76a9eecef9aa39c48868c180ef6d846b_s

肩こりの10個の原因や症状・解消法9選のまとめ【病気が原因?】

いつも肩がパンパンで、辛い肩こりに悩んでいる人は多いですよね。肩こりは欧米人にはなく、日本人特有の症状と言われています。

 

多くの日本人を悩ませる症状である肩こりは、上手に解消していかなくてはいけません。肩こりの原因や症状、解消法をまとめました。肩こりに悩んでいる人は、今日からご紹介する肩こり解消法を実践して、長年の悩みである肩こりとサヨナラしましょう!

肩こりの10個の原因

肩こりは肩の筋肉である僧帽筋の血流が悪くなることで、硬くなり、コリや痛みが生じている状態です。

 

肩こりに悩んでいる人は、まずは肩こりの原因を知りましょう。肩こりの原因は、次の10個が考えられます。

・長時間同じ姿勢
・姿勢が悪い
・ストレス
・目の疲れ
・寒さ
・筋肉疲労
・内臓疾患
・高血圧や低血圧
・整形疾患
・更年期障害

あなたの肩こりの原因は、この10個の中のどれでしょうか?1つ1つ詳しく説明していきます。

 

 

長時間同じ姿勢

chair-1866784_640

 

肩こりの原因の1つ目は、長時間同じ姿勢でいることです。デスクワークの人は、これが肩こりの原因かもしれません。

 

長時間同じ姿勢でいると、肩の筋肉を動かさないことになります。そうすると、肩の筋肉は常に緊張状態でいることを強いられますので、肩の筋肉の血流が悪くなり、肩こりが生じてしまうのです。

 

 

姿勢が悪い

2e1efac51e0e0c620482ec40f8172a28_s

 

猫背など姿勢が悪い人、無理な姿勢を取り続けている人は肩こりになりやすいので注意が必要です。肩こりは、僧帽筋の緊張などで起こりますが、筋肉はそれぞれが独立しているわけではなく、全身の筋肉は連動して動いています。

 

そのため、身体のどこかの筋肉に無理が生じたら、肩の筋肉にも無理が生じて、負担がかかり、肩こりが生じることがあるのです。

 

猫背の人は肩の筋肉に負担がかかりますし、頬杖をついている人、脚を組んで座る癖がある人なども肩こりが起こりやすくなりますので、注意が必要です。

 

 

ストレス

4c1cb182248190c3ae954c4efeb500b7_s

 

精神的なストレスも肩こりの原因の1つになります。ストレスを感じると、無意識のうちに全身に力を入れていることがあります。嫌なことがあると、奥歯をかみしめることがありますよね。

 

あれは、ストレスで力を入れてしまっているからなんです。ストレスを感じると、肩の筋肉にも力を入れるようになります。そうすれば、肩の筋肉は緊張することになりますので、筋肉の血流が悪くなり、肩こりが起こります。

 

また、ストレスは交感神経を優位にします。脳はストレスを感じると、ストレスに対抗しようとするため、活動や攻撃の神経である交感神経を優位にするんです。

 

交感神経は血管を収縮させますので、肩の筋肉の血流を悪くして、肩こりを悪化させてしまうのです。

 

 

目の疲れ

182e9d674eec26957459472097174270_s

 

目の疲れ、つまり眼精疲労でも肩こりになります。目の疲れは、目の筋肉を緊張させ、さらに首や肩の筋肉を緊張させるので、肩こりを引き起こすのです。

 

長時間パソコンをしていたり、スマホを使うと、眼精疲労を引き起こします。また、度が合わない眼鏡やコンタクトも目を疲れさせますし、室内が乾燥していると、ドライアイから目が疲れるようになります。

 

 

寒さ

winter-clothes-62309_640

 

寒さも肩こりの原因の1つですね。寒いと、体に力が入りませんか?筋肉に力を入れて、熱を産生しようとするんです。肩の筋肉に力を入れれば、筋肉が疲れて、肩こりが起こりますよね。

 

また、寒いと血管が収縮します。血管を収縮させて、熱が逃げないようにしています。血管が収縮すれば、肩の筋肉の血流が悪くなりますので、筋肉が硬くなって、肩こりを起こすんです。

 

 

筋肉疲労

76a9eecef9aa39c48868c180ef6d846b_s

 

肩の筋肉が疲労することも、肩こりの原因です。例えば、重いものを日ごろから持っていたり、肩掛けのショルダーバッグを持っていたりすると、肩の筋肉に負担がかかります。

 

