0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s-300x200

睡眠薬の効果と強さ別4つの種類・副作用と6つの注意点まとめ【正しく服用すれば安全!】

「眠れないから睡眠薬を飲んだ方が良いかな?」と思っても、「睡眠薬を使うのって、なんだか抵抗がある」とか「睡眠薬って危険なんじゃないの?」と思って、睡眠薬を服用することを躊躇してしまう人もいると思います。

 

でも、睡眠薬は正しい知識を持って、正しく服用すれば安全です。睡眠薬の効果や注意点をまとめましたので、睡眠薬について正しい知識を持ちましょう。

市販の睡眠薬の効果は?

mechanism01

出典:ssp.co.jp

 

睡眠薬には市販のものと医師が処方する処方薬の2種類に分類できます。まずは、市販の睡眠薬

の効果について説明していきます。

 

市販の睡眠薬は、厳密には「睡眠薬」ではなく「睡眠改善薬」という分類になります。市販の睡眠薬は、抗ヒスタミン剤の一種であるジフェンヒドラミン塩酸塩を配合していて、その効果で不眠症状を緩和させます。

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩は風邪薬や鼻炎の薬にも配合されている抗ヒスタミン剤です。風邪薬や鼻炎薬を飲むと眠くなることがありますね。あの作用を睡眠改善薬に利用しているのです。

 

ヒスタミンという物質は、ヒスタミン受容体と結合すると覚せい作用を発揮するのですが、睡眠改善薬はジフェンヒドラミン塩酸塩がヒスタミン受容体と結合することで、覚せい作用を抑制して、自然な眠りにいざないます。

 

 

処方の睡眠薬の効果は?

 

3204070bfba3ac0a2e97b34ea9a42094_s

 

では、次に処方の睡眠薬の効果を見ていきましょう。処方の睡眠薬の成分には以下のようなものがあります。

 

・バルビツール酸系

・非バルビツール酸系

・ベンゾジアゼピン系

・非ベンゾジアゼピン系

・メラトニン受容体作動系

・オレキシン受容体拮抗薬

 

この中で、現在の睡眠薬の主流となっているのは、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系です。

 

バルビツール酸系や非バルビツール酸系は昔から使われている睡眠薬で、非常に強い効果があるのですが、あまりに強い効果があるため、呼吸抑制や不整脈など重篤な副作用を引き起こすリスクがあります。

 

耐性・依存性も強いため、すぐにお薬の効きが悪くなったり、飲み続けているとお薬を止められなくなってしまうという特徴があります。

 

引用:睡眠薬の強さの比較。医師が教える睡眠薬の選び方

 

また、バルビツール酸系は大量服用すると、死に至る危険があるので、現在はあまり使われていないのです。

 

それに対し、現在の主流でベンゾジアゼピン系はほどほどの強さを持ちながらも、重篤な副作用がほとんどないため、安全に使える睡眠薬になっています。非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系をさらに安全に改良したものです。

 

ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、GABA受容体に作用して睡眠作用をもたらすので、睡眠薬の効果はしっかりとあるものの、安全性が高いため、医師の指示通りに使えば、依存したり危険なことはないのです。

 

 

睡眠薬の効果時間別の4つの分類

睡眠薬はその効果時間で4つに分類することができます。

 

sleepdrug

 

 

超短時間作用型

超短時間作用型される睡眠薬は、服用してから15~20分程度で効果が現れ、2~4時間で効果が薄れていくタイプの睡眠薬です。

 

このタイプの睡眠薬は、マイスリーやアモバン、ハルシオンなどがあります。この超短時間作用型の睡眠薬は、一過性の不眠や、寝付けない、寝つきが悪いなどの症状に効果があります。

 

5時間後にはほぼ効果はなくなりますので、翌朝に残らずすっきり起きることができるというメリットがあります。

 

 

短時間作用型

短時間作用型の睡眠薬は、服用後30分程度で効果が現れ、6~10時間で効果が薄れていきます。この短時間作用型の睡眠薬は寝つきが悪い人だけでなく、夜中に目が覚めてしまうという中途覚醒や眠りが浅い熟眠障害の人に用いられます。

 

短時間作用型の睡眠薬には、レンドルミンやグッドミン、エバミール、リスミーなどがあります。

 

 

中間作用型

中間作用型の睡眠薬は、服用後1~3時間で最も効果が高くなり、24時間前後で効果が薄れていくタイプになります。

 

中間作用型の睡眠薬は、朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒の睡眠障害の人に処方されることが多いんです。中間作用型の睡眠薬はサイレースやロヒプノール、ユーロジンなどがあります。

