nature-1648753_960_720

にんにくの効果・効能は5つ!ダイエットおすすめの食べ方3選まとめ

にんにくにはさまざまな効果・効能があり、食事に取り入れることによって嬉しい効果がたくさんあります。

 

今回は、にんにくのパワーの秘密やダイエットにおすすめの食べ方についてご紹介します。

にんにくに関する基礎知識

 

スタミナ料理に欠かせないにんにく。まずはにんにくに関する基礎知識を紹介していきます。

 

にんにくとは

にんにくはヒガンバナ科ネギ属の植物です。食材として食べられているのは球根の部分。主に香辛料として用いられます。

 

世界のにんにく生産量の約80%を中国が占めています。日本では青森や香川などが主な生産地となっています。

 

にんにくが臭い理由

にんにくと言ったら、あの独特の匂いを思い浮かべる人が多いと思います。にんにくの匂いの元となっているのはアリシンという成分です。

 

しかし、にんにくには元々アリシンが含まれていません。にんにくにはアリインという無臭の化合物が含まれており、にんにくの別の細胞にあるアリナーゼという酵素と合わさることによってにんにく臭を放ちます。

 

にんにくのカロリー

 

にんにくの100gあたりのカロリーは134kcalです。1片(6g)あたりのカロリーは約8kcalとなります。

 

にんにくの主な使い道は香辛料なので、1度に大量のにんにくを食べる機会はほとんどないと思います。いずれにしてもにんにくは低カロリーな食品なので、カロリーを気にする必要はありません。

 

にんにくの栄養成分

 

にんにく1片(6g)にはタンパク質0.36g、脂質0.08g、炭水化物1.58gが含まれています。炭水化物がやや多めですね!

 

その他の主な栄養素は以下の通りです。

 

 栄養素名 1片(6g)あたりの栄養価
 ビタミンE 0.03mg
 ビタミンB1 0.01mg
 ビタミンB6 0.09mg
 葉酸 5.52μg
 カリウム 31.8mg
 モリブデン 0.9μg
 食物繊維 0.34g

 

にんにくにはビタミン・ミネラルがバランス良く含まれています。特に多いのがビタミンB6モリブデンです。

 

にんにくが持つ5つの効果・効能

 

にんにくには嬉しい効果・効能がたくさん!今回は代表的なものを5つ紹介していきます。

 

ダイエット効果

にんにくに含まれるアリシンにはビタミンB1を活性化する作用があります。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きをする栄養素!にんにくを食べることで、糖質のエネルギー変換がスムーズになり脂肪を溜め込みにくくなります。

 

また、にんにくにはノルアドレナリンというホルモンを活性化させる作用があります。ノルアドレナリンには脂肪燃焼を促す作用があり、ダイエットに効果的です。

 

さらに!にんにくを加熱するとスコルニジンという成分が生み出されます。スコルニジンには代謝を上げ、脂肪の分解を促してくれる作用がありますよ!

 

便秘解消

にんにくは水溶性食物繊維が豊富なので便秘解消にも効果が期待できます。便秘が改善されることで下っ腹ポッコリが解消!”溜め込みにくい体”になりますよ。

 

食物繊維は不溶性水溶性=2:1の割合で摂るのが理想的とされています。この辺も意識して、他の食品からも食物繊維を摂取していきましょう。

 

冷え性改善

にんにくに含まれるアリシンには、造血作用血行促進作用があります。血液の流れが良くなることで冷え性が改善する可能性がありますよ。


さらに、にんにくを加熱すると生じるスコルニジンには末梢血管を拡張する作用があります。アリシンとスコルニジンのW効果で体を効率よく温めてくれるんです。

 

疲労回復効果

アリシンはビタミンB1と結びつくことで、アリチアミンという疲労回復物質に変わります。アリチアミンは血液中に長く留まることから「活性持続性型B1」とも呼ばれています。


また、にんにくには強い抗酸化作用があり、疲労の元となる活性酸素を除去してくれる効果が期待できるのです。

 

活性酸素については以下を参考にしてください。

 

学反応が起こりやすくなった酸素。一重項酸素、過酸化水素、スーパーオキサイドアニオン、ヒドロキシルラジカルなど。体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化促進などの原因になるといわれる。

 

引用:コトバンク

 

美肌効果

先ほども紹介したように、にんにくには強い抗酸化作用があります。老化の原因となる活性酸素を除去してくれるので、シミやしわなどの肌トラブルを予防することができるのです。


アリシンには肌の代謝を高めるビタミンB1を活性化する作用があり、肌のターンオーバーがスムーズになります。

 

肌のターンオーバーとは、わかりやすくいうと表皮が新陳代謝している様を言い表したものです。

 

引用:サッポー美肌塾トップ

 

もちろんアリシンが持つ血行促進作用も肌に良い効果をもたらしますよ!

