ハイヒール2

ハイヒールで美脚に?ダイエット効果と方法【歩き方や姿勢がポイント】

ハイヒールダイエットの情報をお探しですか?

 

ハイヒールを履いて歩くことは美脚になるのでしょうか?それともだいこん足になるもとでしょうか?いろんな説があって、賛否両論のハイヒールですが、歩き方や選び方、ケアの問題のようですよ。

 

今回はそんなハイヒールダイエットについてご紹介します。

ハイヒールダイエットとは 

ハイヒール1

ハイヒールダイエットとは、ハイヒールを使ってスリムを目指すダイエット方法です。ハイヒールを履いて歩くわけですが、歩けない!痛い!疲れる!などいろんな意見がありそうですよね。逆に、脚が鍛えられそう!小股が切れそう!かっこいい!なんて意見もあるようです。

 

いろいろ調べてみたところ、物は使いようで、ハイヒールも使いようのようです。ハイヒールを履いて、キュッと引き締まった足首にアンクレットなんかつけて、タンタンタンッとリズミカルに歩けたら、かなり大人で素敵ですね。大人のおんなを目指しながらダイエットに励むのもモチベーションが上がって良さそうです。詳しくご紹介しましょう。

 

 

ハイヒールダイエット4つの効果

ハイヒール2

 

まずはハイヒールダイエットの効果についてみていきましょう。意外にたくさんの効果があるのですよ。まとめてみました。

 

①普段使わない筋肉を鍛える

ハイヒールを使って歩くことは、普段とは違う歩き方、重心のとり方、脚の使い方、をすることになります。このため、ハイヒールを履いて歩くだけで、普段あまり使わない脚の筋肉のトレーニングをすることができます。普段使わない部位には脂肪が付きやすく、すでに蓄積されている可能性もありますが、そんな部位(特に脚の)をすっきりさせることができます。また、脚に適度に筋肉が付くことによって、痩せやすく、美脚になりやすい体質になれます。

 

②特に内ももとお尻の引き締め効果

ハイヒールを履いて歩くと、特に内ももとお尻を引き締めることができます。これはハイヒールならではのメリットといえるようです。この内ももとお尻は普段なかなか痩せられない場所なので、とても大きな効果と言えるでしょう。

 

③姿勢がよくなる

ハイヒールを履いて歩くと、ぺったんこ靴を履くときよりも、姿勢に気を付けるようになります。具体的には腹筋と背筋も使うそうです。モデルがランウェイを歩くときもそうですが、歩く姿勢はとても美しいですよね。意識的に歩くことでクセを矯正し、美しい姿勢ができるようになります。

 

④歩き方も綺麗になる

ハイヒールを履いて歩くことで、歩き方にも気を付けるようになります。歩き方に変な癖がついているかどうかは、靴の減り具合で分かるそうです。外側が減っている場合はO脚、内側が減っている場合はXO脚の可能性が高いそうです。意識的に歩くことで、歩き方を矯正することができます。

 

 

ハイヒールダイエットの正しい方法

ハイヒール3

 

ハイヒールダイエットの具体的な方法について見ていきましょう。ポイントは2つあって、歩き方と姿勢です。これさえマスターすれば、かなり有効なダイエット方法と言えるようです。なにしろ歩くだけで痩せる&美脚になる「ながらダイエット」ですので、時間もコストも節約することができ、最大限の効果が得られるでしょう。ポイントについてまとめてみました。

 

①姿勢について

姿勢はもちろん正します。王族になったような気分で優雅に堂々と歩くことをイメージしましょう。このときに、腹筋と背筋を使うことを意識すると良いそうです。日ごろから筋トレをしておくのも良いです。一流のファッションモデルは、ヒールウォーキングのために常に腹筋と背筋を鍛えているそうです。

 

②歩き方について

良い歩き方を身に着ける簡単なコツが3つあります。1つ目は、膝をしっかり伸ばして歩くことです。チョコチョコ歩き防止になります。2つ目は、親指側に重心をかけるように意識して歩くと良いそうです。3つ目は、なんとつま先を30度の角度に開くことを意識すると良いそうです。これでがに股にならないのですね。意識するだけで内股歩きを矯正することができるそうです。

 

 

ハイヒールの選び方

ハイヒール4

 

ハイヒールの選び方についても見ておきましょう。ぺったんこ靴やスニーカーと違って、選ぶのも大変そうなハイヒールですが、ポイントがあるようです。まとめてみました。

 

①履いた時にかかとが脱げないハイヒールを選ぶ。

②脚を伸ばしながら立ち上がった時に、膝がくっつくハイヒールを選ぶ。

③歩いたときに、地面をけった際に脱げないハイヒールを選ぶ。

④購入する際は、午前中に買いに行かない。

⑤安すぎるハイヒールは買わない。

 

 

ハイヒールについての工夫 

ハイヒール5

 

ハイヒールについての工夫も見ておきましょう。いろいろ小技があるようで、大人の女性になる近道のようです。まとめてみました。

 

①インソールを活用する

ヒールが高くなればなるほど、傾斜のせいで歩きにくくなるそうです。そんな場合は滑り止め用にインソールを活用しましょう。ハイヒールの中にインソールを入れておくことで、ずり落ちにくくなり、歩きやすくなるそうです。

 

②化粧用のコットンを活用する

足の指がどうしても痛くなる場合、化粧用のコットンが大活躍するそうです。コットンに両面テープを使って、土踏まずのあたりに貼っておきます。これだけでつま先にかかる体重を拡散して、足の指が痛くなくなるそうです。

 

