bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

O157の予防と治療法まとめ!家族内感染を予防する5つのポイントも解説!

O157はたくさんある食中毒の中でも、毒性・感染力ともに高く、危険性が高い食中毒です。

 

O157の予防方法や治療方法、家族に感染者が出た時の対処法をまとめました。O157に関する正しい知識を身につけておけば、最悪の事態を避けることができます。

O157とは?

O157は腸管出血性大腸菌の1つです。腸管出血性大腸菌は、ベロ毒素を出すため、ほかの食中毒よりも重症化しやすいのです。

 

o157_img_01

出典:ageomed.com

 

O157はたった100個が体内に入るだけで発症してしまうほど、感染力が高いです。

 

ベロ毒素を産生するため、毒性が強い。しかも、感染力も高い。そのため、O157は感染症法では、コレラや赤痢、チフスと同じ三類感染症に分類されています。

 

つまり、コレラや赤痢と同じくらい危険ということです。

 

 

O157の原因や感染経路

8e86cd194f88695ad139b65ee1966f8c_s

 

O157は牛や羊、豚などの家畜の大腸に生息していることがあります。そのため、家畜の糞を介して感染します。

 

家畜の糞が何らかの原因で付着した食品を食べてしまうと、O157に感染します。たとえば、次のような食品を食べると、O157の感染リスクは上がります。

 

・牛レバ刺し
・トリミングしていないユッケ
・きちんと加熱処理していない肉

 

また、O157に汚染された生肉を扱った調理器具をきちんと洗わずに、ほかの食品に使った場合、調理器具を介して食品がO157に汚染され、それを食べて感染することもあります。

 

加熱せずに食べるサラダなどの生野菜や漬物、フルーツなどは、危険が高いといえる下も知れません。

 

そして、もう1つ感染原因があります。O157感染者からの二次感染です。O157に感染した患者は、便と一緒にO157を排菌しています。それが、便座やドアノブなどを介して、健康な人の手に付着し、その手を口元に持っていけば、O157は口から体内に入って、感染してしまうんです。

 

 

O157の症状

e6580e44ab86ba6829cf6e41aab13566_s

 

O157に感染すると、2~9日の潜伏期間を経て、発症します。まず、最初に現れるのは下痢と腹痛です。水のような下痢便と激しい腹痛に襲われます。

 

そこから症状が悪化すると、今度はベロ毒素によって、大腸の粘膜が損傷するので、大腸内で出血が起こり、血が混じった血便が起こります。

 

さらに、ベロ毒素が全身に回るようになると、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し、貧血・急性腎不全・血小板減少を引き起こし、さらには脳症や腸管穿孔、心不全、膵炎などを合併し、最悪の場合、死に至ることになるのです。

 

また、脳細胞は一度障害が起こると、元に戻ることはないので、脳症を発症すると、たとえ命は助かっても、何らかの後遺症が残る可能性はあります。

 

 

O157の6つの予防方法

O157による食中毒の怖さを理解してもらえたと思います。O157は確かにとても怖い食中毒です。でも、O157の予防方法を実践すれば、O157を発症するリスクは限りなく低くできます。

 

O157は食中毒ですから、食中毒予防の3原則が重要になります。

 

・つけない
・増やさない
・やっつける

 

この3原則に基づいたO157の6つの予防方法を確認しておきましょう。

 

 

新鮮な食品を購入する

13f7d820edd89fbaadb02c6e0db9140b_s

 

O157を予防するためには、新鮮な食品を購入するようにしましょう。特に、肉類は新鮮なものを選んで下さい。

 

O157はどんどん増殖していくので、万が一O157が付着した肉だとしても、新鮮なものを買えば、O157の数は少なくて済みます。O157は少数なら体内に入っても、食中毒を発症することはありません。

 

でも、賞味期限ギリギリの肉の場合、肉に付着していたO157の菌がどんどん増殖していますので、O157に感染するリスクが高いのです。

 

O157を予防するためには、たとえスーパーで賞味期限ギリギリのお肉が半額セールになっていても、安全のために半額のものではなく、新鮮なものを購入すべきなんです。

 

 

買ってきたら、すぐに冷蔵庫へ

f8e3f31e0e15c34c71aea4d204edd0f1_s

 

O157を予防するためには、購入してきた食材はすぐに冷蔵庫に入れてください。常温に置いている時間が長ければ長いほど、O157は増殖していきます。

 

冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に維持することがめやすです。
温度計を使って時々温度を計るとよいでしょう。
細菌の多くは、10℃では増殖がゆっくりとなり、-15℃では増殖が停止しています。

 

引用:厚生労働省 腸管出血性大腸菌Q&A

 

10℃以下になれば、O157の増殖は非常にゆっくりになり、-15℃以下になれば増殖を止められます。

 

そのため、買ってきたものはすぐに冷蔵庫に保管する必要があります。スーパーで買い物をしたら、どこかに寄り道せずにすぐにまっすぐ家に帰ってください。

 

ただ、冷蔵保存の場合、いくら冷蔵庫に入れていても、少しずつO157は増殖しますので、買ってきたものは早めに食べるようにしましょう。

 

 

しっかり加熱する

c0e360df7bef3bdb7a9dac2d4a825e45_s

 

O157を予防するためには、しっかり加熱するようにしてください。加熱することで、O157の菌を死滅させることができます。

 

O157の予防のためには、中心部が75度になるまで加熱しましょう。そして、中心部が75度以上の状態を1分以上保ってください。

 

そうすることで、O157はほぼ死滅します。そのため、しっかり加熱した肉を食べれば、O157に感染する心配はないのです。

 

 

食品の取り扱い前後はしっかり手洗い

64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_s

 

O157を予防するためには、しっかりと手洗いをしましょう。手洗いは食中毒予防の基本です。調理をする前に手をきちんと洗っておけば、万が一手にO157が付着していても、食品への汚染を防ぐことができます。

 

また、生肉を触った後にも、ほかの食品や調理器具を触る前に手洗いをすることで、食中毒を防ぐことができるんです。

 

 

食中毒を予防するためには、水でささっと手を洗うだけでは不十分です。ご紹介したガチャピンとムックの動画を参考にして、正しい手洗い方法を身につけておきましょう。

 

 

生ものを扱った調理器具はすぐに洗う

9db855efbdb4251e232abb5b77897ceb_s

 

O157を予防するためには、調理器具に気を使うことも大切です。生肉を使った後の包丁やまな板、トレーなどは、使い終わったらすぐに洗うようにしてください。

 

先ほども説明しましたが、O157は常温でどんどん繁殖します。常温の場合、15~20分でO157 は2倍にも増えるとされています。

 

つまり、O157に汚染した肉を扱って、そのまま調理器具を放置しておくと、調理器具の表面にはO157がどんどん増えていくことになるんです。

 

調理器具の洗浄方法は、基本的に洗剤と流水を使えばOKです。ただ、確実に予防するためには、使用後に洗ってから熱湯をかけておくと安心です。ふきんは漂白剤に浸しておくと良いですね。

 

 

できれば野菜と生肉の調理器具は分ける

e5bc6749fa45c765c51b040281ecb38d_s

 

O157を予防するためには、できれば野菜と肉を扱う調理器具は分けておきましょう。野菜は野菜専用の包丁とまな板を、肉や魚は肉・魚専用の包丁とまな板を用意しておいて下さい。

 

そうすることで、肉についているO157が野菜類に付着するのを防ぐことができます。ただ、一般家庭で、厳密に包丁とまな板を2つ用意するのは難しいこともあると思うので、その場合は、まずは最初に野菜類をすべて切ってから、最後に肉類を切るようにすると良いでしょう。

 

そして、使い終わったらしっかり洗って、O157の感染リスクを大幅に減らすことができます。

 

 

O157の治療方法

どんなに予防方法を実践していても、完全にO157に感染するのを防ぐことは残念ながらできません。O157は1~2ミクロンと非常に小さいため、目に見えません。だから、どんなに注意していても、完全に予防することはできないのです。

 

また、あなたが予防していても、外食した時に、そのレストランやお店の衛生管理がずさんで、O157に感染してしまうこともありますよね。

 

万が一、O157に感染してしまった時のために、O157の治療方法を確認しておきましょう。

 

 

自宅では安静と水分補給

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

 

O157は軽症であれば、下痢と腹痛のみの症状になりますので、自分がO157に感染したのか、それともほかの原因で下痢や腹痛が起こっているのかはわかりません。

 

もちろん、病院に行って検査をすれば、O157かどうかわかりますが、それほどひどくない下痢と腹痛のみだったら、病院に行く人は少ないですよね。

 

また、病院を受診してO157だと診断された場合でも、軽症の時には整腸剤が処方されるくらいで、特にこれといった治療をすることはありません。軽症の場合は、自宅安静と水分補給が基本なのです。

