小豆1

【あずき】小豆ダイエットの5つの効果・方法・作り方とレシピまとめ

小豆ダイエットの情報をお探しですか?

 

小豆ダイエットは小豆を食べるのではなく、煮汁を飲むダイエット方法になります。ちょっとしたダイエットドリンクの要領で飲むことができますよ。もちろん作り置きもOKです。

 

今回はそんな小豆ダイエットについてご紹介します。

小豆ダイエットとは

小豆1

 

小豆ダイエットとは、小豆の煮汁を飲むことでスリムを目指すダイエット方法です。食べるのではなく飲むので、小豆好きにとってはな~んだ、と少しがっかりしたかもしれませんよね。甘めの小豆のお菓子を食べて痩せられたらどんなに良いでしょう!しかし、煮汁でも小豆気分は味わえますよ。

 

もしかしたら小豆を煮たことがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、小豆はスーパーで手軽に購入できて、しかも比較的簡単に煮汁を作ることができます。ダイエットドリンクをわざわざ買うよりも、よっぽどスピーディーで効果が見込めそうですよ。詳しくご紹介しましょう。

 

 

小豆ダイエット5つの効果

小豆2

 

小豆ダイエットの効果について見ていきましょう。なかなかいろんな効果が見込めるので、小豆は非常にダイエット向きと言えそうですよ。まとめてみました。

 

①脂肪を排出する効果

小豆にはサポニンと言う成分が含まれていて、このサポニンには余分な脂肪をスムーズに体外に排出する効果があります。このため、脂っこいものを食べ過ぎてしまった場合でも、体内に脂肪がそのまま蓄積するのではなく、排出を促すことができます。

 

②水分を排出する効果

小豆にはカリウムも豊富に含まれています。このカリウムには、余分な水分をスムーズに体外に排出する効果があります。つまり利尿効果ですよね。顔や脚がむくんでいるなどの場合に特に有効で、むくみの解消を期待することができます。

 

小豆3・

 

③糖が脂肪に変わるのを防ぐ効果

小豆にはポリフェノールが含まれています。このポリフェノールには、食べた糖質が脂肪に変わるのを防ぐ作用があります。しかも、そのポリフェノールの含有量は、赤ワインの1.5~2倍も多いと言われているそうです。すばらしいですよね。炭水化物を食べ過ぎても、脂肪に変わるのを抑制してくれる効果が見込めます。

 

④アンチエイジング効果

ポリフェノールには、強い抗酸化作用もあります。ポリフェノールはどちらかというとこの作用で有名ですよね。しかも、赤ワインが最も有名ですが、小豆にはその赤ワインの1.5~2倍ものポリフェノールが含まれているのです。このため、アンチエイジング効果が期待できます。

 

⑤便秘改善効果

小豆には食物繊維がたっぷり含まれています。もちろん小豆そのものでなく煮汁を飲んでも食物繊維はとれるため、お通じに有効です。便秘改善効果が見込めるでしょう。

 

 

小豆ダイエットの方法!3つのルール

小豆4

 

小豆ダイエットの具体的な方法について見ていきましょう。小豆を茹でて食べるのではなく、茹でた煮汁を飲むダイエットです。このため、小豆ダイエットは別名、小豆汁ダイエット、小豆スープダイエット、小豆煮汁ダイエット、小豆水ダイエット、などと呼ばれています。飲み方、飲むタイミング、飲む分量、についてまとめました。

 

①飲み方

小豆ダイエットの飲み方は、1日3回飲みます。具体的には食事の前に飲みます。食後ではまったく意味がないので注意しましょう。

 

②飲むタイミング

小豆ダイエットの飲むタイミングは、食事の30分程度までになります。ちょっとした食前ダイエットとも言えて、満腹感も味わえて、食事の量を減らすことができます。朝食前はやや多めに飲むと良いそうです。

 

③飲む分量

小豆ダイエットの飲む分量は、特に決められていません。常識の範囲内で自由に調節できるようです。食事をどのくらいの量食べるかによっても調整すると良いでしょう。

 

 

小豆ダイエットのレシピ

小豆5

 

小豆ダイエットのレシピについて見ていきましょう。作りやすい分量でご紹介しますが、量は適度に調整して、作り置きしても良いです。ボトルに入れて普通に冷蔵保存すれば3日適度持つそうです。

 

<材料(作りやすい分量)>乾燥小豆50グラム、水400ミリリットル、塩少々、お好みで人工甘味料を入れてもよいです。また、スープ風にしたい場合はコンソメを使ってもよいです。

 

小豆の煮汁の作り方(一番簡単な方法)

やかんに水を入れて火にかけ、沸騰させます。魔法瓶か大きめのスープジャーに乾燥小豆を入れて、熱湯を注ぎます。そのまま一晩(8時間程度)放置します。たったこれだけです。小豆に煮汁の出来上がりです。

 

小豆の煮汁の作り方(お鍋で煮だす方法)

魔法瓶やスープジャーがない場合は、お鍋で茹でて煮汁を作ります。材料は同じです。お鍋に乾燥小豆と水を入れて、火にかけ、沸騰させます。そのまま煮詰めて、途中でさし水をしながら小豆が柔らかくなるまで待ちます。柔らかくなったら煮汁を集めて、できあがりです。

 

 

小豆ダイエットの6つの注意点

小豆6

 

