eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s-300x214

パニック障害の症状・原因・なりやすい人の特徴・治療法・予防法まとめ【パニック発作】

突然息苦しさを覚え、「私、このまま死ぬのかも」という不安を覚える発作に襲われる病気をパニック障害といいます。

 

パニック障害で死ぬことはありませんが、本人は「死ぬかも」という不安や恐怖に襲われるため、日常生活に支障が出るようになります。

 

パニック障害の症状や原因、なりやすい人の特徴、治療法、予防法などをまとめました。パニック障害の正しい知識を身につけて、適切に対処しましょう。

パニック障害とはどんな病気?

b775dcd7d37b171314a5ea167b9a1759_s

 

パニック障害とは突然の息苦しさや動悸、めまいなどの症状と共に、死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われる病気で、不安障害の1つに分類されています。

 

パニック障害の発作で実際に死ぬことはないのですが、本人は「死んでしまう」と思うほどの不安に襲われますし、その不安は自分ではコントロールできないほどのものです。

 

そのため、パニック障害になると、「怖くて外出できない」など日常生活に支障が出てきてしまうのです。

 

厚生労働省の調査によると、パニック障害の有病率は0.8%ですので、100人に1人程度はパニック障害を発症するという計算になります。そのため、パニック障害は決して珍しい病気ではないのです。

 

また、パニック障害の患者さんは男性よりも女性に多く、男女比は1:2.5となっています。

 

パニック障害は精神疾患の1つであり、決して「甘えている」、「気持ちが弱いだけ」というわけではないのです。

 

 

パニック障害の症状

パニック障害の症状はパニック発作と予期不安、広場恐怖の3つに分けることができます。それぞれどんな症状なのかを、1つ1つ見ていきましょう。

 

 

パニック発作

1697beb629ac8660ba911ea2fe6a8007_s

 

パニック発作とは、パニック障害の特徴的な症状で、激しい不安感や不快感などと共に、次のような身体症状が現れます。

 

1.動悸、心悸亢進、または心拍数の増加

2.発汗

3.身震いや震え

4.息切れ感又は息苦しさ

5.窒息感

6.胸痛または胸部不快感

7.嘔気または腹部不快感

8.めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、又は気が遠くなる感じ

9.現実感消失(現実でない感じ)、または離人症状(自分が自分でない感じ)

10.コントロールを失うのではないか、または気が狂うのではないかという恐怖

11.死ぬのではないかという恐怖

12.異常感覚(感覚まひまたはうずき感)

13.冷感または熱感

 

引用:表2 パニック発作の診断基準|メンタルヘルス|厚生労働省

 

不安と共に現れるこのような症状は、自律神経症状が現れることが特徴です。自律神経は心臓を動かしたり、汗を出す、呼吸をする、胃腸を動かすなどをコントロールしていますが、この自律神経がパニック発作と共に乱れてしまうために、このような身体症状(自律神経症状)が現れるのです。

 

このパニック発作は、発作が起こってから数秒から数分以内に一気にピークに達して、10~30分で治まります。

 

発作が起こっている間は、「このまま死んでしまう」という恐怖や不安に支配されますが、実際にパニック発作で死んだ人はいませんし、後遺症が残ることもありませんので安心してください。

 

 

予期不安

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

 

予期不安とは、「またパニック発作が起こったらどうしよう」という次の発作が起こることに不安を感じる症状です。

 

パニック発作で死ぬことはありません。でも、本人にとっては「またあの発作に襲ってくるかもしれない」、「今度こそ死ぬかもしれない」、「気が狂ってしまうかもしれない」と怖くて怖くて仕方がないのです。

 

特に、パニック発作を何度も繰り返していると、予期不安はどんどん増大していきます。

 

予期不安は、発作が起こっていない間は、ずっと「パニック発作が起こったらどうしよう?」と心配し続け、そのことばかりを考えてしまうこともありますし、「仕事中に発作が起こったら困るから」と仕事を辞めるなど不安に関係した行動を取ることもあります。

 

予期不安はパニック発作を増悪させたり、発作を誘発させる原因にもなるものです。パニック発作が起こり、予期不安が大きくなる。そうすると、そのストレスで、パニック発作がさらに起こりやすくなり、発作が起こって予期不安がさらに大きくなるという悪循環に陥ることがあるんです。

 

 

広場恐怖

ea28df82b122f5ae267e72e2e55e8531_s

 

