sunglasses-2523803_640

日焼けの対処法!原理や症状と原因・7つの治療法まとめ【やけど】

うっかり日焼けをしてしまった人は、「どうしたら良いのだろう?治療は必要なのかな?」と不安になってしまうと思います。

 

日焼けをしたら、正しい対処をすることで、肌へのダメージを最小限にすることができます。うっかり日焼けをしてしまった時のために、日焼けの症状と原因、対処法・治療方法をまとめました。

日焼けの症状

「日焼け止めクリームを塗り忘れた!」、「突然レジャーに連れていかれた!」のようなときは、日焼けをしてしまいますよね。

 

日焼けをすると、どんな症状が出るのかを詳しく見ていきましょう。

 

 

日焼けはやけど

sunglasses-2523803_640

 

日焼けはやけどです。日焼けなんて、たいしたことないでしょ?と思うかもしれませんが、日焼けはやけどをしているのと同じなのです。

 

日焼けをすると、皮膚に熱が加わっているので、やけどをしたのと同じ症状が出ます。やけどにはその重症度によって、Ⅰ度~Ⅲ度に分類されますが、日焼けによるやけどは、基本的にⅠ度です。ただ、ひどい日焼けになると、Ⅱ度になることもあります。

 

・Ⅰ度=皮膚が赤くなり、ヒリヒリするような痛みが出る
・Ⅱ度=皮膚が赤くなり、さらに水疱(水ぶくれ)ができる。痛みも強い

 

これが、日焼けによるやけどになります。

 

 

日焼けで赤くなるのはサンバーン

sunburn-02

 

日焼けをすると、皮膚が赤くなりますね。これは、サンバーンという症状になります。サンバーンは、強い日差しを浴びた後すぐ、数時間後から現れて、8~24時間後に症状のピークを迎え、数日経つと消失します。

 

サンバーンは、次のような症状が出てきます。

・皮膚が赤くなる
・水疱ができることもある
・ヒリヒリとした痛みが出る

 

 

日焼けで黒くなるのはサンタン

aa67c2220f6e8d1698a39bd2e0bf6169_s

 

日焼けをすると黒くなることもありますよね。これをサンタンと言います。サンタンは、強い日差しを浴びても、すぐには症状が現れるわけではありません。

 

サンバーンの症状が落ち着いてきたころ、つまり強い日差しを浴びてから数日後に皮膚が黒くなり始めます。

 

強い日焼けをしてしまった場合は、ここから皮膚の表面が剥離し始め、皮がむけてきます。皮膚の色が戻るには、数ヶ月以上かかります。

 

・皮膚が黒くなる
・皮膚の落屑が起こることもある
・痛みはほとんどない

 

サンタンはこのような症状が現れることが特徴です。

 

 

紫外線によるアレルギー症状が出ることも

e8459959a8478269c764688a8e359f23_s

 

厳密には日焼けとは言えませんが、強い日差しを浴びた時には、アレルギー症状が現れることがあります。光線過敏症ですね。

 

日差しを浴びると、じんましんのような湿疹が出たり、多型日光疹、慢性光線性皮膚炎などの湿疹やかゆみが出ることがあります。

 

 

日焼けの原因は紫外線

日焼けの原因は、ずばり紫外線です。太陽からは、大量の紫外線が降り注いでいて、その紫外線が皮膚にダメージを与えて、日焼けを起こすのです。

 

細かく分けると、紫外線には3種類あります。

 

・UVA
・UVB
・UVC

 

UVCは地表まで届かないので、日焼けとは直接関係ありません。問題は、UVAとUVBです。

 

img_uva_uvb03

出典:jp.rohto.com

 

UVAとUVBはそれぞれ違う日焼けの症状を引き起こします。

 

 

サンバーンはUVBが原因

34c3f2f1916832e8a1132ffbe4328368_s

 

先ほど日焼けの症状で説明したサンバーンは、UVBが原因です。UVBは皮膚の表面にしか届かないのですが、UVBは波長が短く、エネルギーが強いため、皮膚の細胞を傷つけます。

 

細胞が傷つけば、炎症を起こしますので、皮膚が赤くなり、痛みが出てくるのです。また、浸出液が出てきて、水疱が起こることもあります。

 

日焼けをしても、あまり赤くならない人もいますよね。あまり赤くならない人は、メラニン色素がすぐに作られるので、メラニン色素がUVBが皮膚細胞を損傷するのを防ぐことができるのです。

 

UVBによるサンバーンは、皮膚がんやシミの原因になります。

 

 

サンタンはUVAが原因

eb66000e7fb3809bf7d308c060eeec00_s

 

日焼けをして皮膚が黒くなるサンタンは、UVAが原因です。UVAはUVBよりもエネルギーは弱いのですが、その分波長が長く皮膚の奥深くまで届いてしまいます。

 

皮膚の真皮まで届くので、真皮層のコラーゲンなどを変性させて、肌の弾力はハリを失わせてしまいます。

 

