000店舗を達成しました。

 

 

2015年には、ハウス食品グループ本社の公開買付けにより連結子会社になりました。なお、ハウス食品との付き合いは開店当初からあったそうです。

 

 

ココイチのメニュー&カロリー

 

 

ココイチの主なメニューとカロリーを紹介していきます。

 

肉類のカレーのカロリー

  • ・ポークカレー:755kcal
    ・甘口ポークカレー:720kcal
    ・ビーフカレー:871kcal
    ・ハッシュドビーフ:849kcal
    ・チキンにこみカレー:869kcal
    ・フライドチキンカレー:1,051kcal
    ・ロースカツカレー:1,153kcal
    ・チキンカツカレー:1,200kcal
    ・パリパリチキンカレー:1,036kcal
    ・メンチカツカレー:1,097kcal
    ・ハンバーグカレー:936kcal
    ・豚しゃぶカレー:1,052kcal
    ・ソーセージカレー:1,035kcal
    ・チーズインハンバーグカレー:1,078kcal
    ・ビーフカツカレー:1,289kcal
    ・手仕込ヒレカツカレー:1,152kcal
    ・チキン三昧カレー:1,615kcal

 

 

魚介類のカレーのカロリー

  • ・フィッシュフライカレー:1,011kcal
    ・たっぷりあさりカレー:823kcal
    ・エビあさりカレー:829kcal
    ・イカカレー:888kcal
    ・エビにこみカレー:834kcal
    ・海の幸カレー:895kcal
    ・エビカツカレー:1,040kcal

 

 

野菜類のカレーのカロリー

  • ・なすカレー:941kcal
    ・やさいカレー:845kcal
    ・ほうれん草カレー:766kcal
    ・トマトアスパラカレー:775kcal
    ・野菜三昧カレー:1,042kcal

 

 

その他のカレーのカロリー

  • ・納豆カレー:841kcal
    ・スクランブルエッグカレー:900kcal
    ・チーズカレー:935kcal
    ・クリームコロッケカレー(カニ入り):1,142kcal
    ・きのこカレー:765kcal
    ・ネバネバ三昧カレー:859kcal
    ・ベジタリアンカレー:726kcal
    ・カレーうどん:828kcal
    ・なすとほうれん草のカレードリア:523kcal
    ・ハンバーグカレードリア:561kcal
  • ・特定原材料を含まないカレー(ライス200g):514kcal

 

 

サイドメニューのカロリー

◎サラダ

  • ・ヤサイサラダ:18kcal
    ・タマゴサラダ:104kcal
    ・シーザーサラダ:137kcal
    ・ポテトサラダ:124kcal
    ・ツナサラダ:139kcal
    ・コーンサラダ:59kcal
    ・フライドチキンサラダ:314kcal
    ・イカサラダ:151kcal
    ・ソーセージサラダ:298kcal

 

 

◎デザート

  • ・マンゴーラッシープリン:198kcal
    ・濃厚バニラアイスクリーム:192kcal

 

 

◎その他

  • ・包みカレーナン:214kcal
    ・コロッケ:256kcal
    ・フライドポテト:281kcal
    ・CoCo de チキン:344kcal
    ・ココナゲット:322kcal
    ・ポテト&チキンナゲット:402kcal
    ・ハリケーンポテト:104kcal
    ・ライス(150g):252kcal
    ・らっきょう:93kcal

 

 

ココイチは太る?ダイエットに不向き? 口コミを紹介

 

 

カレーというと、何となく太りそうなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

 

では果たして、ココイチのカレーは太るのでしょうか?体験談を調査しました。

 

 

ココイチでバイトしてた時代、毎回カレー食べてたら2ヶ月で3kg太ったからココイチはやばいぞ

 

引用:Twitter

 

 

僕のソウルフード ココイチ。 ライクじゃない。 もはやラブ! 11月から体重10キロ増。

 

引用:Twitter

 

 

「ココイチのカレーで太った」という声を集めてみました。たまに食べる分には問題ありませんが、頻繁に食べていると太る可能性があるようです。

 

 

こんな時間にココイチのカレー、400gを完食ww 太らない体質だから為せる技( ̄▽ ̄)

 

引用:Twitter

 

 

180㎝63㎏のガリだけど、食べても太らない……。 ココイチでカレーを1.5㎏食べても、ラーメンの替え玉を9回しても、寿司を45皿食べても太ることがないの

 

引用:Twitter

 

 

一方で「ココイチで大盛りカレーを食べても太らない」という人もいました。元々太りにくい体なのかもしれませんね。

 

 

節約と健康診断対策のダイエットしてたら気分がありえないほど落ち込んできたのでココイチ。なおハーフサイズでトッピングは1つだけ500キロカロリー以下を死守という抵抗(食べたらジム行くし)

