カクテルの種類別カロリー&太る原因!ダイエット中に飲む方法も総まとめ

カクテルはほどよい甘みが飲みやすいと人気ですがカロリーは高くダイエット中は避けている人も多いようです。

 

今回はカクテルの種類別カロリー、太る原因4つ、ダイエット中に飲む方法3つ&おすすめのカクテル3選を紹介します。

カクテルの基礎知識

 

 

カクテルという名前はよく聞くものの、正確に説明するのは難しいかもしれませんね。

 

まずは、カクテルがどのようなものかをおさらいしていきましょう。

 

 

カクテルの基礎知識

カクテルとは、ベースとなるお酒に、他のお酒・シロップ・果汁などを混ぜ合わせたアルコール飲料のことです。

 

つまり、アルコールを含む2種類以上の飲み物が混ざったものは全てカクテル、ということになります。

 

また、エタノールを含まないものは「ノンアルコールカクテル」と呼ばれています。

 

ただし、清涼飲料水として販売されているものの中には1%未満のアルコール分を含む場合があります。

 

 

原始的なカクテルが作られはじめたのは、古代ローマ古代ギリシャ代エジプトの時代だったと考えられている。

これは、当時のアルコール飲料(ワインビールであった)の質が現代に比べてはるかに劣るものであり、その味を補正するための手段であった。

 

引用:wikipedia

 

 

カクテルの歴史は古く、カクテルの原型となるものは古代ローマや古代ギリシャ時代からあったと考えられています。

 

「カクテル」と呼ばれ始めたのは1700年代、もしくは1800年代という説があります。

 

 

カクテルとチューハイの違い

カクテルと混同しやすいものに「チューハイ」や「サワー」があります。

 

お酒に詳しくない人からすれば「差がよく分からない…」というのが本音なのではないでしょうか。

 

それぞれの主な特徴は以下の通りです。

 

 

  • ■カクテル:ベースとなるお酒に、他のお酒や果汁など複数の材料を混ぜたもの。
  • ■チューハイ:焼酎などのスピリッツをベースに、果汁を加えて炭酸水で割ったもの。
  • ■サワー:チューハイとほぼ同じ。酸味のある果汁を使うのが特徴。

 

 

これらのお酒には厳密な区分や定義があるわけではありません。

 

一般的にチューハイはすっきりとした味わいで、カクテルは甘みが強いのが大きな特徴です。

 

 

カクテルの種類一覧

 

 

カクテルにはたくさんの種類があり、何とその数は3000種類とも言われてます。

 

今回はその中から定番のものを紹介していきます。

 

 

蒸留酒ベース

ウイスキーやウォッカなどの蒸留酒をベースとしたカクテルです。

 

  • ■マティーニ:ドライ・ジンがベースのカクテル
  • ■ホワイト・レディ:ドライ・ジンがベースのカクテル
  • ■ギムレット:ジンとライムジュースを混ぜ合わせたカクテル
  • ■ダイキリ:ラムをベースとしたカクテル
  • ■マンハッタン:「カクテルの女王」と呼ばれるウィスキーベースのカクテル
  • ■サイドカー:ブランデーベースの爽やかなカクテル
  • ■アレキサンダー:ブランデーにカカオと生クリームを入れたカクテル
  • ■バレンシア:アプリコットブランデーとオレンジジュースを混ぜたカクテル

 

 

醸造酒ベース

日本酒やビールなどの醸造酒をベースとしたカクテルです。

 

  • ■オレンジ・サキニー:日本酒にオレンジジュースを加えたカクテル

    ■サムライ・ロック:日本酒にライムジュースを加えたカクテル

    ■レッド・アイ:ビールにトマトジュースを加えたカクテル

    ■トロイの木馬:「スタウト」というビールをコ―ラで割ったカクテル

 

 

リキュールベース

リキュールをベースとしたカクテルです。

 

  • ファジー・ネーブル:ピーチ・リキュールにオレンジジュースを注いだカクテル
  • ■カルーア・ミルク:コーヒーリキュール「カルーア」をミルクで割ったカクテル
  • ■カンパリ・グレープフルーツ:「カンパリ」をグレープフルーツジュースで割ったカクテル

 

 