小豆ダイエットの注意点について見ていきましょう。ダイエットで大切なことは継続することですが、いろいろとあるようですよ。ご紹介しましょう。

 

①飲みにくい場合は工夫する

小豆ダイエットは、煮汁が飲みにくいということで挫折する人も多いです。この場合、味付けを工夫すると良いでしょう。甘めの味が好きなら人工甘味料で甘味を付けます。スープ系が好きならコンソメで味をつけると良いです。小豆の煮汁スープも意外といけますよ。臨機応変に対処しましょう。

 

②甘味を摂りすぎない

小豆に甘味は欠かせないとばかりに、甘味をつけるのは構いませんが、摂りすぎには注意しましょう。あっという間にカロリーオーバーになります。人工甘味料もカロリーがゼロというわけでもありません。ほどほどにを心がけると良いでしょう。

 

③量を飲み過ぎない

小豆ダイエットは1日3食の食前すべてで小豆汁を飲むので、場合によっては量が多くなることもあります。目的はダイエットなので、こちらも多すぎないように、適度な量を心がけましょう。

 

小豆7

 

④残った小豆の使い道

小豆の煮汁を取った後に、茹でた小豆が残りますよね。しかも、毎回なのでかなりの小豆が手元に残ってしまいます。もったいないので、いろいろ使い道を考える方も多いと思いますが、目的はダイエットなので、捨ててしまった方が良いでしょう。ゴミ箱に捨てるか胃袋に捨てるかの違いだけだと割り切って、ドライに行動した方が良いです。

 

⑤食事制限も心がける

小豆の煮汁を飲んだからと言って、食事を食べ過ぎたら、何の効果も得られません。食事は適度に残すか、もしくは初めから分量を調節して用意した方が良いです。食べたら太るのは当然のことなので、注しましょう。

 

⑥冷たい小豆汁は飲まない

小豆汁を作り置きした場合、冷蔵庫で保存することになります。この冷蔵庫に入れた小豆汁を飲む場合には、かならず室温に戻すか、もしくはレンジで軽く加熱してホットで飲むようにしましょう。冷たいままだと飲み過ぎたり、食欲を高めてしまうことがあるためです。一番量を抑えられるのは室温と言われているそうです。可能なら室温で飲むと良いでしょう。

 

 

小豆ダイエットの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

原料が小豆ですから、健康には良さそうですよね。しかも、効果の一覧を見てもなかなか嬉しい効果が多いです。

 

作るのが少々面倒なので、ながく続けられるかな?と疑問も感じますが、試してみるのは良さそうです。ぜひチャレンジしてスリムを目指してくださいね。

 

以上、小豆ダイエットについてのおまとめでした。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

D4

グラノーラダイエットは太る?5つの効果・食べ方・レシピまとめ

グラノーラダイエットの情報をお探しですか? グラノーラってかなり人気が高いようで、最近あちこちで売られていますよね。普通のグラノー

%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%b1%81%ef%bc%91

味噌汁ダイエット5つの効果・成功の方法まとめ!痩せた口コミ多数【みその種類や具の選び方もご紹介】

味噌汁ダイエットって聞いたことありますか?  文字通り味噌汁でダイエットをするのです。家族ならともかく、一人暮らしの場合は味噌汁っ

150819022113_TP_V

パンは太る?種類とカロリー&ダイエット中の食べ方まとめ

パンって手軽に食べられて便利ですよね!朝食やおやつとしてパンを食べている人は多いのでは? でも、「パンはカロリーが高くて太りやすい

%ef%bc%91

そばダイエットの効果・方法・注意点まとめ【低GI食品!痩せた口コミ多数あり】

そばダイエットってご存知ですか?  そばを食べるダイエット方法ですが、炭水化物のそばがダイエット?と疑問に思われるかもしれません。実はこのそ

restaurant-1939958_960_720

和食の種類&ダイエット向けのレシピ3選!痩せるメニューがたくさん!

日本人に馴染みのある食事といえば、和食ですよね。和食にはいくつかの種類がありますが、どれもヘルシーで痩せると話題で、ダイエットにも向いている

関連する記事②

alternative-medicine-1327808_640

足裏マッサージ!ダイエットに効果的なツボとやり方5選

足裏は多くのツボが宿っており、その数は60ほどになると言われています。 足裏が全身の様々な部分と繋がっている事で、硬かったりしこり

%ef%bc%91

掃除ダイエット5つの効果と注意点【痩せる7つのコツ!消費カロリー大】

掃除はお好きですか?  掃除ってやり方次第でダイエットになるのです。スポーツクラブに通うのと同程度の効果があって、おまけに部屋中ピ

%ef%bc%92%ef%bc%91

女性ダイエット向け!自重筋トレ方法8選|簡単メニュー5分を1年間続けよう

ダイエットのための筋トレの情報をお探しですか? 筋トレと言うと、男性向けのイメージが強かったりしますよね。男性の場合は筋肉の肥大化

4471a9452a8966195d4a0e8762afe00b_s

肌質の5つの種類&改善方法まとめ!遺伝するのかも徹底解説

自分の肌質に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?「なんで私の肌は、こんなに乾燥しているんだろう?」とか「私の肌、いつもベタベタ」とか「

%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%ef%bc%92

トマトジュースダイエットの効能と効果は?成功の方法まとめ

トマトジュースダイエットって聞いたことありますか? トマトではなくトマトジュースなのです。トマト系が苦手な方には無理ですが、そうで

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。