 

O157かどうかわからないけれど、下痢や腹痛が起こったら、自宅で安静にして水分補給に努めましょう。

 

特に、水分補給は大切です。下痢で体内の水分が失われてしまって、脱水になると大変ですから、下痢のときはこまめに水分補給をしてください。

 

下痢はナトリウムも便と一緒に排出されてしまいますので、できればスポーツドリンクなどのイオン飲料を飲むと良いでしょう。

 

 

下痢止めを飲むのは絶対にNG!

ec72557403f644f38ae628764a1584b5_s

 

O157は軽症なら、自宅安静と水分補給が基本ですが、人によっては市販の下痢止め薬を使おうか迷うと思います。

 

でも、O157で下痢止め薬を使うのは絶対にダメです。下痢止め薬は腸の動きを無理やり止めて、下痢を止めます。下痢を止めるということは、腸の中のO157を腸の中に溜めておくことになるのです。

 

そうすると、腸内でO157はどんどん増殖して、症状が悪化していきます。だから、O157の時は下痢止めは飲まないようにしてください。

 

これは、O157の時だけではなく、ほかの食中毒の時も同じです。

 

 

血便が出たらすぐに病院へ!

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

 

O157の特徴的な症状は血便です。ベロ毒素によって、腸壁が傷つくので、出血して便に血が混ざるのです。下痢や腹痛が起こって3日後くらいに血便が出てきたら、O157の可能性が高いので、すぐに病院に行ってください。

 

血便が出ているのに、そのまま放っておくと、溶血性尿毒症症候群を発症したり、腸に穴が開いてしまうことがあります。脳症を発症することもあります。

 

だから、血便が出たら、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

 

病院では抗生剤の投与が基本

1b8e855cc0eb9caa644c866e650c468f_s

 

病院を受診して、O157の治療をする時には、O157を死滅させるための抗生剤(抗生物質)を投与します。

 

基本的には内服薬で抗生剤を投与しますが、内服薬が飲めないほど全身状態が悪い時、症状が悪化している時には、点滴で投与します。

 

 

溶血性尿毒症症候群になると専門的な治療が必要

4e6b26e79cb0c6c7e9ba6a48b43e3b48_s

 

 O157の症状が悪化し、溶血性尿毒症症候群(HUS)を合併している時には、体内の尿素窒素という老廃物を取り除き、腎機能を改善するために、一時的に人工透析をすることがあります。

 

脳症の症状が現れたら、ステロイドを大量に投与するステロイドパルス療法が行われます。

 

 

家族がO157に感染した時の5つの予防法

最初にも説明しましたが、O157は感染力が非常に強いことが特徴です。そのため、家族がO157に感染したら、ほかの家族に感染を広げないように予防していく必要があります。

 

家族内感染を予防するための対処法を説明していきます。

 

 

便座やドアノブなどはこまめに消毒を

9bd6dd6bc6775eca92cbcfd092f70897_s

 

家族内にO157の患者がいる時には、便座やドアノブはこまめに消毒をしましょう。患者の便からはO157が排菌されています。

 

そのため、便座やドアノブにもO157が付着している可能性があり、そこを手で触ってしまうと、手にO157が付着し、口に手を持っていた時に、O157が口から体内に入ってしまうのです。

 

だから、O157の患者が家族にいるときには、家にトイレが2つある場合は、患者用のトイレと家族用のトイレに分け、1つしかない場合はとこまめに便座とドアノブを消毒しましょう。

 

トイレを分けるときも、消毒はしてくださいね。O157を消毒するには、消毒用アルコールやミルトン(次亜塩素酸ナトリウム)を使うと良いでしょう。

 

 

タオルの共有はNG

ee4e8f81c70b6883087cc0348dc0cc96_s

 

O157の家族内感染を予防するためには、タオルは共用しないようにしましょう。バスタオルはもちろんですが、手を拭くためのタオルなどを分けておいたほうが安心です。

 

タオルを介して感染が広がった事例もあるので、タオルは患者には専用のものを用意してください。

 

 

患者はシャワーのみで入浴させる

a5b243dfb6b4fa78facf3d0362572409_s

 

O157の家族内感染を予防するには、患者の入浴はシャワーのみにしましょう。腹痛がある時には、湯船に入って体を温めると良いと思うかもしれませんが、そうすると、浴槽内にO157が広がって、家族全員がO157に感染します。