市販の缶カクテルのカロリー

 

 

自宅で気軽にカクテルを楽しめる缶カクテル。

 

主な商品のカロリー(100mlあたり)を紹介していきます。

 

 

キリン

  • ■スミノフアイス ワイルドグレープ:49kcal
    ■スミノフアイス ブリスクレモネード:56kcal
    ■スミノフアイス グリーンアップルバイト:65kcal
    ■スミノフアイス:69kcal

 

 

アサヒ

  • ■アサヒゼロカクカシスオレンジテイスト(ノンアルコールカクテル):0kcal
    ■アサヒカクテルパートナーソルティードッグ:28kcal
    ■アサヒカクテルパートナーカシスオレンジ:34kcal
    ■アサヒカクテルパートナー完熟ぶどう&シャルドネ:40kcal
    ■スカイブルー:58kcal

 

 

サントリー

  • ■のんある気分 〈カシスオレンジテイスト〉(ノンアルコールカクテル):0kcal
  • ■カクテルカロリ。〈マスカットピーチ〉:30kcal
    ■サントリーアイスジン〈ドライジントニック〉:51kcal
    ■山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒ソーダ割り:53kcal
    ■ザ・カクテルバー プロフェッショナル〈ジントニック〉:54kcal
    ■サウザクーラー:56kcal
    ■ビーフィーター ジントニック:59kcal

 

 

カクテルは太る?ダイエットに不向き?口コミを調査

 

 

甘いカクテルは、高カロリーで太りそうなイメージが強いのではないでしょうか。

 

SNSでカクテルのイメージや体験談を調査しました。

 

 

カロリーや糖質が気になる

 

カルーアミルクにしましたが、そのカロリーが予想外に高かった

今後はカクテルのカロリーも把握して、ダイエット中に飲むものを決めておきます

 

引用:Twitter

 

 

ジントニック→モスコミュール→チェリー酒。チェリー酒は甘いけどうまい。

カクテルずっと飲んでたら太りそう…(^^;;

 

引用:Twitter

 

 

「カクテル=太りそう」というイメージを持っている人が多いようです。

 

ダイエット中に飲むのは少し勇気がいるかもしれません。

 

 

ダイエット中は我慢している

 

ダイエット中だからビールとかカクテル控えて焼酎とかウィスキーとか飲んでるんだけど・・・おっさんみたいだよね(笑)

 

引用:Twitter

 

 

ダイエット中はカクテルを我慢している人も少なくありません。

 

カクテルの代わりに、焼酎などを飲んでいる人が目立ちました。

 

 

カクテルを飲んだら太った

 

おうちカクテル始めてから太った。

 

引用:Twitter

 

 

過去に自分に起きたブームの中で凄く太ったと思うもの

1位 居酒屋の飲み放題カクテル (計測してないけど3ヶ月で10キロくらい増えたと思う)

 

引用:Twitter

 

 

「カクテルにハマって太ってしまった」という体験談がいくつかありました。

 

定期的に飲んだり、飲みすぎには注意が必要です!

 

 

カクテルを飲んで太る原因4つ

 

 

カクテルが太りやすいと言われてる理由とは?

 

「カクテルを飲んで太ってしまった!」という人は心当たりがないかチェックしてみましょう。

 

 

カロリーが高い

カクテルはベースとなるお酒に甘いシロップや果汁などを加えて作ります。

 

その分、どうしてもカロリーが高くなりがち。

 

では、主なカクテルのカロリーを見ていきましょう。

 

 

◎カクテルのカロリー(グラス1杯あたり)

 

  • ■ファジーネーブル:190kcal
    ■カシス・オレンジ:180kcal
    ■カルーアミルク:180kcal
    ■カンパリオレンジ:180kcal
    ■ジントニック:170kcal
    ■ソルティドッグ:145kcal
    ■カシスソーダ:130kcal

 

 

高カロリーなカクテルだとグラス1杯で200kcal程度あります。

 

200kcalというとご飯120g(茶碗2/3程度)に相当します。


ビール(中ジョッキ/500ml)1杯のカロリーは約210kcalなので、カロリーで比較するとほとんど変わりませんが、量が少なくて甘いカクテルはつい何杯も飲んでしまいがち

