1

ローフードダイエット5つの効果・食材と食べ方まとめ【アメリカで人気!】

海外セレブも行っている「ローフードダイエット」は生の食べ物のみで食事メニューを組むやり方でカロリー計算いらずのお手軽な所も人気です。

 

今回はローフードダイエットの効果4つ、具体的な方法、注意点3つ、口コミを紹介します。

ローフードダイエットとは

1

 

ローフードダイエットとは、主に生や加工されていない食品を食べることによってスリムを目指すダイエット方法です。具体的には、刺身などの生魚、新鮮な野菜、新鮮な果物、ナッツ類、発酵食品などを食べます。

 

熱を加える場合は、48度以下でなくてはなりません。なので、ほとんど調理ができないと思ってほぼ間違いないでしょう。

 

豆腐については意見が分かれるようですが、発酵食品ではあるものの、加工食品であって、しかも、調べてみたら豆腐は作業工程で80度程度の熱を加えるのです。なので、厳密に言うと、ローフードダイエットには使えないことになるでしょう。

 

ゆるゆる系のローフードダイエットであれば利用は可能かもしれません。

 

 

ローフードダイエットの4つの効果

2

 

ローフードダイエットの効果についてみていきましょう。なかなかすごい効果があるのですよ。

 

ちなみに、ローフードダイエットの一番うれしい点は、ローフードに該当する食物であれば、いくら食べてもよいという点です。面倒なカロリー計算も糖質制限もいりません。

 

果物でバナナやメロンも食べられます。穀物や豆類は生でなければ食べられませんが、刺身や発酵食品はいくらでもOKなので取り組みやすいでしょう。

 

日本人にとっては、ローフードは取り組みやすいもののためピンとこないのですが、雑食系のアメリカ人などから見たら難易度の高いダイエットなのかもしれません。効果をざっくりとまとめてみました。

 

痩身効果

ローフードを食べることによる最大のメリットは、食物酵素がたくさん摂れることです。特に生の野菜や生の果物は、食物酵素の宝庫です。食物酵素をたくさん摂ると、消化、吸収、排出がスムーズにいくようなります。

 

カロリー全体も低いですが、これらの食物酵素によるパワーもダイエット効果には非常に有効と言えるでしょう。

 

血行が良くなる

ローフードを食べることによって、抗酸化ビタミンが増加するそうです。また、コレステロール値も下がり、血行もよくなるそうです。生のものって健康に良いのですね。

 

もともと人間は生のものを食べて生きていたので、古来の生活に戻るようなものかもしれません。手を加えないものは健康に良いのです。

 

3

 

アンチエイジング効果

ローフードを食べることによって、食物酵素をたくさん取り入れることができます。この酵素はアンチエイジングにも大変効果があります。若々しい肌や体を作るうえでとても有効と言えるでしょう。

 

美肌効果

ローフードは、生または生に近いもののため、消化するに消化器官をあまり使わずに済ますことができます。胃腸に負担がかからないのですね。これにより、消化機能も高まって、デトックス効果が見込め、ひいては美肌効果が期待できます。

 

 

ローフードダイエットの方法

4

 

ローフードダイエットの具体的な方法についてみていきましょう。

 

ローフードダイエットは基本的に生のものを食べますが、これは酵素をたくさんとることが目的です。この酵素がダイエットやアンチエイジングを成功させる要となります。具体的に、ダイエットのルール、食べてよい食べ物、食べてはいけない食べ物、について見ていきましょう。

 

ローフードダイエットの4つのルール

ダイエットのルールについて見ていきましょう。ローフードダイエットのポイントをざっくりとご紹介します。大まかな四大ルールは以下になります。

 

・生のものを食べる

・加工されていないものを食べる

・48度以下で調理されたものを食べる

・酵素がたくさん含まれている発酵食品を食べる

 

5

 

食べてよい食べ物

食べてよい食べ物を見ていきましょう。基本的には、四大ルールに沿った食品を食べますが、意外に食べられるものは多いです。ざっくりとまとめてみました。

 

・生の野菜・・・野菜ならなんでもよいです。48度以下の低温で蒸して食べてもよいです。

・生の果物・・・果物なら何でもよいです。果糖の高いバナナ、メロン、パイナップルも大丈夫です。

 

