8c44be56396f5ecffee3a66d319bd960-480x320

産後ダイエットはいつからが効果的?始める時期・方法・成功の秘訣まとめ

出産という大仕事を終えた自分の体を見てみたら、なんだかたるんでプヨプヨになったお腹がそこに…。そんな焦りから、産後ダイエットを決意される方も多いでしょう。

 

そもそも妊娠は体に脂肪がつきやすい時期です。多少太ってしまうのも仕方がありません。そして実は、産後は痩せるのにもっとも良い時期でもあるのです。工夫次第では出産前よりも良い体型を目指せます。あまり焦らずストレスを溜めず、育児を楽しみながらゆったりダイエットしていきましょう。

 

産後がダイエットに最適と言われる3つの理由

 

出典:192abc.com

 

産後はダイエットに最適の時期です。とても痩せやすい日々を過ごせます。その理由はこの3つです。

 

・生理再開までは、脂肪を溜め込もうとする時期がほぼないから
・骨盤がゆるゆるにゆるんで、矯正しやすいから
・慣れない育児でハードな日々だから

 

産後、半年から1年ほどで生理は再開することが多いです。この間、ホルモンバランスによって体に脂肪を溜め込もうとする時期がありません。

 

生活習慣次第ではむくみにくく代謝の高い状態がキープできる上、特別な運動をしなくてもハードな育児で日々を真剣に過ごすことができるのでとてもダイエット向きの時期なのです。

 

さらに、骨盤がゆるんでいるのも大きなメリットです。お尻の大きさや腰まわりが気になっていたなら、産後すぐからきちんと骨盤矯正を行い、産褥体操や骨盤を締める運動を続けると出産前よりスタイルアップを目指すことも可能です。

 

 

 

産後ダイエットで失敗しないための3つの方法

 

産後ダイエットで失敗しないためには、食事内容を見直しましょう。あとは骨盤の矯正さえできれば、特別な対策をしなくてもこれだけでも十分効果が期待できます。

 

出典:diamond.jp

 

 

 

 

食事内容に気をつける

 

母乳育児をされている方もされていない方も、産後は自分の健康のためにも食事内容には十分気をつける必要があります。出産でダメージを受けた体をいたわるためにも、食事は和食中心でジャンクフードはできるだけ控えましょう。

 

食事をする時間がない!という方は、具だくさんの味噌汁とご飯、お漬物だけでも十分です。食べ過ぎにだけ気をつけて、できるだけ野菜をたくさん食べられることさえ意識できれば大丈夫です。

 

 

始めるタイミングに注意

 

産後1ヶ月までは産褥期といって産後の大ダメージを受けた体をいたわる必要があります。1ヶ月検診で産後の状態をきちんと確認してもらうまでは、できるだけ休んであまり体を動かさないでいましょう。

 

食事や骨盤矯正は産後すぐから改善していって良いですが、運動をはじめるならそのあとです。

 

産褥体操は産後すぐから行っても良いですが、それも余力があれば、で大丈夫です。睡眠不足は産後太りの原因にもなります。育児に慣れるまでは、ダイエットを意識するよりも育児の疲れを癒して休むことを優先させてください。

 

 

適度な運動をする

 

産後すぐは基本的に運動禁止ですが、そうでなくても産後は自分のために運動をしている時間はなかなか取れません。赤ちゃんを寝かす時に屈伸運動をしたり、赤ちゃんを連れて散歩したりしているだけでも運動です。お腹周辺を意識して行えば、ちゃんと効果が得られる運動になるでしょう。

 

産後3ヶ月〜半年を過ぎて、ちょっと余力が出てきたら赤ちゃんとできるエクササイズなどの講座に通ってみるのも良い方法です。軽く運動することでストレス解消にもなり、より溜め込まず痩せやすい体づくりにつなげていけます。

 

 

 

産後ダイエットのよくある誤解2つ

 

産後ダイエットには、やってみると違った…ということがいくつかあります。実際にやってみた方ならわかる、ちょっとした誤解があるようです。

 

 

母乳育児するだけで痩せる?

 

 

 

産後ダイエットでよく言われるのが、「母乳育児をしましょう」という話です。母乳は痩せる!と本当によく耳にしますが、これはすべての人に当てはまるわけではありません。母乳で痩せたい…と思っている方ほど、なかなかうまく痩せられないものです。

 

ただ、母乳育児のために母乳に良いとされる食事を心がけていれば、痩せやすい体質作りにも役立ちます。あまり期待しすぎず無理のない範囲で実践してみてください。

 

 

骨盤矯正はそんなに必要ない?

