img_keigan-300x252

子宮体癌の症状や原因・ステージ別生存率・治療法・予防法まとめ!不正出血を見逃すな!

近年、日本女性の間で増えているがんが子宮体癌です。子宮体癌は早期発見できれば、治療成績が良く、予後が良いがんです。

 

子宮体癌になるとどんな症状が出るのか、どんな人が子宮体癌になりやすいのか、ステージ別の生存率、治療法、予防法などをまとめました。子宮体癌に関する正しい知識を身につけて、もし子宮体癌になったらすぐに対処できるようにしましょう。

子宮体癌とは?

img_taigian01

出典:jsog.or.jp

 

子宮は受精卵が着床して赤ちゃんを育てる子宮体部と、膣と子宮体部をつなぐ産道の一部となる子宮頸部に分けることができますが、子宮体癌は子宮体部にできるがんです。

 

子宮体癌は赤ちゃんのベッドになり、生理が来ると剥がれ落ちて経血となる子宮内膜にできるがんですので、子宮内膜がんとも呼ばれます。

 

厳密には、子宮体癌には子宮内膜がんと子宮肉腫の2種類がありますが、子宮体癌の95%以上は子宮内膜がんなので、子宮体癌というと子宮内膜がんを指すようになっています。

 

 

子宮体癌は増えている!

子宮体癌を発症する日本人女性は増えています。

 

sikyuut

 

以前は子宮のがんの5分の1の頻度であるとされていましたが、最近は子宮のがんの半分くらいの数を占めるようになりました。

 

引用:岩手医科大学 腫瘍センター|治療内容・成績|子宮体がん

 

子宮体癌の罹患数が増えているのは、食生活の欧米化や未婚率の上昇が関係していると言われています。

 

 

子宮体癌は40~50代に多いがん

sikyu

出典:city.nagoya.jp

 

子宮頸がんは30代後半がピークで20代でも発症する人が多いという特徴がありますが、子宮体癌は年配の女性が発症しやすいがんです。

 

子宮体癌は閉経前後の40代後半から増え始め、50代前半から後半にかけてが発症のピークを迎えます。

 

 

子宮体癌のステージ別の状態

子宮体癌のステージ別の状態を知っておきましょう。

 

進行度

がんの広がり

0期

 子宮内膜の異型増殖状態(正常の細胞とは違う異型細胞といわれる細胞  が増えている状態)を認めるもの

Ⅰ期

 がんが子宮体部にのみ認められるもの

 

Ⅰa

 子宮内膜のみ

Ⅰb

 がんの子宮筋層への浸潤が筋層の1/2以内

Ⅰc

 子宮筋層への浸潤が筋層の1/2を越える

Ⅱ期

 がんが子宮体部を越えて子宮頸部に拡がっている

 

Ⅱa

 頸管内の浸潤が粘膜内

Ⅱb

 頸管内の浸潤は粘膜を越えて深く浸潤

Ⅲ期

 がんが子宮外に拡がっているが、骨盤の外には拡がっていないもの、ま  たは骨盤内あるいは大動脈周囲のリンパ節に転移を認めるもの。

 

Ⅲa

 がんが子宮の外の膜や骨盤の腹膜あるいは卵巣卵管に転移しているもの、 あるいは腹水の中にがん細胞の認められるもの。

Ⅲb

 腟壁に転移を認めるもの

Ⅲc

 骨盤内、動脈周囲のリンパ節に転移、もしくは、基靭帯に浸潤

Ⅳ期

 がんが骨盤を越えて身体の他の部位へ拡がるか、または膀胱、あるいは腸

 の内腔を侵すもの。

 

Ⅳa

 膀胱あるいは腸の粘膜まで浸潤

Ⅳb

 骨盤を越えた遠隔臓器転移、あるいは腹腔内や鼠径部のリンパ節に転移

 

 

子宮体癌の症状

5f5c12d90f288846328d2004a18a314f_s

 

