937d44c8f1a5dafaa53d6f66e825531a_s

目の下のクマの種類と原因&消す方法まとめ【解消法・治し方を徹底解説!】

目の下にクマがあると、どうしても老けて見えてしまいますよね。また、不健康に見えてしまいます。

 

目の下のクマは、できるだけ早く治したいものです。目の下のクマの種類や原因、治し方をまとめました。美容のためにも、目の下のクマはできるだけ早く治しましょう!

目の下のクマの3つの種類と原因

目の下にクマがあると、どうしても老けて見えてしまいます。また、顔色が悪く見えますので、目の下のクマは早く治したいものです。

 

でも、目の下のクマを治すためには、その原因に合った対策を取らなければいけません。目の下のクマには種類があるって知っていますか?

 

目の下のクマには青クマ、黒クマ、茶クマの3種類があります。

 

 

青クマの原因

937d44c8f1a5dafaa53d6f66e825531a_s

 

青クマとは青黒く見えてしまうクマのことですね。青クマの原因は、ズバリ血行不良です。目の周りの血流が悪くなって、滞ることで、毛細血管が浮き出てしまって、青黒く見えてしまうんですね。

 

目の周りには、たくさんの毛細血管が走っています。そして、目の周りは皮膚がとても薄いんです。そのため、少しでも血流が悪くなって、血液の流れが滞ると、血管が浮いて見えてしまって、目の下に青黒い青クマができてしまうんです。

 

目の周囲の血流が悪くなる原因は、主に生活習慣です。睡眠不足になると、クマができるのは皆さんご存知だと思います。睡眠不足になると、目の周囲の筋肉の疲れがきちんと取れないので、筋肉が凝り固まってしまって、血流が滞り、青クマができてしまいます。

 

目が疲れている場合も、青クマができやすいですね。パソコンを長時間使っている、テレビやゲーム、スマホに長時間夢中になる、寝ころびながら読書をするなど目を酷使していると、目の周囲の筋肉が緊張して、血流が悪くなってしまうんです。

 

また、冷え性やストレスでも、全身の血流が滞るため、青クマができやすくなってしまいます。

 

青クマは、病気が原因のこともあります。鉄欠乏性貧血や肝機能・腎機能が低下すると、全身の血流が滞りますので、青クマができやすくなるのです。

 

 

黒クマの原因

888ffe6c255ccc57ebfcfefc9a9140b7_s

 

目の下のクマの種類の2つ目は、黒クマです。黒クマは影ができることで、クマのように見えるので、「黒クマ」と呼ばれます。

 

では、なぜ目の下に影ができてしまうのでしょうか?それは、ズバリ老化です。老化によって目の周囲の脂肪が少なくなったり、皮膚がたるんで、目の下がくぼんでしまうために、そこに影ができてしまうんですね。

 

また、老化で目の下の脂肪(眼窩脂肪)の部分を支える筋肉がたるんできて、眼窩脂肪が前に飛び出てしまうことでも、黒クマができます。

 

眼窩脂肪は年齢を重ねると、徐々に飛び出すようにふくらんできます。
このふくらみにより作られる目の下の黒い影がくまとなって、表情を曇らせてしまいます。

 

引用:目の下のクマ・たるみ原因と解消法 | セオリークリニック

もちろん、若い頃から目の脂肪が少なかったり、前に飛び出ている人はいますが、黒クマの多くの原因は、老化なんです。わかりやすく言えば、皮膚がたるんできていて、そのたるみで目の下に影ができて、クマのように見えてしまうということですね。

 

この黒クマは影ですから、目の下の皮膚を伸ばして引っ張ると、クマが消失するという特徴があります。

 

また、バセドウ病などの甲状腺機能亢進症でも、黒クマが出てくることがあります。甲状腺機能が亢進すると、代謝の更新によって、目が前に飛び出てきます。そうすると、それに伴って、眼窩脂肪も飛び出てくることがあるので、黒クマができることがあります。

 

 

