4471a9452a8966195d4a0e8762afe00b_s

乾燥肌の9つの原因&10個対策まとめ【肌を改善して美肌へ!】

乾燥肌に悩んでいる人はいませんか?乾燥肌で美肌になりたいと願っている人は、実は思わぬ原因で乾燥肌になっているのかもしれません。

 

乾燥肌の9つの原因と10個の対策をまとめました。これで、あなたも美肌への一歩を踏み出しましょう!

乾燥から肌を守る3つの要素

乾燥肌の原因を知る前に、まずは肌を乾燥から守っている3つの要素を知っておきましょう。肌を乾燥から守っている要素は次の3つです。

・皮脂膜

・NMF(天然保湿因子)

・細胞間脂質

これらの3つの保湿要素がしっかり働くことで、肌は乾燥から守られるのです。

 

skin_img_01

 

 

皮脂膜

4471a9452a8966195d4a0e8762afe00b_s

 

肌を乾燥から守っている要因の1つ目は、皮脂膜です。皮脂膜とは肌の表面にある部分で、皮脂腺から分泌された皮脂と汗腺から分泌された汗が混ざったものです。

 

肌の表面を皮脂膜が覆うことで、肌の水分が蒸発するのを防いでくれているのです。また、角質がはがれたり、肌のすべすべさ、滑らかさを保つのにも役立っています。

 

 

NMF(天然保湿因子)

NMF(天然保湿因子)は、肌の顆粒層にあるタンパク質が角質層へと押し上げられる過程で変化したもので、アミノ酸やミネラル、尿素などから構成されています。

 

NMFは水分を吸着させる性質があり、水分を吸着させて角質層の中に水分を留めておく役割を果たしています。NMFが肌の保湿をすることで、肌の弾力性や柔軟性を保っているんです。

 

 

細胞間脂質

細胞間脂質は、細胞と細胞の間にある脂質でセラミドやコレステロール、遊離脂肪酸などから構成されています。

 

通常、セラミドは細胞内にあるものですが、肌の表面にある角質に達すると、細胞外にセラミドが流出するようになるんです。この細胞間脂質があるために、肌の水分が外に蒸発するのを防いだり、外部からの刺激を防いでくれたりしています。

 

肌の保湿を考える上では、この細胞間脂質が最も重要な要素と言われています。

 

 

乾燥肌の9つの原因

乾燥肌の9つの原因をご紹介します。乾燥肌の原因は、意外なところに潜んでいるんです。

 

 

加齢

dependent-100343_640

 

乾燥肌の1つ目の原因は加齢です。歳をとると、肌が乾燥しやすくなるのです。皮脂の分泌量のピークは男性で30代、女子は20代です。そこからは、年齢を重ねるにつれて、どんどん皮脂の分泌量は減っていきます。

 

皮脂の分泌量が減れば、皮脂膜を形成することができませんから、肌の水分が蒸発しやすくなるのです。

 

 

食生活

burgers-1976198_640

 

乾燥肌の2つ目の原因は、食生活です。あなたは、栄養のバランスを考えた食事を取っていますか?

 

ダイエットで食事制限をしていたり、ジャンクフードばかりだったり、偏食だったりしていないでしょうか?

 

タンパク質が不足していると、NMFや細胞間脂質が減ってしまうのです。また、ダイエットなどで脂質が不足すると、皮脂が少なくなりますし、細胞間脂質も減ります。

 

また、ビタミンやミネラルは肌のターンオーバーや新陳代謝を促進するものですので、ビタミンやミネラルが不足すると、肌が生まれ変わりにくくなり、乾燥肌になってしまうのです。

 

そのため、ダイエットによる食事制限や偏食などの食習慣が、乾燥肌の原因になることもあるのです。

 

 

紫外線

beach-455752_640

 

紫外線も乾燥肌の原因になります。紫外線は、NMFにダメージを与えて、肌の角質層のバリア機能を低下させます。そのため、肌の水分が蒸発しやすくなってしまうのです。

 

そのため、紫外線の強い時期に油断していると、乾燥肌になってしまいまいますので、注意が必要です。

 

 

ストレス

ストレスも乾燥肌の原因の1つです。ストレスを感じると、自律神経の交感神経が優位になります。交感神経が優位になると、血管が収縮し、呼吸が浅くなってしまいます。

 

そうすると、肌に必要な酸素や栄養を供給できなくなりますので、肌のターンオーバーが乱れます。すると、肌に水分を留めておくことができず、どんどん水分が蒸発するようになりますので、乾燥肌になってしまうのです。

 

 