 

 

 

長時間作用型

長時間作用型の睡眠薬は、服用してから3~5時間で最も効果が高くなり、その効果は24時間以上続きます。

 

長時間作用型は24時間以上効果が持続しますので、翌朝にも睡眠薬の効果が残ってしまい、翌日も眠気やだるさが残ることがあります。不眠を伴ううつ病の人に処方されることが多くなっています。

 

長時間作用型の睡眠薬にはドラールやダルメートなどがあります。

 

 

睡眠薬の副作用や服用する時の注意点

現在主流となっている睡眠薬は、従来のものと比べると、格段に安全になっています。ただ、睡眠薬を服用する場合は、注意しなければならないことが6つあります。

 

睡眠薬を安全に使用するために、6つの注意点を知っておきましょう。

 

 

服用したらすぐに寝る

91f21decc9e5499b1b461f01fa7bce5d_s

 

睡眠薬の注意点1つ目は、服用したらすぐに寝ることです。これは、特に超短時間作用型や短時間作用型の睡眠薬を服用する時には、必ず守らなくてはいけません。

 

超短時間作用型は15分、短時間作用型は30分で効果が現れますので、服用した後にベッドに入らずに外出したり、家の中で何か作業をしていると、突然効果が現れて、ふらついたり転倒して危険なことがあります。

 

また、記憶があいまいになったり、夢遊病のような症状(意識がないまま食事をしたり、行動したりする)が現れることもありますので、睡眠薬を服用したら、すぐにベッドに入って寝るようにしましょう。

 

 

眠れないからといってもう1錠飲まない

c32562070433ef5931930e38d1405e94_s

 

睡眠薬の注意点の2つ目は、睡眠薬を服用したのに眠れないという場合でも、もう1錠追加で飲まないことです。

 

睡眠薬を飲んだのにも関わらず、なかなか眠れないということもあると思います。だからといって、医師の指示がないのにもう1錠追加で飲むのは絶対に止めましょう。

 

睡眠薬の安易な増薬は、リスク・ベネフィット比が不良であると強く指摘されています。

リスク(=副作用などの危険)が増える割に、ベネフィット(=「よく眠れた」などの効果)が得られにくいのです。

 

引用:睡眠薬の強さの比較。医師が教える睡眠薬の選び方


眠れない時は、頓服として1錠追加してOKという指示があるなら良いのですが、そのような指示がないのに、勝手に1錠飲んでしまうと、依存性が高まったり、耐性がつきやすくなりますので、勝手に追加で飲むのは絶対に止めましょう。

 

 

アルコールはNG

2b74ed868225a7ac444d5e1eeaa55c4e_s

 

睡眠薬を服用する時は、アルコールと一緒に飲むのはNGです。寝付けない場合、寝酒をする人がいますね。そして、そのまま睡眠薬を飲んで寝てしまおうと思うかもしれません。

 

でも、アルコールと睡眠薬を一緒に服用すると、睡眠薬の効果がとても強く出てしまう危険があるんです。そうすると、普段は出ないはずの呼吸抑制が起こったり、夢遊病のような症状が出たりすることもあります。

 

そのため、睡眠薬を服用する時は、体内にアルコールが残っていない状態で服用するようにしてください。

 

 

ほかの薬との併用には注意

89bf49f70a3b545c43c6e4b77968354c_s

 

睡眠薬を飲むときは、他の薬との併用に注意してください。ほかの薬と一緒に飲むと、効果が強くなったり、逆に弱くなったり、めまいや幻聴などの副作用が現れることがあります。

 

医師から睡眠薬を処方される時は、他に服用している薬があったら、必ず自己申告しましょう。また、睡眠薬を服用している人が市販薬を買う時は、薬剤師に相談してからにしてください。

 

 

持ち越し効果に注意する

eec70b5fbd3df3e731cf9497e698f703_s

 

睡眠薬服用の注意点、次は持ち越し効果に注意することです。持ち越し効果とは、睡眠薬の効果が翌朝以降にも残ってしまうことです。これは、超短時間作用型の睡眠薬では起こりにくいのですが、短時間作用型、中間型、長時間作用型の睡眠薬では翌朝以降に効果が持ち越されます。

 

日中にも眠気が出たり、ふらつき、脱力感が現れることもあります。飲みすぎると、午前中の記憶がないなどの健忘症状が出ることもある

 

引用:不眠症-新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック


そのため、短時間作用型、中間型、長時間作用型の睡眠薬を初めて飲む場合は、翌日午前中の予定がない日に飲むようにしましょう。

 