 

 

ダイエットにおすすめのにんにくの食べ方とは?その3つのポイント

 

にんにくのダイエット効果を最大限に生かす食べ方とは?

 

食べる量に注意する

1日に1~2片程度を目安に食べましょう。生の場合は1片、加熱したものや漬けたものなら2片を目安にすると良いです。にんにくは一度に大量に食べると、胃腸が荒れたり貧血の原因となることがあります。

 

ビタミンB1食品と一緒に食べる

にんにくに含まれるアリシンはビタミンB1と相性抜群!ダイエット効果を得るためにも、なるべくビタミンB1を多く含む食品と一緒に食べるようにしましょう。

 

◎ビタミンB1を多く含む食品

  • 豚肉
  • うなぎ
  • 小麦胚芽 
  • 玄米 など

 

調理法を工夫する

にんにくは調理法によって生成される成分が異なってきます。

 

アリシンを摂りたい場合は、にんにくをすり下ろしたり細かく刻む必要があります。一方、スコルニジンを摂りたい場合は加熱する必要があります。

 

どちらもダイエットにとって捨てがたい成分ですね!どちらかに偏らず、色々なレシピに挑戦することをおすすめします。

 

 

毎日の食事ににんにくを取り入れてみよう

 

にんにくにはさまざまな効果・効能があります。特に注目してほしいのがダイエット効果!毎日の食事ににんにくを取り入れるだけで、代謝アップや脂肪燃焼効果が期待できます。

 

ただし、体に良いからと言って食べ過ぎないように注意しましょうね。1日に1~2片程度で十分です。あなたも今日からにんにくパワーで健康的に、そして美しくなりませんか?

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

a0027_000003

発芽玄米の栄養とダイエット効果・作り方や炊き方まとめ

発芽する際に眠っていた酵素が活性化することで様々な効果をもたらし、健康にいいと言われている発芽玄米の事を皆さんはご存知でしょうか。 

o0500037513522684510

おでんダイエットで本当に効果的な方法と口コミまとめ【コンビニおでんが便利!】

寒くなってくるとつい食べたくなるおでん。このおでん、よく考えてみると実はとてもローカロリーで体も温まるし、コストパフォーマンスも高いダイエッ

94700b3c2aa6cdce63cdb5c507917fa4_s

米ぬかダイエットって何!?方法や効果・美味しいレシピまとめ

ダイエットと言えば、色々な食材を使ったものが紹介されていて、「どれを使おうかな」と迷っている方も多いでしょう。 そんな中、近年は米

currypan-free-photo2

カレーパンは太る?カロリーやダイエット中の食べ方まとめ

サクサク食感のパン生地×たっぷりのカレールー。カレーパンは、年齢や性別を問わず愛されている「調理パンの代表格」です。 でも、カレー

c580c8c046351967e34c313dd0d42e58

安全な痩せるダイエットサプリメントはある?効果は?選び方まとめ【成分を自分でも見極めよう!】

ダイエットサプリメントといえば、「短期間で痩せる!」「飲むだけで痩せる!」などの怪しげな雰囲気があるものも多いです。飲むだけで痩せられたら確

関連する記事②

DEQ5TYYUQAIqB4m

Red Velvetジョイのダイエット法!身長と体重・スタイル維持の秘訣まとめ

韓国のガールズグループ「Red Velvet(レッドベルベット)」のメンバー、ジョイさん。スリム&キュートなルックスで女優としても活

boram__t_ara__png__render__by_sellscarol-d5u62i6

T-ARAボラムのダイエット方法!現在の体重と身長・20kg痩せた秘訣まとめ

2017年5月に「T-ARA(ティアラ)」を脱退したボラムさん。小柄でスリムなイメージのボラムさんですが、デビュー前になんと-20kgのダイ

%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%8a%ef%bc%91

サウナダイエット6つの効果・消費カロリーや正しい方法まとめ【入る時間・温度や種類も解説】

サウナに行かれたことはありますか?  フィットネスクラブの簡易サウナから、スーパー銭湯や専門のサウナ風呂まで、ちょっと意識すれば体

nice-apples-214170_640

【ぽっこりお腹】リンゴ体型の原因&4つのダイエット方法まとめ【生活習慣病に注意!】

リンゴ体型とは、お腹に脂肪がたっぷりついて、お腹がポッコリ&デップリしている体型のことです。お腹周りがリンゴのように丸いために、「リンゴ体型

210015ba77fe169a02c54f069e87e001_s

1日1食ダイエット昼だけは危険?効果や健康面のデメリット・正しいやり方まとめ

1日1食ダイエットを実践している人が増えています。ダイエット目的でなくても、1日1食の食生活を送っている人は多いですよね。 芸能人

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。