backside-1867037_640

お尻が大きい3つの原因&小さくする7つの方法まとめ【即効性あり!】

お尻が大きいことに悩んでいる女性は多いですよね。キュッと引き締まった小尻が理想なのに、現実はぜんぜん違うので、ショックを受けているのではないでしょうか?

 

ボテッとした大きいお尻をしていると、細身のパンツをはいても似合いませんし、下手をすれば、細身のパンツが入りません!

 

お尻が大きい原因とお尻を小さくする方法をまとめました。お尻を小さくしたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

お尻が大きい3つの原因

お尻が大きくて悩んでいる女性は多いと思います。お尻が大きいと細身のパンツが壊滅的に似合いませんし、太ももまでは入っても、お尻でつっかえてしまって、入らないなんてこともありますよね。

 

また、上半身や脚は細いのに、お尻だけ大きいと、どうしても体のバランスが悪くなって、スタイルが悪く見えてしまいます。お尻を小さくするためにも、まずはお尻が大きい原因を確認しておきましょう。

 

 

骨盤が歪む

348d12c329d1a9797bace6c895f0d433_s

 

お尻が大きい原因の1つ目は、骨盤が歪むことです。骨盤が歪むことで、骨盤が広がったり、骨盤につく筋肉が偏ったりすることで、お尻が大きくなってしまうのです。

 

骨盤が歪む原因には次のようなものがあります。

・猫背
・反り腰
・内またで歩く
・脚を組んで座る
・頬杖をつく
・ペタンコ座りをする

このような癖がある人は、骨盤が歪んでお尻が大きくなってしまいます。一度、自分の姿勢や歩き方、何気ない癖などを見直してみましょう。もしかしたら、あなたの何気ない日常の中の行動が、お尻を大きくしている原因なのかもしれません。

 

 

純粋に太る

thick-373064_640

 

お尻が大きくなる原因の2つ目は、純粋に太ることです。要は、お尻に脂肪が付くということですね。太ってお尻に脂肪が付けば、その分、お尻は大きくなります。

 

最近、お尻が大きくなったというだけでなく、他の部分も大きくなった、太ったという人は、お尻が大きくなった原因はただ単に太って脂肪が付いてしまったという可能性があります。

 

 

筋力の低下

お尻が大きい原因の3つ目は、筋力の低下です。お尻の筋力が低下して、腰やお尻の脂肪や筋肉が垂れてきて、お尻が大きく見えてしまっているのです。

 

お尻の筋肉と言えば、大臀筋と中臀筋、小臀筋の3つがあります。これらの筋肉がたるんでくると、お尻全体が下に下がってくるので、お尻が大きく見えます。

 

また、お尻をしたから支えている太ももの裏のハムストリング(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)の筋力が低下することでも、お尻は下に下がって、デップリと大きく見えてしまうのです。

 

 

お尻を小さくする7つの方法

backside-1867037_640

 

お尻が大きい人は、できるだけ小さくしたいと思いますよね。お尻を小さくするためには、ご紹介する7つの方法を試してみましょう。

 

部分痩せは難しいと思っているかもしれませんが、意外と簡単にお尻を小さくすることはできるんです!

 

正しい姿勢を保つ

お尻を小さくするためには、正しい姿勢を保ちましょう。正しい姿勢を保つことで、骨盤の歪みを正すことができます。

 

「たかが正しい姿勢」と思うかもしれませんが、正しい姿勢を長時間保とうとするのは、かなり大変なことです。では、一度背筋を伸ばしてみましょう。そして、それを5分間保ってみてください。

 

腰や背中が疲れたように感じませんか?それは、普段から姿勢が悪い証拠です。姿勢が悪いと、骨盤がゆがんでお尻が大きくなりますので、お尻を小さくするためには、まずは姿勢を保ちましょう。

 

rehabili

 

<正しい姿勢>

1.壁を背にして立つ

2.両足のかかとを壁につける

3.お尻と肩が壁につく

4.腰と壁の間には手のひらが入るスペースがある

5.後頭部が壁につく

6.顎を引く

 

この正しい姿勢を基本にして、いつでも正しい姿勢を保つようにしてください。立っているときはもちろんですが、座っているときも、イスに深く腰掛けて、背筋を伸ばし、正しい姿勢を意識するようにしましょう。

 

また、頬杖をついたり、足を組んで座ったり、いつも同じ方の肩に重い荷物を持ったりするのもNGです。

 

正しい姿勢を続けることで、骨盤が正しい位置に戻りやすくなりますので、最初は腰や背中が疲れたり、違和感があったりすると思いますが、お尻を小さくするためですので、頑張りましょう!

