3141f8679e69b0b8c68cc4381bbb87b2_t

サブウェイのカロリー&ダイエットおすすめメニュー!太る原因5つも徹底紹介

人気ファストフード「サブウェイ」は野菜をたっぷり使ったメニューが多くヘルシーなイメージの一方、太るという噂も!

 

今回はサブウェイのメニューのカロリー、太る理由5つ、ダイエット中の利用方法&おすすめメニューを紹介します。

サブウェイとは?

 

 

はじめに、サブウェイの基本情報を紹介していきます。

 

 

アメリカ発のサンドイッチ店

サブウェイはアメリカ生まれのファーストフードチェーン店です。

 

日本では日本サブウェイ株式会社が運営しています。

 

 

世界店舗数は2013年1月時点で3万8374店と、マクドナルドの約3万4000店を超える世界最大の飲食店チェーンでもある。

 

引用:wikipedia

 

 

世界の店舗数はあのマクドナルドを超えて世界最大級!

 

日本国内での店舗数は348店舗です(2018年2月現在)。

 

 

サブウェイの特徴

サブウェイでは、潜水艦のような形をした「サブマリンサンドイッチ」を主力商品としています。

 

サブウェイという店名は、サブマリンサンドイッチ(SUBMARINE SANDWICH)とあなたの好み(YOUR WAY)からとったものです。

 

 

パンの種類や野菜の量などをカスタマイズできるのもサブウェイの魅力!

 

有料のトッピングもあります。

 

自分好みのサンドイッチを楽しむことができますよ。

 

 

 

サブウェイの代表的なメニューのカロリーを紹介!

 

 

外食の際にどうしても気になってしまうカロリー。

 

サブウェイの代表的なメニューのカロリーを見ていきましょう。

 

 

サンドイッチのカロリー

まずは主力商品であるサンドイッチのカロリーを紹介していきます。

 

今回はレギュラーサイズ、パンの種類は「ウィート」を選択した場合のカロリーです。

 

 

  • ベジーライト…219kcal
  • ロースハム…263kcal
  • ローストチキン…274kcal
  • ローストビーフ~プレミアム製法~…287kcal
  • えびアボカド…324kcal
  • BLT…324kcal
  • てり焼きチキン…366kcal
  • たまご…389kcal

 

 

レギュラーサイズの場合、ほとんどのサンドイッチが400kcal以下となっています。

 

野菜中心のものはカロリーが低く、具材が多く味付けが濃いものはカロリーが高い傾向にあります。

 

 

サイドメニューのカロリー

サブウェイはサイドメニューも充実しています。

 

意外と見落としがちなサイドニューのカロリーはどれくらい?

 

 

  • オーブンポテト(レギュラー)…(S)159kcal(M)282kcal
  • ほうれん草と7種野菜の グリーンスープ…64kcal
  • 高原トマトと6種野菜のミネストローネ…80kcal
  • コーンクリームチャウダー…115kcal
  • パウンドケーキ(にんじん&りんご)…189kcal
  • クッキー(ダブルチョコ)…211kcal

 

 

サラダのカロリー

サブウエイには、サンドイッチと同じ商品名のサラダがあります。

 

サンドイッチからパンを省いてサラダ仕立てにしたヘルシーなメニューです。

 

 

  • ベジーライト…22kcal
  • ロースハム…67kcal
  • ローストチキン…86kcal
  • ローストビーフ~プレミアム製法~…108kcal
  • えびアボカド…116kcal
  • BLT…112kcal
  • てり焼きチキン…179kcal
  • たまご…216kcal

 

ドレッシングのカロリーは含まれていません。

 

 

ドリンクのカロリー

サブウェイに来たら、ドリンクをセットで注文する人が多いと思います。

 

各ドリンクのカロリーは以下の通りです。

 

 

◎アイスドリンク(Mサイズ)

 

  • アイスウーロン茶…1kcal
  • アイスコーヒー…7kcal
  • ペプシコーラ…99kcal
  • オレンジジュース…114kcal
  • アイスココア…198kcal

 

 

  • ◎ホットドリンク(Sサイズ)

  • ホットティー…1kcal
  • ホットコーヒー…6kcal
  • ホットカフェラテ…60kcal
  • ホットココア…150kcal

 

 

 

サブウェイの口コミを紹介!ダイエット向き?不向き?

 

 

野菜たっぷりでヘルシーなイメージがあるサブウェイは、ダイエットしているときにも良さそうですよね。

 

しかし、SNSを見ていると意外な声が…?