それでなくても、肩の筋肉は3~4kgの頭を常に支えているので、肩の筋肉は常に酷使されていて、肩こりが起こりやすいのです。

 

 

内臓疾患

5f357fb7a5c757d62d7245208d19177d_s

 

内臓疾患も肩こりを引き起こすことがあります。例えば、狭心症や心筋梗塞は、強い痛みではなく、肩のだるさや鈍い痛みを感じることがあります。これは、狭心症や心筋梗塞が原因で、血流が悪くなるために起こるんです。

 

また、肝疾患や胃腸の病気などでも、肩こりが起こることがあります。

 

 

高血圧・低血圧

高血圧や低血圧も、肩こりの原因になることがあります。特に、低血圧の人は、慢性的な肩こりに悩まされることが多いですね。低血圧になると、血流が悪くなりますので、肩の筋肉の血流が悪くなり、肩こりが起こるのです。

 

高血圧は基本的に自覚症状がない病気ですが、高血圧による随伴症状で肩こりが起こることがあります。

 

 

整形疾患

肩こりは整形疾患が原因になることもあります。四十肩や五十肩は肩こりのような症状を引き起こしますね。また、変形性頚椎症になると、首の負担が肩にかかりますので、肩こりが起こりやすくなります。

 

 

更年期障害

09dec02ea8c2a6347ae7e733b38c7ef5_s

 

更年期障害でも、肩こりを引き起こします。50歳前後で起こる更年期障害は、ホルモンバランスの乱れから、自律神経のバランスが乱れることが原因で起こります。

 

そうすると、体調が崩れやすくなり、肩こりの症状が出てくることがあるんです。

 

 

肩こりの症状

肩こりは、肩の痛みや重さなどが主な症状になります。

 

首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うことがあります。
肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、首の後ろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋という幅広い筋肉がその中心になります。

 

引用:「肩こり」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

stiffed_neck_01

出典:joa.or.jp

 

肩こりの症状は、肩の痛みや多さなどですが、肩こりがひどくなると、肩の症状以外にも様々な症状が起こってきます。

・目の奥の痛み
・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・めまい
・手足のしびれ
・首の痛み

肩こりはこのような症状も引き起こすリスクがあり、肩だけではなく、全身に悪影響を及ぼす可能性があるため、できるだけ早く肩こりを解消する必要があります。

 

 

今すぐできる肩こりの解消法9選!

肩こりに悩んでいる人は、今からご紹介する肩こり解消法を試してみましょう。肩こりを解消したら、身体が軽くスッキリしますので、ぜひ肩こりを解消するようにしてください。

 

今からご紹介する肩こり解消法は、簡単にできるようなものばかりですので、できるものから始めてみましょう!

 

ビタミンB群を摂取する

ham-2063533_640

 

肩こり解消法、1つ目はビタミンB群を摂取することです。肩こりは肩の筋肉が疲労した状態ですので、肩の筋肉の疲労を取ってあげると、肩こりを解消することができます。

 

ビタミンB1は疲労を回復させて、代謝を助けるビタミンですので、肩の筋肉の疲労を回復させて、肩こりを解消することができるのです。

 

そのため、ビタミンB1は肩こりを解消するためには、欠かせない栄養素なんです。

・豚肉
・大豆
・ウナギ
・ハム、ベーコン
・大豆
・海苔

これらの食品から、ビタミンB1をたっぷり摂るようにしましょう。

 

また、肩コリにはビタミンB1だけでなく、タンパク質をエネルギーに変えるビタミンB6や神経の修復に欠かせないビタミンB12も摂っておきたいビタミンです。

 

ビタミンB6はニンニク、かつお、マグロ、鶏肉などに含まれていて、ビタミンB12は肉類や魚類、レバー、貝類などに含まれています。

 

 

ビタミンEを摂取する

almonds-768699_640

 

肩こりを解消するためには、ビタミンEを摂取しましょう。ビタミンEは血行促進効果がありますので、肩こりを解消してくれるんです。

 

血行を促進すると、肩の筋肉の疲労物質をすぐに血液が回収してくれて、十分な酸素と栄養を運んでくれるので、肩の筋肉が元気な状態になり、肩こりが解消しやすくなります。

 

ビタミンEは次の食品に多く含まれています。

・アーモンドなどのナッツ類
・ウナギ
・アボカド
・オリーブオイル

これらの食品からビタミンEをたっぷり摂るようにしましょう。

 

