adult-19033_640

鼻の穴を小さくする方法!大きい原因&注意点も徹底解説

自分の鼻の穴が大きくて、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実際に大きくはなくても、大きくなることを心配している方もいます。

 

そこで、今回は鼻の穴が大きい原因を解説する他、小さくする方法をあわせてご紹介します。ぜひ参考にしていただき、小さな鼻を目指しましょう。

■鼻の穴が大きいことがコンプレックスに

animal-21934_640

 

鼻の穴が大きいというのは、コンプレックスになることも多いです。自分の鼻のサイズに関しては、毎日鏡で見るものでもありますし、どうしても気になってしまいますよね。鼻の穴が大きい方は、その多くが遺伝だと考えられています。しかし、人によっては生活習慣の中で、鼻の穴が変化してしまうという方もいるのです。

 

一度コンプレックスになると、なかなか解消することはできません。鼻は顔の一部ということもあって、他人に見られることがとても多い部位です。色々なコンプレックスを持っている方が多い中、目や口などとともに鼻にコンプレックスを抱く方もいます。もちろん、人はそこまで見ていないので気にすることはありません。ただ、対策ができるなら、やっておいて損はないでしょう。

 

 

■鼻の穴が大きい原因

alphabet-word-images-1293293_640

 

鼻の穴が大きい原因の主なもとして、遺伝が挙げられます。

 

鼻というのは、他の皮膚に比べて分厚く、簡単なことでは変形したりしません。人間は遺伝子レベルでそういう構造が決まっていて、生活する中で鼻が自然と大きくなるということはあまり考えられません。もちろん、毎日鼻をほじったり、ビー玉を詰め込んだりしていると、皮膚が伸びたり変形することで大きくなってしまう可能性はあります。ただ、多くの場合が遺伝であることを認識しておきましょう。

 

その他、成長してくる段階で鼻に変化が出てくることもあります。子供の頃から鼻呼吸をしていて、大きく吸い込むときに鼻の穴が広がる人がいますが、これは鼻の筋肉が動くことによる癖のようなものです。鼻の穴が大きい人の中には、そういう筋肉の動きによって、本当の大きさ以上に大きく見えてしまっている人もいます。無意識にそういうことをやってしまっている方も多いですが、逆に意識的に鼻を大きくしている方もいるでしょう。

 

自分の癖などにも関わってくるので、鼻に関する癖がある方は直していくことをおすすめします。ネットでは鼻をほじると、鼻の穴が大きくなるという意見もあります。しかし、その可能性はほとんどないと言っても問題ないでしょう。もしほじることで大きくなるとしても、毎日10回以上、なおかつ1時間以上も鼻を強い力でほじり続ける、そんな極端なことをしない限り、ただほじっただけで鼻の穴が大きくなるなんてことはありません。

 

もしくは、ずっとビー玉でも鼻の穴に詰め込んでいるなら、話は別です。拡張された鼻の穴が適応するため、そのままの状態で形状を記憶してしまうことはあるでしょう。ただそれ以外に、鼻の穴が大きくなる原因というのはほとんど考えられないものです。基本的には親子の顔が似ることでもわかるように、遺伝が一番の原因になります。

 

 

■鼻呼吸で鼻の穴を小さくする方法

hair-2012189_640

 

鼻を小さくしたい場合は、鼻呼吸で小さくする方法があります。

 

この方法は特別な道具も必要なく、どこでもできるものです。とても簡単ですので、ぜひ挑戦してみてください。

 

まず、片方の鼻を指で押さえて閉じます。そして、もう片方の鼻から空気を吸い込んで下さい。そのとき、イメージとしては押さえていない方の鼻の穴が、空気の吸引によって縮まるようにします。片方をやったら、もう片方の鼻も同様に息を吸い込んでみてください。これを繰り返すことによって、鼻を小さく見せることができます。全体的に鼻がシュッとするので、人から見られても「あれ?鼻小さくなった?」と言われることがあるでしょう。

 

 

何も難しい、面倒なことはなく、空気を吸い込むだけでできる一番お手軽な方法です。目安としては、1日に10回程度両方の鼻でやると、小さくすることができるかも知れません。ただ、確実な方法ではないため、どうしても小さくしたい場合は美容整形なども考える必要がでてきます。

 

