neck-780166_640

デコルテマッサージとケア方法!場所や意味・5つの知っておきたいこと

多くの女性が美白や美肌、エイジングケアを行っていますが、顔のケアはきちんとしているのに首には気が回っていなかった、なんていう方も多いのではないでしょうか。首から胸元までの範囲を“デコルテ”と呼びますが、胸元を見て年齢が出ている、なんて思われるのはとても悲しいですよね。

 

そこで今回はこのデコルテの場所や意味、デコルテに関するマッサージなどのケア方法についてまとめてみたいと思います。

■デコルテとはどの部分?

decollete-574354_640

 

冒頭にも少し出てきましたが、デコルテとは首から胸元にかけた部分を差し、デコルテゾーンとも呼ばれています。Decolletというフランス語から来ており、deは○○“~離れている”、colletは“首”を指しており、Decolletで首元の広い部位という意味を持っています。現在ではスキンケアやファッション用語としてよく使用される言葉で、鎖骨を含んだ胸元までの事を言います。分かりやすく言えば、ちょっと胸が大きめにあいている服を着た時に空いている部分ですね。

 

ちなみにご存知ない方はいらっしゃらないと思いますが、鎖骨とは首の少し下、喉の下辺りにあるくぼみを挟むように、左右両方に広がっている骨の事です。デコルテを綺麗に見せるためには、この鎖骨も欠かせません。首を横に向けた時に、耳の下から鎖骨まで伸びた筋肉を入れてLラインと呼ばれることもあります。

 

 

■日常のデコルテケアで知っておきたい5つのこと

 skincare-1461395_640

 

・日焼け止め

意外に塗り忘れがちなデコルテライン。首周りに日焼けの跡がくっきりついているのって、なんだかちょっぴり恥ずかしいですよね。ここもしっかり日焼け止めを塗って、日焼け予防をしておきましょう。

 

・水分補給

顔や首には化粧水をたっぷりつけている人でも、デコルテにまで化粧水をつけて保水している人は意外に少ないものです。しかし、この部分の水分が不足することで肌がかさつき、年齢を感じさせることになりかねません。十分な保水をして、エイジングケアを怠らないようにしましょう。

 

・保湿

顔と同じように、いつまでも若々しい肌を保つためには保水の後の保湿も必要です。顔の保湿をする=デコルテラインまでという認識を持って、毎日しっかり保湿する事が大切です。

 

 

■デコルテラインに年齢が出やすい理由とは?

woman-1267127_640

 

・肌が薄い

目や口周り同様に皮膚が薄いデコルテは、刺激を与えると乾燥しやすくなってしまいます。強い紫外線を浴びたり、衣類の刺激を与え続けることで、黒ずんで乾燥した肌になることもあるので注意が必要です。

 

・首周りに出来る皮膚ネックレス

ある程度の年齢の女性の首回りに、ネックレスのような皮膚のしわが刻み込まれているのを見たことはありませんか?これば頭が重かったり、首周りを酷使した事で出来るシワで、太り過ぎることでも出来てしまいます。せっかく肌がキレイでもこの部分に皮膚ネックレスが出来てしまっていては、なんだか悲しい見栄えになってしまいます。

 

頭は4~5Kg程の重さがあると言われていますが、その重さを首一つで支えなければいけません。その状態に加え、パソコンやスマホを長時間悪い姿勢で使い続け、首に余計な負担がかかっていることもよくあります。首を疲れは首周りの血行を滞らせ、リンパや血液の流れを悪くします。肩の凝りや肌のハリを失う原因になりますので、連続使用しなければいけない時には適当な休息時間を設けて、首を本来の正しい姿勢に戻してやることも必要です。

 

・加齢

年齢によって肌はどうしても衰えていきます。デコルテ部分の肌はハリが失われ、乾燥が進み、しわを生じさせてしまうのです。毎日のスキンケアの時に、デコルテまでしっかりとエイジングケアを行いましょう。

 

 

■デコルテラインに年齢が出やすいNG行為とは?

 pop-art-2186850_640

 

・強い力やナイロンタオルでごしごしと洗ってしまっていませんか?

・髪の毛が常にデコルテに付着しているヘアスタイルではありませんか?

・長時間のデスクワーク、パソコン作業、スマホ使用をしていませんか?

・日焼けをしたくないからと毎日首を衣類などで覆ってしまっていませんか?

