7

女性向け筋トレメニュー26選!自宅ダイエットを1週間毎日続けよう

自宅で1週間行う筋トレメニューをお探しですか?

 

いろんな筋トレがあって迷ってしまいますよね。1週間コースの情報をお探しということは、これから筋トレを始めようとしているのかもしれません。

 

そんな筋トレビギナーにも手軽に取り組める簡単なものを集めてみました。

 

今回は7日間分の筋トレメニューをご紹介します。

女性必見!筋トレの概要について

1

 

まずは1週間メニューの概要について見ていきましょう。

 

このメニューは、基本的に、これから筋トレを始めようとしている筋トレビギナー向けにまとめました。よって、難易度の低めのものばかりを集めています。といっても、回数と負荷を増やすことによって、上級者でも対応可能です。上手に活用してください。

 

 

難易度と回数

難易度の低いものでも回数を多く行えば、筋肉痛になるほどの効果が見込めますよ。最初の1週間はそこそこの回数で良いのですが、もしも今後も続けようと思うなら、徐々に回数を多くしていくとよいです。回数に比例して効果はアップします。また、自重筋トレにダンベをと組み合わせることもできます。ダンベルを手にもって自重筋トレを行うことによっても効果はアップします。

 

筋トレにかける時間

運動には2種類あって、有酸素運動と無酸素運動に分かれます。筋トレは、このうちの無酸素運動にあたります。例えば仮に、有酸素運動をする場合は、脂肪燃焼が始まるのが運動を開始してから20分経ってからのため、最低でも20分以上、できれば1時間程度行う必要があります。つまり、ある程度のまとまった時間がかかってしまうのですね。その点、筋トレのような無酸素運動であれば、たった5分でも10分でも構いません。隙間時間や気分転換がてらでもサクッと行うことができます。

 

ダイエット向きの筋トレ

マッチョを目指すのではなくダイエットのために筋トレをする場合、「軽い負荷で回数を多く」、がモットーです。逆に、「重い負荷で回数少なく」は男性が好んで行うスタイルです。実際にはホルモンの関係があるので、この方法でやってもマッチョにはならないと思いますが、女性向きとはいえません。求める方向性を見極めて、スリムボディを手に入れましょう!

 

準備するもの

この記事では、自重筋トレとダンベル筋トレのメニューを掲載しています。このうち自重筋トレは何も用意しなくてもすぐに始めることができますが、ダンベル筋トレは1~2キロ程度の重さのダンベルが2個必要になります。簡単な入手先としては、100円ショップの他、アマゾンなどのネット通販がおすすめです。ポップな色のものやおしゃれなものが欲しい場合はネット通販が良いでしょう。

 

 

女性向き筋トレ:1日目の筋トレメニュー4選

2

 

1日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。1週間コースのスタートの日です。まずは体を目覚めさせて、筋トレに慣れさせていきます。ウォーミングアップの筋トレメニューは以下になります。

 

自重筋トレ①・・・カーフレイズ(つま先立ち)

・足を肩幅に開いて立ちます。

・かかとを上げてゆっくりとつま先立ちになります。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回繰り返します。

ふくらはぎから足先までに影響を与える筋トレです。血行もよくなるので、むくみ解消にも役立ちます。立ち仕事をされている方に特におすすめです。仕事中にちょこっと行うこともできます。

 

 

 

自重筋トレ②・・・スーパーマンのポーズ

・床にうつぶせになります。

・足をまっすぐに伸ばして、手もまっすぐに頭上に伸ばします。

・両手両足を同時にアップさせて、体を弓なりにします。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回行います。

スーパーマンが宙を飛んでいる時のようなポーズです。全身の運動になりますが、特に背中と胸に刺激を与えます。猫背の人の姿勢矯正にも有効です。体が目覚めるポーズです。

 

 

 

3

 

ダンベル筋トレ①・・・巻き上げ

・足を肩幅に開いて立って、左右の手にダンベルを持ちます。

・片方のダンベルを、胸に近づけるように引き上げます。

・ゆっくりと元に戻します。

・もう片方のダンベルを、胸に近づけるように引き上げます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを左右10回ずつ行います。