 

あっという間にカロリーオーバーする可能性があります。

 

 

糖質が高い

カクテルのもう1つの問題点は糖質が高いことです。

 

主なカクテルの糖質を見ていきましょう。

 

 

◎カクテルの糖質(グラス1杯あたり)

 

  • ■ファジーネーブル:16g
    ■カシス・オレンジ:21g
    ■カルーアミルク:24g
    ■カンパリオレンジ:16g
    ■ジントニック:14g
    ■ソルティドッグ:10g
    ■カシスソーダ:20g

 

 

ちなみに、赤ワイン(グラス1杯/100g)の糖質量は約1.5gです。

 

このことから考えても、カクテルの糖質量は高めであることが分かります。

 

 

では、なぜ糖質の高さが問題なのかを簡単に解説していきます。

 

糖質を過剰摂取すると血糖値が急上昇して、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌されます。

 

 

インスリンは、すい臓から出る体内ホルモンの一つで血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンです。

インスリンは、すい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられています。

 

引用:よくわかるインスリン

 

 

インスリンには脂肪を溜め込む作用があるため、結果的に痩せにくく太りにくい体になるリスクが高まります。

 

また、糖質の摂りすぎによって血糖値が急上昇することで、今度は血糖値が降下するスピードも早くなります。

 

血糖値が急降下すると、脳が「お腹が空いた」と勘違いするため暴飲暴食を招く原因に!

 

 

飲みすぎ

甘くて口当たりの良いカクテルは、女性や普段余りアルコールを飲まない人でも飲みやすくなっています。

 

美味しくてつい飲みすぎてしまう、これがカクテルの落とし穴なのです!

 


先に解説したようにカクテルは高カロリー・高糖質なアルコール飲料ですので、飲みすぎれば当然、その分だけ太るリスクが増してしまいます。

 

 

おつまみの食べすぎ

アルコール自体ではなく、おつまみの食べすぎによって太ってしまうケースが少なくありません。

 

これはカクテルだけでなくアルコール全般に言えます。


おつまみといったら、から揚げなどの揚げ物、ポテトチップスなどのスナック菓子をイメージする人が多いのではないでしょうか。

 

全体的に高カロリー・高脂質なおつまみが目立ちます。

 

食べすぎれば当然太りやすくなってしまいます。

 

 

カクテルをダイエット中に飲む場合のおすすめの方法3つ

 

 

ダイエット中だけど、付き合いでカクテルを飲まなくてはいけない…。

 

そんな時におすすめの飲み方を紹介していきます。

 

 

低カロリー・低糖質なカクテルを選ぶ

カクテルは他のお酒と比べてカロリーや糖質が高めとなっています。

 

とはいえ、カクテルの種類によって多少の差があります。

 

ダイエット中はできる限り低カロリー・低糖質なカクテルを選ぶようにしましょう。

 

 

先ほども解説したように、高カロリーなカクテルだとグラス1杯で200kcalもあります。

 

その一方、100kcal以下のものも存在します!

 

ダイエット中は100kcal以下のものを選ぶと良いでしょう。

 

おすすめのカクテルについては後で詳しく紹介します。

 

 

飲みすぎない

どんなお酒にも言えることですが飲みすぎはNGです!

 

特にカクテルは太りやすいので注意してくださいね。

 

付き合いで居酒屋やバーに行く場合は、カクテルは1杯程度に抑えておくと良いでしょう。

 

ただし、1杯だけ飲んで終わり!では付き合いが悪い印象を与えてしまう場合があります。

 

2杯目以降は低カロリー・低糖質なお酒、もしくはウーロン茶などのソフトドリンクを飲むことをおすすめします。

 

 

低カロリーなおつまみを選ぶ

ダイエット中はおつまみの選び方にも注意しましょう。

 

揚げ物や粉もの、麺類などは太りやすいので避けたほうが無難です。

 

おつまみを選ぶポイントは低カロリー・低糖質であること。かつ高たんぱくだと言うことありません!