 

ストレッチで肩の筋肉を動かす

肩こり解消法、次は簡単なストレッチで肩こりを解消しましょう。肩こりは、肩の筋肉を動かさないことで起こります。肩の筋肉をしっかり動かして、肩の筋肉をほぐしてあげることで、肩こりを解消することができるんです。

 

ストレッチは肩の筋肉を動かしてあげれば、基本的にはどんなものでも構いませんが、肩こり解消に効果があるストレッチを2つご紹介します。

 

 

<肩こり解消ストレッチのやり方>

1.スポーツタオルを用意して、たたんで床に置く

2.肩の下にスポーツタオルがくるように、仰向けに寝る

3.スポーツタオルを敷いていない方の腕を肩に沿える

4.タオルを敷いている方の腕を上にゆっくり上に伸ばす

5.腕の目安は肘を肩と同じ高さにして、肘を90度に曲げる

 

 

 

<肩甲骨はがしで肩こり解消ストレッチ>

1.手を肩に当てる

2.手を上下・前後・グルグル回すだけ

3.手を上にあげる時には息を吸って、下げる時には吐くようにする。これを4回行う

4.手を後ろに引く時は息を吸う、前に持ってくる時に吐く。これを4回行う

5.手を後ろ回しに4回回す。これも、呼吸を意識して行う

 

夜寝る前やテレビを見ながら簡単に行えるストレッチですので、肩こりに悩んでいる人、特にデスクワークなどで、同じ姿勢を長時間続けている人は、毎日できる範囲でストレッチを行うようにすると良いでしょう。

 

 

ストレスを解消する

4e0aeabcccb9ad8cb8f095177a857ee5_s

 

肩こり解消法、次はストレスを解消することです。ストレスは肩こりの大敵ですので、ストレスを感じている人はストレスを解消して、肩こりも一緒に解消してしまいましょう。

 

ストレスを解消すれば、肩の筋肉に力を入れることもなくなりますし、自律神経のバランスが整いますので、肩こりが起こりにくくなります。

 

ストレス解消法は、あなたに合ったもので構いません。大声で歌ったり、泣けるドラマを見たり、友達とおしゃべりをしたり、ショッピングに行ったり、温泉にゆっくり入ったり。

 

自分なりのストレス解消法を探しておくと良いでしょう。

 

 

肩を温める

7fa1de8d7f37adcda21357d994f40ef4_s

 

肩こりを解消するためには、肩を温めることも大切です。肩が冷えると、肩に力が入ってしまいますし、血行が悪くなりますので、肩こりが悪化します。

 

そのため、次のようなことをして肩を温めてください。

・湯船に入って入浴する
・肩の露出は避ける
・蒸しタオルや使い捨てカイロで温める

特に、冬はおしゃれだからといって、肩を出すような服を着ずに、しっかり着込んで肩を冷やさないようにしましょう。

 

 

規則正しい生活を送る

breakfast-848313_640

 

規則正しい生活を送ることも、肩こり解消のためには大切なことです。規則正しい生活を送ると、自律神経のバランスが整いますので、血行が良くなり、体調が改善して、肩こりが楽になるんです。

・早寝早起き
・質の高い睡眠をとる
・適度な運動をする
・1日3食栄養のある物を食べる

このような生活を送っていると、自律神経のバランスが整います。そうすれば、自然に肩こりが解消していくでしょう。

 

 

デスクワーク環境を整える

デスクワークの人は、机周りの環境を見直してみましょう。椅子の高さ、パソコンの位置、机の高さ、パソコンの画面の明るさなどは快適な状態でしょうか?

 

デスクワーク無理な姿勢を取っていると、肩こりが悪化してしまいます。

 

fig11_tcm102-1602542

出典:fujitsu.com

 

今までデスクワークの環境にこだわっていなかったという人は、ぜひ一度見直してみましょう。そうすれば、自分でも驚くほど肩こりが楽になるかもしれません。

 

 

マッサージをする

7c3a599e7a53480ea016224562fc07c6_s

 

肩こりがひどくて、頭も痛いし、身体がガチガチになっているという人は、マッサージをすると良いでしょう。自分でマッサージをするのも良いですが、自分で肩のマッサージをすると、マッサージをする腕や肩が疲れて、余計に肩こりがひどくなる可能性があります。

 