普段から鼻呼吸をしている方は、指で押さえなくても、両方の鼻の穴を縮めることができると思います。絶対にこれで小さくなる、というわけではありませんが、お金も時間もかかりませんので一度挑戦みてはいかがでしょうか。

 

 

■冷水で鼻の穴を小さくする方法

drink-1870139_640

 

鼻を小さくするなら、冷水を使用するという方法もあります。

 

 

まずは冷水を用意します。それを、ゆっくりと鼻にかけていきましょう。冷水によって鼻の穴が収縮するため、鼻の穴自体がとても小さく見えます。これを毎日繰り返すことによって、鼻の穴を小さくすることができると言われています。確証の持てる方法ではないため、実践する方は気軽な気持ちで行うようにしてくださいね。根本的な理由はないものの、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

なお、冷水をそのままかけるのが嫌という方は、タオルなどに冷水を染み込ませて冷凍庫に入れ、冷たい状態で鼻を覆うという方法もあります。これは冷水法と言われていて、多くの方が実践している方法です。効果は未知数ですが、濡らして何度も使えるので、家にいるときにはやりやすいでしょう。

 

ただ、冷水法をおこなう場合、鼻を冷やしすぎないように注意してください。鼻は冷えると赤くなってしまうので、見た目も良くありません。すでに予定がない場合は良いですが、予定があるのに鼻を冷やしてしまうのは、逆効果です。自宅で入浴後などに実践すれば、毛穴引き締め効果にも期待できます。

 

鼻を小さくするためには、冷やすという古典的な方法が有効だと言われています。実際に試して、自分の鼻でその効果を確かめてみましょう。

 

 

■鼻の筋肉で鼻の穴を小さくする方法

man-426985_640

 

鼻にも筋肉があり、自分の意思でコントロールできます。その筋肉をしっかり使っていけば、実は鼻が小さくなると考えられています。毎日のように「鼻の穴が小さくなるように」と筋肉に力を入れていると、自然と小さくなるそうなのです。これも科学的な根拠が少ないですが、筋肉で鼻をコントロールすることによって、小さい状態を保つという感覚になります。

 

鼻の穴が小さくなった自分をイメージすることによって、より鼻は小さくなると言われています。「そんな簡単に小さくなったら苦労しない」と思っているかもしれませんが、鼻に意識を持ってくると本当に効果が出てくることもあります。実際にこの方法を実践して、鼻の形を綺麗にした方もいるのです。

 

鼻を小さくするというよりは、筋肉によって引き締めるというのが正しい表現かもしれません。普段鼻の筋肉というのは、意識しないと使っていないことも多いものです。定期的に鼻に意識を集中させ、筋肉を動かすようにしてみてはいかがでしょうか。このとき、鼻を一生懸命動かすのも効果的です。

 

一定時間鼻の穴を集中して動かしていけば、筋肉を鍛えていくことができます。それが、シュッとした綺麗な鼻に繋がる可能性もあるでしょう。

 

 

■小鼻ストレッチで鼻の穴を小さくする方法

eyes-933492_640

 

小鼻ストレッチをすることによって、鼻を小さくする方法もあります。鼻には一番大きな部分と小鼻と呼ばれる左右の部分があります。これを指で摘まんで、クルクルとストレッチさせるようにしてみてください。鼻の皮膚が引っ張られる感覚になり、鼻の筋肉にも影響してきます。実際にストレッチすることによって小鼻がスッキリしてくるので、見た目もシュッとした感じになるでしょう。1日30秒ほどで良いので、小鼻のストレッチも実践してみてください。

 

 

ただ、小鼻を引っ張りすぎると逆効果です。軽く指で摘まんで回すという感覚を覚えておきましょう。普段小鼻というのはなかなか動かさないので、ちょっとストレッチさせるだけで、全体的にシュッとしたイメージになるのです。

 

鼻全体をマッサージするのも良いですが、その場合は型崩れしないように注意が必要です。鼻は弾力性の高い皮膚でできているため、基本的には形状を保つことができます。しかし、自分で力強く揉んだり曲げたりしていると、形が崩れてしまうこともあるのです。そうなれば、違った意味でコンプレックスになってしまうかも知れません。あくまでもソフトなタッチで、クルクルとストレッチさせることがポイントです。

 

 

 

■危険!鼻の穴が大きくなってしまう行為

women-698919_640

 