③ストレッチをする

ヒールウォーキングをすると脚が痛む、疲れるという場合、ストレッチが有効です。つま先立ちをして、かかとを上下させるだけで良いです。20回程度行うと、痛みが緩和されてスムーズに歩けるようになるそうです。

 

 

ハイヒールを履いて歩いた後のケア

ハイヒール6

 

ヒールウォーキング後に行うべきケアについても見ておきましょう。脚に負担がかかるため、ケアは必須のようですよ。まずはストッキングを脱いで、脚を引き締め状態から解放します。その後、足首を念入りに回しましょう。

 

また、脚の指を使ってじゃんけんをするのも効果的です。足の指でタオルをつかむ練習をするのも良いそうです。最後は、クールダウンです。冬場は室温でよいですが、夏場は水シャワーを脚にかけたり、湯船に水を少し張って脚をひたして冷やしたりすると良いそうです。

 

 

ハイヒールダイエット2つの注意点

ハイヒール7

 

ハイヒールダイエットの注意点について見ていきましょう。ハイヒールを常用すると脚が太くなる、と言われるように、逆効果になることもあるようです。基本的なものをまとめてみました。

 

①正しい歩き方で歩く

一番大切なことは正しい歩き方をすることだそうです。ハイヒールを履いて、変に癖のある歩き方をしていると、余分なところに筋肉が付き、場合のよってはだいこん脚になるのだとか。これってイメージしやすいですね。サリーちゃんのような寸胴脚にはなりたくないものです。動画などで正しい脚の運び方などを覚えてから行うと良いでしょう。

 

②きちんと脚を休ませる

ヒールウォーキングはある種の筋トレみたいなものなので、クールダウンが必要だそうです。歩いているだけでトレーニングになるのは一石二鳥で良いですが、休ませてあげることも必要なのですね。場合によっては、毎日でなく、数日おきに履く、または週末はヒールを履かないなど工夫するのも良さそうです。今までヒールウォーキングをしていなかった人が行うと、ぐったりと疲れて、熟眠できるほどだそうなので、かなりの負担になっているようです。特に夏場はきちんと休ませてあげましょう。

 

 

ハイヒールダイエットの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

少々難易度が高そうですが、ヒールウォーキングが上手にできるようになったら、脚も痩せそうだし、生活面でも楽しみが増えそうですよね。気分的にも高揚しそうです。

 

ライフスタイルやお付き合いするお相手までグレードアップするかも?トライして損のないユニークダイエットのようです。

 

ただしある程度時間はかかりそうなので、ゆったり気分で行うと良いでしょう。

 

ぜひチャレンジしてスリムを目指してくださいね。

 

以上、ハイヒールダイエットについてのおまとめでした。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

%ef%bc%91

ダンベル3つの効果と使い方・口コミ・おすすめ商品まとめ

ダイエットにダンベルを使われたことってありますか?  なかなかダイエット効果のあるお手軽グッズなのです。1キロのものなら100円シ

%ef%bc%93%ef%bc%91

フィギュアロビクスの効果・やり方・口コミ【チョンダヨン韓国式ダイエット】

チョンダヨンさんのフィギュアロビクスに興味はありますか? 韓国で大ブームを巻き起こしたモムチャンダイエットのチョンダヨンさんですが

%e3%83%9c%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%91

ボニックの効果と使い方!痛いという口コミ多数【タレントブログでも人気の商品】

ボニックってご存知ですか?  タレントさんのブログでも人気だそうで、ツイッターを見てもたくさん出てくる商品です。1人のタレントだけ

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba%ef%bc%91

コアビーンズ4つの効果・使い方・口コミ【下腹痩せダイエットグッズ】

コアビーンズってご存知ですか?  下腹部をピンポイントで刺激して、引き締め効果を狙うダイエットグッズです。クッションみたいな、でも

%ef%bc%94

Eグローブシェイプ3つの効果・使い方・口コミ【EMS手袋でダイエット】

Eグローブシェイプってご存知ですか?  簡単に言うと、複合波EMSがついた手袋式のダイエット器具なのです。これをはめて、気になる部

関連する記事②

%e3%82%ad%e3%82%a6%e3%82%a4%ef%bc%91

【低カロリー】キウイダイエット4つの効果・食べ方まとめ【朝または夜!効果UPの秘訣あり】

キウイはお好きですか?  おいしくて、色鮮やかで、イメージもおしゃれですよね。食べるのも2つに切ってスプーンですくって食べればいい

66f9ce3e72a85f7d474c3fec514413af_s

ダイエット中の体重測定のタイミング・時間はいつが良い?【朝トイレに行った後】

ダイエット中は体重測定をしなければいけません。体重を落とすためにダイエットをしているのですから、どのくらい落ちたかチェックする必要があります

trick-or-treat-247293_960_720

餅のカロリーは?太る理由とダイエット中の食べ方&おすすめレシピをご紹介

お正月はもちろん、おやつとしても人気の餅ですが、ダイエットをしていても食べられるのかどうか気になりますよね? 今回は餅のカロリーや

salad-374173_960_720

スローカロリーとは?ダイエット方法・食品一覧やレシピまとめ

スローカロリーという言葉を知っていますか? 「ノンカロリー」や「ローカロリー」という言葉はよく見かけますが、スローカロリーについて

breakfast-848313_640

生理前に食欲が増す理由&暴飲暴食を防ぐ方法8選まとめ

生理前に食欲が増して、暴飲暴食をしてしまうという女性は多いですよね。生理前になると、甘いものが食べたくなって、暴飲暴食をしてしまうのはなぜな

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。