 

 

骨盤矯正体操をする

お尻を小さくする方法の2つ目は、骨盤矯正体操をすることです。ゆがんだ骨盤を矯正して、正しい位置に戻すことで、お尻を小さく、キュッと引き上げることができます。

 

一番簡単な骨盤矯正体操をご紹介します。

 

 

<骨盤矯正体操のやり方>

1.仰向けに寝て、膝を90度に立てる

2.膝をゆっくりと右に倒す

3.ゆっくりと起こして、次は左に倒す

 

これを約3分間行うだけです。これなら、寝る前のちょっとした時間にできそうですよね。骨盤を正しい位置に矯正することで、開いていた骨盤が引き締まり、お尻を小さくすることができます。

 

さらに骨盤矯正をすることで、全身の代謝をアップさせて、やせやすい体を作ることができますので、ダイエット効果からもお尻を小さくすることができるのです。

 

お尻が大きくて悩んでいる人は、まずはお尻を小さくために、骨盤矯正体操をしてみましょう。

 

 

ヒップアップのエクササイズをする

お尻を小さくする方法の3つ目は、ヒップアップのエクササイズをすることです。お尻の筋力が低下して、全体的に垂れてしまったことで、お尻が大きくなった場合は、お尻の筋肉を鍛えれば、引き締まった小さなお尻にすることができるはずです。

 

 

<ヒップアップエクササイズのやり方>

1.うつぶせに寝る

2.お尻を締める

3.片方の足をつま先までピンと伸ばして上がるところまで上げる。

4.もう片方の足を同じように上げる

5.片方の足を20秒~30秒くらいずつ行う

 

これなら、普段運動習慣がない人でも、簡単に行うことができますよね。少し余裕のある人は、次のエクササイズもやってみましょう。

 

 

バックステップランジは、ヒップアップ効果がありますので、余裕がある人はやってみましょう。筋力をつけると、ヒップアップでお尻が小さくなるだけでなく、基礎代謝が上がりますので、痩せやすい体になることができます。

 

お尻を小さくしたい人は、ヒップアップのエクササイズをして、きゅっと引き締まったかっこいいお尻を目指しましょう。

 

 

有酸素運動をする

74fa3396f049c00fbbbbeea4979328fe_s

 

お尻を小さくしたい人は、有酸素運動をすることも大切です。太って脂肪がついてしまったお尻は、脂肪をしっかり落としてあげないと小さくなりません。お尻を小さくするためには、普通にダイエットをすることも大切なのです。

 

お尻の脂肪を落とすためには、有酸素運動をしましょう。有酸素運動をすると、脂肪をエネルギーに変えてくれるので、脂肪を燃焼することができるのです。

 

有酸素運動は次のようなものがおすすめです。

・ウォーキング
・ジョギング
・ランニング
・水泳
・踏み台昇降
・エアロビクス
・アクアビクス
・サイクリング

このような運動を20分以上続けると、脂肪の燃焼効率が上がりますので、できれば20分以上続けるようにしましょう。ただ、20分以内でも、脂肪は燃焼しますので、できる範囲で有酸素運動を始めましょう。

 

 

お尻のリンパマッサージをする

a02a213c44bc1560118f3b7024acaa40_s

 

お尻を小さくする方法、次はお尻のリンパマッサージをすることです。太ももからお尻のリンパを流してあげることで、むくみを解消することができますし、脂肪が燃焼しやすくなるのです。

 

お尻のリンパマッサージのやり方は、次の動画を参考にしてください。

 

 

<お尻のリンパマッサージのやり方>

1.両手をこぶしで握ってお尻に当てる

2.そこから斜め上にV字にお尻を5回さする

3.そのままお尻をぐるっと1回転するように5回さする

4.片足を踏み出して、太ももの裏を膝上から足の付け根まで5回さする

5.もう片方の足も同じように行う

 

このリンパマッサージは、血流が良くなったお風呂上りに行うと、より効果的です。

 

 

冷え性を治す

7a376adc7d9e9cf7958aeacdb847188a_s

 

お尻を小さくする方法、次は冷え性を治すことです。冷え性の人は、体の代謝が低下していて、太りやすい体質になっているため、冷え性を治すことで、痩せやすい体になることができるのです。

 