広場恐怖とは発作が起こった時に、誰にも助けてもらえないような状況に恐怖を感じることです。「広場が怖くなる」というわけではありません。

 

広場恐怖とは「閉じ込められり、容易に脱出できない場所や状況に恐怖を感じる」という意味です。

 

引用:パニック障害ではどんな症状が起こるのか

 

広場恐怖は、パニック発作が起こった時に、なかなか助けを求められない状況を避けますので、次のようなシーンを避けるようになります。

・一人での外出

・飛行機や電車に乗る

・人ごみに出る

・行列に並ぶ

・高速道路や橋の上

・美容院

・歯医者に行く

・劇場や映画館

・会議に出席する

・狭くて暗いレストラン

 

パニック発作の患者さんは、このような状況をできるだけ避けようとしますので、社会生活や日常生活に支障が出てきてしまうのです。

 

 

パニック障害の原因は?

パニック障害の原因は、次の3つが複雑に絡み合って起こっていると考えられています。

・脳機能異常

・心理的要因

・遺伝

 

 

脳機能の異常

5675fa2900774e2ab0bca562b8d773cb_s

 

パニック障害は、脳機能の異常が原因で起こるのではないかと考えられています。

 

パニック障害では、大脳辺縁系にある扁桃体を中心とした「恐怖神経回路」の過活動があるとする有力な仮説があります

 

引用:パニック障害・不安障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

 

パニック障害では脳の神経伝達物質であるセロトニンが不足していることがわかっています。また、GABAもパニック障害に関わっていて、GABAの働きが弱くなると、パニック障害が起こるのではないかと考えられているのです。

 

そして、脳内でノルアドレナリン濃度が高くなると、パニック発作が起こりやすくなるのではないかとされているんです。

 

 

心理的要因

f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

 

心理的要因は、いわゆるストレスです。強いストレスを受けていると、精神的な余裕がなくなりますので、パニック発作が起こりやすくなるのです。

・家族や近親者との死別

・大きな病気

・災害

・離婚

・仕事でのストレス

・職場や家庭内での人間関係のストレス

・幼少時の虐待体験

 

このようなストレスをきっかけにパニック障害を発症する人が多くなっています。

 

 

遺伝

89b6b8f87569287e90ba7c9ea4562c44_s

 

遺伝もパニック障害に関与しています。

 

パニック障害の家族歴がある場合は、そうでない人と比べ4~8倍、パニック障害にかかりやすいという報告もあります。

 

引用:パニック障害の原因。パニック障害はなぜ生じるのか

 

家族内にパニック障害を発症したことがある人がいると、パニック障害になりやすいことは知っておきましょう。ただ、家族歴がある人が必ずパニック障害になるわけではありません。

 

パニック障害の発症率は0.8%です。そして、家族歴がある人はその4~8倍ですので、8倍だとしても、6.4%にしかなりませんので、遺伝的にパニック障害になりやすいといっても、発症しない可能性の方がずっと高いのです。

 

 

パニック障害になりやすい人の特徴

パニック障害になりやすい人には共通した特徴があります。これらのパニック障害になりやすい人の特徴も、パニック障害の原因と言えるかもしれません。

 

 

パニック障害になりやすい人の性格的特徴

0416f5007c26cbcff3592f3cd822360b_s

 

パニック障害になりやすい人の特徴、まずは性格的な特徴を見ていきましょう。パニック障害になりやすい性格は、次のようなものです。

・内向的で引っ込み思案

・自分の意見を言わない人

・頑固な人

・完璧主義の人

・生真面目の人

・マイナス思考の人

・自分よりも他人を優先する人

・几帳面な人

・頑張り屋さん

 

このような性格の人はパニック障害になりやすいとされています。これらの性格は、一見何の共通点もないように思えますが、生活をしていく中でストレスが溜まりやすいという特徴があるのです。

 

 

パニック障害になりやすい人の生活習慣的特徴

59a452a0129a0edd0ae79fbca32b1907_s

 

次は、パニック障害になりやすい人の生活習慣の特徴を見ていきましょう。

・激務である

・家事や育児で時間がない

・育児を誰にも手伝ってもらえない

・タバコを吸う

・お酒が好き

・コーヒーを毎日のように飲んでいる

・肉体的に疲れている

 

忙しかったり、育児や家事に追われている人、疲れている人はストレスが溜まりやすく、パニック障害になりやすいとされています。

 