子宮体癌の初期症状は、不正出血です。生理以外の時期に出血があったり、閉経しているのに出血があったという場合、子宮体癌の可能性があります。

 

子宮体がん患者さんの約9割が「性器不正出血」を主訴として初めて婦人科を受診し、約6〜7割が早期がんで発見されます。

 

引用:岩手医科大学 腫瘍センター|治療内容・成績|子宮体がん

 

子宮体癌は50代以上で発症することが多いので、閉経後に出血があったら子宮体癌を疑いましょう。また、40代後半で更年期の女性の場合、生理不順なのか不正出血なのか見分けがつきにくいこともありますが、早めに婦人科を受診してください。

 

不正出血以外の子宮体癌の症状には次のようなものがあります。

・おりものが増える

・おりものが茶褐色になる

・排尿痛

・排尿困難

・性交時痛

・骨盤領域の痛み

 

子宮体癌の患者さんは、ほとんどが不正出血の症状が現れますが、不正出血以外の症状が出ることもありますので、40代後半以上でこのような症状が現れたら、婦人科を受診して検査を受けましょう。

 

 

子宮体癌の原因、なりやすい人

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

 

子宮体癌の発症には、エストロゲンが関係しています。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、エストロゲンは子宮内膜を増殖させ、プロゲステロンは子宮内膜を増殖を止めるという働きがあります。

 

つまりエストロゲンは内膜を癌化の方向へ進め、黄体ホルモンが正常に引き戻すことで均衡がとれている訳です。この均衡が破れエストロゲンが優位になると体癌の発生率が上昇すると考えられています。

 

引用:診療案内|徳島大学病院産婦人科

 

そのため、エストロゲンにさらされている時間が長ければ長いほど、子宮体癌の発症リスクは高くなるというわけです。

 

子宮体癌になりやすい人、発症リスクが高い人は次のような人です。

1.妊娠・出産の経験がない人
2.閉経が遅い人
3.月経異常、生理不順の人
4.更年期障害の治療出エストロゲンの服用歴がある人
5.肥満の人

 

これらの人は、エストロゲンの分泌期間や分泌量が多いので、子宮体癌になりやすいため注意が必要です。

 

また、肥満の人は脂肪細胞が多くなりますね。脂肪細胞はほかのホルモンをエストロゲンに変える働きがありますので、閉経後も体内のエストロゲン濃度が高くなり、子宮体癌のリスクが上がるのです。

 

 

子宮体癌のステージ別生存率は?

子宮体癌のステージ別生存率は以下のようになります。実測生存率はがんだろうとほかの原因だろうと死因を限定せずに生存率を出したもので、相対生存率は死因をがんのみに限定して計算した生存率のことです。

 

 

5年実測生存率

5年相対生存率

ステージⅠ

 91.9%

 94.8%

ステージⅡ

 88.0%

 90.6%

ステージⅢ

 63.8%

 66.0%

ステージⅣ

 17.8%

 18.6%

不明

 72.9%

 75.8%

出典:がんの統計❜15 公益財団法人がん研究振興財団

 

 

10年実測生存率

10年相対生存率

ステージⅠ

 87.5%

 94.4%

ステージⅡ

 78.8%

 84.2%

ステージⅢ

 52.0%

 55.6%

ステージⅣ

 13.8%

 14.4%

不明

 59.0%

 64.4%

出典:がんの統計❜15 公益財団法人がん研究振興財団

 

子宮体癌の生存率を見てもわかるように、ステージⅠ~Ⅱで発見し、治療を開始すれば、10年後も8割以上は生存できるデータが出ていますので、予後は比較的良いがんと言えるでしょう。

 

やはり早期発見できるかどうかが、予後を大きく左右する要因であることは間違いありません。

 

 

子宮体癌の治療法

子宮体癌は手術療法と放射線療法、化学療法、ホルモン療法の4つがあります。

 

 

手術療法

73d88ea387e68aef6c75d9b446d30427_s

 