ほじるくらいでは大きくならない、と前述しましたが、鼻をこれ以上大きくしないためには、やはり念のため極力指でほじるのはやめた方が安心です。鼻が詰まっているときや鼻水が出るときは、ティッシュでかむようにしてください。指で掃除しようとすると、どうしても鼻の穴を拡張させてしまいます。

 

ちょっとほじるだけでは変わりませんが、毎日のようにほじっていると鼻の形状も微妙に変化してくるかも知れませんし、癖になってしまうことも考えられます。そういった癖は見た目にも良くないので、避けたいものですよね。

 

また、鼻にティッシュを詰め込む方がいますが、それも鼻の穴を広げてしまう要因になります。鼻にティッシュを入れる場合は、すぐに取り出すことを前提にして入れることが重要です。

 

 

■おわりに

woman-847512_640

 

鼻の穴が大きいことをコンプレックスに感じる方も多いでしょう。まずはこちらで紹介した方法で、鼻を小さくする努力を始めてみませんか?基本的には遺伝ですし、皮膚が分厚いので、簡単に形状が変化するということはありません。ただ、やってみる価値はあるのではないでしょうか。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

woman-1293658_640

寝癖の直し方3選!原因&つかない予防方法3選も徹底紹介

毎朝、しつこい寝癖に悩まされる人も多いと思います。貴重な朝の時間を浪費してしまわないためにも、寝癖がつかない方法を知っておきたいですよね。&

45cab26b51a6621e10c423c07370c499_s

【足の親指の痛み】外反母趾が痛い理由&治し方9選【早めの対処が重要!】

外反母趾に悩んでいる女性は多いと思います。外反母趾があると痛くて、歩きたくないですし、オシャレな靴が履けなくなるので、何とか治したいですよね

32928e85c9d336a8d9a8a1f00e86d925_s-200x300

お腹が張る原因と解消法10選!ガス抜きでぽっこりお腹を改善

「お腹が張って辛い」、こんな症状に悩まされている人はいませんか?お腹が張ると苦しいですし、食欲もなくなってしまいますね。   お腹

54b54c03689eb658935b84b9f6b31475_s

O脚の原因や4つの症状&改善・矯正・治し方3選まとめ

O脚で悩んでいる人は多いですよね。O脚だと、ミニスカートを穿いた時に、イマイチきれいに見えないんです。芸能人のまっすぐな美脚を見て、羨ましく

3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s-300x200

偏頭痛の症状や原因・6つの治し方・4つの予防法!偏頭痛は予防できます!

ズキンズキンという頭の痛みは、偏頭痛が原因です。偏頭痛は「片頭痛」とも表記します。   偏頭痛持ちの人は「また頭が痛くなるかも…」

関連する記事②

ツボ7

ツボ押しダイエット4つの効果・方法・口コミ【指・手・脚・お腹など部位別に紹介】

ツボ押しダイエットの情報をお探しですか? 疲れた時や肩が凝った時、目が疲れた時などに自然にツボを押すことがあると思いますが、たしか

c134197882649866167da216cae04ee5_s-300x200

流産の確率と種類や原因、5つの兆候や症状まとめ【未然に防ぐことができる場合もあり!】

妊娠した女性にとって、最もつらいことの1つが流産です。せっかく新しい命を授かったのに、残念ながら流産してしまうこともあります。  

3c7474633cf1796d952ef48827558b77_s

脱毛症の種類9つ&症状・原因・治療方法まとめ【女性の抜け毛対策】

最近、抜け毛が多くなっていたとか、髪の毛が薄くなったと悩んでいる人は、脱毛症になっている可能性があります。 脱毛症は放っておくと、

pixta_5280083_s

二の腕の本当に正しい測り方・理想のサイズと平均値まとめ【太く見えるサイズの目安は?】

夏になったりニットが流行したりすると気になってしまう二の腕。自分の腕は細いか太いか、なんとなく感覚で考えてばかりはいないでしょうか?&nbs

f89de9cf050deef843ad5702a5a0135f_s-300x200

高血圧の数値や症状・原因と11個の対策・治療法のまとめ!正しい知識を持てば怖くない!

高血圧は日本人の国民病とも言われていて、厚生労働省の調査によると日本には1,010万800人もの高血圧患者がいるとされています。日本人の12

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。