yoga-1146280_960_720

ホットヨガは痩せない?ダイエット効果と方法・デメリット等まとめ

女性を中心に人気のホットヨガを知っていますか?

 

「普通のヨガとどう違うの?」

「メリットとデメリットは?」

「本当に痩せるの!?」


そんな疑問を1つずつ解決していきます。

ホットヨガで綺麗なボディラインを手に入れましょう。

ダイエットにおすすめのホットヨガとは?

 

まず始めに、ホットヨガの基礎知識を紹介していきます。

 

そもそもヨガって何?

日本の女優さんやモデルはもちろん、海外セレブの間でも愛好者の多いヨガ。「ヨガ=運動法」というイメージが強いかもしれませんが、本来の意味はもう少し幅広く、元々は古代インドで生まれた修行法なのです。

 

「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」を意味しています。

心と体、魂が繋がっている状態のことを表します。呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得るものです。

 

引用:NPO法人日本YOGA連盟

 

単純に運動法というだけでなく、集中力を養うことや精神面の安定を目的としています。ヨガを行なう上で重要なのが呼吸法です。意識して深呼吸することで集中力がアップし、ヨガの目的である「心と体の結びつき」が実現します。

 

◎ヨガに期待できる主な効果

  • ダイエット効果
  • 筋肉増強
  • 体の歪みを治す
  • 肩こりや腰痛の改善
  • ストレスの緩和
  • 集中力アップ など

 

 

ホットヨガとは

ホットヨガとは、温湿度を調整した室内で行うヨガのことです。温湿度の目安は室温38℃前後、湿度65%前後。普通のヨガは基本的にどんな環境下で行なってもOKなので、ここが大きな違いとなります。

 

ホットヨガは日本発祥のヨガです。1970年代代にインド人のビクラム・チョードリー氏によって考案されました。真冬にヨガスタジオを暖房で暖めたことからスタートしたホットヨガ。

 

室温38℃前後、湿度65%前後というのはインドの温湿度に近いので、意図的にこのような環境を作り出すのは効率が良いのかもしれません。

 

 

ホットヨガの4つのメリット

 

「ホットヨガって普通のヨガと比べて何が良いの?」

 

そのような疑問を持った人は多いのではないでしょうか。ホットヨガを行なうメリットをまとめていきます。

 

冷え性改善に効果あり

冷え性に悩まされている女性は多いと思います。冷え性の大きな原因として挙げられるのが血行不良です。ホットヨガは室温38℃前後の環境下で行うため、体が温まって血行やリンパの流れがスムーズになります。

 

また下半身の筋肉を鍛えることができるので、血液やリンパを送り出すポンプ作用が強化されます。

 

 

デトックス効果がある

ホットヨガは室温38℃前後、湿度65%前後という環境下で行うので大量の汗をかきます。汗をかくことで新陳代謝が良くなり、内臓の働きも活発になります。体の老廃物を排出しやすくなるので、自然とデトックス効果が期待できるというわけ。普段あまり汗をかかない人におすすめです。

 

美肌効果がある

新陳代謝が良くなると美肌にも繋がります。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常化するので、乾燥やニキビなどの肌トラブルが改善しやすくなります。

 

ターンオーバーのサイクルは28日周期位が丁度良いといわれます。表皮細胞が誕生し、垢となって剥がれるまでの標準的な日数のことです。

一方、老化に伴いターンオーバーの日数が35日、40日と長くなる傾向のあることが知られています。

 

引用:サッポー美肌塾

 

また、ホットヨガを行う高温多湿の環境も大きなポイントです。大量の汗をかくことで毛穴の詰まりを解消できます。サウナや蒸しタオルをイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

基礎代謝がアップする

新陳代謝がよくなることで基礎代謝もアップします。基礎代謝とは、人間が生命活動を維持していくために最低限必要なカロリーのこと。

 

つまり特別な運動をしなくても、基礎代謝分のカロリーは毎日必ず消費されているということです。基礎代謝量は性別、年齢、身長などによって人それぞれ異なります。

 

基礎代謝量の平均値は以下の通りです。

 

年齢男性女性
18~29才1,550kcal1,210kcal
30~49才1,500kcal1,170kcal
50~69才1,350kcal1,110kcal

基礎代謝量は加齢によって徐々に低下する傾向にあります。若い頃より太りやすくなったり、ダイエットしても体重が落ちにくくなるのはこのため。

ホットヨガは内臓の働きを活発にするのと同時に、筋肉量を増やす効果があるので基礎代謝アップに最適です。太りにくく、痩せやすい体を作っていくことができます。

 

ホットヨガの3つのデメリット

 

続いてはホットヨガのデメリットを紹介していきます。

 

自宅で行うのが難しい

ホットヨガを行う時は、専用のヨガスタジオを利用する人がほとんどだと思います。自宅で室温38℃前後、湿度65%前後の環境を作るのは難しいためです。

 

ホットヨガは温湿度を調整しなくてはいけないので、気軽に行えないのが最大のデメリットとなります。一方、普通のヨガは場所を問いません!自宅でも気軽に行うことができます。

 

脱水や熱中症になるリスクがある

高温多湿な環境化で行うホットヨガは、脱水や熱中症のリスクがあるので注意が必要です。大量の汗をかくので、脱水症状にならないようにこまめな水分補給を心掛けてください。

 

「室内なら熱中症にならない」と思っている人もいるかもしれませんが、これは大きな間違いです。実は、高温多湿に調整されたスタジオ内は屋外と同じくらい熱中症リスクが高いのです!