体質(アトピー素因)

c45d3872a9a34e20cd5636f4b14b62b4_s

 

乾燥肌の原因は体質も関係しています。もともと皮脂の分泌量が少なめの人は、どうしても乾燥肌になってしまいます。

 

また、アトピー素因を持っている人も、乾燥肌になってしまいます。アトピー性皮膚炎の人は、細胞間脂質の中で水分を肌に留めておく重要な役割を果たしているセラミドが、健康な人の3分の1程度しかないと言われています。

 

セラミドがなければ、肌の中の水分量が少なくなりますから、乾燥肌になってしまいます。生まれつき、乾燥肌になりやすいという人もいるのです。

 

 

睡眠不足

82923397b56bdfba93dcc860c97a544e_s

 

睡眠不足も、乾燥肌の原因の1つです。睡眠不足で乾燥肌になるメカニズムは、ストレスで乾燥肌になるメカニズムと同じです。

 

交感神経が優位になることで、肌に必要な栄養や酸素が行き届かなくなり、ターンオーバーが乱れて、乾燥肌になってしまうのです。

 

 

生活環境

winter-997781_640

 

乾燥肌の原因には、生活環境もあります。あなたは、室内の湿度に気を使っていますか?冷房や暖房を使いすぎて、室内が乾燥していないでしょうか?湿度が低ければ、肌の水分が乾燥しやすくなります。

 

また、冬は空気が乾燥するだけでなく、気温も下がります。寒いところでは、肌が乾燥しやすいのです。

 

体が冷えると血管が縮み、血流量は一気に低下。新陳代謝が落ちることで、肌内部で新しい細胞が生まれにくくなる。

 

引用:乾燥肌・敏感肌|美容皮膚科|東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ(Noage)

冬は湿度に気をつけながら、暖房を上手に使わなければいけません。

 

 

間違ったスキンケア

dd10c759132be11a8b2f10f75b918dbc_s

 

乾燥肌のあなたは、間違ったスキンケアをしているかもしれません。乾燥肌の人は、肌のバリア機能が低下していて、敏感肌になっていますので、少しでも肌に合わない化粧品を使うと、肌に負担がかかり、乾燥肌が進行してしまいます。

 

また、メイク落としや洗顔、保湿などは、力を入れ過ぎていないでしょうか?力を入れて、肌をこすってしまうと、肌の角質層がはがれる原因になりますので、保湿をしているつもりでも、逆に乾燥肌を悪化させている可能性があるのです。

 

 

病気によるもの

86dcfe4902b017164481040136c3a7f3_s

 

乾燥肌の原因、最後は病気です。病気の症状として、肌が乾燥してしまうものがあるのです。

・アトピー性皮膚炎

・乾皮症や皮脂減少性皮膚炎

・甲状腺機能異常

・腎臓病

これらの病気があると、乾燥肌になる可能性があります。

 

 

乾燥肌の10個の対策法

乾燥肌の人は、いくら保湿クリームを塗っても、すぐに肌が乾燥してしまいますよね。肌が乾燥すると、角質層がはがれて「粉が吹いた」ようになりますし、化粧のノリもが悪くなります。また、外界からの刺激に弱くなって、かゆみが出たり、すぐに赤くなってしまいます。

 

このような悩みから解放されるために、乾燥肌対策をしっかりして、美肌になりましょう。

 

 

正しいスキンケアを

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

 

乾燥肌対策の1つ目は、正しいスキンケアをしましょう。高い基礎化粧品を使う必要はありません。自分の肌に合ったもの、特に低刺激の基礎化粧品、保湿力に優れた基礎化粧品を使いましょう。

 

たとえば、メイク落とし。あなたは、メイク落としにどんなものを使っていますか?拭き取りタイプのメイク落としを使っていないでしょうか?

 

拭き取りタイプのメイク落としは、メイクを落とすという効果は高いですが、「拭き取る」ことで、肌に刺激を与えて、皮脂膜やNMFまで拭き取ってしまう可能性がありますので、クレンジングジェルやクレンジングミルクを使うと良いでしょう。

 

また、コールドクリームやオリーブオイルなど界面活性剤が入っておらず、洗い流すことができないタイプのメイク落としも良いと思います。

 

ただ、界面活性剤が入っていない場合、ティッシュ等で拭き取る必要があります。ティッシュで拭き取る時に、乱暴に拭き取ると、皮脂膜やNMFまで一緒に拭き取ることになりますので、必ず丁寧に拭き取るようにしましょう。

 

 

擦らない

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

 

