OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もち麦ダイエットの効果・正しいやり方・メリットデメリットまとめ【便秘も肌荒れも解消!】

もち麦というと、懐かしい!と思われる方もいる一方、食べたことがない…という方もいるでしょう。実際に食べてみると、ごはんにモチモチ食感が加わって、ちょっと面白くも感じられるはずです。

 

正しいやり方や注意点、痩せる仕組みをマスターして、ぜひ今日から実践してみてくださいね!

 

もち麦とは

 

 

そもそも、もち麦は大麦の一種です。大きめの粒でモチモチして食べやすいことで知られています。白米と比べるとちょっと独特な香りがあることも特徴。でも、きちんと正しい方法で炊くことができれば、美味しく食べられる方が多い食材です。

 

もち麦には白米と比べて20倍もの食物繊維が含まれています。この食物繊維の中に、ベータグルカンという成分が含まれているのも特徴。ガン細胞などを撃退するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きがあることで知られている成分です。

 

このおかげで、免疫力をアップさせたりアレルギーを予防したりする効果があることがわかっています。

 

この他にも、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル類、抗酸化作用の高いポリフェノール、日々の元気を支える鉄分もたくさん含まれています。まるで野菜のような栄養を含んでいる穀物なのです。

 

カロリーは150gあたりで198kcal。白米は150gで252kcalなので、少し低く抑えられます。

 

 

もち麦ダイエットで痩せられる3つの理由

 

・食べ応えはばっちりなのに、ご飯より低カロリー

・食物繊維豊富で、腸内環境を改善!

・ベータグルカンが血糖値の上昇を抑える

 

もち麦がもともと持っているパワーを上手に活かして、血糖値の上昇を抑えて太りやすい状態を解消。そして腸内環境を改善しながらカロリーカットができるから痩せられる、という仕組みです。

 

さらに、研究が進められたおかげで、腸内環境を改善すると通称「デブ菌」と呼ばれる細菌を減らすことができ、自然と痩せられるようになるということもわかってきました。

 

 

もち麦ダイエットの4つのメリット

 

 

・しっかり便秘が解消された

・ウエストがすっきりした!

・いつも通りの食事ができるのでストレスが少ない

・肌がツヤツヤになった

 

もち麦は野菜のような栄養が豊富な穀物なので、便秘や肌荒れに役立つことが多いようです。ウエストがすっきりしやすいのもきっと、腸内環境が改善されるおかげでしょう。

 

アレンジをしておかゆにしたりもち麦だけを食べるようにしていると、ストレスがたまって無理だったという口コミも多いです。基本はやはり普通の食事の白米をもち麦ごはんに変えることです。焦って自己流に走ったりせず、ゆっくり確実にダイエットしていきましょう。

 

 

もち麦ダイエットのやり方

 

もち麦ダイエットの正しいやり方は、1日2回(2膳)もち麦ごはんを食べるだけ、です。

 

基本的には朝と昼に食べるのが良いとされていますが、タイミングが悪ければ朝と夜、昼と夜という食べ方でも構いません。しっかりよく噛んで食べることで効率良く吸収できるので、ゆっくり食べることも意識してきましょう。

 

 

もち麦ごはんの作り方

 

 

もち麦ごはんは基本的にお米7に対してもち麦3です。

 

・お米3合を洗って水加減を調節

・そこにもち麦50gを入れる

・入れたもち麦の量の2倍量の水を入れる(この場合は100ml)

・あとは炊飯器のスイッチを入れるだけ

 

ポイントは、もち麦の2倍量の水を入れること。これだけ注意すれば、きちんともちもち食感のもち麦ごはんを作ることができます。

 

 

料理のトッピングに使うのもOK

 

 

もち麦は味は薄めでお米ほどのクセもないので、ごはんに入れるだけではなく料理のトッピングに使って食べてもOKです。

 

料理のトッピングに使うときは、たっぷり沸かしたお湯が入った鍋で15分ほど茹でると良いです。ザルで水切りして食べましょう。まとめて作って冷凍して置いておくこともできます。

 

ヨーグルトの上にトッピングしたり、チョップドサラダの食材にするのも美味しいです。ミネストローネなどのスープに一緒に入れたら腹持ちを良くできるので、ダイエットにぴったりのスープをつくれます。お昼ごはんはもち麦入りスープにしてしまうのも良い方法でしょう。

 

 

もち麦ダイエットの3つの注意点

 