 

自己判断で薬を中止しない

睡眠薬を服用する時の注意点、最後は自己判断で睡眠薬の服用を止めないことです。「最近は調子が良いから」と医師に相談せずに、自己判断で睡眠薬の服用を中止してしまうと、今までよりもより強い不眠に悩まされることがあります。

 

特に、長期間睡眠薬を飲んでいる場合は、いきなり睡眠薬を飲まなくなることで、より強い不眠と共に、頭痛やしびれ、めまい、不安などの退薬症状が現れることがあります。

 

薬を止める時は徐々に量を減らしていき、最後は不眠時だけ服薬するようにして治療を終えます。

 

引用:不眠症-新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック


もし、睡眠薬の服用を止めたい時は、必ず医師に相談して、薬の量を調整してもらうようにしてください。

 

 

まとめ

睡眠薬の種類や効果や副作用、注意点をまとめましたが、いかがでしたか?睡眠薬に対するマイナスイメージを払しょくできたでしょうか?

 

確かに、一昔前の睡眠薬はリスクが伴うものでしたが、現在の睡眠薬は重大な副作用がほとんどなく、正しい用量・用法を守って服用すれば危険はなく、むしろ質の高い睡眠を得ることができるのです。

 

眠れないと悩んでいる人は、睡眠薬を飲むと驚くほどグッスリ眠れることがあります。夜にぐっする眠ることができれば、健康維持にも役立ちますし、仕事や勉強の効率もアップします。

 

眠れない悩みを持っている人は、総合内科や心療内科を受診して、医師に睡眠薬の服用を相談してみてはいかがでしょうか?

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s-300x199

自律神経失調症とは?症状と4つの原因、7つの治し方まとめ!【チェック一覧あり】

「最近、なんだか体調が悪い」という人はいませんか?すぐに病院を受診しなくてはいけないほどの深刻な症状ではないけれど、体調が優れないという人は

03f467ce76d5db64e25711ed506be302_s-300x200

注意欠陥障害(ADD)の原因・特徴と症状・大人の仕事のポイントまとめ【チェックリストあり】

忘れ物が多い、1つのことをやり遂げられない等の症状があって、なかなか社会になじめない、仕事が続かないという人は、注意欠陥障害(ADD)かもし

d578f1e9a695bd0302a78ac04fb52682_s-300x169

ギャンブル依存症の特徴と原因、克服対策法や治療法まとめ

ギャンブルにはまっている、ギャンブルで負けてお金が無くなったのに、またすぐにギャンブルがしたくなるという人は、ギャンブル依存症かもしれません

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s-300x200

【過食嘔吐】摂食障害の症状・5つの原因・克服と治療法まとめ【チェックリストあり】

「太るのが怖くて食べたくない」、「食べたことを後悔して吐いてしまう」という症状がある人は、摂食障害かもしれません。摂食障害は、放っておくと死

8420d92a8c147019be31e1e7b11144d2_s-300x200

コミュ障の特徴と症状・克服・治療法まとめ!治し方・仕事のポイントも徹底解説します

周囲の人と上手くコミュニケーションが取れないと、円滑な社会生活を営むことができませんので、本人はとても苦痛を感じています。 コミュ

関連する記事②

shorts-983901_640

キャビテーションの原理とダイエット効果&副作用や危険性まとめ

スリムな身体は、年代問わず多くの女性が憧れるものです。そのため長年ダイエットを頑張っている、なんていう方もいるでしょう。そんな日々ダイエット

石器時代1

パレオダイエットの方法と4つの効果!食事例とレシピも徹底紹介

パレオダイエットに興味はありますか? 原始人食ダイエットとも呼ばれているユニークなダイエット方法ですが、なかなか一理ありそうですよ

51imyx7fjNL._SL1250_

自宅で光脱毛の効果と6つのトラブル&対処法まとめ!痛みはある?

光脱毛をするためには、脱毛サロンやエステに通わなくてはいけないと思っていませんか?脱毛サロンやエステに通うことも光脱毛のための1つの手段です

Girl on diet

【1日】プチ断食ダイエット3つの効果・正しいやり方まとめ【週末にできる!3つの注意点あり】

プチ断食ダイエットってご存知ですか?  文字通り、ちょっとした断食を行うダイエットなのですが、ダントツ人気は週末に行うプチ断食です

ランジ2

ランジで筋トレ!4つの効果・種類とやり方まとめ【参考動画あり】

ランジについての情報をお探しですか? ランジって実は1種類だけでなく、バリエーションがいくつかあるのです。それらも総合的に行うこと

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。