茶クマの原因

parasol-486963_640

 

目の下のクマの種類の3つ目は、茶クマです。茶クマの原因は、色素沈着です。目の下は皮膚が薄いので、メラニン色素が色素沈着を起こしやすいのです。

 

例えば、紫外線。紫外線が肌にあたると、メラニン色素が作られますが、それが目の下で色素沈着を起こすと、茶クマになります。

 

また、アトピー性皮膚炎や化粧のかぶれなどで炎症が起こることでも、色素沈着を起こします。さらに、花粉症などで目をこすってしまうことでも、色素沈着を起こします。

 

茶クマは目の下にシミができている状態と考えると、わかりやすいと思います。

 

 

クマの治し方 (3種類共通)

目の下のクマは、一刻も早く治したいですよね。目の下にクマがあると、不健康で暗いイメージになります。クマがある人を見ると、「あの人、疲れているなぁ。病気かなぁ?」と思ってしまいますよね。

 

クマがある人のために、クマの治し方をご紹介します。まずは青クマ、黒クマ、茶クマ3種類共通の治し方です。

 

 

目の周辺のマッサージ

49b923803051cc78da39afc27641ff69_s

 

目の下のクマの治し方、まずは目の周辺のマッサージをしましょう。目の周辺のマッサージをすることで、目の周囲の筋肉をほぐして、血行を良くすることができます。そうすると、青クマが治ります。

 

また、マッサージをして血行を良くすれば、肌にハリが出ますので、黒クマを改善できますし、肌の新陳代謝が促進しますので、茶クマにも効果があるんです。

 

 

<目のマッサージのやり方>

1.両手の親指をこめかみに当てる

2.人差し指で上瞼と目頭から目尻にかけて、5回さすります。

3.下まぶたを目頭から目尻にかけて5回さすります

4.眉頭から眉尻を5回さする

5.手のひらで目を覆って5秒間キープ

 

これをすることで、目の周りの筋肉の緊張をほぐして、血行を良くすることができますので、青クマはもちろんですが、黒クマも茶クマも治すことができるはずです。

 

ただ1つ注意してほしいことがあります。それは、擦らないことです。擦るようにマッサージをすると、肌に刺激を与えてしまって、色素沈着を起こす原因になります。そうすると、茶クマが悪化してしまいます。

 

そのため、目のマッサージをする時は、マッサージクリームやオイルをたっぷりつけて、優しく肌に負担をかけないようにしてマッサージしてください。

 

 

目の周辺のストレッチ

目の下のクマの治し方、次は目の周辺のストレッチをしましょう。目の周辺の筋肉を動かすことで、血流を改善して、クマを治すことができます。

 

 

 

目のストレッチをすると、目の周辺の筋肉のコリがほぐれます。そうすると、血流が良くなって、クマが治るだけでなく、仮性近視が原因の場合の視力低下を回復させることができます。

 

目のストレッチは、クマを治すだけなく、目の疲れを取ることができますので、毎日の習慣として行うようにすると良いでしょう。

 

 

目を温める

目の下のクマを治す方法、次は目を温めることです。蒸しタオルなどで目を温めるようにすると、目の血流が良くなりますので、青クマが治ります。もちろん、黒クマや茶クマも改善しますので、ぜひ試してみましょう。

 

蒸しタオルは電子レンジで簡単に作れます。濡らしたタオルを絞って、電子レンジでチンするだけで、すぐに蒸しタオルが作れるんです。1日の終わりに、蒸しタオルを目の上に乗せると、目の下のクマを改善できるだけでなく、リラックスすることができますよ。

 

 

顔のリンパマッサージ

目の下のクマの治し方、4つ目は顔のリンパマッサージです。顔のリンパの流れを良くすることで、血流を良くすることができるんです。

 

 

顔のリンパマッサージを行う時も、マッサージクリームやオイルをたっぷり使うようにしてください。

 

顔のリンパマッサージは目の下のクマを取るだけでなく、小顔効果もありますので、しっかり顔のリンパを流して、目の下のクマを取って、さらに小顔になりましょう!

