7774b818b6a167bf065cded0a5fe567b_s

目の下のたるみの原因&取る6つの方法・解消法まとめ

目の下にたるみが出ると、老けて見えてしまいます。目の下のたるみがある顔とたるみがない顔では、見た目が10歳近く違うんです!

 

目の下にたるみができたからと言って、諦めてはいけません。目の下のたるみを取る方法、たるみ解消法はあるんです。目の下のたるみの原因と取る方法・解消方法をまとめました。

 

アンチエイジングをして、若返りたい人は、ぜひ参考にしてください。

目の下のたるみの原因

6e3653713ebbf1cee9925f67e89f22fa_s

 

目の下のたるみの原因は何でしょうか?目の下にたるみが出ると、老けて見えてしまいますので、何とか目の下のたるみを取りたいと思っている女性は多いと思います。

 

目の下のたるみを取るためには、まずは目の下のたるみの原因を知っておきましょう!

 

目の下のたるみのの原因は、ズバリ老化です!加齢によって、目の下の脂肪がたるんでくることで、たるみができてしまうんですね。

 

ただ、このたるみのスピードを加速させる要因はあります。目の下のたるみのスピードを速める要因は、次のようなものがあります。

・紫外線
・乾燥
・目の酷使
・不規則な生活習慣

このような要因が加わると、目の下はどんどんたるんできてしまいます。紫外線はコラーゲンなどの保湿成分や肌細胞にダメージを与えますので、コラーゲンやエラスチンなど肌の潤いとハリを保つ成分が少なくなります。そうすると、肌が乾燥してたるみやすくなります。

 

また肌が乾燥している人と肌にハリがある人では、どちらがたるみやすいかはすぐに分かりますよね。もちろん、肌が乾燥している人です。

 

デスクワークの人やスマホを長時間使っているような人は、目を酷使しています。目を酷使すると目の周囲の筋肉が凝り固まります。そうすると、筋肉が緊張して、血流が悪くなりますので、肌細胞に必要な栄養や酸素が行き届かず、目の下がたるみやすくなるのです。

 

そして、不規則な生活を送っていると、肌のターンオーバーが乱れて、肌のハリがなくなってしまいますので、目の下がたるんでしまうのです。

 

 

目の下のたるみの2つのタイプ

目の下のたるみには、2つのタイプがあります。どちらのタイプも基本的には老化が原因ですが、あなたはどちらのタイプなのか、どちらの原因で目の下のたるみ起こっているのかを確認しておきましょう。

 

■くぼんでしまうタイプ

目の下のたるみのタイプ1つ目は、たるむことで、くぼんでしまうタイプです。これは、加齢とともに目の下の脂肪が下へ下へと下がってたるんでいくことで、目の下がくぼんでしまうのです。

 

目の下のたるみが原因で、目の下がくぼむと、顔が老けて見えるだけではなく、陰影によって印象が暗くなってしまうのです。

 

 

■脂肪が出てくるタイプ

老化が進むと、垂れてくるのは脂肪だけではありません。目も垂れ下がってきます。そうすると、目の下にあった脂肪が目に押し出されるようになって、目の下が膨らんで垂れるようになるんです。

 

 

目の下のたるみを取る6つの解消法!

目の下のたるみを取るためには、どうしたら良いのでしょうか?目の下のたるみは、諦めてはいけません。目の下のたるみは、取ることができます。どうやったら、目の下のたるみをとることができるのか、目の下のたるみ解消法をご紹介します。

 

 

しっかり保湿をする

skin-care-1050976_640

 

目の下のたるみを取るためには、しっかり保湿をしましょう。目の下が乾燥すると、コラーゲンやエラスチンが少なくなって、スカスカの肌になり垂れやすくなります。

 

でも、しっかり保湿をして、ハリのある肌にすることで、たるみを解消することができます。そのため、目の下のたるみを取るためには、しっかり保湿をしましょう。

 

クレンジング剤は、あまりクレンジング力が強いものは用いないようにしてください。大切な保湿成分まで一緒に洗い流してしまいます。また、クレンジングや洗顔をする時には、顔をこすらないようにしましょう。

 

擦ると、肌の角質層が荒れてしまって、肌が乾燥しやすくなります。もちろん、タオルで水分を拭き取る時も、ゴシゴシ擦らず、押さえるようにトントンと拭くようにしてください。

 