手術療法は子宮体癌の治療法の基本で、がんの部分を切除するのと同時に、がんの広がりを確認する診断目的で行います。

 

手術では子宮だけでなく卵巣やリンパ節(骨盤や傍大動脈リンパ)、大網も切除するのが標準的です。手術で子宮や卵巣等を切除して、がんの状態を確認してから、その後の治療方針を決定します。

 

また、手術後は後遺症が残ることがあります。

 

腫瘍が子宮の下部におよんでいると広範子宮全摘術が必要になり、術後に排尿障害がおこります。

 

引用:診療案内|徳島大学病院産婦人科

 

排尿障害は1ヶ月程度の訓練で日常生活に支障がない程度に戻ることがほとんどですが、まれに自己導尿が必要な人もいます。

 

また、便秘やリンパ浮腫などが起こることもあります。さらに、生理がある人が子宮体癌の手術をすると、卵巣も摘出して、女性ホルモンのバランスが大きく変わりますので、発汗やのぼせなど更年期障害のような症状が起こることもあります。

 

 

放射線療法

放射線療法は手術をして子宮外にがんが広がっていることが確認された場合や、がんが広がっていて手術ができない場合に行われます。

 

子宮体癌には放射線療法が効きにくく、直腸や膀胱にも放射線が当たってしまうことで、後遺症が残ってしまうことがありますので、子宮体癌での放射線療法は補助的な治療法となります。

 

 

化学療法

子宮体癌での化学療法は、手術後の追加治療として行われることが多く、手術で子宮外にがんが広がっていたり、手術では対応できないほどがんが進行している場合に抗がん剤を用いての治療が行われます。

 

 

ホルモン療法

子宮体癌が初期段階であり、さらに妊娠出産を望む若い女性が患者だった場合は、ホルモン療法が選択されることもあります。

 

ホルモン療法は黄体ホルモンを投与することで、子宮内膜を正常化し、がんの治療をする方法になります。ただ、ホルモン療法は全ての患者さんに効果があるわけではありません。

 

残念ながら半分以上の患者さんには効果がないとされています。効果あるかないかについては、癌の分化度(癌がどれだけ悪い顔つきをしているか)やエストロゲン受容体の有無が指標となります。

 

引用:子宮体がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院

 

 

子宮体癌の予防法は?

子宮体癌を予防するためには、次のことが効果があるとされています。

 

・肥満を解消する

・動物性脂肪は控えめに

・生理不順は放置しない

・低用量ピルを服用する

 

肥満を解消する

b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s

 

子宮体癌はエストロゲンが原因の1つです。脂肪細胞はほかのホルモンをエストロゲンに変える作用がありますので、肥満の人はエストロゲンの濃度が高く、子宮体癌を発症するリスクがあります。

 

子宮体癌を予防するためにも、今日から適正なカロリーの食事を取り、適度な運動をして、肥満を解消しましょう。

 

 

動物性脂肪は控えめに

9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s

 

子宮体癌を予防するためには、動物性脂肪の摂取は控えめにしましょう。近年、日本で子宮体癌を発症する女性が増えているのは、食事の欧米化に伴って、動物性脂肪の摂取量が増えたことが原因とされています。

 

また、動物性脂肪の摂り過ぎは肥満にもつながりますので、動物性脂肪の摂取は控えめにしましょう。

 

 

生理不順は放置しない

更年期になると生理不順が起こりやすくなります。ただ、生理不順があっても「更年期だから」と思って放っておくと、生理不順ではなく実は子宮体癌による不正出血だったとしても気が付かないことがあります。

 

そうすると、子宮体癌はどんどん進行していき、手術ができないほど広がってしまうかもしれないんです。

 

ですから、生理不順だなと思ったら、早めに婦人科を受診して、本当に生理不順なのか、不正出血ではないのかを確認しなければいけません。

 

 

低用量ピルを服用する

b3ad0598e1ca893a60c1fdb38848eb10_s

 