 

 

目の周囲のツボ押し

目の周囲のツボを刺激することでも、目の周囲の筋肉の緊張をほぐして、血流を改善することができますので、目の下のクマを治すことができます。

 

目の周囲のツボ押しは、仕事や勉強の休憩時間など、ちょっとした空き時間に外出先でもすぐに行えますので、簡単にできるクマの治し方としておすすめなんです。

 

目の下のクマを取るためのツボは、晴明、瞳子髎、太陽、承泣の4つがあります。

 

■晴明

晴明は目頭にあるツボです。

 

■瞳子髎

瞳子髎は目尻の少し横にあるくぼみのある部分です。

 

■太陽

太陽は眉尻にあるくぼみです。先ほどご紹介した瞳子髎のすぐ上にあります。

 

■承泣

承泣は黒目の下のくぼんでいる部分にあるツボです。デリケートな部分なので、優しく刺激しましょう。

 

ご紹介した4つのツボは、目の下のクマだけではなく、目の疲れにも効果がありますので、ちょっと時間が空いた時にツボを刺激しておくと良いでしょう。

 

 

青クマを消す方法・治し方

次に、青クマに悩んでいる人におすすめの治し方を3つご紹介します。青クマは血行不良が原因ですので、目を労わって、血流を促進してあげることが大切になります。

 

 

目を労わる

0ada019f1cb36e1001e6db40953753d4_s

 

目の下の青クマに悩んでいる人は、目を労わりましょう。目を酷使していると、目の筋肉が緊張して、目の周囲の血流が悪くなってしまいます。

 

そのため、目を酷使せずにいたわってあげましょう。

 

長時間のパソコンは避ける、デスクワークをする時は1時間に5~10分は休憩する、本を読むときは正しい姿勢を保つ、スマホやゲームはあまり長くやらないなどに気を付けると良いでしょう。

 

 

適度な運動をする

cfc7293203a9b677946cca968ca6fee3_s

 

青クマの治し方、2つ目は適度な運動をすることです。適度な運動をすることで、全身の血流を改善することができますので、青クマを治すことができるのです。

 

運動習慣がない人は、まずはお風呂上がりのストレッチでも構いません。できる範囲で、運動をして、血流を促進しましょう。

 

 

生活習慣を見直す

青クマの治し方、3つ目は生活習慣を見直すことです。青クマは生活習慣と大きな関係があります。睡眠不足や過労、ストレスによって、青クマは作られますので、規則正しい生活を送ることで、青クマを治すことができるんです。

・早寝早起きをする
・質の高い睡眠をとる
・ストレスを解消する
・1日3食きちんと食べる

これらのことに気を付けていると、青クマを治すことができます。

 

 

黒クマを消す方法・治し方

7ab6ebb7b2a7f0f2bb1aacc5d38eed19_s

 

黒クマの治し方をご紹介します。黒クマは、目の下がくぼんでしまったり、目の下の脂肪がたるんでしまったことが原因です、

 

そのため、黒クマを本格的に治すなら、美容整形をする必要があります。目の下の脂肪が衰えて、くぼんでいることで黒クマができている場合は、目の下にヒアルロン酸を入れて、ふっくらさせることで、影を無くして黒クマを治すことができます。

 

目の下の脂肪がたるんでしまった場合は、脂肪をとる施術をすると、目の下がスッキリしますので、黒クマを無くすことができるんです。

 

 

茶クマを消す方法・治し方

茶クマの治し方は、美白用化粧品を使うことと、美容皮膚科に行くことの2つです。

 

 

美白用化粧品を使う

4c40fd9c9ab0e3579515dc2bc84744ee_s

 

茶クマが気になる人は、美白用化粧品を使いましょう。茶クマは色素沈着が原因ですので、美白用化粧品を使って、メラニン色素を薄くすることで、茶クマを治すことができます。

 