そして、化粧水や乳液をしっかりつけてくださいね。また、少しでも肌のたるみを取るためには、リフトアップ効果があったり、肌のハリを保つ効果があるような美容液や化粧水・乳液を使うと良いと思います。

 

目の下は皮膚が薄くとてもデリケートな部分ですので、目の下に乳液や化粧水をつける時は指の腹などで、優しく撫でるようにつけてくださいね。

 

 

目の下のたるみを取るツボを刺激する

314824f63106a65c8a1702be941dc0e0_s

 

目の下のたるみを取るツボを刺激することでも、たるみを解消することができます。目の下のたるみ解消に効果があるツボは、晴明と承泣、太陽の3つです。

 

目の周りのツボを刺激することで、目の周囲の皮膚に良い刺激を与えたり、目の周りの血流を肌のハリを回復させることができるのです。

 

目の周囲はとてもデリケートですので、あまり力を入れ過ぎずに「心地よい」くらいの強さでツボを刺激するようにしてください。

 

 

■晴明

晴明は、目の周りのツボの基本とも言えるツボです。目が疲れた時に、思わず親指と人差し指で左右の目頭を押さえることがありますよね。そこは、実は晴明のツボで、無意識にツボを刺激して目を回復させようとしているんです。

 

晴明は目頭にあるツボです。目の下のたるみ以外にも、目に関する悩みがある時は、晴明を刺激すると良いでしょう。

 

 

■承泣

承泣とは目の下にあるくぼみの中央部分にあるツボです。

 

目の下のくぼみには骨がありませんので、あまり力を入れ過ぎずに優しく刺激してあげましょう。

 

 

■太陽

太陽は眉毛の延長線と目尻の延長線が交差するところが太陽になります。

 

これらのツボを刺激すると、目の周囲の血流が良くなって、肌にハリが生まれてきますので、目の下のたるみに悩んでいる人は、ぜひツボを刺激してみましょう。

 

 

顔の筋肉を鍛える!

7774b818b6a167bf065cded0a5fe567b_s

 

顔の筋肉を鍛えることも、たるみを解消する方法の1つです。顔の筋肉を鍛えることで、垂れ下がった脂肪をリフトアップすることができます。目の下の脂肪を支える筋肉が老化で衰えることで、目の下の脂肪が垂れ下がるのですから、その筋肉を鍛えれば良いのです。

 

目の下の脂肪をリフトアップさせるためには、眼輪筋を鍛えましょう。

 

 

<目のたるみを解消する方法>

1.ギリギリまで目を細める

2.この状態で眉毛を上げて10秒キープ

3.手をピースを作る

4.中指を目頭に、人差し指を目尻に当てる

5.黒目を上に上げて10秒間キープ

 

これをすると、眼輪筋を鍛えることができて、目の下の脂肪をリフトアップさせることができるはずです。

 

 

顔のリンパマッサージをする

目の下のたるみを取るためには、顔のリンパマッサージをしましょう。顔のむくみを取って、リンパの流れを良くすることで、肌細胞を活性化することができて、肌にハリが生まれます。

 

肌にハリが生まれれば、目の下のたるみが解消しますので、顔のリンパをしっかり流してあげましょう。

 

 

顔のリンパマッサージをすると、目の下のたるみを取ることができるだけでなく、小顔になったり、肌のハリが出て、若々しくなることができますので、お風呂上がりなどに毎日行う習慣をつけると良いでしょう。

 

ただ、リンパマッサージをする時には、顔をこすらないようにしてください。顔をこすってしまうと、乾燥の原因になって、より目の下がたるんでしまいます。

 

擦らないようにリンパマッサージをするためには、マッサージクリームをたっぷり使いましょう。指の滑りを良くすることで、マッサージをしても、肌をこすらずに済むようになります。

 

 

規則正しい生活を送る

cfc7293203a9b677946cca968ca6fee3_s

 

目の下のたるみを解消するには、規則正しい生活を送ることも大切です。目の下のたるみを取るためには、生活習慣なんて関係ないと思うかもしれませんが、規則正しい生活をして、肌のターンオーバーを正常化させることで、肌の乾燥を防ぎ、肌のハリを作ります。

 

不規則な生活をして、肌のターンオーバーが乱れると、肌の保湿成分が少ない状態になりやすいので、規則正しい生活を送って、肌が正常に生まれ変わることができるようにしてあげましょう。

