9a07b96bb60f76c125612e9539583172_s

コラーゲンの効果&多く含む食品まとめ!効果的な摂取方法も徹底解説

「コラーゲンを摂ると肌がプルプルになる。」、「美肌のためにはコラーゲン」。これは、常識に近いですよね。

 

でも、「コラーゲンを摂っても意味がない」という噂を聞いたことがある人も多いと思います。コラーゲンを摂ると本当に効果があるのか、コラーゲンを多く含む食品やコラーゲンの効果を高める摂取のコツをまとめました。

コラーゲンとは何?どんな役割があるの?

コラーゲンは肌に良い、コラーゲンを摂ると肌がウルウルに潤う。これは常識に近いですよね。でも、なぜコラーゲンは肌をプルプル&ウルウルにしてくれるのでしょうか?コラーゲンの役割を確認しておきましょう。

 

コラーゲンはタンパク質の一種です。タンパク質と言っても色々な種類があるんですね。そして、このコラーゲンは人体のタンパク質の30%を占めています。

 

コラーゲンは骨や血管、関節、軟骨等にも存在していますが、最もたくさん存在しているのが皮膚です。

 

therma_cpt2

出典:keisei-cs.com

 

 

皮膚の中でも皮膚の深い部分である真皮に存在しています。そして、コラーゲンは細胞同士を結び付けて、皮膚を支えるという役割を持っています。

 

コラーゲンがたっぷりの肌は真皮の細胞同士を結び付けて肌の水分を閉じ込め、肌を下から支えて肌にハリを与えているんです。

 

コラーゲンがたっぷりの肌はウルウルでプルプルしていますが、コラーゲンが少ないと、シワができてカサカサの肌になってしまうんですね。

 

このコラーゲンは加齢とともに少なくなっていくのが普通です。若い時には、コラーゲンが肌にたくさん含まれていますので、肌はみずみずしくハリがあるのですが、加齢とともにコラーゲンの量が少なくなり、シワができてたるみが出てきてしまうのです。

 

 

 

コラーゲンを摂取すると効果はある?ない?どっち?

年齢と共に少なくなるコラーゲンは、食べ物やサプリメントから摂取して補うことで、肌のコラーゲンを増やすことができるとされています。でも、一方ではコラーゲンを摂取しても全く意味がないとも言われています。

 

コラーゲンを摂取すると、効果はあるのでしょうか?ないのでしょうか?コラーゲンを摂取しても全く効果がないという根拠は、コラーゲンを食べ物やサプリメントで摂取しても、体内で一度アミノ酸に分解されてしまうから、コラーゲンとして肌に定着しないというものです。

 

タンパク質は体内に吸収される時にはアミノ酸というより小さな分子に分解されてしまうので、コラーゲンを摂取してもあまり意味がないというわけです。

 

なんとなく納得できる理論ですよね。でも、この理論は半分正解で半分間違いであることがわかりました。

 

https-imgix-proxy.n8s.jpcontentpic2012111196958A9C93819499E2E5E2E0908DE2E5E3E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXZZO4815912007112012000000-PB1-9

出典:style.nikkei.com

 

 

コラーゲンを摂取すると、確かにアミノ酸に分解されてから体内に吸収されます。でも、一部はアミノ酸まで分解されず、コラーゲンペプチドとして吸収されるので、肌にコラーゲンとして届くことが分かったんです。

 

コラーゲンを摂取すると、全部が肌にコラーゲンとして定着するわけではないけれど、一部は肌に届いてくれるので、美肌に効果があるというわけなんですね。

 

しかも、コラーゲンを摂取すると、ヒアルロン酸が肌で増えます。また、エラスチンやコラーゲンの元になる線維芽細胞が増えますので、美肌になるんです。

 

たとえ、摂取したコラーゲンすべてが肌に届かなくても、一部は届き、さらに美肌になるための成分が増えるなら、コラーゲンは積極的に摂取したいですよね。

 

 

コラーゲンを多く含む食品

9a07b96bb60f76c125612e9539583172_s

 

コラーゲンを摂取するためには、まずはコラーゲンを多く含む食べ物を食べるようにしましょう。コラーゲンが多く含まれる食べ物と言って思い浮かぶものは何でしょうか?

