noodles-516635_640

糖尿病患者の糖質制限ダイエットは危険!?5つの問題点

糖質制限ダイエットが流行しています。糖質制限ダイエットは簡単に、しかも健康に痩せることができるとされているからです。でも、糖質制限ダイエットにも問題点はあります。

 

糖質制限ダイエットは間違った方法で行うと危険なこともあるのです。特に糖尿病の人は、命にかかわることもあるので、注意が必要です。

 

糖質制限ダイエットの危険性や問題点、正しいやり方、糖尿病患者さんが行う時の注意点をまとめました。

糖質制限ダイエットとは?

noodles-516635_640

 

糖質制限ダイエットとは、糖質の摂取を制限するダイエットのことです。糖質とは、炭水化物から食物繊維を抜いたものですね。

 

・炭水化物=糖質+食物繊維

 

つまり、炭水化物を制限すれば、糖質制限ダイエットになるということです。ご飯やパン、麺類、砂糖類などを摂らないようにします。

 

糖質制限ダイエットの最初の提唱者であるアメリカの医師のロバート・アトキンスは、通常1日に200~300g摂る糖質を、20~40gに制限すれば、あとは何を食べても良いと説明しています。

 

この「糖質さえ制限すれば、あとは制限する必要がない」という手軽さが人気を呼んで、日本でも糖質制限ダイエットを行う人が増えました。

 

 

糖質制限ダイエットが痩せる理由

52d57b26bab0c6c2ff01bb6fa7f70588_s

 

糖質制限ダイエットが、なぜ健康的に痩せられるかというと、血糖値が関係しているからです。糖質を制限すれば、血糖値は上がりにくくなります。

 

通常、糖質を食べると血糖値が急上昇して、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。インスリンは、血液中の糖と結合して、脂肪細胞に中性脂肪として取り込まれるのです。

 

つまり、血糖値が上がると、中性脂肪が溜まりやすくなるんですね。糖質制限ダイエットは、血糖値が上がりにくいので、脂肪が溜まりにくくなるというメリットがあります。また、糖質を制限すれば、カロリーオフにもなります。

 

また、糖質はエネルギー源になりますが、その糖質を制限することで、もう1つのエネルギー源である脂肪が燃焼しやすくなります。

 

そして、インスリンの分泌量が減りますので、インスリンを分泌する膵臓が疲弊しないというメリットもあり、糖尿病になりにくいのです。

 

 

糖質制限ダイエットの危険性や問題点

糖質制限ダイエットはダイエットできて、糖尿病も予防できるというメリットがありますが、残念ながらメリットだけではありません。糖質制限ダイエットには危険性や問題点もあるのです。

 

 

筋肉量が低下する

1735c447dcadc91942698466d1502c5f_s

 

糖質制限ダイエットの問題点の1つ目は、筋肉量が低下することです。糖質を制限すると、どうしても体はエネルギー不足になります。

 

そうすると、脂肪が燃焼しやすくなるというメリットはあるものの、同時に筋肉も落ちていくんです。

 

筋肉にはアミノ酸が蓄えられています。エネルギー不足になると、筋肉を分解してアミノ酸を放出し、そのアミノ酸を肝臓で糖に作り変えて、エネルギーにするのです。

 

そのため、糖質制限ダイエットをしていると筋肉量がドンドン低下していってしまいます。

 

 

低血糖になる危険性

6d4fd4d89051a194900f4627d5820f45_s

 

糖質ダイエットの問題点の2つ目は低血糖になる危険があることです。脂肪やたんぱく質も血糖値を上昇させる栄養素ですが、やはり糖質が一番血糖値を上げやすいのです。

 

血糖値は上がりすぎると健康に悪いですが、低くなりすぎても問題です。私たちの身体は、血糖値が下がり過ぎないようにコントロールされていますが、それでも糖質の摂取が少なすぎると、低血糖になる危険が出てくるのです。

 

 

食物繊維が不足しがち

0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s

 

糖質制限ダイエットをすると、食物繊維が不足する可能性があります。糖質制限ダイエットをするということは炭水化物を制限するということですね。

 

炭水化物は糖質+食物繊維ですから、炭水化物を抜けば食物繊維の摂取量も不足しがちになるんです。

 

食物繊維が不足すれば、便秘になり、腸内環境が悪化してして、健康に悪影響が出てきてしまいます。

 

 