 

ダンベル筋トレのド定番のメニューです。もっとも簡単なものなので、ここから始めましょう。使うダンベルは1キロのものがベストで、重くても2キロまでに抑えましょう。

 

 

ダンベル筋トレ②・・・伸ばし

・足を肩幅に開いて立って、左右の手にダンベルを持ちます。

・左右のダンベルを持ったまま、肩の位置まで持ってきます。

・そこから、片方のダンベルを、頭の上へと伸ばします。

・ゆっくりと元に戻します・

・もう片方のダンベルを、頭の上へと伸ばします。

・ゆっくりと物に戻します。

・これを左右10回ずつ行います。

 

腕の裏側の筋肉を鍛えるメニューです。ダンベルの重さが負荷になって、ほどよく効き目があらわれます。血行もよくなるので、気分転換をしたいときにもおすすめの筋トレです。・

 

 

 

 

女性向き筋トレ:2日目の筋トレメニュー3選

4

 

2日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。

 

徐々にペースアップしていきます。全身を鍛える筋トレメニューは以下になります。

 

 

自重筋トレ①・・・スクワット

・足を肩幅に開いて立ちます。

・手は頭の後ろに置くか、胸の前に伸ばしておきます。

・ゆっくりと体を落としていきます。

・太ももと床が平行になるまで落とします。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

スクワットは下半身の運動を思われていますが、実は全身運動になるのです。20回でやめてしまっても良いですが、もっと回数を多くすることによって、筋肉を鍛え、筋肉痛になることもできます。非常に効果的な筋トレメニューです。

 

 

 

自重筋トレ②・・・マウンテンクライマー

・床にうつぶせになります。

・手は肩幅に開き、足はまっすぐにそろえて伸ばします。

・体を浮かせて、両手とつま先で体を支えます。

・この状態から、片方の足を胸に近づけるように真下にもってきます。

・軽くジャンプして、左右の足を入れ替えます。

・これを10回繰り返します。

 

サーキットトレーニイングで良く行われる筋トレです。大真面目に行えば、無酸素運動と有酸素運動のミックスの運動にもなります。とても有効な全身運動です。

 

 

ダンベル筋トレ①・・・猫背矯正

・足を肩幅に開いて立ち、ダンベル1個を両手で持ちます。

・下におろした手とダンベルと、一気に頭の上に持ち上げます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

体が丸まっていたり、猫背になっていたりする時に行うと、気分がスカッとする筋トレです。たいした運動ではないのですが、姿勢矯正に非常に有効です。こまめに行うと良いでしょう。

 

 

 

女性向き筋トレ:3日目の筋トレメニュー3選

5

 

3日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。

 

3日目は上半身を中心に鍛えていきます。上半身の筋トレメニューは以下になります。

 

 

自重筋トレ①・・・腕立て伏せ

・床にうつぶせに寝ます。

・両手は肩幅に開いて体を支え、足はまっすぐに延ばしてつま先で体を支えます。

・頭のてっぺんから足先マで1直線になるように意識します。

・ゆっくりと胸が床につくぎりぎりまで体を落としていきます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回繰り返します。

 

腕立て伏せは、胸と背中の筋肉を鍛えます。バストアップ効果とわき肉をなくす効果もあるので、とてもおすすめの筋トレです。こまめに行って美乳をめざしましょう。

 

 

 

自重筋トレ②・・・バックキック

・床に四つ這いになります。

・この状態から、片方の足を宙に持ち上げます。

・ゆっくりと元に戻します。

・もう片方の足を宙に持ち上げます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回繰り返します。

 

下半身の運動になると同時に、胸と背中の運動にもなります。つまり、全身運動ですね。宙に持ち上げるときに思いっきり上げれば、ヒップアップにもなります。とても効率のよい筋トレポーズです。

 

 

 

ダンベル筋トレ①・・・胸の前で開く

・足を肩幅に開いて立ち、左右の手に1個ずつダンベルと持ちます。

・その手を胸の前にもってきて、前方にまっすぐに伸ばします。

・この状態から、左右に大きく開きます。

・胸がブルブルいってきます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

胸の筋肉を鍛えるダンベルメニューです。バストアップにもなれば、わき肉を撃退することもできます。普段なかなか使わない胸の筋肉を刺激するので、気分的にもとても爽快になります。