・生の野菜や果物のジュースやスムージー・・・非常に摂りやすいです。

・生の豆類・・・豆類を水でふやかして食べます。日本ではなじみがないでしょう。

・生の穀物・・・こちらも生で食べます。日本でなじみがないでしょう。

・シード類・・・チアシードなどの種類です。

・ナッツ類・・・ナッツならなんでもよいです。ただし、一晩水につける必要があります。

・海藻・・・海藻なら何でもよいです。日本人にとっては嬉しい食べ物です。

・発酵食品・・・日本なら納豆、みそ、キムチなどです。ザワ―クラウトなどはなじみがないでしょう。

 

・生の魚・・・厳格には動物性食品は食べないのですが、生魚を食べる人は多いそうです。

・卵・・・基本は生です。低温で火を通すのはOKです。

 

6

 

食べてはいけない食べ物

基本的には生以外のものはNGです。また厳格なローフードダイエットの場合は、動物性食品はすべてNGになります。一般的に食べてはいけないもののポイントは2点です。

 

48度以上の熱を加えて作ったもの・・・食物酵素が破壊されてしまうため

加工食品・・・たいてい作業工程で加熱処理しているため

 

 

ローフードダイエットの3つの注意点

7

 

ローフードダイエットの注意点について見ていきましょう。ローフードは優れたダイエット方法だと思いますが、万能とは言えないようです。いくつか問題点もあるので見ていきましょう。

 

挫折率が意外に高い

ローフードダイエットは非常に健康的なダイエット方法です。しかし、やはり食べ物は加熱調理して、温かいものをハフハフ言いながら食べたいものです。主食だって、生の穀物はどうかなという感じですよね。

 

人間が火を持ったのはすごい進歩だったわけで、それを活用しないのもどうかと思います。意外に挫折率が高いのもうなづけますね。毎日はキツイかもしれません。

 

日本人にも向いていない?

カリフォルニアなどではローフードが大人気で、食べ物を生で食べることに抵抗がなくなっているそうです。しかし、やはり欧米系の方々には毎日は無理でしょう。焼く・煮込むが主流の欧米人には向いていないようです。

 

また、日本人でさえも、毎日、冷たいローフードを食べることは難しいと言えそうです。

 

体を冷やす危険

生のものを中心に食べるので、体を冷やしてしまい、特に冷え性の方には向いていないダイエットといえるでしょう。食物酵素はたくさんとれますが、冷えの問題はどうにもならないようです。行うなら、ゆるゆる系のローフードダイエットがおすすめです。

 

その他、食中毒の危険を心配する声もあります。

 

 

 

 

 

 

おすすめのゆる系ローフードダイエット2選

8

 

ローフードダイエットは一見するとよさそうなダイエットに見えますが、毎日続けることを考えると、ちょっと難しいダイエットのようです。そこで、もっとハードルを下げたゆるいローフードダイエットをご紹介しましょう。

 

2つあって、「週末ローフードダイエット」と「ゆるゆるローフードダイエット」です。それぞれざっくりとご紹介しましょう。

 

週末ローフードダイエット

こちらは週末だけ行うローフードダイエットです。平日は普通の生活をして、週末の2日間だけ行います。週末に食物酵素を大量に取り込むことを目的とします。

 

普段は普通の生活ができるので、なかなか人気が高いようですよ。普通のOLや会社員にとっても取り組みやすいダイエット方法と言えるでしょう。

 

たった週2日なので、この2日間は徹底して生のものだけを取ると良いです。中途半端なものには手を付けないようにしましょう。

 

似たようなダイエットに、週末だけのプチ断食がありますが、それよりもずっと健康的かもしれません。ファッション感覚的にもおすすめのダイエット方法です。

 

9

 

ゆるゆるローフードダイエット

ゆるゆるローフードダイエットとは、完全なローフードダイエットではなく、50%程度のものを言います。具体的には、口に入れるもののうち、半分程度をローフードのものにするだけで良いのです。

 

ローフードのものを積極的に摂りつつも、普段の温かい食事はやめられないという一般的な日本人に、ちょうとよいダイエット方法と言えそうです。

 

日本でも田舎のご家庭だったら、普通にこのダイエットを実践されているかもしれません。ゆるゆる系ローフードであれば、非常に取り組みやすいです。

 

 

ローフードダイエットについての口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローフードダイエットの効果と食材・食べ方についてのまとめは・・・