 

引用:Twitter

 

 

ハーフサイズを注文するなど、食べ方を工夫しながら利用している人も多いようです。

 

 

ココイチで太る原因4つ

 

 

ココイチを利用して太ってしまった場合、以下のような原因が考えられます。心当たりがないかチェックしてみましょう。

 

 

高カロリーなカレーを注文している

ココイチはカレーメニューがとにかく豊富!当然、揚げ物などのトッピングが乗っているカレーは高カロリーです。高カロリーなカレーを注文すればするほど太るリスクが増します。

 

シンプルな「ポークカレー」は1皿755kcalですが、チキン三昧カレーの場合は1皿16,15kcalもあります。カロリー差は倍以上です!

 

 

細かい栄養成分も比較していきましょう。

 

  ポークカレー チキン三昧カレー
 エネルギー 755kcal 1,615kcal
 たんぱく質 11.5g 57.0g
 脂質 20.0g 79.3g
 炭水化物 126.5g 158.5g
 塩分 3.2g 5.7g

 

 

カロリーだけでなく、他の栄養素にもこれだけの差があります。なんと脂質は4倍近く!これではどうしても太りやすくなってしまいます。

 

 

ライスを大盛りにしている

ココイチではライスの量を選べます。基本サイズは300gですが、追加料金を払えば100g単位で増やすことができます。なお、ライス量によってソースの量も増えます

 

ライス(白米)100gのカロリーは168kcalです。ライスを増やした場合はこのカロリーが加算されていきます。

 

ポークカレー(ご飯300g)1皿のカロリーは755kcalなので、ご飯400gなら923kcal+ソース増量分、ライス500gなら約1,091kcal+ソース増量分ということになります。

 

もちろんご飯を増やした分だけ糖質量も増えます。糖質を摂りすぎると血糖値が急上昇して、肥満リスクを高めてしまいます。

 

 

高カロリーなトッピング

ココイチではカレーにトッピングを追加することができます。組み合わせは自由ですし、何個も注文できてしまいます。

 

 

◎肉類のトッピング

  • ・ロースカツ
  • ・ビーフカツ
    ・ハンバーグ
    ・チーズインハンバーグ
    ・ソーセージ
    ・メンチカツ
    ・豚シャブ
    ・チキンカツ
    ・パリパリチキン 
    ・フライドチキン
    ・チキンにこみ

 

 

◎魚介類のトッピング

  • ・エビカツ
    ・海の幸
    ・エビにこみ
    ・イカ
    ・エビあさり
    ・たっぷりあさり
    ・フィッシュフライ
    ・ツナ

 

 

◎野菜類のトッピング

  • ・トマトアスパラ
    ・ほうれん草
    ・やさい
    ・なす
    ・オクラ山芋
    ・完熟カットトマト
    ・コーン

 

 

◎その他のトッピング

  • ・半熟タマゴタルタルソース
    ・きのこ
    ・クリームコロッケ(カニ入り)
    ・チーズ
    ・スクランブルエッグ
    ・納豆
    ・単品ポテト
    ・ゆでタマゴ
    ・半熟タマゴ
    ・ガーリック
    ・クリーミータルタルソース

 

 

ココイチの公式サイトでは、一部トッピングを除いてカロリーが公表されていません。

 

全体的に揚げ物が多く、トッピングの選び方によってはカロリーが跳ね上がる可能性があります。

 

 

頻繁に利用している

食べすぎると一時的に体重は増えますが、その後食生活に注意すれば激太りする可能性は低いです。つまり、たまにココイチで食べすぎたとしてもそれほど問題はありません。

 

ただし、毎日や週に何度も利用している人は注意が必要です!

 

 

ココイチのダイエット中におすすめな食べ方4つ

 

 

「ダイエット中だけどココイチを利用したい」という人に、おすすめの利用方法を提案していきます。

 

ライスの量を減らす

ココイチではライスの量を100g単位で選ぶことができます(基本は300g)。増やせることは先ほども解説しましたが、実は減らすこともできるのです!

 

通常300gのライスを200gにした場合、ライス分だけでも約168kcalを減らすことができます。ポークカレー(通常755kcal)の場合、587kcalとなります。

 

ライス量によってソースも減るので、実際はもう少しカロリーを抑えることができるはずです。

 

 

なお、ライスを200gにした場合52円引きとなります。100gに減らすこともできますが、価格は200gと同じ52円引きです。

 

もちろん100gにしたほうがよりダイエット効果は高いですよ!