 

そのため、患者はシャワーのみで入浴させるか、湯船に入りたい時には家族の中でも一番最後に入浴して、入浴後はすぐにお湯を抜くようにしましょう。

 

そして、湯船はただ洗うだけでなく、洗った後は消毒用アルコールで消毒しておくと安心です。

 

 

洗濯は漂白剤に浸してから分けて洗濯

b8e3ebdda94592e3705450c1147723d2_s

 

O157の家族内感染を予防するためには、患者の衣類や使用したタオル、寝具などは、家族のものと分けて洗濯しましょう。

 

洗濯途中で家族の衣類や寝具にO157が付着するリスクがあります。また、患者の洗濯物は、そのまま洗濯するのではなく、まずは漂白剤に浸して消毒してから洗濯するようにしましょう。

 

 

オムツを扱うときには特に注意

f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s

 

 

最後に、オムツです。O157は乳幼児が感染することもあります。オムツを使っている子どもがO157に感染したときには、パパとママはオムツ替えをする時には特に注意が必要です。

 

手に子どもの便がついていなくても、オムツに付着していたO157が手についてしまうことが多いです。

 

そして、その手でいろいろなところを触ると、たちまち家族内にO157は感染します。そうならないように、オムツ交換をする時には、使い捨てのビニール手袋、またはゴム手袋をして、行うようにしてください。

 

また、オムツ交換をした後は、すぐに手を洗って、アルコール消毒剤などで手を消毒しておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

O157の予防法や治療法、家族内感染を予防する方法をまとめました。O157は感染力も毒性も高い食中毒ですが、正しい知識を持って予防法を実践し、治療をして、家族内感染を防いでいけば、必要以上に恐れることはありません。

 

食中毒予防の3原則を守って、O157を予防していきましょう。万が一感染したときは、安静と水分補給、早めの受診を忘れないで下さいね。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

349a277a7600a62b24450e8e337a734e_s

O157の症状や感染経路・原因食品・潜伏期間の総まとめ【腸管出血性大腸菌】

中毒の1つにO157があります。「O157」は食中毒を起こす怖いものということはわかっていても、具体的にはよくわからないという人も多いのでは

sushi-2134135_640

アニサキス食中毒の原因や症状&治療・予防方法8選【寄生虫】

アニサキス症という食中毒を知っていますか?ここ最近、アニサキスが原因の食中毒が増えています。アニサキス食中毒になったという芸能人のニュースも

fly-21685_640

食中毒の種類と11個の症状!原因や潜伏期間も総まとめ

あなたは、食中毒にかかったことはありますか?食中毒になると、本当につらいですよね。最悪の場合、死に至ることもあるので、食中毒には十分に注意し

4159bbd06468be6ae82b7c08e2e03104_s

食中毒の対処法6選!予防の3原則と7つのポイントも徹底紹介

食中毒になると、本当につらいですよね。嘔吐や下痢、腹痛で苦しむことになります。場合によっては、家族全員が食中毒になることもあるでしょう。&n

関連する記事②

yoga-1146280_960_720

ホットヨガは痩せない?ダイエット効果と方法・デメリット等まとめ

女性を中心に人気のホットヨガを知っていますか? 「普通のヨガとどう違うの?」「メリットとデメリットは?」「本当に痩せるの!?」 そ

girl-2129580_640

唇が厚い原因とは?薄くする4つの方法も徹底紹介

唇が厚いことをコンプレックスに思っている人も多いのではないでしょうか。 今回はそんな悩みを解消するため、唇を薄くするための4つの方

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s-300x200

拒食症の症状や5つの原因・4つの治療法まとめ【芸能人リストあり】

食事をすることを拒み、病的に痩せている人は、拒食症の可能性があります。拒食症は放っておくと、死に至るとても怖い病気です。 拒食症の

%ef%bc%91

バナナダイエット7つの効果・4つの方法・注意点まとめ【低カロリー!体験談と口コミもあり】

バナナダイエットはもちろんご存知ですよね?  一昔前に空前の大ブームになり、お店からバナナが消えたほど人気があったダイエット方法で

5b580930a335bd5018d3312efc0d0a51_s

骨盤の歪みの原因と症状&4つの矯正方法まとめ【治し方の動画あり!】

あなたの骨盤は歪んでいませんか?あなたの体調不良は、もしかしたら、骨盤の歪みが原因かもしれません。骨盤の歪みは、様々な症状を引き起こすのです

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。