 

 

めちゃくちゃ太ったよ

昼にサブウェイ食べて家帰ってからカレーにハンバーグに卵かけ御飯に唐揚げ食べてさ

 

引用:Twitter

 

 

毎日サブウェイ食べてたらそりゃ太るわ〜

 

引用:Twitter

 

 

またサブウェイブームきそうで怖いなぁとかおもてたけど、ペップ横になくなったからよかった…

サブウェイハマったら3キロは太るくらい永遠サブウェイたべてるからな…

いろいろ試したくなるねん…

 

引用:Twtter

 

 

意外にも「太ってしまった」という声が目立ちました。

 

ダイエット中だから、と我慢している人も多かったです。

 

 

 

サブウェイで太る理由5つ!

 

 

ヘルシーなはずのサブウェイで太る理由とは?

 

口コミなどから探ってみました。

 

 

高カロリーなメニューを選んでいる

サブウェイには種類豊富なサンドイッチがあり、メニューによってカロリーも大きく異なります。

 

例えば、ベジーデライト(レギュラーサイズ)の場合は219kcalしかありませんが、たまご(レギュラーサイズ)の場合は389kcalとなります。

 

知らず知らずに高カロリーなメニュー選んでいる可能性も。

 

 

また、サイドメニューのカロリーにも注意が必要です。

 

オーブンポテト(レギュラー)はMサイズで282kcalとなっています。

 

せっかく低カロリーなサンドイッチを選んでも、サイドメニューやドリンクが原因で太る可能性があるので注意しましょう。

 

 

食べ過ぎている

どんなにヘルシーなメニューを選んでも、食べ過ぎてしまったら意味がありません。

 

1個で満足できずに2個食べてしまったら当然、摂取カロリーも2倍になります。

 

 

注文するサイズにも注意が必要です。

 

大きなフットロングサイズを注文すると、その分カロリーが高くなります。

 

 

◎サイズによるカロリー差(ベジーデライト注文時)

 

  • レギュラー…219kcal
  • フットロング…438kcal

 

フットロングはレギュラーサイズの2倍サイズです。

 

つまり、カロリーも約2倍となるので注意しましょう。

 

 

頻繁に利用している

「太ってしまった」という口コミを見ていると、サブウェイを頻繁に利用している人が多いことが分かりました。

 

中にはほぼ毎日利用している人も…。

 

 

低カロリーなサンドイッチを選んでだとしても、サイドメニューを注文すればそれなりのカロリーになってしまいます。

 

サンドイッチなので糖質も高く、頻繁に利用しすぎると太る可能性がありますよ!

 

 

間食として食べている

サブウェイを間食(おやつ)として食べている人は要注意です!

 

サンドイッチをおやつ代わりに食べて、家に帰ってからまた夕食をしっかりと食べる…。

 

これでは1日の総摂取カロリーが多くなる一方です。

 

 

他の食事や生活習慣に問題がある

「サブウェイで太った」というのはただの思い込みで、本当の原因は別にあることも多いのです。

 

高カロリーな食事が続いていたり、間食がクセになっていませんか?

 

 

 

ダイエット中のサブウェイ利用方法!おすすめメニューも紹介

 

 

「ダイエット中だけどサブウェイを利用したい」

「できる限り太りたくない…」

 

そんな人におすすめの利用方法を提案していきます。

 

 

食事として食べる

サブウェイを利用する際は、間食ではなく食事として利用することをおすすめします。

 

 

一般的な成人の摂取カロリーの目安は、だいたい1800kcal~2200kcal前後です。

しかしこれは目安であって、男女によっても違いますし、年代によっても違います。

 

引用:摂取カロリー・消費カロリー大辞典

 

 

1日あたりの摂取目安カロリーは1800kcal~2200kcalほど。

 

ダイエット中はもう少し減らす必要があります。

 

 

3食しっかり食べた上で、間食としてサブウェイを利用するとカロリーオーバーする可能性が高いです。

 

食事として利用すればそのような心配もなくなります。

 

 

低カロリーなメニューを選ぶ

ダイエット中はなるべく低カロリーなメニューをチョイスしましょう。

 

おすすめのメニューは以下の通り!