 

 

ハーフサイズを注文する

ココイチには「ハーフサイズカレー」というシリーズがあります。通常のカレーメニューの約半量なので、当然カロリーも半分程度に抑えられています。

 

 

◎ハーフサイズカレーのカロリー(一例)

  • ・ハーフポークカレー:402kcal
    ・甘口ポークカレー:381kcal
    ・ビーフカレー:472kcal
    ・ハッシュドビーフ:443kcal
    ・ハーフフライドチキンカレー:579kcal
    ・ハーフハンバーグカレー:493kcal

 

 

例えば、通常の「ポークカレー」1皿のカロリーは755kcalですが、ハーフサイズにすれば402kcalとなります。

 

 

低カロリーなトッピングを選ぶ

ココイチの大きな楽しみであるトッピング。揚げ物やハンバーグは高カロリーなので注意が必要です。ダイエット中はトッピングなし、もしくは低カロリーなトッピングを選ぶようにしましょう。

 

おすすめは「ほうれんそう」や「やさい」などの野菜系トッピングです。これらのトッピングは低カロリーなので、ダイエット中でも安心して追加できます。

 

 

サラダを注文する

ココイチはサラダメニューも充実しています。カレー単品だと野菜不足になりやすいので、サラダを追加注文することをおすすめします。

 

中には高カロリーなサラダメニューがあるので、一番低カロリーな「ヤサイ」(18kcal)プラス「ノンオイルドレッシング」(31kcal)の組み合わせがおすすめ!

 

 

また、カレーを食べる前にサラダを食べておくのも大切なポイントです。

 

食事の一番最初に野菜を食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにして太りにくくすることができます。

 

 

まとめ

 

 

大人気のカレー専門店チェーン、ココイチ。メニューやトッピングの種類が豊富で、何を注文して良いのか悩んでしまいそうですね。

 

高カロリーで太りやすいイメージが強いカレーですが、食べ方次第でダイエット中に食べることも可能です。


ココイチにはカロリーを抑えるための方法が色々とあります。ダイエット中だからといってカレーを我慢したくない人におすすめ!

 

ココイチを上手に活用して、ダイエット成功を目指しましょう。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

セロリ1

セロリダイエットの効果・カロリー・レシピまとめ【方法は食べるだけ!】

セロリダイエットの情報をお探しですか? セロリは苦手という方は多いと思いますが、やはり効果は凄いようですよ。食べにくそうな食材ほど

d19887-5-548448-4

【脂肪燃焼効果】ガラナの効能は?ダイエット方法まとめ

この頃注目されるようになったという、ガラナという食べ物をご存知ですか? もともと、ブラジルのアマゾンに生息するツル科の植物で、赤く

牛乳は危険?カロリーや栄養&太る原因と健康効果5つ【飲み過ぎは体に悪い】

体に良いイメージの牛乳ですがダイエット中は太ることを心配して避けている人も多く、飲みすぎや体質によっては危険性も指摘されています。 

matome_20150210070247_54d9ad17bef3f-2

豆乳ダイエットの効果は?生理前に飲むと痩せる?【体験談・口コミもまとめ】

いろいろなダイエット方法がありますが特に注目を集めているのが「豆乳ダイエット」です。 実は、豆乳にはダイエット効果だけではなく、美肌効果やバ

nut-1913195_960_720

くるみのカロリー・ダイエット方法と効果まとめ【食べ過ぎ注意】

くるみがダイエットに良いことを知っていますか? くるみなどのナッツ類はカロリーが高く、太りやすいイメージがあるかもしれません。しか

関連する記事②

breakfast-848313_640

生理前に食欲が増す理由&暴飲暴食を防ぐ方法8選まとめ

生理前に食欲が増して、暴飲暴食をしてしまうという女性は多いですよね。生理前になると、甘いものが食べたくなって、暴飲暴食をしてしまうのはなぜな

7

女性向け筋トレメニュー26選!自宅ダイエットを1週間毎日続けよう

自宅で1週間行う筋トレメニューをお探しですか? いろんな筋トレがあって迷ってしまいますよね。1週間コースの情報をお探しということは

1

お尻歩きダイエット6つの効果・方法・口コミ【美尻エクササイズ!】

お尻歩きダイエットの情報をお探しですか? お尻歩きって何?と思っていましたが、なかなか良いのですよ。床に座ってお尻を使って歩くだけ

%e3%81%a8%ef%bc%94

トランポリンダイエットまとめ!効果・消費カロリー・方法・注意点【NASAの立証で大ブーム!】

トランポリンダイエットってご存知ですか?   アメリカの宇宙航空局NASAが運動効果を立証したことをきっかけにアメリカでブームにな

563

レナダナムの身長と体重&ダイエット法!10kg痩せた秘訣まとめ

レナ・ダナムさんといえば、テレビシリーズ『GIRLS/ガールズ』で製作・監督・脚本・主演をつとめる、才能溢れる女性。ぽっちゃり体型だった彼女

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。