そういう場合は、お金はかかりますが、専門のマッサージ屋さんに行きましょう。専門家にマッサージをしてもらうと、それだけ筋肉のコリをほぐすことができて、肩こりを解消しやすくなります。

 

また、マッサージを他人にしてもらうと、リラックスすることができますので、ストレス解消にもなるんです。

 

 

病院を受診する

be2df5fec6503f0b70a62570ad734b4a_s

 

ご紹介した肩こり解消法を実践しても、全く肩こりが良くならないという場合は、病院を受診すると良いでしょう。あなたの肩こりは病気が原因の可能性があります。

 

肩こり以外の症状はないという場合は整形外科を、肩こり以外にも気になる症状があるという場合は内科を受診すると良いでしょう。

 

 

まとめ

肩こりの原因や症状、解消法をまとめました。肩こりは、日常生活のちょっとしたことが原因のことが多いのですが、心筋梗塞など恐ろしい病気が原因のこともありますので、注意が必要です。

 

肩こりは全身に悪影響を及ぼしますので、早めに肩こりを解消しましょう。そして、ご紹介した方法を実践しても肩こりが良くならない場合は、病院を受診して、きちんと検査を受けたほうが良いと思います。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

b713e1f223d4322a4314a0825947b361_s

むくみと体重の関係&解消できる食事・運動・マッサージ方法を徹底解説!

むくみが出ると、全体的にぼんやりと太ったように見えますよね。ふくらはぎがむくむと、ブーツが入らなくなりますし、顔がパンパンにむくむと、顔がい

8ed3b2176194ddf0291ecdef330597b6_s

太る原因!夜食症候群のメカニズムと治療法【夕食の時間が遅い人は注意】

あなたは、夕食を何時ごろに食べていますか?夕食が遅めの人、夜遅くに食事をする習慣がある人は、夜食症候群かもしれません。 夜食症候群

56733b4c2adeb324833e798108acbbcc_s

関節リウマチの症状や原因、診断基準、3つの治療法まとめ【日常生活での6つの注意点も!】

関節が痛い、朝起きたら関節がこわばるなどの症状がある人は、関節リウマチかもしれません。関節リウマチは関節の痛みや変形が現れる病気ですが、初期

c5b9e1662682c8885d272c239bbf8050_s

XO脚の原因と4つの症状&改善・矯正・治し方6選【目指せ美脚!】

最近、若い女性に増えているのが、XO脚という脚の形です。また、XO脚と似たような足の形に、膝下O脚というものがあります。 XO脚と

c035a2710d321a816e2b8ba396cb622f_s-300x200

【子供に多い?】チック症の種類や症状・治療まとめ【大人でも発症する?】

瞬きが頻回だったり、肩をびくっとさせたりする症状は、チック症が原因かもしれません。チック症は、命に関わるものではありませんが、本人は精神的な

関連する記事②

f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s-1-300x200

赤ちゃん(乳児)の便秘の6つの原因・9つの解消法まとめ!病気が原因の便秘も!?

赤ちゃん(乳児)が便秘になった場合、ママは「なんでうんちが出ないのかしら?」と不安になってしまうと思います。赤ちゃんの便秘を解消するためには

3ae40f53dd72a4e388fe55ad5f12ed43_s-300x200

赤ちゃん(乳児)の咳の8つの原因・6つの対処法まとめ【病院受診の目安あり】

赤ちゃん(乳児)がコンコンと咳をしていると、ママは心配になりますね。「苦しそうに咳をしているけれど、何もしてあげられない、どうしよう?」と不

b1a9571b009354152e59b38a8714bf85_s

無酸素運動の種類と5つのメリットまとめ!痩せない原因は無酸素運動不足?

ダイエットをしようと思って、有酸素運動を頑張ってやっているのに、なかなか痩せないと悩んでいる人はいませんか?痩せない原因は、もしかしたら無酸

766c1a5f417e8807398eac5aa885e1a2_s-300x200

生理が来ない原因11個と5つの対処法まとめ【妊娠?病気?】

生理が来ない場合、すぐに「妊娠?」と思うかもしれませんが、妊娠以外の原因でも生理が来ないことがあります。   生理が来ない原因と対

pancake-1984716_640

糖質依存症の原因や症状&6つの治療・改善方法まとめ

甘いものが大好きで、1日1回は甘いものを食べないとイライラしてしまうという人、またはとにかく白飯が好き、炭水化物が好きという人は、糖質依存症

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。