04ec68187e42fa07cbd167b1b9f15e39_s

セルライトとは?できる原因・解消法まとめ【消すなら生活習慣の改善も!】

お腹や太もも、お尻やその付け根をグッと押し上げてみると、表面がボコボコすることはないでしょうか?これがまさにセルライトです。

 

セルライトは、見た目にも美しくないだけでなく、体にも悪影響を及ぼす、できればあまり作られて欲しくないものです。

 

セルライトは一体どうやってできるのか、その影響はどんなことがあるのか、なくすためにはどうしたら良いのか、セルライトにまつわるあれこれをまとめてみました。

セルライトとは

 

出典:http://www.skincare-univ.com

 

セルライトは、太ももやお腹、お尻などによくできる脂肪の塊です。オレンジの皮に似ているので、英語では「オレンジピールスキン」と呼ばれます。グッと肌を押し上げると見えるデコボコ。これが全部セルライトです。

 

このセルライトはそもそも、皮膚のすぐ下にある脂肪細胞をベースに作られます。脂肪細胞とは、体の中で使われなかったエネルギーなどを蓄積したいわゆる倉庫のようなものです。

 

皮膚のすぐ下にあることで、体をちょっとした衝撃や暑さや寒さから守ることができます。女性らしい柔らかな体を作ることができるのもこの脂肪細胞のおかげです。

 

脂肪細胞は摂取カロリーが少ない時にエネルギーとして出ていけるように、普段はできるだけ柔らかい状態で置かれています。でも、それが徐々に蓄積されて老廃物と一緒に重なり合いながら徐々に大きくなっていきます。

 

これが大きくなってキャパオーバーすると、脂肪細胞同士がくっつき合って皮膚を押し上げ、デコボコと目に見える形になってしまいます。これがセルライトと呼ばれるものです。

 

 

セルライトができる原因

 

 

セルライトは脂肪同士がくっついて固まったものです。これができる原因は、ひとつではありません。

 

セルライトは、冷え、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、代謝の悪化などによる血行不良で溜めこまれた老廃物と、脂肪細胞が絡み合うことででき始めます。そうすると、脂肪細胞の代謝が乱れ、脂肪はどんどん大きくなっていきます。肥大化した脂肪細胞は血管を圧迫し、血流を悪化させて老廃物の排出をさらに防ぎます。こうなると、肥大化した脂肪細胞同士がくっついて塊ができてしまい、皮膚をつかんだりねじったりしなくても凸凹がわかるようになってしまうのです。

 

引用元:【専門家が監修】太もものセルライトは自分で除去できる? | ヘルスケア大学

 

つまり、セルライトの直接の原因は食べ過ぎや太っていることばかりではないということです。冷えや自律神経の乱れなどで血行不良になっていることも、セルライトを増やす原因になってしまうのです。

 

 

セルライトが及ぼす3つの悪影響

 

脂肪細胞は女性には絶対に必要な細胞です。でも、エネルギー過剰によって肥大化したセルライトは、完全に敵です。そこにあるだけで実はさまざまな影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

セルライトは中性脂肪の塊

 

出典:http://diet-5.com

 

セルライトは脂肪や老廃物が肥大化してくっついた塊です。これは中性脂肪となって、まず血管を圧迫します。それだけでなく、血液にも脂肪を流し出し、血流まで悪くなってしまいます。

 

 

体を冷やして代謝を落とす

 

血流が悪くなるということは、体を冷やしてしまうことにつながります。通常、セルライトの少ない健康な体は何もしなくても体から不要な老廃物や水分を排出しようとする代謝がすんなり行われることが多いです。

 

でもセルライトは血管を圧迫して血流を悪くするので、この代謝もスムーズに行えなくなることにもつながります。

 

 

新しいセルライトを作る原因にも

 

出典:http://weheartit.com

 

代謝がスムーズに行われなくなると、体は冷え、老廃物もたまりやすくなります。これはまさにセルライトが増える原因です。また新たなセルライトを生むことにつながる、悪循環に陥ってしまうことになるのです。

 

 

セルライトを除去する2つの方法

 

セルライトは、一度できると除去するのが難しいと言われています。これは事実です。特に、下半身は老廃物がたまりやすいため、セルライトができやすくてこれを解消するのはとても大変です。

 

でも、何もしなければこの悪循環を断ち切ることができません。できることから少しずつ、毎日対策し続けていくことが大切です。

 

出典:http://www.diet-lab.jp

 

セルライトを直接マッサージする

 

セルライトを撃退するなら、足の裏からふくらはぎ、太もも、お尻の付け根までをほぐしながらマッサージしていく方法がおすすめです。マッサージ用のオイルを使ったり、お風呂の中で行うなど、滑りの良い状態で行いましょう。

 

グイグイ強く押したくなってしまいますが、脚には皮膚のすぐ下をリンパが流れています。このリンパの流れを阻害することになるので、できるだけ優しく行うことが大切です。これで血行とリンパを流していき、セルライトができにくい下半身を目指せます。

