cz020-002

バターコーヒーダイエットの効果・やり方・作り方まとめ【使うバターと撹拌が大切!】

バターコーヒーダイエットは、定期的にテレビでも紹介されるちょっと不思議なダイエットです。その名の通り、コーヒーにバターを入れたものを飲むだけのお手軽さが魅力。

 

でもコーヒーにバターってどうなの?バターって太るんじゃ…?そんな疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。

 

実際にバターコーヒーダイエットで痩せられる仕組みやその注意点などをまとめてみました。実は成功の秘訣はバターの選び方によるものなんだとか。ぜひその秘訣を理解してくださいね!

 

バターコーヒーとは

 

 

バターコーヒーダイエットを考え出したのは、アメリカの起業家、デイヴィット・アプスリー氏。

 

この男性が「精神面や肉体面、どちらのパフォーマンスも効率よくする方法はないだろうか」と独自に編み出したのがバターコーヒーなんだそう。チベットにあるバターティーをヒントに考え出したそうです。

 

このバターコーヒーを飲んでいただけで、150キロ以上あった体重が100キロ以下まで落ち、さらにIQまで20ポイントアップしたというのだから驚きです。

 

 

 

バターコーヒーを飲むことによる2つのメリット

 

バターコーヒーはバターとコーヒーだけで作るシンプルな飲み物です。でも確かにどちらにもダイエットに良い作用があることがわかっています。

 

 

コーヒーのカフェインが代謝を上げる

 

まずコーヒーは交感神経を刺激して体内の働きを活発にするので、エネルギー消費が激しくなることがわかっています。

 

カフェインは他にも、高い抗酸化作用が期待できたり、集中力をアップさせる働きがあることでも知られています。

 

飲み過ぎは確かに中毒症状を起こすなど問題がありますが、1日1〜2杯程度なら全く問題ありません。ほど良い刺激をあたえられる便利な成分なのです。

 

 

中性脂肪を減らす不飽和脂肪酸が豊富なバター

 

出典:http://item.rakuten.co.jp

 

バターは太りそうなイメージがある食べ物ですが、実はそんなことはありません。

 

ちゃんとしたバターに含まれているのは、大豆や魚にも多く含まれる不飽和脂肪酸というもの。中性脂肪を分解したり、悪玉コレステロールを減らしたり、いわゆるデブの原因を減らす作用が期待できるのです。

 

しかも、バターは脂質なので食べても血糖値が上昇しにくいというメリットがあります。糖質が多い牛乳や砂糖を入れるよりもより痩せやすい状態をキープできます。適度な摂取量であればエネルギーとしてしっかり消費されて、脂肪として蓄積されることもありません。

 

 

バターコーヒーダイエットのやり方

 

このダイエットは、ただバターコーヒーを1日1〜2杯程度飲むだけというダイエットです。それ以外には特にルールはありません。

 

ただ、その飲み方と作り方に大きなポイントがあります。そのポイントはしっかり守っていくようにしましょう。

 

 

朝食の代わりにバターコーヒーを飲むこと

 

 

飲み方の大切なポイントとは、朝食代わりにバターコーヒーを飲むということ。実はバターコーヒーダイエットは、朝食をバターコーヒーに置き換えることで夕食から次の日の食事までの16時間程度をプチ断食することで効果が得られるダイエットなのです。

 

バターコーヒーだけでは空腹感に悩まされるのでは…?と思われがちですが、バターによる脂肪分がお腹を満たしてくれるので意外とストレスを感じずに耐えられるんだとか。

 

もし空腹感に耐えられそうになければ、バターの量を増やして調節していくと良いとされています。

 

 

バターコーヒーの正しい作り方

 

 

バターコーヒーは、コーヒーに大さじ1〜3杯程度のバターを入れて、しっかりかき混ぜて作ります。スプーンで混ぜるだけではどうしてもコーヒーとバターが分離して美味しく飲むことができません。ブレンダーなどを活用してしっかり撹拌し、乳化させた方が良いようです。

 

そして、使うバターにも大きなポイントがあるのです。それは、グラフェッドバターという、放牧された牛の乳で作られたバターを使うことです。無塩のものを使いましょう。

 

日本のスーパーではあまり売られていませんが、通販などでは気軽に購入することができるこのバター。成城石井でも時々見かけられるようです。

 

一般的に販売されているバターよりも芳醇な香りとコクのある味わいが特徴で、コーヒーに入れるととてもクリーミーな味わいになるのです。それだけでなく、グラフェッドバターであれば不飽和脂肪酸がより多く、ダイエットの効率もよりアップさせることが可能です。

 

甘みが欲しい場合は、このバターコーヒーにココナッツオイルを追加するのも良いんだとか。普通の食事から炭水化物の摂取を控えれば、よりダイエットの効率をアップさせることができそうです。