 

 

女性向き筋トレ:4日目の筋トレメニュー4選

6

 

4日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。

 

4日目はお腹周りを中心に鍛えていきます。お腹周りの筋トレメニューは以下になります。

 

 

自重筋トレ①・・・トランクカール

・仰向けに寝て、膝を立てます。

・手は頭の後ろで組みます。

・頭と肩を持ち上げて、腹筋を刺激します。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回繰り返します。

 

普通の腹筋運動の軽いバージョンです。腹筋が弱い方でもこの程度ならきっとできるでしょう。頭は無理に持ち上げる必要はありません。腹筋を意識していればOKです。やっているうちに楽にできるようになります。

 

 

 

自重筋トレ②・・・バイシクルクランチ

・仰向けに寝ます。

・手は頭の後ろにおいて、足はまっすぐに伸ばします。

・この状態から、片方の足を胸に近づけて、ウエストをひねります。

・ゆっくりと元に戻します。

・反対の足を胸に近づけて、ウエストをひねります。

・ゆっくりと物に戻します。

・これを20回繰り返します。

 

お腹周りに非常によく効く筋トレで、お腹の前側だけでなく、両端側にもビンビンきますよ。難易度は高くないので、気軽にサクサクさ行うことができます。隙間時間があったらこまめに行うとよいでしょう。

 

 

7

 

 

ダンベル筋トレ①・・・腰ひねり

・足を肩幅に開いて、左右の手に1個ずつダンベルを持ちます。

・ダンベルを持って、だらしと下に伸ばしておきます。

・この状態から、ダンベルを持ったまま、ウエストを右にひねります。

・ゆっくりと元に戻します。

・ウエストを反対側の左にひねります。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

ダンベルの重さでウエストがシェイプされる筋トレです。ひねった時に、腕はできるだけまっすぐに伸ばしたままにしておきます。大きくひねるほど効果が大きいです。

 

 

ダンベル筋トレ②・・・ダンベル腹筋

・ダンベルを持ったまま仰向けに寝ます。

・ダンベルを胸の前に盛ってきます。

・この状態から、腹筋をします。キツイ場合は体を持ち上げる程度で構いません。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

ダンベルと持つことによって、腹筋を鍛える効果がアップします。ただし、腹筋が苦手な方の場合はキツイかもしれません。少しずつ慣れていくとよいでしょう。

 

 

 

女性向き筋トレ:5日目の筋トレメニュー4選

8

 

5日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。

 

5日目は下半身を中心に鍛えていきます。下半身の筋トレメニューは以下になります。

 

自重筋トレ①・・・ランジ

・足を前後に開いて立ちます。

・手は腰に置きます。

・ゆっくりと体を落としていきます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回繰り返します。

 

超定番の下半身筋トレです。普段使わない太ももの裏の筋肉も鍛えることもできます。太ももの裏のぜい肉を摂りたい場合に特におすすめの筋トレです。

 

 

 

自重筋トレ②・・・ショルダーブリッジ

・床に仰向けに寝ます。

・膝を立てます。

・お尻を持ち上げます。

・その状態で、片方の足を上げて伸ばします。

・ゆっくりと元に戻します。

・もう片方の足を上げて伸ばします。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回繰り返します。

 

下半身全体の筋トレになりますが、特にお尻の太ももに効きます。お尻を小さくしたい、ヒップアップしたい、という場合におすすめの筋トレです。

 

 

9

 

 

ダンベル筋トレ①・・・ダンベルスクワット

・足を肩幅に開いて立ち、左右の手に1個ずつダンベルを持ちます。

・この状態から、ゆっくりと体を落としていきます。

・太ももと床が平行になるまで落とします。

・ゆっくりと元に戻します・

・これを10回繰り返します。

 

ダンベルと持って行うスクワットです。ダンベルの重さが負荷になって、筋肉を鍛える度合いがアップします。下半身の他に全身運動にもなります。

 