美白用化粧品の中でも次の成分が入っているものを選びましょう。

・ビタミンC誘導体

・ハイドロキノン

これらの成分は、メラニン色素の還元作用があるので、茶クマを薄くしてくれるんです。日ごろの食生活で、ビタミンCをたっぷり摂ることも大切ですね。

 

 

美容皮膚科に行く

茶クマを本気で治したいなら、美容皮膚科に行って、レーザー治療を受けましょう。メラニン色素に反応するレーザーを照射することで、メラニン色素を破壊して、茶クマを治すことができるんです。

 

レーザーを照射すれば、最初はかさぶたのようになりますが、それが治れば、クマのないきれいな肌になります。

 

 

まとめ

目の下のクマの原因と治し方をまとめました。目の下のクマは、青クマ、黒クマ、茶クマに分けることができます。

 

それぞれ共通の治し方はあるものの、原因によって治し方が違うこともありますので、自分のクマがどの種類のクマなのかを確認して、しっかり治すようにしましょう。

 

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

de88cccba552231c75a0eb28ec68a6ea_s-300x200

白内障の症状や原因・治療法・手術に関するQ&Aまとめ【目の視力が低下!失明の危険も】

目が見えにくい、目がかすむなどの症状に悩んでいる人は、白内障が原因かもしれません。白内障は放置していると、最悪の場合、失明してしまう怖い病気

f7c46f4adc34db5213df9d4ce0969135_s

視力低下の11個の原因&6つの防止・対策法まとめ

視力が低下すると、とても不安になりますよね。視力が低下すると、見えにくくなりますので、日常生活にダイレクトに影響します。 視力が低

424e63a8c9c4cb9d2b6972658c7e7fb8_s

まつ毛が短い6つの原因と伸ばす8つの方法まとめ

まつげが短いと、目元が貧相なイメージになってしまいますよね。パッチリとした華やかな印象の目元にするためには、長いまつげが欠かせません。&nb

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_s

レーシック手術の9つの失敗や後遺症とリスクまとめ!安全に行うには?

「レーシック手術を受けると、視力が回復して、メガネやコンタクトレンズから解放される!」、そう思ってレーシック手術を受けたいと思っている人はい

7774b818b6a167bf065cded0a5fe567b_s

目の下のたるみの原因&取る6つの方法・解消法まとめ

目の下にたるみが出ると、老けて見えてしまいます。目の下のたるみがある顔とたるみがない顔では、見た目が10歳近く違うんです! 目の下

関連する記事②

38006e66aba09878c50e244ea1c5f732_s

FAGAの原因7つ&改善法9選まとめ!女性のハゲ・薄毛は改善できる!

薄毛に悩んでいる女性はいませんか?薄毛は男性だけの悩みではありません。女性も薄毛に悩んでいる人はたくさんいるんです。 女性の薄毛は

1c18769b2629c5e56718410697276f09_s

低身長の7つの原因と3つの治療法まとめ【成長ホルモンが重要!】

お子さんの身長が低いと、親としては将来が心配になりますよね。また、何か悪い病気ではないのかと不安になると思います。 子どもの低身長

dd737010d9efbcb8d82757fed4356bf2_s

美容の大敵!セルライトの4つの消し方・除去方法【ダイエットで解消できる?】

二の腕や太ももにセルライトができてしまって、悩んでいる女性は多いですよね。ボコボコとしたセルライトは、どうやって消せば良いのでしょうか?&n

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s-300x200

拒食症の症状や5つの原因、4つの治療法のまとめ【芸能人リストあり】

食事をすることを拒み、病的に痩せている人は、拒食症の可能性があります。拒食症は放っておくと、死に至るとても怖い病気です。 拒食症の

220879ff83979919d6ba6f3f2db0b80f_s

体の歪みの原因&4つの改善・矯正方法まとめ【チェック方法あり!】

あなたは、正しい姿勢を保つことができていますか?あなたの体は歪んでいないでしょうか?体の歪みがあると、様々な悪影響が出てきます。体の歪みは、

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。