また、タバコを吸っている人は一時的にイライラは落ち着くものの、総合的に長い目で見ると、イライラや不安は強くなります。また、体内のニコチンが切れた時に、イライラや不安はさらに強くなりますので、パニック発作を引き起こしやすいのです。

 

お酒も同様に、一時的なリラックス効果があるものの、総合的にみると不安やイライラを募らせる結果となります。

 

しかし時間がたつと、逆に反動が出て、不安が起こりやすくなります。二日酔いのときに初めてのパニック発作を体験する人も多いほど。

 

引用:パニック障害

 

コーヒーに含まれるカフェインは、摂り過ぎると動悸や緊張などを引き起こし、それをきっかけにパニック障害を起こすことがあるんです。

 

 

パニック障害になりやすい人のそのほかの特徴

4e9637380d0a4e630e7de35f4be1a4e4_s

 

パニック障害になりやすい人のそのほかの特徴をご紹介していきます。

・過去にうつ病や自律神経失調症になったことがある

・ぜんそくの薬を服用している

・低用量ピルを飲んでいる

 

このような人はパニック障害になりやすいので、要注意です。うつ病や自律神経失調症になったことがある人は、それだけストレスに弱いということになりますので、少しのストレスでパニック障害を起こしやすいのです。

 

ぜんそくの人に使われる気管支拡張剤や、ピルをのんでいると、パニック障害が引き起こされることがあります。

 

引用:パニック障害

 

 

パニック障害の治療法

パニック障害の治療法は、薬物療法と精神療法です。パニック障害の治療法は2つありますが、薬物療法と精神療法のどちらか一方を選ぶというのではなく、2つを並行しながら治療を進めることが大切になります。

 

 

薬物療法

937522e9c562bc6b829b46eccbf011dc_s

 

薬物療法で使われるのは、次の薬です。

 

・抗うつ薬(SSRI)

・抗不安薬

・漢方薬

 

 

■抗うつ薬(SSRI)

パニック障害は脳内のセロトニンが不足していることがわかっていますので、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)はセロトニンを選択的に増やす作用に優れているので、パニック障害の治療に有効なのです。

 

 

■抗不安薬

パニック障害は「またパニック発作が起こったらどうしよう?」という予期不安があり、その予期不安が大きくなることで、パニック発作を引き起こしますから、抗不安薬を使って不安を緩和させることで、パニック発作を起こしにくくします。

 

 

■漢方薬

漢方薬はパニック障害の「不安」にゆっくり穏やかに作用します。効き目は劇的ではないものの、副作用がほとんどなく、抗不安薬よりも安全に使うことができます。

・半夏厚朴湯

・桂枝加竜骨牡蛎湯

・柴胡加竜骨牡蛎湯

・柴胡桂枝乾姜湯

・加味逍遥散

・加味帰脾湯

参考:パニック障害の薬物療法。パニック障害に使われるお薬にはどんなものがあるのか

 

 

精神療法

61674d0b82a3fd716bb91d91325510e0_s

 

精神療法で用いられるのは、認知行動療法や森田療法、暴露療法の3つがあります。

 

 

■認知行動療法

認知行動療法は、物事の考え方をカウンセリングで修正することで、行動や気持ちを変えていくための治療法です。

 

「これはいつもの不安のためだ、時間がたてば自然に治まる」などと、言葉にして自分に言い聞かせることによって認知の修正をはかるようにする方法。

 

引用:パニック障害・不安障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

 

 

■森田療法

森田療法の基本的な考え方は、不安を異物として除去するのではなく、それも自分の心の一部なのだと認めることです。

 

引用:森田療法とはどのような治療法で、どんな人に向いている治療法なのか

 

不安は自分の心の一部なので、無理やり除去するのではなく、不安を受け入れて、一緒に進んでいこうと考えるための精神療法になります。

 

 

■暴露療法

暴露療法は細かく目標を設定して、一歩一歩前に進んでいくための治療法になります。これは、広場恐怖の症状が大きい人に有効な治療法です。

 

例えば、1人で外出できない場合、家族と一緒に一歩だけでも外に出る。それができたら、家族と一緒に近所を散歩する。その次は1人で近所を散歩する。家族と一緒に一駅分だけ電車に乗る。

 

このように少しずつステップアップしていくことで、できることを増やしていき、パニック障害の患者さんの自信を取り戻していく治療法なのです。

 

 

パニック発作を予防するには?