 

ダンベル筋トレ②・・・ダンベルランジ

・足を前後に開いて立ち、左右の手に1個ずつダンベルを持ちます。

・この状態から、ゆっくりと体を落としていきます。

・太ももと床が平行になるまで落とします。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

ダンベルと持って行うランジです。スクワットと同じで超ド定番の筋トレですが、ダンベルと持って行うことで、効果がさらにアップします。下半身の運動の他、全身運動にもなります。

 

 

女性向き筋トレ:6日目の筋トレメニュー4選

10

 

6日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。

 

徐々にペースダウンしていきます。ゆっくりと終われるように持っておきましょう。全身を鍛える筋トレメニューは以下になります。

 

 

自重筋トレ①・・・ジャンピングスクワットリーチ

・足を肩幅に開いて立ちます。

・体を落としていき、スクワットのような状態にします。

・この状態から、上に向かってジャンプします。

・これを20回繰り返します。

 

スクワットのような状態にしたときに、多少なら反動をつけてもよいです。反動をつけて飛び上がると簡単にジャンプすることができますよ。全身の血行もよくなる筋トレです。

 

 

 

自重筋トレ②・・・サイドプランク

・床に横向けに寝ます。

・腕とつま先を使って、横向きに体を浮かせます。

・この状態で30秒間キープします。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回繰り返します。

 

体を横向けにする筋トレはなかなかないので、とても良い運動になります。基本的には体幹を鍛えますが、下半身も筋トレにも効果的です。キープしたときに息を止めないように気を付けましょう。

 

 

11

 

 

ダンベル筋トレ①・・・サイドレイズ

・足を肩幅に開いて立ち、左右の手に1個ずつダンベルを持ちます。

・ダンベルと持った手を、自然に下におろします。

・この状態から、左右に羽を広げえるように持ち上げていきます。

・方の高さまで持ち上げたら、ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

腕と脇腹に効くダンベル筋トレです。慣れないとちょっときついかもしれませんが、数回行えば慣れてしまいます。普段使わない脇腹を鍛えるので、気分も爽快になります。

 

 

ダンベル筋トレ②・・・前後

・足を肩幅に開いて立ち、左右の手に1個ずつダンベルを持ちます。

・ダンベルと持った手を自然に下ろし、太ももの前においておきます。

・この状態から、手を下に伸ばして体を丸めます。

・ゆっくりと元に戻します。

・次は逆に体を反らせます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

とても簡単ですが、腸を刺激して、便秘解消にも役立ちます。また、猫背の方にとっては矯正効果も見込めます。

 

 

女性向き筋トレ:7日目の筋トレメニュー4選

12

 

7日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。

 

1週間コースの最終日です。クールダウンの筋トレメニューは以下になります。

 

 

自重筋トレ①・・・フラッターキック

・床に仰向けに寝ます。

・腕は自然に下ろして、足はまっすぐにそろえて伸ばします。

・両方の足を宙に浮かして、バタバタと上下させます。

・これを30秒間続けましょう。

 

下半身の血の巡りがよくなる筋トレです。全然難しくないので、お風呂から上がった後や、寝る前に行うと良いでしょう。習慣にすると良いです。もちろん毎日やっても構いません。

 

 

 

自重筋トレ②・・・足パカ

・床に仰向けに寝ます。

・腰に手を当てて、腰を持ち上げます。

・この状態で、足を天井にまっすぐに伸ばします。

・足を左右に大きく開きます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを20回繰り返します。

 

足が綺麗な方に人気のある筋トレです。太ももの内側のぜい肉を撃退することができるので、太ももに隙間を作ることができます。太ももが気になる方に特におすすめの筋トレです。

 

 

13

 

 

ダンベル筋トレ①・・・二の腕

・足を肩幅に開いて立ち、左右の手に1個ずつダンベルを持ちます。

・そのままダンベルと肩に乗せます。

・この除隊から、片方の腕を前方に伸ばします。

・ゆっくりと元に戻します。

・もう片方の腕を前方に伸ばします。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

腕全体の筋肉を鍛えるダンベル筋トレですが、特に二の腕の内側を鍛えることができます。お肉が付きやすい部分なので、こまめに行って撃退すると良いでしょう。

 