また、皮膚の奥まで浸透してきたUVAから肌を守ろうとするため、メラニン色素がどんどん作られて、皮膚が黒くなってしまうのです。

 

 

日焼けをしてしまった時の7つの対処法・治療法

日焼けをしてしまったら、肌へのダメージを最小限にするために、すぐに今からご紹介する対処法や治療方法を実践しましょう。

 

日焼けをすると、赤くなってヒリヒリするだけでなく、シミやしわの原因になりますので、すぐに対処しておかなくてはいけません。

 

 

日焼け直後はとにかく冷やす

782a2616eed54df862c857fc619eb46c_s

 

日焼けをしたら、とにかく冷やしましょう。何度も言っていますが、日焼けはやけどです。やけどをしたら、とにかく冷やさなければいけませんよね。

 

冷やすことで、皮膚の熱を取り去って、炎症を広げずに抑えることができます。そのため、日焼けをしてしまったら、すぐに冷水で冷やしてください。

 

シャワーがあるところなら、冷たいシャワーを日焼けした部分に浴びましょう。シャワーがないなら、冷水で濡らしたタオルを日焼けした部位に当てて冷やすようにしてください。

 

これは、早ければ早いほど効果が高いので、「やばい!日焼けをした!」と気づいたら、すぐに冷やしてください。これは、時間との勝負です!

 

 

しっかり保湿をする

skin-care-1491363_640

 

日焼けをした時の対処法、2つ目はしっかりと保湿をすることです。日焼けした部位を冷やしたら、次はローションやクリームで保湿をしましょう。

 

日焼けをすると、皮膚がダメージを受けていますので、皮膚表面のバリア機能が低下ています。そのため、皮膚の水分がどんどん蒸発していってしまうのです。

 

皮膚の水分が蒸発すれば、肌がカサカサになりますし、新たな皮膚トラブルを招くリスクが高くなりますので、日焼けをしたら肌を守るために、しっかりと保湿をしておいてください。

 

 

水分補給をする

water-2159915_640

 

日焼けをした時には、水分補給を忘れないでください。先ほども言いましたが、日焼けをすると、皮膚表面から水分がどんどん蒸発していきます。

 

自分では水分が蒸発しているのを感じることができない(不感蒸泄)なので、わからないとは思いますが、予想以上に体の水分が失われていきます。

 

特に、日焼けをした時には、暑い環境にいることが多いので、日焼けをするのと同時に汗を大量にかいていることが多いです。

 

脱水になってしまったら、体調不良になりますし、熱中症を併発することもありますので、必ず日焼けをしたら、水分補給をしておいてください。

 

どのくらい飲むべきかは個人によって違いますが、まずは喉の渇きがしっかり癒えるまで水を飲みましょう。

 

その後は、少しずつこまめに水を飲むようにしてください。喉が渇いたと感じている時には、すでに脱水症状は始まっています。日焼けをした日は、早めの水分補給をして置くようにしましょう。

 

 

ビタミンを補給しておく

still-life-2338824_640

 

日焼けをしたら、食事からビタミンを摂取しておくことも大切です。日焼けをした時には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをたっぷり補給してください。

 

 

■ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。

 

■ビタミンC

メラニン色素が作られるのを抑えたり、すでに作られてしまったメラニン色素を還元して、肌が黒くなるのを防ぎます。また、肌の張りを保つコラーゲンの合成に必要なビタミンです。

 

■ビタミンE

ビタミンCの吸収を助けます。また、血行促進作用があるので、ビタミンCが肌に届くのを助けてくれます。

 

このようにビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは日焼けをしたら、ぜひ摂取しておきたい栄養素なのです。

・ビタミンA=レバーやウナギ、緑黄色野菜
・ビタミンC=野菜や果物
・ビタミンE=ナッツやアボカド

 

特に、ビタミンCはどんどん摂取したいビタミンです。食事からは十分に摂取できない時には、サプリメントを利用するのも良いと思います。

 

 

 

刺激を与えない

078c1f05284a057394976db731de5428_s

 

日焼けをした時の対処法、5つ目は刺激を与えないことです。日焼けをした部位は、できるだけ刺激を与えないようにしましょう。

 

先ほど言ったように、日焼けをした部位は肌のバリア機能が低下していて、外部からの刺激に弱い状態になっています。

 

そのため、できるだけ触れないように、刺激を与えないようにしましょう。肌触りが良く、大きめのサイズを着るようにしたり、できるだけ触らないようにする。

 

また、お風呂に入るときも、日焼けをした当日は洗い流すだけにして、決してこすらないようにしてください。

 

刺激を与えると、ヒリヒリした痛みが強くなりますし、炎症が悪化しますので、日焼けをした後はできるだけ触らず、刺激を与えないようにしましょう。

 

 

ビタミンC誘導体配合のローションを塗布する

toner-906142_640

 

日焼けをした時の対処法、6つ目はビタミンC誘導体配合のローションを使うことです。日焼けにはビタミンCを摂取することが大切であることは、先ほど説明した通りです。

 