 

<コラーゲンを多く含む食品と100gあたりの含有量>

・ふかひれ=9920mg

・ウナギのかば焼き=5530mg

・牛すじ=4980mg

・鳥軟骨=4000mg

・ハモ(皮あり)=3560mg

 

これらは、コラーゲン含有量ベスト5と言っても良いでしょう。これらの食品はコラーゲンの含有量が多いので、少し食べただけでも、効率よくコラーゲンを摂取することができます。

 

でも、このベスト5の食品。どれも日常的に食べるものではありませんよね。ふかひれやウナギ、ハモは高級食材と言われているものですし、そのほかの牛すじや鶏の軟骨はお酒のおつまみに、居酒屋さんでちょっとつまむ程度という人も多いかもしれません。

 

つまり、コラーゲンを必死に摂取しようとして、これらの食品を食べようとすると、破産するか、お酒を飲み過ぎる可能性があるんです。

 

それなら、これらの食品に比べると含有量は少ないものの、日常的に食べる食品からコラーゲンを摂取するようにしましょう。

 

<日常的に食べるコラーゲンを多く含む食品と100gあたりの含有量>

・鶏の手羽先=1550mg

・鶏の手羽元=1990mg

・鶏もも肉=1560mg

・ソーセージ=1570mg

・鮭(皮あり)=2410mg

・イワシ=1060mg

・イカ=1380mg

・エビ=1150mg

・サンマの開き(皮あり)=2230mg

・ぶり(皮あり)=1620mg

 

このあたりの食品だと、比較的日常的に食べるものが多いですよね。また、いろいろな調理法がありますので、飽きずに食べることができると思います。

 

魚は皮にコラーゲンが含まれていますので、皮も一緒に食べることがコラーゲンを食品から摂取するためのポイントになります。

 

 

コラーゲンの効果的な6つの摂取方法

コラーゲンを摂取する時には、効果的な摂取方法を知っておきましょう。コラーゲンを効率よく摂取するための6つの方法をご紹介します。

 

 

毎日継続して摂取する

32a66951f3d357985bedf49fb429a23a_s

 

コラーゲンは毎日継続して摂取するようにしましょう。1回だけたくさんふかひれを食べたからと言って、その効果がずっと続くわけではありません。

 

毎日続けてコラーゲンを摂取することで、美肌を保つことができるんです。「昨日、ふかひれを食べたのに、全然効果がない」と諦めるのではなく、継続してコラーゲンを摂取してください。

 

美肌を保つためには、毎日5000mg(5g)のコラーゲンを、骨や関節のためには毎日10000mg(10g)のコラーゲンが必要とされています。

 

毎日、これだけのコラーゲンを摂るのは正直大変だと思いますので、サプリメントを取り入れながら、コラーゲンを毎日摂取するようにしてください。

 

 

寝る前に飲むと効果的

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

 

コラーゲンは寝る前に摂取すると効果的とされています。夜の22時~翌2時は成長ホルモンの分泌量が増える時間帯です。成長ホルモンは肌のターンオーバーを促してくれる美肌のためのホルモンなんです。

 

この成長ホルモンの分泌される時間の前にコラーゲンを摂取しておくと、成長ホルモンとコラーゲンの相乗効果で、美肌を作ることができます。

 

夕食にコラーゲンを多く含む食品を摂ると、翌朝には肌がプルプルしていると感じることがありますよね。

 

あれは、寝ている間にコラーゲンが吸収され、成長ホルモンの働きで肌の中に入っていき、美肌を作ってくれるからなんですね。

 

そのため、コラーゲンを摂るなら、夕食にコラーゲンを多く含む食品を食べるようにしたり、サプリメントを寝る前に摂取するようにしましょう。

 

 

ビタミンCと一緒に摂る

orange-1995056_640

 

コラーゲンを摂取する時には、ビタミンCを忘れずに摂取しなければいけません。コラーゲンを体内で合成するためには、ビタミンCが必要なんです。一度アミノ酸に分解されたものを再びコラーゲンとして合成するためには、ビタミンCがないといけません。

 

コラーゲンのサプリメントには、ビタミンCも一緒に含まれているものが多いので、特に意識しないくても大丈夫だと思いますが、食品から摂取する時には、ビタミンCを忘れずに摂取してください。

 

ビタミンCは野菜や果物全般に含まれていますので、コラーゲンを含む食品を食べる時には、野菜料理を用意して、デザートには果物を食べるようにしたいですね。

 

 

ヒアルロン酸やエラスチンも摂取する

d06fc5b2363425d804c27f89c592f577_s

 

コラーゲンを摂取する時には、ヒアルロン酸やエラスチンも摂取するようにしましょう。ヒアルロン酸は水分を多く含んで細胞同士をつなぎ合わせ、エラスチンはコラーゲンを支える役割がありますので、どちらも美肌には欠かせないものになります。

 

ヒアルロン酸を多く含む食品には、次のものがあります。

・鶏の手羽先
・ふかひれ
・ウナギ
・山芋
・オクラ
・モズク
・納豆

 

エラスチンは次のような食品に多く含まれています。

・牛すじ
・鶏の手羽先
・鶏の軟骨
・鰹節
・小魚
・しらす干し

どちらもコラーゲンと似たような食品に含まれていますね。似たような働きをするものなので、当たり前とも言えるのですが。

 

ヒアルロン酸はオクラやモズク、山芋、納豆など植物性の食品にも含まれているのがうれしいですね。

 

 

コラーゲンを摂取する時には、ヒアルロン酸やエラスチンも一緒に摂取すると、美肌効果が倍増して、さらに効果を実感できますので、コラーゲンだけではなく、ほかの美肌成分も一緒に摂るようにしましょう。