 

ダンベル筋トレ②・・・ウエスト上下

・足を肩幅に開いて立ち、左右の手に1個ずつダンベルを持ちます。

・腕を下に伸ばし、太ももの横におきておきます。

・この状態から、右側の肩を落として、右側の体を下げます。

・ゆっくりと元に戻します。

・左側の肩を落として、左側の体を下げます。

・ゆっくりと元に戻します。

・これを10回繰り返します。

 

とても簡単な筋トレですが、腸を刺激して便秘解消にも有効です。お腹にも適度に効果が見込めます。気分転にもよいので、隙間時間にサクっと行うと良いでしょう。

 

 

1週間の女性向き筋トレの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

最後に一言

いかがでしたか?

 

とにかく1週間だけ頑張ってみると良いですよ。1週間続けばその後も続く可能性は大きいようです。おそらく3日目あたりが難所だと思うので、その辺をすこし軽めに設定してみました。

 

ぜひチャレンジして筋トレを習慣にしてみて下さいね。

 

以上、1週間の筋トレメニューのおまとめでした。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

スクワット1

スクワットダイエットの効果・正しいやり方・注意点2つ【最適な回数と頻度とは?】

スクワットをされたことはありますか?  筋トレ系のダイエットで真っ先に思いつくのがスクワットだと思います。 しかし、はり

ポーズ4

体幹トレーニング8つの効果・鍛え方・メニュー14選【女性向け】

体幹トレーニングの情報をお探しですか? 体幹トレーニングを始める方は最近多いですよね。やはりいろんな効果があって効率が良いからだと

1f08ab4c130abafcea5061d146b7e94c_s

ふくらはぎの筋トレ法!筋肉の名称&女性向け4つの鍛え方まとめ

あなたはふくらはぎの筋肉を意識したことがありますか?ふくらはぎの筋肉を鍛えると、男らしい太くてたくましい脚になってしまうと心配になるかもしれ

deadlift-2054919_640

デッドリフトの平均重量とトレーニング回数!6種類の違いも詳しく解説!

筋トレの種目の1つにデッドリフトがあります。デッドリフトは、パワーリフティングの競技の1種目でもありますね。 今回はデッドリフトの

筋トレ1

女性向きの筋トレの種類・効果的な期間と時間帯!ダイエット成功の秘訣をご紹介

女性の筋トレ情報をお探しですか? 筋トレメニューから、効果が現れるまでの具体的な期間、行う時間帯など、筋トレにまつわるさまざまなポ

関連する記事②

5e7dab00854a341e5cf992af2e30b983

木村カエラ流ダイエット法とは?体重・身長・スタイル維持4つの秘訣まとめ

木村カエラさんは、俳優の瑛太さんと入籍後、2010年に第1子となる男の子を、2013年に第2子となる女の子をご出産されています。 

1・

自宅でクロスフィット!トレーニングメニューや方法まとめ【中村アン参考動画あり】

クロスフィットの情報をお探しですか? なかなかフィットネスの流行に敏感なようですね。それともお忙しくて時間に制約があるのでしょうか

nut-1913195_960_720

くるみのカロリー・ダイエット方法と効果まとめ【食べ過ぎ注意】

くるみがダイエットに良いことを知っていますか? くるみなどのナッツ類はカロリーが高く、太りやすいイメージがあるかもしれません。しか

deadlift-2386565_640 (1)

デッドリフトのフォームとやり方&6つの効果まとめ!正しい方法で怪我を防止【動画解説付き】

デッドリフトは、筋トレのBIG3と呼ばれる筋トレ種目の1つです。デッドリフトはたくさんの効果があり、しかも実は美容にも良い筋トレなのです。&

ジャーキー9

ビーフジャーキーダイエットの効果と方法!カロリーや糖質も知ろう

おつまみとして人気のビーフジャーキー。実はダイエットとして効果的ってご存知でしたか? ビーフジャーキーのカロリーや糖質を知り、正し

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。