 

妊娠中や高血圧の人はできない

現在妊娠中の人はホットヨガを行うことができません。また、ホットヨガは血圧が上昇しやすいので高血圧の人も注意が必要です。必ず医師と相談してからホットヨガを行うようにしましょう。他の持病がある人、体調がすぐれない人も念のため医師に相談したほうが良いです。

 

 

ホットヨガ体験者の口コミ

 

実際にホットヨガを体験した人、一定期間続けている人たちの口コミを紹介していきます。

 

デトックス効果や冷え性改善を実感!

 

 

 

体がポカポカになり、たっぷりと汗をかくのがホットヨガの特徴!美肌効果や冷え性改善効果を実感している人が多かったです。

 

ホットヨガでは痩せない!?

 

 

「何故か体重が落ちない」という声が目立ちました。ダイエット目的でホットヨガを始める人も多いと思いますが、この結果は少し残念ですよね…。次項でどうすれば痩せやすくなるのかを提案していきます。

 

 

ホットヨガで痩せるための3つのコツ

 

食生活に気をつける

ホットヨガを行っているからといって、安心して食べ過ぎてしまったら意味がありません。無理な食事制限をする必要はありませんが、ご飯の食べすぎや間食には注意が必要です。1日3食バランス良くが基本です。


また、ホットヨガを行った後は吸収力が良くなっているため、2時間くらいは食事や間食を控えたほうが良いです。水分補給は水かお茶をおすすめします。脱水症状を起こす可能性があるので、水やお茶は我慢せずに飲んでください。

 

週に2~3回を目安に行う

ホットヨガの効果を実感するためには、最低でも週に2~3回行うのが効果的です。通うのが難しい場合は週に1回程度でもOKですが、どうしてもダイエット効果は薄くなります。ホットヨガに通えない日は、自宅で通常のヨガポーズを行うと効果が出やすいかもしれません。

 

3ヶ月以上続ける

ホットヨガを行ったからといって、すぐに体重が落ちることはないので注意しましょう。ホットヨガは大量の汗をかくので一時的に体重が減少しますが、これはあくまでも汗の分なので脂肪が減少したわけではありません。


ダイエット効果を実感できるまでには、平均で3ヶ月~半年程度かかると言われています。最低でも3ヶ月は頑張ってみましょう!

 

 

まとめ

 

女性を中心に人気のホットヨガ。ホットヨガにはダイエット効果や美肌効果など、たくさんの嬉しい効果が期待できます!一方で少し気をつけなくてはいけないことも…。高温多湿の環境下が必要なため、自宅で行うのが難しいのもデメリットですね。


効果を実感できるまでには多少時間が掛かりますが、続けることで心も体も美しくなれるのがホットヨガです。アナタもホットヨガで美しく生まれ変わりませんか?

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

%ef%bc%93

エアロビクスダイエットの効果・方法・4つの注意点まとめ【元祖・有酸素運動ブーム!】

 エアロビクスと言うと一昔前に流行った感がありますが実は最近楽しく健康的に痩せられるダイエット方法として再び注目されているんです。

1

ピラティスダイエットの効果・やり方・注意点まとめ【呼吸法・基本姿勢が大切!】

ピラティスをされたことはありますか?  最近あちこちでピラティス教室が開かれていますね。ちょっとおしゃれなイメージもあるピラティス

5

骨盤スクワットダイエットの効果・やり方・注意点【痩せた口コミはある?】

骨盤スクワットダイエットって知っていますか?  もしかしたら骨盤ダイエットやスクワットダイエットはご存知かもしれません。簡単に言う

7

バレエダイエットの効果・方法・注意点まとめ【正しい姿勢・ポーズとは?】

バレエダイエットってご存知ですか?   子供の頃にバレリーナに憧れた方も多いと思います。最近では世界中のバレエ界で日本人が活躍され

%ef%bc%94

ランニングのダイエット効果を高める5つの方法・注意点【時間帯は朝がベスト!】

シューズがあればどこででも、そして1人でも友達とでもできる「ランニング」は健康的に痩せられるおすすめのお手軽ダイエットの定番です。 

関連する記事②

ラーメン二郎のカロリーと太る原因7つ!ダイエット中の食べ方&リセット方法も紹介

人気のラーメン店「ラーメン二郎」はボリューミーなのが特徴ですが食べ方の工夫次第でダイエット中も利用が可能です。  今回はラーメン二

56927_560

ホンジミンのダイエット方法!身長と体重&減量方法まとめ

ミュージカルを中心に活躍する韓国女優のホンジミンさん。 結婚9年目の2015年に待望の第一子となる長女を出産し、2017年には第二

img_0_m

川口春奈のダイエット法は?体重・身長・スタイル維持方法をご紹介

雑誌「ニコラ」のモデルとしてデビューし、現在では女優としても活躍されている川口春奈さん。  みずみずしい美しさを持った彼女のように

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%91

サンドバッグ3つの効果・口コミ・おすすめ商品【ダイエット&ストレス解消に最高!】

サンドバッグを叩いたことってありますか?   ボクシング系のダイエットも流行っているので、もしかしたら体験された方もいるかもしれま

220px-Janet_Jackson_4

ジャネットジャクソンの身長と体重&ダイエット方法!産後や過去に痩せた秘訣まとめ

故マイケル・ジャクソンさんの妹でシンガーソングライターのジャネットジャクソンさん。50歳という年齢で第一子を出産し話題となりました。&nbs

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。