ストレスで挫折する

1c846e7a900e6ea9c0ad21dfc29ec8cc_s

 

糖質制限ダイエットをすると、糖質を食べられないストレスで、ダイエットを挫折する可能性があります。

 

甘いものを食べると、幸せな気分になりますよね。あれは、砂糖などの糖質を摂取することで、脳内でドーパミンなどの快楽を感じる物質が放出されるので、幸福感を味わえるんです。

 

糖質制限ダイエットは、甘いものを食べることができませんので、幸福感を安易に味わうことができず、イライラしてしまい、ストレスを感じてダイエットを挫折する可能性が高くなります。

 

 

  • 肉や脂肪を摂りすぎる

chicken-583761_640

 

糖質制限ダイエットは、糖質を制限すれば、あとは何を食べても良いというダイエット方法になりますので、肉類や脂肪が多い食べ物を食べ過ぎてしまう可能性があります。

 

「糖質を制限しているんだから、良いかな?」と感じて、肉をガンガン食べてしまうと、いつの間にかカロリーオーバーになっていることがあります。

 

しかも、動物性脂質を摂りすぎると、中性脂肪や悪玉コレステロールが増えて、動脈硬化を引き起こし、心疾患や脳卒中の原因になってしまうんです。

 

 

糖質制限ダイエットの正しいやり方

3c0f982fc090afe1e2126b550e1d57ba_s

 

糖質制限ダイエットをする時には、必ず正しいやり方で実践しなければいけません。糖質制限ダイエットをする時には、次の5つのことを守って行いましょう。

 

1.糖質は完全カットせずに、いつもの半分程度は食べる

2.カロリー計算をして食べ過ぎないようにする

3.栄養のバランスの取れた食事を摂る

4.野菜や海藻類から食物繊維をたっぷり摂る

5.筋トレをして筋肉量を落とさないようにする

 

これらの5つの項目を守って糖質制限ダイエットを行えば、安全にダイエットをすることができるはずです。

 

 

糖尿病の人の糖質制限は命にかかわることも!

7fe95c61da95003b68ac4cca2fb6b762_s

 

糖質制限ダイエットは、メリットだけでなく問題点もあって、間違ったやり方で行うと危険なこともあります。ただ、健康な人は正しいやり方で行えば、安全にダイエットをすることができます。

 

問題は糖尿病の人です。糖質制限ダイエットは、糖質を制限しますので、血糖値が上がりにくくなり、膵臓を保護することができますので、糖尿病の人にとってはとても魅力的なダイエット法に見えると思います。

 

ただ、糖尿病の人が自己判断で糖質制限ダイエットをするのは、おすすめできません。なぜなら、低血糖になる可能性があるからです。

 

糖尿病の治療をしている人は、血糖を下げるための内服薬を服用したり、インスリンを注射している人がいると思います。そのような人が糖質制限ダイエットをすると、一気に血糖値が下がって低血糖を起こす可能性があります。

糖質制限食は開始直後から効果があるため、 経口血糖降下剤内服やインスリン注射をしている人は 低血糖発作を起こす可能性があります。 

 

引用:高雄病院の糖尿病治療(糖質制限食) | 漢方・アトピー・糖質制限食糖尿病治療(京都・病院)

低血糖になると、意識障害が起こって、最悪の場合は命を落とす危険もあるのです。

 

また、糖質制限ダイエットをしていると、カロリーや栄養を補うために、高タンパクの食事になります。でも、糖尿病の人は、高タンパクの食事はNGなんです。

 

糖尿病になると、腎機能が低下します。糖分の濃度が高いドロドロの血液をろ過しているために、腎臓に負担がかかっているからですね。

 

その状態で高タンパクの食事を摂ると、さらに腎臓に負担をかけることになりますので、腎不全を招く可能性すらあるのです。

 

そして、日本糖尿病学会は、極端な糖質制限を薦めてはいません。

総エネルギー摂取量を制限せずに、炭水化物のみを極端に 制限して減量を図ることは、その本来の効果のみならず、長期的な食事療法としての遵守 性や安全性など重要な点についてこれを担保するエビデンスが不足しており、現時点では 薦められない。

 

引用:日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言 ~糖尿病における食事療法の現状と課題~:日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society

そのため、糖尿病患者が安易に糖質制限ダイエットをするのは、危険なこともあるのです。

 

 

糖尿病の人は医師の指示に従って糖質制限を!