 

 

◎ベジーデライト(レギュラー/219kcal)

 

野菜のみを挟んだ究極のヘルシーサンドイッチです。

 

サブウェイのサンドイッチの中で一番低カロリー。

 

あまり腹持ちが良くないのがデメリットかもしれません。

 

 

◎ターキーブレスト(レギュラー/268kcal)

 

柔らかい鶏むね肉を挟んだサンドイッチ。

 

野菜だけでなく、たんぱく質もしっかりと摂れる一品です。

 

 

◎サラダ各種

 

サブウェイには、サンドイッチと同じ名前のサラダがあります。

 

お馴染みのサンドイッチメニューからパンを省いてサラダ風にしています。

 

野菜不足の人にもおすすめです。

 

 

野菜を多めにする

ダイエット中はなるべくたくさんの野菜を摂りたいもの!

 

サブウェイでは、野菜の量を自分好みにカスタマイズすることができます。

 

 

特定の野菜のみを増やすことも可能ですが、好き嫌いがなければ野菜全てを増量することをおすすめします。

 

食物繊維を摂れるだけでなく、食べ応えや腹持ちもアップしますよ。

 

なお、野菜は抜いたり減らすことも可能です。

 

 

 

サブウェイのカロリー・ダイエット中のメニューについてのまとめ

 

 

・ダイエット中のサブウェイの利用方法
「食事として食べる」「低カロリーなメニューを選ぶ」「野菜を多めにする」

・ダイエット中におすすめのサブウェイメニュー
「ベジーデライト」「ターキーブレスト」

人気ファストフード店、サブウェイについて紹介してきました。

 

メニューの種類が豊富で、自分好みにカスタマイズできるところが魅力ですよね。

 

 

利用方法によっては太る可能性もありますが、メニュー選びや食べ過ぎに注意すればそれほど心配はいりません。

 

むしろ上手く活用すれば、ダイエッターの強い味方となってくれるかも…?

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

%ef%bc%91

バナナダイエット7つの効果・4つの方法・注意点まとめ【低カロリー!体験談と口コミもあり】

一昔前に空前の大ブームになった「バナナダイエット」ですが最近またバナナの素晴らしいダイエット効果や健康効果が注目されています。  

10

おからレシピ12選!大人気の定番料理からスイーツまでご紹介

  「おから」は定番家庭料理からお惣菜、そしてスイーツまでそのレシピは幅広く、安価で栄養たっぷりなのに低カロリーなことからダイエッ

shutterstock_334587464-1

青の花茶の副作用は?ダイエットに効果的な飲み方&口コミもご紹介

美しい青色が魅力的な「青の花茶」。ダイエット効果をもたらしてくれるとSNSや口コミで話題になっていますが、本当に効果があるのでしょうか? &

2e64e2946dcdb3d75022430f5eae9f32_s

ゆで卵は低カロリー!ダイエット効果や食べ方まとめ【半熟卵の作り方も徹底解説】

ダイエットをするなら、ゆで卵を使ってダイエットしませんか?ゆで卵はあなたのダイエットを助けてくれるものなんです。   ゆで卵のカロ

624c590a

逆食べ順ダイエットの方法&効果!従来の食べ順ダイエットのデメリットも徹底解説

韓国で流行の「逆食べ順ダイエット」は食べ順ダイエットとは真逆の方法でダイエット効果があると話題です。   今回は今までの食べ順ダイ

関連する記事②

86a6d36e68f81e7140ab2c70f09ccbbb_t

モスバーガーは太る?低カロリーメニュー6選やダイエット中に食べる3つのポイントまとめ

モスバーガーは、「太る」イメージから食べるのに抵抗がある人もいるかもしれません。   今回はモスバーガーのカロリーをはじめ、ダイエ

%e8%85%b9%e7%ad%8b%ef%bc%91

腹筋ローラーおすすめ19選!ダイエット効果と使い方も徹底解説

コンパクトな車輪にバーがついた筋トレグッズ「腹筋ローラー」はダイエット効果も高い上、自宅で気軽に腹筋ができると男性女性問わず人気の商品です。

ピーナツバターは太る?カロリー&ダイエットに効果的な痩せる食べ方も紹介

トーストに合うピーナッツバターは太るイメージもありダイエット中は避ける方も多いですが食べ方次第では痩せる可能性もあります。   今

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%ef%bc%91

【パオ】PAOの顔痩せ効果・使い方・口コミまとめ【お家で小顔エクササイズ!】

「パオ」は顔専用の筋トレグッズで、普段なかなか鍛えにくい顔の筋肉を効率的に鍛えられる上なんとダイエット効果もありおすすめです。  

DXwTjeVVMAALmHD

筋肉が凄い!高木美帆の身長と体重&トレーニングやダイエットを徹底調査

平昌オリンピックで金銀銅メダル全てを獲得した、スピードスケーターの高木美帆さん。選手として超一流なのはもちろん、そのかわいすぎるルックスにも

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。