もち麦ダイエットを成功させるためには、食べる量をきっちり守ることが重要です。カロリーが低いとはいえ、もち麦も糖質の高い炭水化物のひとつです。食べ過ぎると逆に太る原因にもなります。

 

・もち麦ごはんを作るときはきちんと計量する

・食べ過ぎないようにしっかりよく噛んで食べる

・高カロリーな食べ合わせはできるだけ避ける

 

もち麦はいろいろな食材にトッピングすることでも食べられますが、アイスやあんこなどと組み合わせていては、効果も半減します。基本的にはバランスのとれた野菜中心の食生活へシフトすることも必要です。

 

 

もち麦の購入場所

 

出典:http://ameblo.jp

 

普段なじみのないもち麦ですが、実はスーパーで売っていることが多いです。お米コーナーの片隅に押麦などと一緒に並んでいます。ただ、テレビなどで紹介されているため、品薄状態が続いているお店もあるんだとか。

 

そんな場合には、楽天やアマゾンなどの通販を利用していきましょう。こちらであれば、大量のまとめ買いもできるし、有機栽培されたものなどこだわりのもち麦を手に入れることも可能です。

 

健康系のカフェなどではもち麦ごはんを食べられるところもあります。プレートランチはもちろん、もち麦ごはんはカレーにも合います。外食でももち麦ごはんをどんどん開拓していってみてくださいね。

 

 

まとめ

 

もち麦ダイエットは、上手にできれば2週間でも効果が期待できるダイエット方法です。ただもち麦を食べるだけのシンプルな方法なのに、口コミでは2週間で5キロ痩せた!という方もいるようです。

 

大切なのは、よく噛んで食べすぎを防ぐこと。もち麦が持つパワーをしっかり活かして、上手にダイエットしていきましょう!

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

86a6d36e68f81e7140ab2c70f09ccbbb_t

モスバーガーは太る?低カロリーメニュー6選やダイエット中に食べる3つのポイントまとめ

モスバーガーは、「太る」イメージから食べるのに抵抗がある人もいるかもしれません。 今回はモスバーガーのカロリーをはじめ、ダイエット

hamburger-2201748_960_720

マクドナルドは太る?低カロリーメニュー5選やダイエット中に利用するポイントまとめ

ファーストフード店の代表格でもあるマクドナルドですが、太るイメージがありカロリーが気になる人も多いのではないでしょうか。 今回は、

carrots-1508847_640

人参寒天ダイエットの効果・方法・レシピまとめ【低カロリーで食物繊維豊富!】

にんじん寒天というものを知っているでしょうか。 最近は色々な寒天を活用したレシピが多くなり、その中の一つににんじん寒天というのがあ

diet0009

チアシードでダイエット!本当に効果的な食べ方まとめ【成功のコツを公開】

便秘解消の効果などで広く注目されるようになったスーパーフードの1つであるチアシード。水を吸って膨らむ上、食物繊維やアミノ酸、亜鉛やカリウム、

delicious-food-love-photo-favim-com-4752632

サラダダイエットで痩せる理由は?成功の秘訣まとめ【夜ご飯を野菜に置き換え!】

サラダダイエットは、ナイナイの岡村さんが成功したダイエットとして、テレビから一気に人気になったダイエット方法です。 これも置き換え

関連する記事②

2

青パパイヤ酵素ダイエット5つの効果・やり方・口コミまとめ

青パパイヤ酵素ダイエットについての情報をお探しですか? ネットで検索すると青パパイヤのサプリメントがたくさんヒットするのですが、沖

なす3

なすダイエットの効果・カロリー・レシピまとめ【口コミもご紹介】

なすダイエットの情報をお探しですか? なすをお好きな方は多いと思いますが、なすは低カロリーで、しかも94%が水分だそうです。いろん

%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%ef%bc%91

エアロバイク4つの効果・使い方・口コミ【おすすめ人気商品も紹介】

エアロバイクって使われたことありますか?  定番のダイエット器具ですよね。テレビを見ながらでも本を読みながらでも有酸素運動ができま

yogurt-550x367

玉ねぎヨーグルトダイエットの効果4つと食べ方!痩せた口コミも紹介

激ヤセできると話題の「玉ねぎヨーグルトダイエット」で効果を得るには正しい知識と方法が必須です。 今回は玉ねぎヨーグルトの効果、レシ

ギャル4

ギャル曽根のダイエット法3選!身長と体重・太らない秘訣を徹底紹介!

大食いタレントとして大人気のギャル曽根さんは、出産後に10キロの減量をするなどダイエットもされています。自身の書かれたダイエットレシピ本で痩

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。