乾燥肌対策の2つ目は、とにかく擦らないことです。メイクを落とす時、洗顔する時はもちろんですが、洗顔後にタオルで拭く時も、ゴシゴシと擦らずに押さえるようにして拭き取りましょう。

 

また、化粧水や乳液をつける時も注意してください。リキッドのファンデーションや日焼け止めクリームをつける時も、塗り込むのではなく叩き込むようにすると、肌の角質層を剥がさずに済みます。

 

そして、乾燥肌の人は、どうしても肌のかゆみが出ますよね。かゆいと掻いたり、こすったりしてしまいます。それも、我慢して擦らないようにしましょう。

 

肌への刺激はできるだけ避ける、とにかく擦らない。これが大切です。

 

 

栄養のバランスの取れた食事

appetizer-1238615_640

 

栄養のバランスの取れた食事も、乾燥肌対策には大切なことです。全ての栄養素を万遍なく取ることが基本です。

 

特に、摂りたい栄養素は次のものです。

・たんぱく質

・脂質

・ビタミンA

・ビタミンB群

・ビタミンE

・ビタミンC

・亜鉛

特に、NMFを作って、肌の細胞の原料となるタンパク質をしっかり摂ること、細胞間脂質や皮脂膜を作る脂質を適量取ることは重要です。

 

脂質は、「肌が脂っぽくなる」といって、避ける人もいますが、肌の健康を保つためには大切なものなんです。脂質の中でも、青魚やサーモンなどに含まれるオメガ3脂肪酸やコーン油やごま油に含まれるオメガ6脂肪酸を摂ると良いでしょう。

 

そのほか、肌や粘膜を健康に保つビタミンA、肌のターンオーバーを正常に保つビタミンB群、血行を促進し、新陳代謝を高めるビタミンE、コラーゲンを生成するビタミンC、細胞分裂を促し肌の健康を維持する亜鉛もしっかり摂りましょう。

 

 

室内の加湿

5f9d4d4e412b3523d7a57ab878704217_s

 

乾燥肌対策のためには、室内の湿度にも気をつけましょう。冷房や暖房を使いすぎると、湿度が下がりますので、肌が乾燥してしまいます。

 

また、顔がほてるほど暖房の近くにいると、熱によって肌の水分が蒸発していきますので、暖房の使い過ぎや、暖房の近くにいるのも止めましょう。扇風機やエアコンの風が直接当たることでも、肌の乾燥が進みますので気をつけてください。

 

 

紫外線対策をする

parasol-486963_640

 

肌にダメージを与えて乾燥させる紫外線への対策をすることも、乾燥肌対策には重要なことです。

 

20130323_501658-300x181

出典:aie.ac.jp

 

紫外線対策は1年汁すべきですが、特に3月から9月までは紫外線の量が多いですから、日焼け止めクリームをつけて、帽子や日傘などでしっかりと紫外線対策をしましょうね。

 

日焼け止めクリームはSPFが高いレジャー用ものを選ぶよりも、普段使いできる日常用のものをこまめに塗り直す方が、紫外線対策の効果が高いですので、2~3時間おきにこまめに塗り直すようにしましょう。

 

 

運動をする

乾燥肌対策には、適度な運動も大切です。適度な運動をすると、新陳代謝が良くなりますので、肌のターンオーバーが促進されます。

 

忙しい人は、まずは顔のストレッチから始めてみるのも良いと思います。

 

 

 

 

  • 規則正しい生活を

28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_s

 

乾燥肌の対策のためには、規則正しい生活をしましょう。質の高い睡眠を取って、1日3食しっかり食べて、早寝早起きをするようにすると、自律神経のバランスが整います。

 

自律神経のバランスが整えば、肌のターンオーバーを妨げる原因が1つなくなりますので、肌が乾燥しにくくなるのです。

 

 

自分なりのストレス解消法を見つける

yoga-544970_640

 

自分なりのストレス解消法を見つけるのも良いでしょう。ストレスが溜まると、交感神経が優位になるので、乾燥肌になってしまいます。

 

ストレスを溜めないように、こまめにストレスを発散しておくと、乾燥肌が悪化せずに済むでしょう。ストレス解消方法は何でもOKですが、暴飲暴食やタバコなどは、肌を乾燥させることになりかねませんので、おすすめできません。健康的なストレス発散方法が良いですね。

 

 

長時間の入浴は避ける

c77158750a2943cb19e1e96cbf4c5437_s

 

乾燥肌の人は、長時間の入浴は避けましょう。浴室は湿度が高いから、長時間入浴すれば、肌の保湿につながるのではと思うかもしれません。

 