18ec0f9459bf1959b294a86dbfbdfce5_s

 

それでも、糖尿病の人にとって糖質制限ダイエットは、とても魅力的なダイエット方法に映りますし、実際に糖尿病の人が糖質制限ダイエットをすることで、糖尿病が改善したというケースも多々あります。

 

もし、糖尿病の人が糖質制限ダイエットにチャレンジするなら、必ず主治医に相談するようにしてください。

 

そして、どのくらい糖質を制限すべきなのか、医師の指示に従って、糖質制限ダイエットをするようにしましょう。そうすれば、糖尿病の人でも危険なく安全に糖質制限ダイエットをすることができて、糖尿病を改善できるはずです。

 

 

まとめ

糖質制限ダイエットの危険性や問題点、糖尿病の人が糖質制限を行う時の注意点をまとめました。糖質制限ダイエットはメリットだけではなく、健康に悪影響が及ぶこともありますので、正しいやり方で安全に行うようにしてください。

 

特に、糖尿病の人は「糖尿病が簡単に改善できる」と思って、安易に自己判断で糖質制限ダイエットを行いがちですが、糖尿病の人は必ず主治医に相談してから、糖質制限ダイエットを行うようにしましょう。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

adult-19033_640 - Copy

鼻毛が長い4つの原因&正しい処理方法まとめ【鼻の毛を抜くのはNG!】

鼻毛が鼻の穴から出ていると、ただそれだけで恥ずかしい気持ちになりますよね。どんなに高い洋服を着て、きちんとメイクをして、ヘアスタイルを整えて

03f467ce76d5db64e25711ed506be302_s-300x200

注意欠陥多動性障害(ADHD)の原因・特徴・治療法!仕事はどんなものが向いているかも徹底解説【チェックリストあり】

注意力が散漫で、ジッとしていられない、人付き合いが苦手などの症状がある人は、注意欠陥多動性障害(ADHD)かもしれません。   注

bebe-1910305_640

生理前症候群と妊娠初期症状の違い&4つの見分け方まとめ

妊活中の女性は、毎月生理予定日が近づくと、「妊娠しているかな?」とドキドキすると思います。 でも、妊娠初期症状と生理前症候群(PM

2085802da76f398c7a862d24a9e9e95c_s

男性の中年太りの原因は?ぽっこりお腹解消ダイエット法まとめ【対策は7つ】

男性が中年太りをすると、お腹がポッコリと出てしまって、何とも悲しい体型になってしまいますよね。男性の中年太りは、生活習慣病のリスクを上げるも

a6655b82d4fadc30eb2ff0f17e36d7fa_s

生理前のイライラの原因&9つの解消法まとめ【情緒不安定を改善】

生理前になると、なんだかイライラしてしまって、ちょっとのことですぐに怒ったり、彼氏や旦那さんに八つ当たりしたりする人はいませんか。 

関連する記事②

%ef%bc%94

ランニングのダイエット効果を高める5つの方法・注意点【時間帯は朝がベスト!】

ランニングに興味はありますか? シューズがあればどこででもできるお手軽ダイエットの定番ですよね。これが昇華するとマラソン大火に出場

49bb1f23dac783b9f4d2fcb744acb53c_s

【贅肉撃退】脇腹ダイエットの効果&筋トレ方法3選まとめ【動画解説あり】

「最近、脇腹の贅肉が気になる」という人はいませんか?脇腹にまるで浮き輪のように贅肉がついてしまっていて、くびれなんて一切ない!という人は、筋

green-422995_960_720-480x322

酵素青汁ダイエット効果的な飲み方!口コミと人気おすすめ商品3選も徹底紹介

青汁は美容・健康効果の高い健康食品です。様々なタイプの青汁が販売されていますが、今回は酵素入り青汁の魅力を紹介していきます。 ダイエットに良

65d3a36d-s

あーりん流ダイエット!佐々木彩夏の体重・身長・激痩せた方法まとめ

「ももいろクローバーZ」のあーりんこと佐々木彩夏さん。かわいい彼女ですが体型の変化が度々話題になりますよね。 この記事では、以前激

2638_2

吹石一恵のダイエット方法は?身長・体重・スタイル維持法まとめ

2015年9月に、シンガーソングライターの福山雅治さんとの結婚を発表した女優の吹石一恵さん。ユニクロのTVCMで披露した美しいスタイルは、世

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。