9ca129c15edaeb06466fbca611fcc685_s

母子家庭の年収と貧困の原因!リアルな生活の実態・子供の5つの特徴まとめ

母子家庭のママは、毎日大変ですよね。母子家庭だとお母さん役だけでなく、お父さん役もしなければいけないので、1人2役をこなす毎日です。

 

しかも、母子家庭のママはどんなに頑張っても、男性のように稼ぐことができなくて、貧困に苦しんでいる人も多いです。

 

母子家庭の貧困や年収の現状と生活の実態、母子家庭の子供の特徴をまとめました。

母子家庭は貧困に苦しんでいる!

母子家庭は、貧困に苦しんでいる人が多いです。

 

厚生委労働省の平成23年度全国母子世帯等調査」によると、母子世帯(母子家庭)は123万8,000世帯で、そのうち母子だけの世帯は76万世帯となっています。

 

母子家庭の平均年収や母子家庭の貧困の現状を見ていきましょう。

 

 

母子家庭の年収はどのくらい?

woman-538396_640

 

母子家庭の年収はどのくらいでしょうか?

 

・平均年間収入=223万円
・平均年間就労収入=181万円
出典:厚生労働省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課 ひとり親家庭の支援について

 

母子家庭の年収は自身の給料が181万円、さらに養育費や児童手当などを含めると223万円が平均になります。

 

では、次に父子家庭の平均年収を見ていきましょう。

 

・平均年間収入=380万円
・平均年間就労収入=360万円
出典:厚生労働省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課 ひとり親家庭の支援について

 

就労収入では、母子家庭と父子家庭では2倍も収入差があるんです。なんか、不公平ですよね。

 

母子家庭の平均年収は223万円です。ということは、単純計算で、月収は18万5000円。そこから、あなたの年金や健康保険料などが引かれますので、手取りは14~15万円程度になるかと思います。

 

あなた1人だけなら、手取りで15万円前後あれば、「貧困で苦しい!」という状態にはなりませんが、子供がいると話は別です。

 

家賃、食費、光熱費、通信費、学費、衣服代など必要最低限の支出だけで、15万円くらいになりますので、母子家庭は全く貯金ができず、しかも贅沢すらできずに貧困に苦しんでいるのです。

 

ちなみに、この平均年収223万円は、あくまで「平均」です。例えば、母子家庭でも看護師の場合、もっと年収は高くなります。日勤だけでも年収400万円くらいになりますし、夜勤に入れば450~500万円程度は稼ぐことができます。

 

母子家庭でも年収400~500万円を稼ぐ世帯もあることを考えると、一方では223万円よりももっと稼げない母子家庭もたくさんあるということです。

 

年収150万円だったら、月収は12万5000円しかありません。そこから保険料や税金などを引くと、手取りは10万円程度になってしまいます。

 

今の日本で、手取り10万円でママと子どもが生活していくのは、かなりきついですよね。シングルマザーの多くは貧困に苦しんでいるんです。

 

 

母子家庭が貧困に苦しむ理由

d6acbc5f31ebd13a2a4f94da74763562_s

 

母子家庭が貧困に苦しむ理由は何でしょうか?先ほどもご紹介しましたが、母子家庭は父子家庭に比べて、就労年収は半分くらいしかありません。

 

母子家庭の場合、子供がいることで、良い職に就くことができず、どうしても給料が安い仕事しかできません。

 

ママは出産前まではバリバリ働いていても、出産で一度仕事のキャリアをストップさせなくてはいけません。そのため、男性よりも昇進が遅れがちです。

 

また、出産を機に子育てに専念するため、専業主婦になる人も少なくありませんよね。

 

一度専業主婦になってしまうと、シングルマザーになってからまた正社員として働こうと思った場合、非常に厳しくなります。ハッキリ言えば、手に職がないシングルマザーが正社員として働くのは難しいことが多いんです。

 