・早寝早起き
・質の高い睡眠をとる
・ストレスを溜めこまない
・栄養のバランスのとれた食事をする
・1日3食しっかり食べる
・適度な運動をする

目の下のたるみを取りたいなら、スキンケアも大切ですが、日常生活習慣も大切なのです。たるみが気になって、アンチエイジングに力を入れたい人は、日常生活習慣を見直してみましょう。

 

 

美容皮膚科や美容外科を受診する

16c63c7da6692277f1d0b47ea5476048_s

 

目の下のたるみを本気で取るなら、美容皮膚科や美容外科を受診しましょう。目の下のたるみを解消するためには、医療の力を借りるのも1つの手です。

 

今までご紹介した目の下のたるみを解消する方法は、ゆっくり少しずつしかたるみを解消することができませんが、美容皮膚科や美容外科で施術を受ければ、一気に目の下のたるみを取ることができます。

 

目の下のたるみを取る方法は主に2つあります。

・ヒアルロン酸注射
・脂肪除去

目の下がくぼんでいるタイプの人は、ヒアルロン酸を注射することで、ふっくらとハリのある肌にすることができます。

 

逆に、脂肪が出ていてたるんでいる人は、脂肪を除去する施術を受けることで、スッキリたるみのない肌を作ることができるんです。

 

 

まとめ

目の下のたるみの原因とたるみを取る方法・解消法をまとめました。目の下のたるみは老化の証拠です。ただ、日常生活内でケアすることも可能ですし、思い切って美容皮膚科や美容外科で施術を受けることで、スッキリとたるみを解消することができるんです。

 

目の下のたるみは老けて見えてしまいますので、しっかりとたるみに対するケアを行いましょう。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

424e63a8c9c4cb9d2b6972658c7e7fb8_s

まつ毛が短い6つの原因と伸ばす8つの方法まとめ

まつげが短いと、目元が貧相なイメージになってしまいますよね。パッチリとした華やかな印象の目元にするためには、長いまつげが欠かせません。&nb

937d44c8f1a5dafaa53d6f66e825531a_s

目の下のクマの種類と原因&消す方法まとめ【解消法・治し方を徹底解説!】

目の下にクマがあると、どうしても老けて見えてしまいますよね。また、不健康に見えてしまいます。 目の下のクマは、できるだけ早く治した

eye-1132531_640

これで視力回復!視力を良くする方法8選【仮性近視は治る見込みあり】

「最近、視力が落ちてきた。」、「ぼやけて見えるようになった」という人は、視力を良くする方法を実践してみましょう。視力が悪くなっても、仮性近視

5a0dccf45d5a3f840de54a8ec5cea2c3_s

ものもらいの原因と症状!自然治癒のコツと治す方法も徹底解説

ものもらいができると、まぶたは腫れるし、痛いしで早く治したいと思いますよね。ものもらいは、地方によっては「めばちこ」と呼ばれます。 

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_s

レーシック手術の9つの失敗や後遺症とリスクまとめ!安全に行うには?

「レーシック手術を受けると、視力が回復して、メガネやコンタクトレンズから解放される!」、そう思ってレーシック手術を受けたいと思っている人はい

関連する記事②

%ef%bc%91

アクティブダンサー4つの効果・口コミ!ウエスト・下半身の部分痩せダイエットに使える

アクティブダンサーというダイエット器具をご存知ですか?  名前の通り、ダンサー感覚で楽しくできる器具なのですが、特にウエストから下

%ef%bc%95

トレーニングマット3つの効果・使い方・口コミ【筋トレ・ダイエットに使える!】

トレーニングマットを使ったことはありますか?  ヨガマットやピラティスマットが有名で、ダイソーなどの100均でも小さめのマットが売

image

北川景子のダイエット法が驚愕?体重・身長・スタイル維持の秘訣まとめ

北川景子さんは、スターダストプロモーション所属の女優さんで、現在はロックバンド・BREAKERSのボーカルを務めるDAIGOさんの妻としても

13129822_125579434513614_1836042750_n

皮下脂肪の落とし方とは?多い原因や減らす5つの方法を徹底解説【運動による脂肪燃焼と食事が大事!】

皮下脂肪は、いわゆる見た目のスタイルを悪くしている脂肪です。皮膚の下につくので皮下脂肪と呼ばれます。内臓の周りに着く内臓脂肪と構造は同じです

f37b0e80

【太った】眞鍋かをりの体重・身長・ダイエット方法まとめ!産後に激太り

元グラビアアイドルで、現在はマルチタレントとしてバラエティ番組やニュース番組などで活躍中の眞鍋かをりさん。 2015年6月に吉井和

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。