ビタミンC誘導体というと難しく感じますが、要は化粧水などの中に入れられるように改良したビタミンCと思ってもらえればOKです。ビタミンC誘導体配合のローションは、ビタミンC入りローションのようなものです。

 

日焼けにはビタミンCが欠かせないのですから、内側からビタミンCを摂取するだけでなくて、外側からもビタミンCを摂取すれば、より一層効果が高くなるというわけです。

 

お風呂上りと朝起きた時に、日焼けした部位にビタミンC誘導体配合のローションをつけるようにすると、肌の炎症がすぐに収まりますし、サンタンの症状が起こりにくくなります。

 

 

サンバーンがひどい時は早めに皮膚科へ

ed3c60a65ed606bdd6d368072e02b722_s

 

日焼けをした時には、治療が必要な場合もあります。治療が必要な日焼けはサンバーンがひどい時ですね。

 

水ぶくれが複数できてしまった時、ヒリヒリとした痛みが強くて眠れないような時、2日間経ってもサンバーンの症状の改善が見られない時には、早めに皮膚科を受診してください。

 

皮膚科出の治療法は、炎症を抑えるような外用薬を処方してもらえます。主に次のような薬ですね。

 

・ステロイド薬
・非ステロイド性消炎鎮痛薬
・酸化亜鉛

 

 

このような薬を処方してもらい、塗布しておくと、早めに治すことができます。何度も言いますが、日焼けはやけどです。

 

やけどをしたら、皮膚科を受診しますよね。だから、日焼けで皮膚科を受診して治療するのは、何もおかしいことはないのです。

 

 

まとめ

日焼けの症状や原因、対処法・治療方法をまとめました。日焼けはやけどです。まだ、美容の大敵ですし、最悪の場合、皮膚がんの原因になることもありますので、日焼けをしてしまったら、すぐにご紹介した対処法を実践しましょう。

 

そして、何よりも日焼けをしないこと、日焼けを予防することが、日焼けの一番大切な対策ですので、夏だけでなく一年中、日焼けの予防対策をしておきましょうね。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

1aa9c7f4982545bb631f544fe4df1a21_s

【色白】肌を白くする9つの方法まとめ【美白】

透き通るような白い肌に憧れている女性は多いですよね。「色白は七難隠す」と言われているように、色白の肌を持っているだけで、美人度は大きくアップ

acne-1606765_640

脂性肌の特徴と7つの原因&スキンケアの改善・対策・治し方6選

脂性肌の人は、いつも顔がテカってしまうとかニキビがたくさんできるなどの肌トラブルに悩んでいますよね。脂性肌の人は、「遺伝だし」とか「体質だし

202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s

ニキビ跡の原因&赤みなどを消す7つの直し方【クレーター治療】

ニキビがようやく治ったと思ったら、ニキビの後が赤くなってしまったという悩みを持っている人はいませんか? ニキビが治ったのに、ニキビ

71oqfG+LAxL._SL1280_

オロナインはニキビに効果ある?ない?成分や効能からその答えを徹底解説

吹き出物やニキビには、オロナインを塗ると良いと言われていますが、本当なんでしょうか?家庭の救急箱には、高確率で入っているオロナイン。&nbs

8b5cd1fd1fde897442a093494d649184_s

【赤肌】肌の赤みの2つの原因&12個の対処法まとめ

肌が赤いと恥ずかしいですよね。「なんで、私だけこんなに肌が赤いんだろう?」と悩んでいる女性も多いと思います。 肌の赤みは改善するこ

関連する記事②

74b5b8c484dc575028a72fafa10648a6_s

高熱の原因になる11個の病気&4つの対処法まとめ

突然高熱が出た場合、「どうして熱が高いんだろう?」とか「どうすれば良いんだろう?」と不安になると思います。 高熱が出た時は適切な対

764a85a753b02952af7cb9cee2faa43d_s

白髪ができる場所と原因・対処法まとめ【頭頂部・生え際・後頭部】

鏡を見た時に、白髪を発見するとショックですよね。でも、白髪ってなぜか同じ場所に生えているような気がしませんか? 実は1ヶ所に集中し

e46332e9e96ff469a51336cf5676dafd_s

【肌荒れ】肌が汚い14の原因&9つの改善・対策法【早く治したい人必見】

肌が汚いことで悩んでいる人は多いですよね。肌荒れがあって、肌が汚いと、どんなにメイクに気を使っても、どんなに素敵な笑顔をしても、その魅力は半

1bb0dea79d35569f022a7432afb0f9fe_s-199x300

【いつから】妊娠時のつわりの時期は?症状を軽減する対処法13選まとめ【いつまで】

妊娠を喜んだのもつかの間、つわりに苦しむ女性は多いですね。つわりは妊娠したことによる生理現象の一種ですが、だからといって放っておくと、おなか

backside-1867037_640

お尻が大きい3つの原因&小さくする7つの方法まとめ【即効性あり!】

お尻が大きいことに悩んでいる女性は多いですよね。キュッと引き締まった小尻が理想なのに、現実はぜんぜん違うので、ショックを受けているのではない

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。