その点、男性は自分の子供が生まれても、仕事を休むことも、辞めることもありませんから、キャリアに影響がなく、父子家庭になっても正社員のままで、高い年収を維持することができるんですね。

 

また、小さな子供がいるシングルマザーだと、子供が熱を出した時にはすぐに保育園に迎えに行かなくてはいけない、子供が熱を出したら仕事を休まなくてはいけないなどの事情があるため、派遣やパート・バイトですら採用されないこともあります。

 

母子家庭のシングルマザーは、バリバリ働きたくても、どうしても男性に比べると不利なので、良い仕事がなくて、貧困に苦しむことになるんですね。

 

 

母子家庭のリアルな生活の実態とは?

母子家庭のリアルな生活の実態を見ていきましょう。母子家庭は貧困に苦しむだけではなく、いろいろな悩み、不安を抱えながら生活をしているのです。

 

 

いつも経済的に厳しい

146ced9d6124e39c218c5d5e73d2cbdf_s

 

母子家庭の生活の実態は、常に経済的に厳しいことです。先ほども言いましたが、母子家庭の平均年収は223万円です。子育てをしていくには、正直厳しい収入ですよね。

 

子どもが1人ならまだ何とかなるかもしれませんが、2人、3人いることもありますよね。

 

子どもが多ければ、毎日賑やかで楽しいですが、人数分の食費も衣服代も、雑費も学費もかかります。

 

子どもには好きなものをお腹いっぱい食べさせたいけれど、経済的にそれがなかなか難しい。私立の良い学校に入れたいけれど、学費が用意できない。塾に通わせることもできない。

 

子供にいろいろ我慢させているのかもと思うと、母子家庭のママは子どもたちに対して申し訳ない気持ちになりますよね。

 

 

世間の目が気になることも

7bb1dcd734e3e5717ba2bb8981680a6b_s

 

母子家庭の生活の実態、2つ目は世間の目が気になることです。今どき、母子家庭は珍しいものではありません。そのため、母子家庭だからって劣等感を感じずに生活している人も多いと思います。

 

でも、一方で、やっぱりいまだに母子家庭に対する偏見に悩み、肩身が狭い思いをすることもあると思います。

 

子どもが熱を出したから、仕事を早退しなければいけない時に、「母子家庭だからって、甘えているよね」という陰口が聞こえたり、子どもが学校で友達と大喧嘩したら、相手の親から「母子家庭の子供はこれだから!」のように嫌味を言われたり。

 

別に子どもが熱を出して、保育園に迎えに行かなくてはいけないのは、母子家庭だからではありません。母親なら、というか母親に限らず「親」なら当たり前のことです。

 

また、学校で友達と喧嘩するのは母子家庭とは何も関係ないですよね。でも、世間には母子家庭に対して偏見を持っている人が多いので、世間の目が気になることも多いのです。

 

 

子どもとの時間を取れないジレンマ

9ca129c15edaeb06466fbca611fcc685_s

 

母子家庭の生活の実態、3つ目は子どもとの時間を取れないことです。母子家庭のママは、生活費を稼ぐために、必死で働かなくてはいけません。

 

正社員になれない人は、パートを掛け持ちしなくてはいけないこともあり、なかなか子どもと一緒に過ごす時間を取れないことが多いです。

 

母子家庭で1人親だから、できるだけ子どもと一緒に過ごして、さみしい思いをさせたくない。でも、生活するためにはしっかり働かなくてはいけない。

 

母子家庭のシングルマザーは、常にこのようなジレンマを抱えながら生活しているのです。

 

 

将来の不安といつも隣り合わせ

6b2654199bc4c21b3746be88b4b2a127_s

 

母子家庭の生活の実態、4つ目は将来の不安といつも隣り合わせでいることです。母子家庭は貧困に苦しんでいる人が多いので、貯金をする経済的余裕がありません。いつもカツカツです。

 