 

 

バターコーヒーに撹拌が必要な理由

 

 

ちなみに、バターコーヒーダイエットを実践するなら、バターコーヒーを作る時の撹拌は絶対に欠かせません。

 

バターを「ミセル化」という乳化させて体への吸収率を高める必要があるのです。このミセル化をしておくことで、脂肪がエネルギーに変換されやすくなります。

 

スプーンや泡立て器ではこの撹拌はなかなか行えません。ミキサーやブレンダーを使ってしっかり行いましょう。毎日ブレンダーを使うのが面倒だという場合は、100均などでも販売されているカプチーノミキサーを使うと便利です。

 

バターコーヒー専用に1つ持っておくと挫折せずに続けられます。

 

 

バターコーヒーダイエットで便秘解消も

 

バターコーヒーダイエットの実践者の口コミを調べていると、よく出てくるのが、「バターコーヒーを飲んでいたら便秘が解消された!」というもの。

 

最近の研究で、便秘の解消の肝は腸内をなめらかに動かすための油分であることがわかってきています。バターコーヒーのバターがその油分の役割をしっかり担ってくれるので、特に何も対策しなくても便秘解消ができるということになるのでしょう。

 

 

バターコーヒーダイエットについてのまとめ

 

・バターコーヒーの効果
「カフェインによる代謝アップ」「中性脂肪を減らす効果」「便秘解消効果」

・バターコーヒーダイエットの方法
「朝食をバターコーヒーに置き換える」「グラフェッドバターを使う」「撹拌が必要」

バターコーヒーダイエットは、体の仕組みに基づいたちゃんとしたダイエットです。バターコーヒーを飲むだけ、という簡単さではありますが、実際は効率よくプチ断食ダイエットを行える方法なのです。

 

作る手間は確かに少し面倒ですが、毎日の集中力をアップさせる働きも期待できます。ぜひ実践してみてもらいたいダイエットです。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

糖質6

糖質制限で食べていいもの8種類!おすすめ食べ物や飲み物まとめ

糖質制限でも食べていいものの情報をお探しですか? 糖質制限をされている方は多いと思いますが、意外におおざっぱにされていることが多い

2

サラシア茶ダイエット3つの効能と効果・飲み方・副作用まとめ

「サラシア茶」はWHO(世界保健機構)でダイエット効果が認定済みで世界レベルのお墨付きを持つお茶ですが、副作用の恐れもあり注意が必要です。

o10000668shutterstock_215938933

ジュースクレンズとは?そのダイエット効果・やり方まとめ【手作りジュースでも大丈夫!】

ジュースクレンズって聞いたことあるけれど、どんなもの?専門店に行かないとできないの?気になるけれどいまいちよくわからない、という方もいるでし

soda2

痩せる飲み物?ダイエット中に絶対飲みたい飲み物まとめ【家にあるものばかり】

飲むだけで痩せられるという飲み物があったら飲みたいですか?飲むだけで痩せるなんてそんなバカな!?と思われるかもしれません。でも、実際に今身近

%ef%bc%93

白湯ダイエット5つの効果・やり方まとめ【温度・時間帯・量の正しい情報あり】

水を温めただけの白湯(さゆ)の健康効果やダイエット効果が最近注目されていますが実は効果を得るためには正しいやり方があります。  

関連する記事②

Goto Maki-217912

後藤真希の産後ダイエット!身長・体重・10kg痩せた方法まとめ

元モーニング娘。メンバーとして活躍した後藤真希さんが出産後に-10kgのダイエットに成功し、話題となりました。   この記事では、

86a6d36e68f81e7140ab2c70f09ccbbb_t

モスバーガーは太る?低カロリーメニュー6選やダイエット中に食べる3つのポイントまとめ

モスバーガーは、「太る」イメージから食べるのに抵抗がある人もいるかもしれません。   今回はモスバーガーのカロリーをはじめ、ダイエ

944e59358955e6eef1a156033fe2a666_s

【肥満改善】高齢者の有酸素運動の効果や方法・注意点まとめ【認知症予防】

高齢者が運動をするなら、有酸素運動がおすすめです。高齢者の有酸素運動は肥満改善やダイエット効果があるだけではないのです。   高齢

ん10

ダイエットに成功する人と失敗する人の違い&特徴16選

ダイエットに成功する人と失敗する人の違いについての情報をお探しですか?  どんなタイプの人がダイエットに成功して、逆にどんな人が失

shells-1141495_640

牡蠣の栄養とダイエット効果やカロリー・おすすめレシピまとめ

海のミルクと呼ばれるほど、栄養豊富で濃厚な牡蠣。生で食べるのはもちろん、カキフライなど加熱しても美味しいですよね。  今回は牡蠣の

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。