 

 

炭水化物や脂質の摂り過ぎには注意する

fast-food-1839052_640

 

コラーゲンを摂取する時には、炭水化物や脂質の摂り過ぎには注意しましょう。コラーゲンを多く含む食品を見るとわかると思いますが、お酒のおつまみにやご飯のおかずにピッタリのものばかりです。

 

そのため、コラーゲンを摂取しようと思うと、炭水化物や脂質の摂り過ぎになってしまうことがあるんです。また、塩分の摂り過ぎにも注意しなければいけませんね。

 

特に、脂質はコラーゲンの合成を妨げてしまいますし、脂肪がついてその重みで、肌がたるんでしまいます。

 

また、炭水化物は糖化を促進します。糖化はコラーゲンを変性させて、肌の弾力を失わせてしまうのです。

 

せっかくコラーゲンを摂るなら、脂質や炭水化物は控えめにしておいた方が、コラーゲンの効果を実感することができるでしょう。

 

 

 

紫外線対策をしっかり行う

fashion-985556_640

 

コラーゲンを摂取する時には、紫外線対策をしっかり行いましょう。紫外線は肌のコラーゲンを破壊してしまいます。紫外線を浴びると、肌の中で活性酸素が生まれますが、この活性酸素が肌のコラーゲンを壊してしまうんです。

 

せっかく増やしたコラーゲンを破壊されるのはもったいないので、毎日紫外線対策はしっかり行って、コラーゲンを守るようにしましょう。

 

 

まとめ

コラーゲンを摂取する効果と多く含む食品、効果的な摂取方法をまとめました。コラーゲンは摂取したものが全部肌に定着するわけではありませんが、一部は肌にコラーゲンとして定着し、ハリと潤いのある肌を作ってくれます。

 

食品だけでコラーゲンを摂取するのは難しいと思いますので、サプリメントを上手に使うながら、コラーゲンを摂取するようにしましょう。

HAPIETトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

afdcfd6c3e6852975f4780ab3a1d6a0c_s

塩分不足で起こる症状&5つの原因・病気まとめ

日本人は塩分を摂り過ぎていると言われています。日ごろから、減塩に気を遣っている人も多いのではないでしょうか? でも、逆に塩分が不足

31eFHrIS8jL

オリゴ糖の効果と7種類の特徴&食べ過ぎで太る危険性まとめ

オリゴ糖は体に良いものというイメージを持っていると思います。オリゴ糖は厚生労働省から「特定保健用食品(トクホ)」に指定されているものも多いの

4539b6c946e69c755951402ca6cc173e_s

ビフィズス菌のダイエット効果とは?食品から増やす方法まで徹底解説

「楽してやせたい!」、そんなあなたにおすすめなのが、ビフィズス菌を利用したダイエット方法です。ビフィズス菌ダイエットは、簡単にダイエットでき

019a2459e6c643e47b5357b09a3105df_s

塩分の1日摂取量の目安とむくみの関係&排出する3つの方法まとめ

あなたは、1日どのくらいの塩分を摂っていますか?塩分を摂りすぎると、健康に悪いだけでなく、むくみの原因にもなるんです。 塩分の1日

egg-2161877_960_720

タンパク質の摂取量と5つの効果!摂りすぎ時の副作用も徹底紹介

生きていく上で欠かせない栄養素、タンパク質。タンパク質が不足すると、肌や体調にさまざまな弊害が出る可能性があります。一方で摂り過ぎも体に良く

関連する記事②

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

ダイエットで肉割れする原因&しない4つの方法・予防法まとめ

肉割れというと、妊娠したり、急激に太ってしまった時にできるものですが、実はダイエットする時にも気をつけなければいけないんです。 ダ

fd83ca9e4da058ff8ed34358f7830067_s

馬油ダイエットの効果と効能・カロリー・方法まとめ

豚油や牛油が一般的に食用として使われているように、馬油も同じく食用として口に入れる事が可能です。 馬油ダイエットとは一体どういうも

51imyx7fjNL._SL1250_

自宅で光脱毛の効果と6つのトラブル&対処法まとめ!痛みはある?

光脱毛をするためには、脱毛サロンやエステに通わなくてはいけないと思っていませんか?脱毛サロンやエステに通うことも光脱毛のための1つの手段です

adult-19033_640

鼻の穴を小さくする方法!大きい原因&注意点も徹底解説

自分の鼻の穴が大きくて、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実際に大きくはなくても、大きくなることを心配している方もいます。 

%ef%bc%91

脂肪燃焼スープダイエットまとめ!1週間で効果ある人気レシピ5選もご紹介

脂肪燃焼スープダイエットの情報をお探しですか? たった1週間で8キロ痩せも実現できると話題のダイエットですよね。医療機関から始まっ

記事へのコメント

HAPIETとは

HAPIET [ハピエット]は「女性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。女性が美しくなるために必要な食事・運動・筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。