だから、もしママが病気になってしまったら、ケガなどで働けなくなってしまったら、生活は成り立っていきません。

 

母子家庭は、明日どうなるか、1年後どうなっているかという未来を描けないことが多いんです。

 

また、子供には良い職についてほしいから、しっかり勉強してもらって、良い大学に入ってほしいと思っているシングルマザーも多いですよね。でも、学費の捻出は大変です。

 

小学校から大学卒業まで2000万円くらいはかかると言われています。それを考えると、母子家庭は常に将来の不安を抱えながら生活をしなければいけないのです。

 

 

疲れても誰にも頼れない孤独

a04541c980f68b781dcdd52fcb9b716e_s

 

母子家庭の生活の実態、最後は疲れても誰にも頼れないという孤独を抱えていることです。

 

パパとママがいる家庭では、どちらかが疲れたら、どちらかをカバーして生活をしていきます。でも、母子家庭ではママが疲れても、誰も助けてくれません。誰かに頼ることもできません。

 

子供が成長して手が離れるまで、自分1人が頑張り続けなければいけないのです。そのような状況は、絶望と共に孤独を感じてしまうのです。

 

 

母子家庭の子供の5つの特徴

母子家庭の子供は、その家庭環境から、性格的に特徴を持つ傾向があるとされています。母子家庭の子供はどんな特徴があるのかを説明します。

 

ただ、今から説明することは、母子家庭の子供全員に当てはまるわけではありません。あくまで「こういう傾向がある」というだけです。

 

 

攻撃的な性格になる

67e668b040815d3bbfed0d13b828f46c_s

 

母子家庭の子供は、攻撃的になることがあります。これは、母子家庭の寂しさをストレスに感じて、攻撃的になってしまうこともありますし、母子家庭であることを周囲の友人にからかわれることが続いて、自己防衛のために攻撃的になってしまうこともあります。

 

 

甘えん坊になる

f0370cf6a74adf0df9fa87197042d2de_s

 

母子家庭の子供の特徴の2つ目は、甘えん坊になることです。母子家庭の子供は、どうしてもママと一緒に過ごす時間が少なくなり、1人で過ごすことが多くなります。

 

そうすると、ママと一緒に過ごせる時間は、全力でママに甘えるようになるんです。そして、寂しさからほかの大人にも甘えるようになることもあります。

 

ただの甘えん坊なら良いのですが、必要以上に母親に依存するようになり、すべて母親任せになり、依存的な生活になることもあります。

 

 

必要以上に「いい子」を演じることも

0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_s

 

母子家庭の子供の特徴の3つ目は、いい子を演じることです。母子家庭では、子どもはママが一生懸命働いているのを見ています。

 

だから、ママを困らせないように、わがままを言わなくなり、家のお手伝いを積極的にやったり、なんでも我慢するようになります。

 

ママを怒らせたくない、困らせたくないという思いが強くなって、必要以上にいい子を演じるようになり、自己主張をしなくなる子供もいるのです。

 

 

大人びている

a6972c3df03820df7f7d54ac14359d54_s

 

母子家庭の子供の4つ目の特徴は、大人びていることです。母子家庭の子供は、甘えたくても、ママに甘えられないことも多いです。家族の役割的に、早く大人になることを求められることもあります。

 

そのため、母子家庭の子供は大人びていることが多いんです。

 

 

野心を持っている

laptop-2434393_640

 

母子家庭の子供の特徴、5つ目は野心を持っていることです。上昇志向が強いと言っても良いかもしれません。

 

母子家庭は貧困に苦しんでいることが多いです。子どものころから貧乏な生活を送っていると、何とか良い生活をしたいと考えて、良い大学に入り、他人を蹴落として良い企業に就職し、どんどん出世したいと思うようになることもあります。

 

また、頑張ってくれているママのために、ママに少しでも楽をさせたいから、社会的に成功して、親孝行をしたいために、上昇志向が強くなることもありますね。

 