・肩が凝って首周りやデコルテをぐるぐる回したり、強い力でマッサージしていませんか?

 

実はここに挙げた行為すべてがデコルテラインにとってのNG行為となります。これらを断続的に長期間行う事で、しわや乾燥を招いてしまいますので、十分な注意が必要です。

 

 

■デコルテの肌質の特徴とは?

portrait-865007_640

 

デコルテケアの項目でも少し触れましたが、デコルテは全身の肌と少し状況が異なっており、デリケートな肌質で構成されています。

 

・皮膚が薄い

肌は上から表皮⇒真皮⇒皮下組織の順で構成されています。しかし、デコルテが他の部位の肌と違っているのは、表皮層の最上部にある角質層が分厚く、真皮層がとても薄いということです。真皮層が薄い分、肌ケアでたっぷり栄養補給をしていても、その貯蔵タンクがとても小さくハリが失われやすい特徴を持っています。水分不足に陥り、乾燥しやすいのがデコルテ部分の弱点です。

 

・少ない皮脂

肌には皮脂腺と呼ばれるものがありますが、首から鎖骨部位にはこの皮脂腺が存在していません。そのため季節に関係なく、乾燥しやすい状態をキープしています。

 

しかし、同じデコルテでも鎖骨より下から胸元は皮脂腺が多いため、汗をかきやすく、皮脂汚れやほこりの付着がしやすい肌質を持っています。ですから鎖骨までのデコルテラインと同じケアをしてしまうと皮脂がたまりやすく、蒸れや汚れによって肌荒れを起こすこともあります。これらの事からもお分かりのように、同じデコルテラインと言っても実は上部と下部ではその肌の質は全く異なっているのです。

 

・刺激を受けやすい

始めの方でも少し説明を致しましたが、デコルテは皮膚が他の部位より少し薄い環境にあります。そのため、スカーフや衣類で首を常に覆ってしまうと、布の摩擦でデコルテに刺激を与え、乾燥が進んでしまいます。そして春から秋にかけて降り注ぐ強い紫外線は、デコルテを攻撃する怖い敵になりますので対策が必要です。

 

 

■デコルテラインのケアとマッサージ方法

neck-1211231_640

 

デコルテラインのケアは、基本的に顔と同じように行います。目元の皮膚が薄い箇所には保水・保湿を心がけるように、首周りから鎖骨にかけては皮膚が薄い事や皮脂腺が無い事を考慮したケアをしていきましょう。

 

・ケア用品を選ぶなら

ケアを行う際にはボディケア用品を用いるのではなく、フェイスケア用を使用すると安心です。出来ればエイジングケア用のものを選ぶと良いでしょう。最近ではデコルテ専用のクリームや美容液なども販売されていますが、そのまま顔のケア用品を使用しても問題ありません。

 

水分補給にはセラミドなど保水効果の高い成分が含有されている物、保湿効果の高いエラスチンやコラーゲンが含有されているもので、なおかつ紫外線対策を行えるものを使用すると効果的です。更に1週間に1度くらいのペースで、スペシャルケアとしてピーリング剤などを使用して角質ケアを行うようにしましょう。

 

・マッサージの方法

首から鎖骨にかけては女性らしさが出やすく、加えて年齢を感じさせやすい場所でもあります。オイルやクリームを使って優しくリンパマッサージを行い、首周りに滞ってしまっている老廃物や不要な水分、リンパなどをスムーズに流れるようにしましょう。シワ解消マッサージを首周りに行い、ストレッチをして筋肉や皮膚を柔軟にしたうえで、ピーリングや保湿パックを行えば完璧です。

 

また意外に思われるかもしれませんが、顔のむくみ取りを行う事も、デコルテラインを綺麗に保つために重要なポイントとなります。足裏の顔のむくみ解消のツボをマッサージして、違う角度からもむくみ解消アプローチをしておくと良いでしょう。

 

 

■デコルテケアでこんな時はどうする?

 necklace-518268_640

 

・首のイボ

首周りはイボが出来やすい事でも知られています。例え小さなイボでも意外に目立ってしまいますので、専用の除去ケア用品などを使ってケアを行いましょう。

 

・首のくすみ

角質が溜まりやすいことに加え、乾燥によってなめらかな皮膚をキープできず、凹凸のある肌になることでくすみが生じます。くすみ対策にはまず保水を心がけ、ピーリング剤などを使用して角質除去を行うこともおすすめです。