 

 

 

出産すると骨盤は本当に大きく開きます。これをしっかり矯正することで、出産前よりも理想的なスタイルを目指せるというのは事実です。骨盤が引き締まることで代謝も上がりやすくなります。

 

産院によっては出産直後から骨盤ベルトを巻いてくれる病院もあるほどです。見た目にはそこまでの変化を感じられないのでなかなか実感できないかもしれませんが、体の中をメンテナンスするつもりで骨盤矯正はしっかり行いましょう。

 

 

 

産後ダイエットを成功させる3つの秘訣

 

 

産後ダイエットは、できるだけ和食中心の食事を目指して、骨盤を矯正し、育児に燃えるのが基本的な方法です。より成功に近づけていくために、こんな方法を試してみるのも良いでしょう。

 

・自分の日記をつけることでストレス解消+自己管理

・細切れでもできるだけ休んで睡眠不足とストレスを解消
・暑い日でも体を冷やさない生活を心がける

 

せっかく代謝が上がっている状態でも、ストレスや睡眠不足、冷えはそれだけで代謝を落とします。痩せやすい状態をできるだけキープするためにも、ストレス解消や冷えない生活を心がけていくことが、産後のダイエットを成功させるコツです。

 

 

 

まとめ

 

産後ダイエットには、あまり裏技はありません。基本的な方法を毎日続けることが成功につながります。産後ダイエット用のアイテムや骨盤矯正の高額な下着など、使えそうなアイテムはいろいろありますが、そんなに高額で様々な商品を使う必要はありません。

 

食事内容の見直しを中心に、自分なりにストレスなくできる方法で行えれば大丈夫です。短期集中ではバテてしまいます。半年〜1年後のことを考えて、ゆっくり進めていきましょう。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

salad-374173_640

筋トレ+食事制限ダイエットは必ず痩せる!痩せない時の6つのチェックポイント

「ダイエットをするためには、有酸素運動をすれば良い!」、これは常識ですよね。確かに、有酸素運動をすると脂肪が燃焼しますので、ダイエットができ

ボトル2

ペットボトルダイエットの効果・方法・口コミ【部位痩せに使える!】

ペットボトルダイエットの情報をお探しですか?  おそらく1本くらいは自宅にペットボトルがあるのではないかと思います。それを使ってい

green-smoothie-2611410_960_720

クレンズダイエットの効果と方法!正しいやり方&痩せた口コミも徹底紹介

クレンズダイエットとはジュースを使ったプチ断食のことで、口コミでも「痩せた!」という声が多い話題のダイエット方法なんです。  今回

1

夏のダイエット方法6選!水泳で運動など気温の高さを最大限に活用しよう

夏のダイエットのおすすめ情報をお探しですか? ダイエットをしないまま夏になってしまった、あるいはダイエットしたけれど成功しないまま

1・

スポーツ選手から学ぶダイエット減量方法!食事の7つのルールを徹底解説

スポーツ選手のダイエット情報をお探しですか?  スリムで鍛え抜かれたボディのアスリートですが、それでも減量すべき時もあるようで、ダ

関連する記事②

surusuru

スルスル酵素の落とし穴4つ!口コミや飲むタイミング&3つのダイエット効果も総まとめ

「スルスル酵素」をご存知ですか?飲み方やタイミングに注意することで、様々な嬉しい効果を得られると話題なんです。ただし、思わぬ落とし穴も……?

nina-sayers-gallery

ナタリーポートマンのダイエット!身長と体重&9kg痩せた方法まとめ

『スターウォーズ』新三部作でのヒロイン役や、『ブラック・スワン』でのバレリーナ役などで知られるナタリー・ポートマンさん。ハーバード大卒の経歴

large

アボカドにダイエット&美容効果?痩せる正しい食べ方まとめ【多くの人が失敗する原因とは?】

アボカドダイエットは、食事の前にアボカドを1日1個食べるだけ、という簡単なダイエット方法です。あのデヴィ夫人が70歳で6キロも痩せたダイエッ

img_0_m

川口春奈のダイエット法は?体重・身長・スタイル維持方法をご紹介

雑誌「ニコラ」のモデルとしてデビューし、現在では女優としても活躍されている川口春奈さん。  みずみずしい美しさを持った彼女のように

%e6%96%ad%e9%a3%9f%ef%bc%93

【3日間 】断食ダイエット6つの効果・正しいやり方まとめ【実は健康に良い!?】

断食というと何も食べられず過酷なイメージがありますが短期集中で正しいやり方で行うことでダイエット・健康効果が期待できると最近話題沸騰中です。

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。