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

 

パニック障害の患者さんは、パニック発作を起こさないように予防することが大切です。パニック発作が起こらなければ、予期不安も軽減できますので、良い方向に向いていくでしょう。

・禁酒禁煙

・カフェインは控えめに

・疲れを溜めない

・質の高い睡眠を心がける

・早寝早起きをして規則正しい生活を

 

パニック障害を患っている時は、タバコとお酒は控えましょう。また、カフェインもパニック発作のきっかけになりますので、麦茶やデカフェなどノンカフェインのものを選んで飲むようにしてください。

 

また、疲れもパニック発作を起こしやすくしますので、疲れを溜めずに規則正しい生活を送りましょう。

 

 

まとめ

パニック障害の症状、原因、なりやすい人の特徴をまとめました。パニック障害は「甘えているだけ」、「気持ちが弱いだけ」と誤解されやすいのですが、気持ちの問題では片づけられない精神疾患の1つです。

 

パニック発作が原因で死ぬことはありませんが、それでも患者さん本人にとっては死ぬかと思うほど辛いことですので、きちんとした治療が必要ですし、周囲の人もパニック障害を理解して支えていく必要があります。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

ee042439006ec1bc02e6d30241b9a6c1_s-300x200

双極性障害(躁うつ病)の3つの種類と特徴・原因・治療法まとめ!遺伝は関係あるの?

気分が落ち込んだり、逆にハイテンションになったりを繰り返す人はいませんか?そのような症状がある人は、単なる気分屋ではなく双極性障害(躁うつ病

f28c4c9e38232f914059c3e6efd8aacb_s

浮気依存症の3つの原因や症状&5つの改善・治療法まとめ

浮気を繰り返してしまうという人は浮気依存症の可能性があります。浮気をして、それが発覚し、痛い目を見ても、また浮気をしてしまうのは、浮気依存症

2a7e31e597da182571ddafa57ba7d34a_s

もう限界!仕事のストレスの原因や症状・7つの解消方法まとめ

現代はストレス社会です。皆さん、たくさんのストレスを抱えていると思います。その中でも、仕事のストレスは大きいですよね。仕事のストレスに押しつ

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s-300x200

ブスと思い込む?醜形恐怖症の特徴と原因・4つの治し方まとめ

自分の顔が醜い、とんでもないブスだと思い込んでいる人は、醜形恐怖症かもしれません。醜形恐怖症は自分が醜いと思い込んでしまう精神疾患で、199

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s-300x200

【過食嘔吐】摂食障害の症状・5つの原因・克服と治療法まとめ【チェックリストあり】

「太るのが怖くて食べたくない」、「食べたことを後悔して吐いてしまう」という症状がある人は、摂食障害かもしれません。摂食障害は、放っておくと死

関連する記事②

8ed04ef70d4fad23a50f8d677eb315d8_s

胃下垂の4つの原因と5つの症状&9つの治し方まとめ

胃下垂の人は、周囲から「太らないから羨ましいなぁ」といつも言われて、うんざりしていませんか?胃下垂は確かに太りにくいですが、胃下垂だからこそ

3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s-300x199

自律神経失調症とは?症状と4つの原因、7つの治し方まとめ!【チェック一覧あり】

「最近、なんだか体調が悪い」という人はいませんか?すぐに病院を受診しなくてはいけないほどの深刻な症状ではないけれど、体調が優れないという人は

smile-2040553_640

小鼻を小さくする方法5選!大きい原因も専門家が徹底紹介!

小鼻が大きいことをコンプレックスに感じている人は多いのではないでしょうか。 今回は、小鼻が大きくなる原因と、小鼻を小さくするための

c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_s-300x200

生理痛の3つの原因と症状&即効性のある7つの緩和法【病院受診のチェックリストあり!】

毎月、生理痛に苦しんでいる女性は多いですよね。生理予定日が近づいてくると憂鬱で仕方がないという人も多いと思います。 生理がある限り

bf3761d44b88d14265d2cbb02cf33433_s

コスメパーマの持ちと特徴!デジタルパーマとの違いや失敗した時の対処法も総まとめ

パーマをかけたいけれど、髪の毛へのダメージが心配というあなたには、コスメパーマをおすすめします。コスメパーマとは、化粧品を使ってかけるパーマ

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。