 

・枕を見直そう

首周りの皮膚ネックレスは、もしかすると枕の高さによるものかも知れません。高すぎる枕は皮膚ネックレスを生みやすい環境になってしまいます。枕は首がまっすぐ、正しい位置に来るものを使うようにしましょう。ちなみに枕の高さは、立った時に生じる肩と首の差に合わせて選ぶと良いとされています。この際思い切って枕を買い替えてみるのも、美しいデコルテをキープする一つの秘策です。

 

 

■まとめ

portrait-1320810_640

 

如何でしたでしょうか。デコルテと一口で言っても上部と下部の2つの層で肌構造が異なっていたり、皮膚が薄く乾燥しやすい箇所だということがお分かりいただけたかと思います。今回ご紹介した方法を参考にしながら、ぜひ自宅でセルフマッサージをしてみてください。

 

また、マッサージの際にはアロマ用の精油にマッサージオイルをプラスして、自分なりのお気に入りレシピを見つけるのも良いですね。リラックスタイムとして優雅な香りに包まれて、ちょっぴりゴージャス気分でマッサージを行えば、気分転換にもなります。ぜひ一度挑戦してみてください。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

baf0269e4d922d604b86bd4f25894db1_s

肌断食の効果&正しいやり方4パターンまとめ【3つのメリット!】

最近話題の「肌断食」。肌断食をすると、美肌になれると言われていますが、それは本当なんでしょうか?また、そもそも肌断食って何でしょう?&nbs

182efe539cec9cc8aeb95dac787eb9de_s

肌のハリがなくなる5つの原因&取り戻す11個の改善法まとめ

ピンと張った肌は若々しく見えますし、化粧のノリもよくなりますね。でも、「最近、肌のハリがなくなったなぁ」と思って、どうにか肌のハリを改善した

acne-1606765_640

脂性肌の特徴と7つの原因&スキンケアの改善・対策・治し方6選

脂性肌の人は、いつも顔がテカってしまうとかニキビがたくさんできるなどの肌トラブルに悩んでいますよね。脂性肌の人は、「遺伝だし」とか「体質だし

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s

【肌】毛穴の開きの3つの原因&なくす8つの方法まとめ

毛穴が開いていると、肌がボコボコに見えてしまって、肌が汚く見えてしまいますね。毛穴がないきめの細かい肌になりたいと思っている女性は多いと思い

25fe343ba46e412e93dc50074f8be7c5_s

【色黒】肌が黒い4つの原因と改善法まとめ!これで透き通るようなモテ肌になれる

肌が黒いと悩んでいる人はいませんか?色黒だと暗く見えてしまって印象が悪いので、明るく透き通るような白い肌に憧れを抱いている人も多いと思います

関連する記事②

badesalz-1620261_640

ディープクレンジング3つの効果!正しいやり方と頻度を徹底紹介

ディープクレンジングは、肌を若々しく保つために効果的とされているケア方法です。正しい方法や頻度で取り入れることにより、肌への嬉しい効果が期待

physiotherapy-567021_640

アロマリンパマッサージ!ダイエット効果と頻度・やり方まとめ

アロマは自然植物や果実、樹皮などが持つ香り成分を用いて、心や体をケアしてくれます。このアロマをマッサージに取り入れようと始まったのが、アロマ

strawberries-58195_640

毛穴が黒い!イチゴ鼻の4つの原因と8つの改善&治す方法まとめ

「鼻の毛穴が目立つ」、「鼻の毛穴が黒ずんで、ボツボツしてしまって、まるでイチゴみたいになっている」と悩んでいる人はいませんか? 鼻

pixta_18269010_S-640x418

脚やせダイエット6選!速攻で太ももの細い綺麗な足にする方法まとめ【動画解説付き】

細くて綺麗な脚を手に入れたい人は多いと思いますが、脚はなかなか思ったように痩せてくれません。「体重は確かに減ったし、お腹周りは痩せたけど…」

5858ba717223664a154baa6492abd234_s

【大人ニキビ】吹き出物の位置7つ&場所別の原因と対処法まとめ

ニキビや吹き出物ができる位置によって、原因が違うって知っていますか?原因が違うなら、対処法も違ってきます。 吹き出物のケアをきちん

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。