 

 

◎太りにくいおつまみ一例

 

  • ■枝豆
  • ■冷奴
  • ■キムチ
  • ■サラダ(ノンオイル)
  • ■焼き鳥(塩) など

 

 

ダイエット中におすすめのカクテル3選

 

 

ダイエット中におすすめしたい低カロリー・低糖質なカクテルを紹介していきます。

 

 

キール/約70kcal

 

白ワインに少量のカシスリキュールを入れたカクテルです。

 

低カロリー・低糖質な白ワインをベースにしているので、比較的低カロリーに仕上がっています。

 

 

キティ/約90kcal

 

こちらもワインベースのカクテルで、赤ワインにジンジャーエールを加えて作ります。

 

赤ワインベースなので飲みやすく、自宅でも手軽に作れるのが嬉しいです。

 

 

レッドアイ/約40kcal

 

ビールにトマトジュースを加えたカクテルです。

 

ビールとトマトジュースの比率は基本的に1:1で、アルコール度数が低いので、普段あまりアルコールを飲まない人にもおすすめです。

 

 

まとめ

 

 

飲みやすくて女性にも人気のカクテル。

 

ただし、高カロリーなものが多くダイエットには不向きです。

 

ダイエット中に飲む場合は、できる限り低カロリー・低糖質なカクテルを選びようにしましょう。

 

他のアルコールと同様、飲みすぎには注意が必要です。

 

また、ヘルシーなおつまみを選ぶように心掛けてください。

 

ちょっとした工夫で、ダイエット中にカクテルを楽しむことは可能です。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

iced-coffee-410323_960_720

スタバのメニューのカロリー&ダイエット中におすすめの飲み方まとめ

若者に人気のカフェチェーン「スタバ」はお洒落な店内で美味しいコーヒーや軽食を楽しめます。  今回はスタバのドリンク&フードメニュー

コーラ1

コーラは太る?カロリーと危険性&ダイエット向けの飲み方まとめ

コーラにはたくさんの種類があります。製品によってカロリーやカフェイン量も異なるようです。中にはダイエット向けのコーラも!  今回は

lead_img_item

チラコイドのダイエット効果3つ&口コミの真相まとめ【ほうれん草由来】

「チラコイド」という言葉を聞いたことがありますか?チラコイドは、ダイエットや健康、美容に効果があるとされている細胞体のことです。 

糖質6

糖質制限中でも食べていいもの・おすすめ食べ物や飲み物まとめ

糖質制限でも食べていいものの情報をお探しですか? 糖質制限をされている方は多いと思いますが、意外におおざっぱにされていることが多い

apples-1008880_640

リンゴ酢ダイエット方法!効果的な飲み方・カロリーまとめ

リンゴ酢を見たことがない、聞いた事がないと言う人はおそらくほとんどいないでしょう。リンゴ酢は食卓の中でもとてもなじみ深いものであり、ピクルス

関連する記事②

tumblr_njk77xvwuf1qeh2m0o6_1280

乃木坂46白石麻衣のダイエット法は?体重・身長・スタイル維持法を公開

白石麻衣さんは、乃木坂46の中心メンバーとして活躍する女性アイドルです。アイドル以外にもファッションモデルとして活躍されています。 

13129822_125579434513614_1836042750_n

皮下脂肪の落とし方とは?多い原因や減らす5つの方法を徹底解説【運動による脂肪燃焼と食事が大事!】

皮下脂肪は、いわゆる見た目のスタイルを悪くしている脂肪です。皮膚の下につくので皮下脂肪と呼ばれます。内臓の周りに着く内臓脂肪と構造は同じです

d19887-5-548448-4

【脂肪燃焼効果】ガラナの効能は?ダイエット方法まとめ

この頃注目されるようになったという、ガラナという食べ物をご存知ですか? もともと、ブラジルのアマゾンに生息するツル科の植物で、赤く

w

ウォーキングダイエットの効果・歩き方・3つの注意点【痩せる有酸素運動!】

ウォーキングダイエットに興味はありますか? 運動系のド定番ともいえるダイエット方法ですよね。有酸素運動として真っ先にあげられるのが

471595342.1

川栄李奈の身長や体重&ダイエット法!痩せた秘訣を徹底紹介

元AKB48のメンバーでおバカキャラとして親しまれ、現在は女優として大活躍の川栄李奈さん。 川栄李奈さんは、数々のテレビドラマに出

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。