 

まとめ

母子家庭の平均年収や貧困の現状、生活の実態、子供の特徴などをまとめました。母子家庭は父子家庭に比べると、どうしても年収が少なくなり、貧困に苦しんでいることが多いです。

 

 

貧困に苦しんでいる母子家庭のシングルマザーの方は、一度役所に相談してみてはいかがですか?もしかしたら、受けられる支援や利用できる制度がまだあるかもしれません。

 

貧困な精神をむしばみ、生活が荒みます。子供の成長にも悪影響を与えますので、頼れるものにはしっかり頼り、使える制度はどんどん使うようにしましょう。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

3ae40f53dd72a4e388fe55ad5f12ed43_s-300x200

赤ちゃん(乳児)の咳の8つの原因・6つの対処法まとめ【病院受診の目安あり】

赤ちゃん(乳児)がコンコンと咳をしていると、ママは心配になりますね。「苦しそうに咳をしているけれど、何もしてあげられない、どうしよう?」と不

ca181a8eec741cc4357c46b1c59630cd_s

離乳食の進め方!初期・中期・後期・完了期のポイント&開始時期を徹底解説

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルクを飲んでいますが、少しずつ離乳食を始めて大人が食べているものに慣れていく必要があります。 で

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s-300x225

【幼児・児童】子供の便秘の原因・解消法のまとめ!ヨーグルトや牛乳って良いの?

便秘の子供が増えているそうです。横浜市の病院の調査によると、約20%の子供が慢性的な便秘に悩んでいるとのことです。   子供(幼児

bridge-2028722_640 (1)

夫婦喧嘩の原因と仲直り方法9選!解決法を知って離婚を回避!

どんなに仲が良くて、ラブラブな夫婦でも、ちょっとしたことが原因で夫婦喧嘩をすることがあります。夫婦喧嘩をすると、家庭内の空気が悪くなりますし

c6a03b2b1d39bf1b8d1d268ef58a3289_s

夫婦円満の秘訣TOP10!仲良し・ラブラブでいるためにはコミュニケーションが大切?

いまや3組に1組の夫婦が離婚する時代です。でも、できるなら離婚したくないですよね。せっかく結婚したのですから、死ぬまで夫婦で寄り添って生きて

関連する記事②

4d7b038c772589816e0fe44bbec2309a_s

童顔の6つの特徴&大人っぽくする5つの方法【女性は髪型やメイクを改善!】

童顔の人は、いつも幼く見られてしまって、それが悩みになっていますよね。周囲の人からは「若く見られるし、可愛く見られるから、童顔は得だよ!」と

f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s-1-300x200

赤ちゃん(乳児)の便秘の6つの原因・9つの解消法まとめ!病気が原因の便秘も!?

赤ちゃん(乳児)が便秘になった場合、ママは「なんでうんちが出ないのかしら?」と不安になってしまうと思います。赤ちゃんの便秘を解消するためには

b89d42f1d699ed1ecd811fea00caf540_s

アレルギー肌の特徴と原因&7つのスキンケア改善・対策法まとめ

アレルギー肌の人は、すぐに肌がかぶれてしまったり、かゆみが出たりして、悩んでいますよね。アレルギー肌は、「体質だから仕方がない」とか「アレル

819cae474e291cb388b96aafe03f80cf_s

結婚を後悔する人の割合と理由24選!離婚前にやるべきこと6つも徹底紹介

結婚は人生の墓場なんて言われていますが、あなたはどう思いますか?結婚は幸せなことばかりではなくて、結婚したことを後悔することもあるんです。&

910e7d45c289d1bf0129baf4e16d4022

卵顔に似合う髪型・前髪まとめ!顔の4つの特徴も徹底紹介

髪型を考える上で、顔の形は切っても切り離せないものです。顔の形を考慮した髪型を選ぶことが、よりかわいく、より美人になる秘訣なのです。&nbs

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。