 

 

脂肪を溜め込ま00ない生活を心がける

 

マッサージと同じく大切なのが、生活習慣の改善です。

 

セルライトの元はエネルギーを過剰に摂りすぎることで大きくなっていきます。このエネルギーの摂りすぎは元を正せば食べ過ぎや偏った食生活が原因です。

 

でも、気をつけるべきなのは食べ過ぎだけではありません。蓄積する必要のないエネルギーまで蓄積しようとするインスリンを働かせすぎないように血糖値を上げすぎないように注意する必要もあります。

 

他にも、自律神経を正常に保つために毎日質の高い睡眠をとることも大切。痩せホルモンを分泌させやすくするために、成長ホルモンにしっかり働いてもらえる生活習慣を目指しましょう。

 

 

 

セルライトについてのまとめ

 

・セルライトが及ぼす悪影響
「セルライトは中性脂肪の塊」「身体を冷やして代謝を落とす」「新しいセルライトを作る原因になる」

・セルライトを除去する方法
「セルライトを直接マッサージ」「脂肪を溜め込まない生活を心がける」

正常の範囲内であれば味方でいてくれる脂肪細胞。これが肥大化して離れなくなってしまったものがセルライトです。できあがるまでに2〜3年かかり、できてしまったらもうなかなか除去することはできません。

 

でも、その原因を作っているのも自分です。食べ過ぎや運動不足だけが原因ではありません。体を冷やしたり不規則な生活をすることもその原因になるものです。美脚のためにも、ぜひ生活習慣を見直して、できるだけ健康的な生活を心がけていきましょう。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

scale-1133910_960_720

高タンパク質ダイエットで痩せる理由&正しい方法まとめ

ダイエット中にも積極的に食べてほしい栄養素、タンパク質。 低カロリー・高タンパクな食材はダイエッターの強い味方です。しかし、タンパ

136975a17edd335b1d25370256db0b5e_s

【期間ダイエット】1日・1週間・1ヶ月で減らす体重には限界がある!短期よりも長期的に見て痩せよう

ダイエットをしていると、1日、1週間、1ヶ月でどれくらい体重を減らすことができるのか気になりますよね。1日、1週間、1ヶ月でどれくらい体重を

0746d311d53fa2f903779c020dc0c372_s

睡眠不足は太る?肥満への影響と5つの改善法【食欲が増す理由も解説】

あなたは十分に睡眠を取ることができていますか?あなたが太っているのは、もしかしたら睡眠不足が原因かもしれないんです。 睡眠不足と食

e17c0ede24ec7e82b9c63d8e424e1ebb_s

【ダイエット】痩せ体質になる7つの方法・改善法まとめ【筋トレ・食事・睡眠】

痩せ体質になるためにはどうすれば良いのでしょうか?たくさん食べているのに、なぜか痩せている人を見ると、「良いなぁ。痩せ体質になりたいなぁ。」

large-1

1日の摂取カロリー計算法・ダイエット時の目安まとめ【男性と女性別!標準体重から算出】

さあダイエットしよう!と思った時にまず気になるのが、1日の摂取カロリーをはじめ、自分が食べ物からとるカロリーだという方が多いでしょう。ダイエ

関連する記事②

体脂肪

体脂肪率とは?計算式や測定方法、男性・女性別の平均値まとめ

体脂肪率とは、人間の体にある脂肪の割合を示す数値です。 この記事では、体脂肪率とはそもそも何なのか、体脂肪率の計算方法、そして男性・女性別に

are-your-legs-looking-like-they-belong-in-the-dairy-section-o_16000966_800752899_0_0_14046076_600

セルライトに効果的なマッサージ方法&器具3選!マッサージのポイントも徹底解説

セルライトは厄介な存在ですが、生活習慣の改善や毎日継続してセルフケアすることで除去することができます。 今回はセルライトができる原

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

一日の消費エネルギーの種類や計算・求め方!日常生活での消費エネルギーを知ることはダイエット成功のカギ!

ダイエットをするためには、1日の消費エネルギーをきちんと知ることが大切です。消費エネルギーを把握していないと、ダイエットは成功しません。&n

fruits-82524_640

食べ過ぎの原因は?次の日にリセットできる対処法6つも徹底解説

「つい食べ過ぎてしまった!」と後悔することはよくあることですよね。食べ過ぎてしまった人は、「太ってしまうけど、食べ過ぎたんだから仕方がない」

13129822_125579434513614_1836042750_n

皮下脂肪の落とし方とは?多い原因や減らす5つの方法を徹底解説【運動による脂肪燃焼と食事が大事!】

皮下脂肪は、いわゆる見た目のスタイルを悪くしている脂肪です。皮膚の下につくので皮下脂肪と呼ばれます。内臓の周りに着く内臓脂肪と構造は同じです

HAPIETトップページに戻る

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]はダイエット情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法に関する情報などをまとめています。