痩せやすい体になれば、お尻の脂肪が燃焼して、お尻を小さくすることができますよね。冷え性を治すためには、次のことを心がけてください。

・冷たい飲み物、食べ物を避ける
・体を温めるものを食べる
・入浴は湯船に入る
・夏でも冷房が効いた中では1枚羽織る
・冬はオシャレより保温性重視

このようなことを心がけると、冷え性を改善して、少しずつお尻も小さくなるはずです。

 

 

正しい歩き方を意識する

high-heels-2184095_640 (1)

 

お尻を小さくするためには、正しい歩き方を意識することも大切です。間違った歩き方をしていると、お尻がたるんで大きくなります。

 

逆に、正しい歩き方をしていると、お尻の筋肉をきちんと使って歩くことができますので、ヒップアップ効果が高くなり、お尻を小さくすることができるのです。

 

正しい歩き方とは、かかとで着地をして、つま先でけりだすようにする歩き方です。このとき、できるだけ大股で歩くようにしましょう。そうすることで、お尻の筋肉を鍛えることができます。

 

また、階段を上るときには、つま先だけで上る人が多いですが、きちんとかかとで着地して上るようにしてください。

 

ヒップアップのためには、できればヒールの高い靴を履きたいですね。ヒールがある靴を履くと、それだけ太ももやお尻の筋肉を使いますので、お尻を小さくすることができるのです。

 

 

まとめ

お尻が大きい原因とお尻を小さくする方法をまとめました。お尻が大きいと悩んでいる人は、ただ単に太っているだけではなく、骨盤が歪んでいる可能性が高いので、骨盤を矯正するようにしましょう。また、お尻の筋肉を鍛えることも大切です。

 

そうすれば、キュッと引き締まったきれいなヒップラインのお尻になることができますよ!

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

%e4%b8%8b%e5%8d%8a%e8%ba%ab%ef%bc%91

下半身痩せダイエット4つの方法・太くなる原因まとめ【洋ナシ体型から脱却しよう!】

下半身が太っていると体全体のバランスが悪く服装も楽しめないですが下半身に効果のある食事や運動によりスリムな下半身が手に入ります。 

obesity

ウエスト・お腹痩せダイエット方法!ぽっこり肉付く原因も徹底解説!

ウエストなどのお腹周りは、少し食べただけでもすぐお肉がつきやすいと思いませんか。薄着の季節などはお腹がぽっこりしているということも、誰もが経

AdobeStock_74121635

セルライト対策にはエステがおすすめ!機械4種類の特徴&効果まとめ

見た目が悪くなるセルライトですが除去するのはセルフケアでは難しいため、エステでの施術が効果的です。  今回はセルライトができる原因

二の腕

二の腕痩せダイエット!即効で細くする方法や太い原因を徹底解説【動画あり】

二の腕は、太くなりやすく痩せにくい場所として有名な部位です。  この記事では、二の腕の太くなりやすく痩せにくい原因やダイエット方法(根本的な

1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

痩せたい部位&部分別ダイエット方法まとめ【ランキングTOP5】

ダイエットをしたい女性は、とにかく体重を落として細くなりたいと願っていると思います。でも、人それぞれ「特にこの部位を痩せたい!」と特定の部位

関連する記事②

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寒天ダイエット5つの効果・正しい方法まとめ【ゼラチンとの違いも解説】

寒天はカロリーがほとんどなく食物繊維も豊富に含まれていてダイエット食材の王道とも言えますが、ゼラチンとは全く異なる物なので注意が必要です。&

ミルク1

スキムミルクは危険?効果やカロリー・ダイエットの方法5選まとめ

スキムミルクは、栄養価が豊富でカロリーも低く、ダイエットにも効果的とされている食品です。牛乳の代用にもなるんだとか。  今回はスキ

%e8%82%89%ef%bc%92

【焼肉】肉ダイエット5つの効果・成功の方法まとめ!太ることもなく痩せた口コミが多い?

一見ダイエットには不向きに見える肉ですが、脂肪燃焼を促進する成分が含まれておりダイエット効果が期待できる上、食欲も満たせる嬉しい食材です。

18

お腹痩せダイエット方法15選【即効1週間】基本・食事・運動編に分けて紹介

ぽっこりお腹解消のためにダイエットしたいけどハードな食事制限や運動は無理…という方でもできるダイエット方法があります。  今回は難

49ead_1441_456976f4_3b8e441b

あびる優の体重・身長・ダイエット法!産後に痩せた3つの秘訣まとめ【妊娠で太った画像あり】

くっきりした目鼻立ちと、小悪魔的な可愛さで人気のあびる優さん。  2015年5月には第1子となる女の子を出産され、その後見事にダイ

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。