・ローフードダイエットは、ローフードに該当する食物であればいくら食べてもOK

・ローフードダイエットの効果
「痩身効果」「血行が良くなる」「アンチエイジング効果」「美肌効果が期待「デトックス効果」

・ローフードダイエットのルール
「生のものを食べることや加工されていないもの」「48度以下で調理されたもの」「酵素がたくさん含まれている発酵食品を摂る」

・ローフードダイエットで食べても良い食べ物
「生の野菜と果物」「生の穀物や豆類」「シード類「ナッツ類」「海藻」「発酵食品」「生の魚と生卵」など

・ローフードダイエットで食べてはいけない食べ物
「動物性食品」「48度以上の熱を加えて作られた物」「加工食品は全てNG」

・ローフードダイエットの注意点
「挫折率が意外と高い」「日本人にはあまり向いていない」「体を冷やしてしまう危険性がある」

・ローフードダイエットの方法
「週末だけや口に入れる50%の物をローフードにする方法」

いかがでしたか?

 

完全なローフードダイエットはなかなか難しそうですが、ゆる系なら、日本人にむいているダイエット方法と言えそうです。ちょっと工夫しただけでこのダイエットが実践できますよね。日本食ってとてもヘルシーなのですね。

 

欧米ではローフードダイエットはファッション感覚でもあるようです。ヘルシー志向はお金持ちに多く、逆に貧困層は、油で揚げたジャンクフードばかり食べているようです。特にアメリカは極端なので、食生活の差と所得の差は歴然としているようですよ。

 

アメリカの基準で行くと、日本人はほぼ全員お金持ちグループに属するかもしれません。

 

日本食を見直して、ぜひこのダイエットにチャレンジしてみて下さいね。以上、ローフードダイエットのおまとめでした。

記事に関連するキーワード

関連する記事①

mushrooms-756406_640

きのこの種類とカロリー・ダイエット効果やレシピまとめ

きのこと一言で言っても、非常に多くの種類があることは皆さんも既にご存知だと思います。  きのこはダイエットに良いと言われ、実際に取

71bWlYocxlL._SL1000_

オオバコダイエット4つの効果と効能・食べ方・副作用まとめ

オオバコダイエットというダイエット方法があることを知っていますか?オオバコダイエットは、たっぷりの食物繊維を利用したダイエット方法になります

matome_20150210070247_54d9ad17bef3f-2

豆乳ダイエットの効果は?生理前に飲むと痩せる?【体験談・口コミもまとめ】

いろいろなダイエット方法がありますが特に注目を集めているのが「豆乳ダイエット」です。 実は、豆乳にはダイエット効果だけではなく、美肌効果やバ

6742f5ac8ab3f459743b5657dcf5853f_s

プロテイン飲むタイミングは筋トレ後?有酸素運動後?正しい飲み方まとめ

ダイエットをする時には、筋肉をつけたほうが良いというのは、みなさんご存知かもしれません。筋肉をつけるためには、プロテインを飲むと効率よく筋肉

jelly01

ウィダーinゼリーは太る?種類とダイエット効果&4つの飲み方まとめ

ウィダーインゼリーを飲んだことがない、ウィダーインゼリーなんて知らないという人はいないと思います。皆さん1度は飲んだことがある、もしくはCM

関連する記事②

%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91

シャドーボクシングダイエットの効果・やり方とコツ・注意点【消費カロリーが多い!動画あり】

シャドーボクシングってご存知ですか?  ボクシングの練習の1つで自宅でもできる素振りみたいな練習方法です。これを活用したシャドーボ

002

愛子さまの激やせダイエット方法とは?現在の体重・身長・痩せた原因まとめ

皇太子ご夫妻の長女として知られる愛子内親王殿下(通称:愛子さま)が最近になって激やせしたことで、多くの人々に驚きを与えています。  

625152e2eab2ead70f42cd0b592a2fa6_s

お尻の筋トレ法!筋肉の名称&女性向け鍛え方7選【ヒップアップしたい人は必見】

お尻が大きいこと、お尻が垂れていることに悩んでいることに悩んでいる女性は多いですよね。   きれいなヒップを作るためには、お尻の筋

%ef%bc%91

ランニングマシン4つの効果・使い方・口コミ・おすすめ人気ランキングまとめ

ランニングマシンを使われたことってありますか?   スポーツクラブに行くとトレーニングルームに置いてありますよね。ウォーキングでも

lead_img_item

チラコイドのダイエット効果3つ&口コミの真相まとめ【ほうれん草由来】

「チラコイド」という言葉を聞いたことがありますか?チラコイドは、ダイエットや健康、美容に効果があるとされている細胞体のことです。 

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。