でも、長時間入浴していると、肌がふやけてしまって、大切なNMFやセラミドが流出してしまって、肌が乾燥することになりますから、乾燥肌の人は入浴は短時間で済ませるようにしましょう。

 

また、入浴後は水分が肌からドンドン蒸発していきますので、保湿クリームですぐに保湿するようにしてください。

 

 

それでもダメなら病院へ

54d1980a79723dc294fda96839801180_s

 

今まで紹介した9つの対策を実践しても、乾燥肌が治らないなら、皮膚科を受診しましょう。あなたの乾燥肌は、病気によるものかもしれません。

 

皮膚科で専門的な治療をしたり、保湿効果の高いドクターズコスメを使えば、少しずつ乾燥肌が改善されると思います。

 

乾燥肌が気になる人は、美容皮膚科を受診したくなると思いますが、まずは病気の可能性があることを考えて一般皮膚科を受診しましょう。それで、特に大きな病気がなく、より美肌を目指したいなら、美容皮膚科を受診すると良いでしょう。

 

 

まとめ

乾燥肌の9つの原因と10個の対策をまとめました。乾燥肌の人は、敏感肌になりやすく、肌荒れしやすいので、少しでも早く治したい、美肌になりたいと思うものですよね。

 

乾燥肌の10個の対策を実践すれば、美肌へ近づくことができるはずです。また、どうしても乾燥肌が治らないなら、皮膚科を早めに受診してくださいね。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

830cefbf19a6a921b09146c2f0817098_s

【美肌・透明感】肌が綺麗になる方法17選【完全保存版】

肌を綺麗にしたい、美肌になりたいと願っている女性は多いですよね。肌が綺麗になると、第一印象が変わりますし、肌が綺麗になるだけで美人度は3割増

91ace60be8b8bc3730debd676b751b3d_s

アクネ菌とは?退治方法と6つのニキビ対策まとめ

ニキビが肌にできると、化粧のノリが悪いし、見た目が悪くなるので、どうにかしたいですよね。ニキビはアクネ菌が原因と言われていますが、アクネ菌と

strawberries-58195_640

毛穴が黒い!イチゴ鼻の4つの原因と8つの改善&治す方法まとめ

「鼻の毛穴が目立つ」、「鼻の毛穴が黒ずんで、ボツボツしてしまって、まるでイチゴみたいになっている」と悩んでいる人はいませんか? 鼻

29b5d36019178da3dda0074e846df431_s

ニキビの5つの種類の原因と特徴・ケア方法を一挙大公開

顔にニキビができて悩んでいるあなたは、自分のニキビがどの種類のニキビなのか、きちんとわかっていますか? ニキビはその種類によって原

c45d3872a9a34e20cd5636f4b14b62b4_s

アトピーの原因&8つの改善・治療法まとめ!遺伝との関係も徹底解説

アトピー性皮膚炎の人は湿疹が出て、かゆくてかゆくて仕方がないし、見た目も肌が赤くなったり、乾燥したりするから、恥ずかしいと思っているのではな

関連する記事②

b03a74a83e83986b678864e21b452659_s

頭皮がかゆい6つの原因・9つの対策まとめ【頭の皮脂や乾燥】

頭がかゆい!と悩んでいる人はいませんか?頭皮がかゆくて、ついついかきむしってしまうという人もいますよね。 頭皮がかゆい原因と対策を

creating-perfume-1539654_640

混合肌の特徴と4つの原因&7つのスキンケアの改善対策法まとめ

顔の一部分はべとついているのに、他の部分はカサカサ乾燥しているような肌の人は、どうやってスキンケアをして良いのか迷ってしまいますよね。&nb

191ccc918fe685b6cc94e18adf8a1803_s

自閉症の定義や原因・特徴と症状のまとめ!治るって本当?【自閉症スペクトラム障害】

あなたは自閉症にどんなイメージを持っていますか?「自閉症」と言っても、現れる症状は人それぞれです。自閉症は、病名からイメージされるような「心

202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s

ニキビ跡の原因&赤みなどを消す7つの直し方【クレーター治療】

ニキビがようやく治ったと思ったら、ニキビの後が赤くなってしまったという悩みを持っている人はいませんか? ニキビが治ったのに、ニキビ

1735c447dcadc91942698466d1502c5f_s

ダイエット中の停滞期の期間と原因&6つの乗り越え方まとめ【成功の分かれ道!】

今まで順調にダイエットできていたのに、体重が全く減らなくなってしまったと悩んでいる人はいませんか?もしかしたら、あなたは今「停滞期」に入って

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。