低用量ピルを服用することでも、子宮体癌を予防することができます。低用量ピルは生理不順を整えたり、避妊することを目的に服用しますが、低用量ピルは子宮内膜を薄く保つ働きがありますので、子宮体癌の発症リスクを下げてくれるんです。

 

低用量ピルを10年間飲むと子宮体がんのリスクは2割程度まで低くなるというデータもあります。

 

引用:横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

 

 

まとめ

子宮体癌の症状や原因、ステージ別生存率、治療法、予防法をまとめました。子宮体癌は、初期段階で発見できれば、予後が良いがんです。

 

子宮体癌を初期に発見するには、とにかく不正出血を見逃さないことです。不正出血を見逃さずに婦人科を受診すれば、初期段階で発見できることが多いので、生理じゃないのに出血があるという人は、すぐに婦人科を受診して下さい。

 

不正出血=子宮体癌というわけではなく、他の病気の可能性もありますが、それでも不正出血は身体の異常によるものですので、身体をチェックする良い機会と思って婦人科で検査を受けましょうね。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

50af07e33ee380d84e12295d33503167_s-200x300

卵巣がんの症状・原因・ステージ別生存率・治療法まとめ【早期発見は困難?】

女性ホルモンを分泌する卵巣に起こる卵巣がんは、女性特有のがんです。卵巣がんは早期発見が難しいがんの1つで、発見した時にはかなり進行した状態で

3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s-300x199

おりものの臭いが異常な6つの原因と6つの病気、5つの対処法

「おりもののがなんか臭う」と感じた場合、周囲の人にその臭いに気づかれないかどうか不安になりますし、何か病気が原因かもと心配になりますよね。

244506-300x300

【不妊の原因?】骨盤腹膜炎の原因や症状・治療法・予防法まとめ【再発しやすい?】

骨盤腹膜炎という病気を聞いたことがあるでしょうか?骨盤腹膜炎は、子宮や卵巣の炎症が原因で骨盤腹膜に炎症を起こした状態です。   骨

8239488923a929b37410453831b11a22_s-204x300

【乳房の病気?】女性の胸の痛みの3つ原因と5つの病気まとめ【乳房以外の可能性も】

女性が胸の痛みを感じたら、どんな病気の可能性があるのでしょうか?「女性の胸の痛み」というと、まずは乳房の病気を疑います。でも、乳房の病気以外

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s

【低温期】生理前の基礎体温&測り方と測るメリットまとめ【高温期】

生理前の体温がどのくらいか、あなたは自分で把握していますか?女性は基礎体温を測っておくと、生理前に「それそろ生理が来るな」というのがわかるの

関連する記事②

女性7

結婚できない女の特徴5つ!3つの原因と改善策も知って現状を打開しよう

なかなか結婚できないことから不安に感じている女性も多いのではないでしょうか。 今回は、結婚できない女性の特徴や原因、改善策について

5742c1e5bf428e8a594d81dc949874cb_s-300x200

【気持ち悪い】吐き気・嘔吐の原因と5つの対処法

「気持ち悪い」と感じて吐きたいと思ったり、実際に嘔吐してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか? 「たかが吐き気」ですが、実は

06247972738502afa10dc766032ac2aa_s

外反母趾の原因と5つの症状・予防法!ハイヒール靴や歩き方が原因!?

外反母趾に悩んでいる女性は多いと思います。外反母趾になると、おしゃれな靴が履けなくなってしまいますので、外反母趾はぜひとも予防したいところで

82923397b56bdfba93dcc860c97a544e_s

【病気?】やる気が出ない8つ原因と対処法10選【仕事も家事も嫌】

「仕事にやる気が出ない」、「家事をやりたくない」とやる気が出ないことに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?仕事をやらなくてはいけない、で

obesity

ウエスト・お腹痩せダイエット方法!ぽっこり肉付く原因も徹底解説!

ウエストなどのお腹周りは、少し食べただけでもすぐお肉がつきやすいと思いませんか。薄着の季節などはお腹がぽっこりしているということも、誰もが経

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。